11718496 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2014.10.29
XML
カテゴリ:しつけ
日頃おとなしい愛犬が留守番をさせると、ワルの限りをする。何故だと悩む飼い主が多い。
飼い主の留守中に、物を散らかしたり、壊したり、トイレを所定外でしたり、近隣が迷惑するほどの無駄吠えしたり。ひどくなると、分離不安症という一種の心の病気になる。

 留守番中の愛犬のいろんなワルは、飼い主と離れた不安を紛らわせる行為であり、飼い主への自分の不安を知らせる行為だ。その行為の意味を飼い主が正しく理解することが肝要だ。
言い換えると、飼い主と愛犬との信頼関係が問題解決には不可欠だ。


 昔、先代のパピヨンは単身赴任のマンションで、「お留守番」と言うと、わかったと言うように座って、飼い主の出勤を見送っていた。
そのようにお利口さんになる前は、つまり、単身生活が始まったばかりの頃は、帰宅してみると、大小便を室内にしていた。
飼い主が困るような場所に糞尿を撒き散らすのは物言えぬ犬の飼い主への不安を訴えるサインだ。
 
 あまり叱らないで、夜でも公園に連れだして遊んだりしていたら、4,5回位でワルは直った。
マンションの5階で2年も愛犬が昼間は1匹で過ごしたことに感謝している。
夜、遅くなりそうなときは電気のスイッチは入れておいた。
 その愛犬の追憶が亡き愛犬も千の風になって山野を駆け遊ぶ!  急死したチビちゃんの追憶にある。


 愛犬が留守番をさせられて、その寂しさから飼い主が困るようなワルをしたときは、むげに叱ると、かえって、病状を悪化させる。
日時をかけて、根気よく愛犬を自立させるように心がけることが大切だ。
一言でいうと、かわいがってしつけることが最良の治療法

 しかし、犬の自称専門家がネット上に記述してある分離不安症を治す方法については間違いだらけの内容が多い。その内容は犬の習性も寂しい気持ちも無視したいい加減で無責任な記述だ。その実例を挙げる。


 

 ネット上にある間違っている犬の飼い方の悪例1

分離不安症は飼い主さんの過度な接触や過剰な愛情が原因となっていると言われます。

過剰な愛情は皮肉にも離れた時に不安の材料となってしまうのですね。

 愛犬を分離不安症にさせない方法

出かける前や帰宅後に犬に構わない。
留守番中に楽しみを与える。
家の中でも別に過ごす時間を作る。
ハウストレーニングやマテ等の練習など。
飼い主さんと犬の程よい距離を持った関係を築くことが犬を不安にさせない方法と言えます。



 ネット上にある間違っている犬の飼い方の悪例2

分離不安症にしない為の飼い方

(1) 帰宅時、出掛ける前に犬に挨拶をしない。
帰宅時は興奮が治まるまで犬を見ず、上着を脱いだり、買ってきた物をしまったり、他事をして待ちます。
(2) 食事を一緒にしない。
(3) 生後1年間は一緒に寝ない。
(4) 普段から犬を構いすぎない。



 愛犬たちの住む世界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)の妖怪が暗躍している世界だ。
上記二つの悪例は氷山の一角に過ぎない。
犬の習性に無知蒙昧な連中が専門家ぶって間違いだらけの指導書を書いている。
その記述に多くの愛犬家がだまされて、被害を受けている。
つまり、その悪例の方法では犬の分離不安症は治らないどころか、ますます悪化するだけだ。


 現在の日本では、犬は使役のためではなく、かわいがって慈しみ、ご自分も心が癒されるために飼っている。それが犬を飼う根本的本質的な理由だ。

 なのに、その根本的本質的なことがわかってない自称犬の専門家、あるいは、調教師がいる。
その人たちは、上記悪例にあるように、犬をその飼い主から遠ざけるような飼い方を勧めている。本末転倒だ。
何のために犬を飼っているかの飼い主の根源的な理由も、その飼い犬の習性も無視している。
というよりも、物事の根本を理解してない輩が、その根本に真逆する愚説を唱えている。世の中に有害無用な愚見悪説だ。飼い主や愛犬たちにとっては迷惑千万だ。
そのような間違ったやり方では分離不安症は完治しないどころか、こじらせるだけだ。

 愚説を記述している連中は、ドッグフードなどの犬に関する商品を売って儲けるために、犬の専門家の振りをしているだけだ。犬のことについて正しい知識はないのに、知ったかぶりをして犬の専門家のような顔をしている。犬に関するいろんな良からぬ商品を売りつけて儲けるためだ。
逆の言い方をすると、いかがわしい商品を売りつけるために愚説珍説を唱えているだけだ。
その愚説者たちは、自説が間違っているとは思ってないから、なおさら、タチが悪い。

 分離不安症は犬だけの病気ではない。人の子供にも多い。
親は、そのような子供は無視して、冷たく接しなさいという説を唱える人がいたら、社会良識のあるまともな考えの持ち主だといえるだろうか。

 人のことについては、直ぐにおかしいと思うのに、犬のことについては、おかしいと思わない人が多い。つまり、だまされやすい人が多い。

 避妊・去勢手術や狂犬病注射などについても同じことだ。
その手術や注射を飼い主ご自身に勧めても受け付けないが、ご自分の愛犬に勧められると、平気で受け入る人がいる。ご自分の頭では何も考えてない人だ。
飼い主が白衣を着た妖怪や悪魔にだまされると、その飼い犬が健康を害したり、最悪の場合は、その命さえ奪われることがある。ブログ「愛犬問題」には、そのような飼い主の悔恨の投稿が多い。 

 犬を屋内で飼うのに、ケージサークルなどで飼うのはお勧めできない。
糞尿のしつけがまだできてない幼犬の場合など、よほどの理由がない限り、ケージやサークルで愛犬を飼うのは止めたほうが、飼い主も愛犬も幸せに暮らせる。我が家には屋内用のケージやサークルはない。
 次の文章をブログ「愛犬問題」訪問者のコメントへの返事として書いたことがある。



 犬をサークルケージに入れて飼うなら、その犬にとっては飼ってもらわないほうが良いと思うでしょうね。動物虐待の一種ですよ。
そのことが理解できてない、いわゆる犬の専門家が多いということですね。
ブリーダーはケージに入れて犬を繁殖して儲けています。動物虐待の最たるものですよ。
 イギリスでは、リードをつけて飼うというと、犬を売ってくれないそうですね。

 私は、ウサギさえ屋内で放し飼いで飼いました。
そのウサギのラピーは天寿の6歳まで一階や二階の室内を飛び回って暮らしていました。ただし、他の人にはお勧めできません。大変ですから。
次の随想をご参考にしてください。
ウサギのラピーは室内放し飼いで愛犬と仲良し! とんだことをするワルの天才





 我が愛犬のパロは、ただかわいがり、飼い主の心が癒されることだけのために飼っている。というよりも、一緒に暮らしている。
 そのパロには分離不安症などは全く無縁なことだ。
「お留守番」と一言いえば、「わかった」という顔をして玄関で飼い主を見送っている。
帰宅した時も、特に喜ぶそぶりはない。
玄関に座ったまま静かに出迎えている。
聞き分けが良く、賢いパピヨンだ。心身共に健康な愛犬だ。
飼い主を信頼しきっている。



 上記本文記載以外の関連随想集 

 留守番でワルをする分離不安症の犬たち! 愛犬の気持ちを理解することが大切!

 幼犬の飼い方は自然な飼い方が最良! 本や雑誌の飼い方は間違いだらけとお礼の投稿!

 愛犬と寝食を共にして何が悪い!? 犬のしつけとパスツレラ病

 愛犬と楽しく暮らす知恵 その随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をコンコンしてワン!


      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集






Last updated  2017.03.19 18:45:42
コメント(20) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージは心身に有害


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


狼爪


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


自然治癒力と免疫力


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


加計学園獣医学部新設に反対


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


加計学園獣医学部新設に反対


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ coromamさんへ お知らせとお礼 coromamさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q…
 Paroowner@ Non Lee さんへお礼 Non Lee さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.