000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2014.08.21
XML
カテゴリ:犬の病気
 避妊手術をした現在8歳の愛犬に狂犬病注射をしたところ、愛犬の足や尻尾が脱毛し始めた。顔面にも異常がある。
獣医の治療では治る兆候は見られない。
どうしたものかと悩みの投稿があった。詳細はワクチン接種で皮膚病になる犬が多いぞ! ステロイド多用で皮膚病のクッシング症候群に!のコメント欄にある。
脱毛した足と尻尾の写真を送ってきた。

 あなたの愛犬の皮膚病は獣医の治療では治らないでしょう。
その皮膚病の原因は避妊手術とワクチン接種だからですと回答した。

 数年前に避妊手術をしたのに満8歳を過ぎてから皮膚病になったのは、最近、注射した狂犬病ワクチンが皮膚病の発病の引き金(トリガー)になったと見ている。
換言すると、避妊・去勢手術だけでも難病の皮膚病になることもあるし、狂犬病ワクチンや混合ワクチンの注射だけでも難病の皮膚病になることがあるのは欧米では周知だ。



 獣医は犬のアトピー性皮膚病アレルギー性皮膚病の原因について無知蒙昧だ。あるいは、真実を隠蔽している。
その皮膚病のほんとの原因は避妊・去勢手術やワクチン接種だと認めると、獣医界の巨益が激減するからだ。
しかし、アメリカやイギリスでは、その事実がネット上にも公表されている。
その獣医学の学術論文を翻訳してブログ「愛犬問題」に紹介してある。その主要な随想の一部を下段の関連随想集に掲載してある。

 日本の獣医界がアトピー性皮膚病やアレルギー性皮膚病についてどのように考え、どのような治療をしているかを記述する。
一言でいうと、出鱈目すぎる。ありとあらゆる薬剤や商品を騙し売りして儲けているだけだ。その皮膚病は治らない。

 日本の獣医界は難病の犬の皮膚病のすべてをアトピー性皮膚病とか、アレルギー性皮膚病と言っている。
犬の体内にある免疫システムは、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン、または抗原という)が体内に入り込むと、そのアレルゲンに対し、体内にある抗体という物質が防衛隊として働いて無毒化しようとする。
侵入したアレルゲンの量が少ないと無毒化されて発病することはない。

 しかし、アレルゲンの量が多かったり、何度も侵入されると、免疫の防衛機能が壊れてしまう。
または、体質的に免疫機能が弱い犬もいる。そのようなときは、難病の皮膚病を発症する。

 獣医のホームページには、犬のアトピー性皮膚病は遺伝的な素因の強い病気だと断定して、その病気の原因をごまかしている記述が多い。
獣医の不正過誤診療の責任を犬の体質の問題に転嫁している。悪質な責任転嫁だ。
体質的に免疫機能の弱い犬がいることは確かだが、それでも、皮膚病を誘発するアレルゲンが侵入しなかったり、侵入したアレルゲンの量が少ないと免疫機能は十分に機能する。
つまり、犬の免疫機能を壊すようなワクチンを注射するから、免疫システムが壊れるのだ
犬の遺伝的な素因がアトピー性皮膚病の原因だと決めつけている獣医は、物事を科学的論理的に考えることができない愚劣な輩だ。他の難病の場合もその原因がわからないと、遺伝的な問題だとごまかしているだろう。愚劣卑劣だ。

 このブログ「愛犬問題」で言いたいことは、犬のアトピー性皮膚病やアレルギー性皮膚病の原因のほとんどが、獣医の避妊・去勢手術や薬剤の過剰投与だ。
この随想では、その薬剤投与の例として狂犬病ワクチンや混合ワクチンを強調しておく。

 私が知る限りでは、すべての獣医がアトピー性皮膚病の原因を特定しないで、その診療を行っている。
獣医のホームページに次の記述がある。

 

 質問  アトピー性皮膚病の原因となる物は何ですか

 獣医の回答       ハウスダスト(家庭塵)です。

 畳 絨毯 布団 クッション 衣類 化粧品食料品 花 ダニ 蚤 煙草 排気ガス 樹脂 木材 家具 塗料 絵の具 毛糸 木綿 絹 カポック 皮革 金属 人と動物の毛 フケ 細菌 カビ 薬品 その他多くの犬の生活環境に係わる多くの物質があります。


 上記回答は、世の中にあるすべての物がアトピー性皮膚病の原因になると回答しているのと同じだ。
なぜ、この中に獣医のワクチンなどの薬剤が入ってないのだ。
この獣医はアトピー性皮膚病の原因については何もわかってない。いい加減で無責任な愚答だ。

 日本の獣医は、そのアレルギー性皮膚病の原因物質であるアレルゲンを明確にしないまま、犬の難病の皮膚病を治療している。病気の原因を特定しないで治療しても治るわけがない。
言い換えると、開業獣医は犬の皮膚病を治そうとは思ってない。儲けることだけに執着している。いつまでも治らない皮膚病は大歓迎なのだ。アトピー様様だ。

 開業獣医は、次のようないろんな薬剤や療法食、処方食、ドッグフードを騙し売りして儲けている。

 ステロイド剤 : 一時的には治療効果があるように見えるが、また、再発する。原因療法剤ではないからだ。悪魔の薬剤と言われる所以だ。
詳細は犬の皮膚病もステロイド剤では治らない! 獣医は多用して過誤診療! 無知か悪質!にある。

 フロントライン : ノミ・ダニ駆除剤であり、アトピ―の治療とは関係がない。

 抗生物質 : 殺菌剤であり、アレルゲンは細菌ではない。腸内の善玉菌も殺すので、むしろ有害だ。

 ロイヤルカナン : いろんな病気に効くと宣伝広告されている療法食のドッグフードだ。その中に低アレルギーの療法食もある。何んでもありの詐欺商品だ。
詳細はロイヤルカナンの療法食はインチキ商品だ! 鶏の骨を食べて皮膚病の犬にも毛が生えた!にある。

 アトピカ : 犬用の皮膚科薬剤として販売されているが、アトピー性皮膚病には効果のないインチキ薬剤だと見ている。そのメーカーは研究データをねつ造し、逮捕者も出たノバルティックファーマだからだ。

 サプリメント : 栄養補助剤であり、病気を治す薬ではない。気休め商品だ。

 シャンプー : アトピー性皮膚病はシャンプーでは治らない。その原因は犬の体内にあるからだ。
         
 では、避妊・去勢手術やワクチン接種が原因のアトピー性皮膚病はどのように治療すれば治るのか。
その病気の原因に正しく対処すれば治るだろう。

 話は飛ぶが、犬の逆くしゃみ症候群もワクチン接種が原因のアレルギー性疾患の一つだ。
開業獣医は、その原因を知らないので、治せない。むやみやたらに薬剤を売りつけて儲けているだけだ。

 ところが、その逆くしゃみ症候群を愛犬家がご自分で治している。
逆くしゃみ症候群は獣医の投与している薬剤が原因だとブログ「愛犬問題」の指摘に賛同した二人の愛犬家が、それぞれ独立にご自分の愛犬の逆くしゃみ症候群を治している。お二人のお礼の投稿があった。

 逆くしゃみ症候群は薬局で買える人用の抗ヒスタミン剤で治る
その薬の化学成分名は塩酸ジフェンヒドラミンだ。半世紀ほども使われている安全な薬だ。商品名は二つある。それぞれ異なる製薬会社の抗ヒスタミン剤だ。安いほうを買えばよい。
詳細は逆くしゃみ症候群に関する随想集にある。

 つまり、犬のアトピー性皮膚病と言われている難病も抗ヒスタミン剤で治る可能性がある
獣医が治せない皮膚病に悩んでいる飼い主は、愛犬に抗ヒスタミン剤を試してみる価値は十分にある。
薬の投与量さえ守れば副作用の心配は不要だ。体重5Kgの犬なら、人の薬量の十分の一ほどが適量だ。


 ただし、その難病の皮膚病の原因が避妊・去勢手術である場合は、その対処法は極めて難しい。愛犬に生涯ホルモン剤の投与を続けなければならないだろう。

 犬は避妊・去勢手術をすると、卵巣ホルモンや睾丸ホルモンが欠乏する。そのホルモンを作っている臓器が手術で切除されたからだ。白衣を着た悪魔の悪行だ。

 つまり、避妊・去勢手術をされた犬は、体内のホルモンバランスが崩壊して、いろんな病気になりやすくなる。
治療困難な皮膚病は、避妊去勢手術の弊害の一つに過ぎない。
それらの病気を治すには、犬は生涯ホルモンの投与を受け続けなければならない。

 そのホルモンは雌犬の場合は、卵巣ホルモンのエストロゲンとプロゲストロンの二つだ。
雄犬の場合は、睾丸ホルモンのテストステロンの一つだ。

 
 避妊・去勢手術の弊害についてはブログ「愛犬問題」に随想集がある。このブログ内を検索すると出てくる。
 
  

関連随想集

1 ワクチンで涙やけ、てんかん、皮膚病に! 逆くしゃみ症候群もワクチン症候群の一つだ!

2 ワクチン接種で皮膚病になる犬が多いぞ! ステロイド剤多用で皮膚病のクッシング症候群に! 

3 犬はワクチン接種でアレルギー性疾患に! アナフィラキシーショックで急死する愛犬も!

4 保健所の不妊手術で保護した犬が脱毛症に! 里親に出す犬に避妊手術は有害な偽善行為だ

5 避妊・去勢で甲状腺機能低下症になるぞ! 肥満、無気力、脱毛などの難病に!

6 避妊去勢手術の弊害!いろんな後遺症! 心筋梗塞、皮膚病、肥満、無気力、癌等 

7 避妊去勢で肥満で皮膚病!毛並みも悪くなる 犬の健康と長寿には有害無益!

8 避妊去勢でホルモン欠落症のいろんな難病に! 皮膚病、脱毛症、肥満、尿失禁、不定愁訴等

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!



      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集


 転載引用は無料だワン! ただし、リンク付けてワン!   







Last updated  2015.10.25 18:14:34
コメント(19) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージは心身に有害


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


狼爪


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


自然治癒力と免疫力


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


加計学園獣医学部新設に反対


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


加計学園獣医学部新設に反対


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Non Lee さんへお礼 New! Non Lee さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください New! 犬の好きな方の投稿を歓迎します…
 Paroowner@ 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ New! ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して…
 Paroowner@ Re[1]:愛犬仙人さんへお礼(11/11) 愛犬仙人さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)…
 愛犬仙人@ Re:愛犬仙人さんへお礼(11/11) Paroownerさんへ こういうのは確たる裏づ…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.