12692272 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2015.04.04
XML
カテゴリ:犬の病気
その2つづき


 

 返事22    投稿者:karen さん

愛犬は、手術当日よりは大分落ち着いて来ました。
手術した当日は、愛犬はこのまま歩けなくなるのではとすごく心配になり、手術はしないほうが良かったのではないかと後悔が頭を過ぎりました。
その愛犬が自力でヨロヨロと歩き出した時には、嬉しさに感涙し、号泣しました。
今は、患部に腫れがあるだけで、元気溌剌です。

Paroownerさんには、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。
何度も明確なご回答を頂き、どれだけの安心感を得る事ができたか、文章で書くのは難しいです。心の奥底からお礼を申し上げます。



 返事23        Paroowner

 手術した当日は、愛犬は麻酔の影響が残っていて、正常な行動が難しかったのでしょうね。もう、大丈夫ですよ。

 動物病院から外用の殺菌消毒剤を処方してもらっているでしょうから、その薬さえ使っていればご心配は無用です。
 鶏の骨の食事を食べさせて自然治癒力、つまり、免疫力を向上させると手術口も早く完治します。

 
 
 返事24   karen さん

愛犬の患部の腫れは手術後一週間でなくなりました。
毎日、鶏の骨をあげていますので、最近は毛艶が出て来たのと、毛の量が多くなってきたと思います。

手術後13日目の今日、抜糸に行って来ました。
傷口もきれいに治っていて、今日からは消毒剤の外用薬を塗らなくても良いと言われました。
鶏の骨の免疫力アップのお蔭でしょうか、傷口も早くきれいになったようです。
病院に向かう車中の助手席に、いつものように隣りにいる愛犬を見て幸せを改めて感じました。

1ケ月前に動物病院探しをしていた頃には、とても想像できない事でした。
手術をするか、しないか、どこの動物病院にお願いするかなどをひとりで考えて決める苦しさ・不安・怖さの連続でした。
そんな私の不安定な心に安心と信頼を授けて下さり、的確なご回答を毎回親切にして頂き、それがどれ程の安心感を私に下さっていたのか、言葉では言い表せない程の救いでありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 特に、次のParoownerさんの回答は衝撃的なアドバイスでした。
Paroownerさんに「3/10日に手術をお願いしました」とご報告しましたら、以下のご回答を頂きました。

『大切なことを書きます。
獣医は肥大してない睾丸も切除することを、つまり、去勢手術を勧めるでしょう。
片方でも睾丸は残したほうが愛犬は健康で長生きします。』

予想外の回答に驚き、一瞬、時が止まったような衝撃を受けました。
どの獣医も当然のように正常な睾丸も切除しますと言い、私もその事に何ら疑いを持たなかったのですから。

落ち着いて考えたら、の場合も、肥大した睾丸だけを切除し、正常な睾丸はそのまま残します。
愛犬に関しては、そんな事も冷静に考えられないで、獣医に言われるままにしてしまうという怖さを実感しました。

愛犬たちは自分で決められないのだから、飼い主は責任重大です。
真剣に考えないと誤った判断の可能性もあります。

最初に行った動物病院は、睾丸を袋事取ると言っていました。その動物病院で手術をしていたら、悔いても悔やみきれない事になっていました。
そして、もう一つの動物病院も「睾丸を袋事取る」と言っていましたし、他の三つの動物病院は、正常な睾丸の中身も取ると言っていました。

Paroownerさんに教えて頂いていなかったら、正常な睾丸までで取ってしまい、愛犬はホルモンバランスを崩す事になったかも知れません。本当に恐ろしい事です。
Paroownerさんに教えて頂き、改めて気付かされました。
この事はとても大事な事です。今でも深く感謝しています。

 手術当日も獣医は、『仮に悪性だとしたら、両方の睾丸を取った方が良いです。悪性の場合、血液を介して転移している可能性もありますし、そうなったら一番近い片方への転移が考えられると思います。繁殖を考えたりとかでなければ、両方の睾丸を取った方が良いです。去勢手術と同じ考えです。』と言っていました。

その時、私は一瞬迷いましたが、正常な睾丸は残してもらう決断をしました。

 幼犬の時に、去勢を選ばなかったのは自然に逆らわない、要らない臓器はない、全て必要であるから備わっていると言う確信があったのです。
しかし、今回の睾丸肥大の手術では頭が混乱して、そのことに思いが及びませんでした。
適時の貴重なアドバイスをいただきました。深く感謝しております。



返事25   Paroowner

 無事に手術を終えて良かったですね。
無事に終えたことは、karen さんの愛犬に対する深い愛があったから、なしえたことですね。

というのは、もし、動物病院探しに懸命にならずに、吸入麻酔設備やモニター設備の無い動物病院で睾丸肥大症の手術をしていたら、つまり、注射麻酔をしていたら、愛犬は麻酔死していた可能性が高いです。
注射麻酔では多くの愛犬たちが死亡しているのが実情ですから。

言い換えると、獣医には、原価500円ほどの安い注射用の麻酔剤を使って、大儲けをしている輩が多いです。その陰で、多くの愛犬たちが死亡して最悪の犠牲にされているのです。
その詳細は次の随想集にあります。ご参考にしてください。
愛犬たちの麻酔死に関する随想集

正しく表現すると、多くの愛犬たちが注射麻酔で獣医に殺されているのです。
法律用語で言うと、未必の故意で殺されているのです。
つまり、悪徳獣医は注射麻酔で犬が死んでもやむを得ない。自分が儲けさえすればよいと考えているのです。白衣を着た犬の天敵の悪行の極みです。所有権侵害の憲法法律違反の犯罪です。
犬の麻酔死は、私が獣医を白衣を着た悪魔だと言っている理由の一つに過ぎないのです。
獣医界は五大詐欺商法犬を食い物にして巨益を上げてほくそ笑んでいます。

私のアドバイスをご参考に、karenさんが懸命に動物病院探しをしたことが愛犬の命を救うことにつながったのですよ。
その行動力の根底には、karenさんの愛犬に対する深い愛情があったということですね。 

 次に大切な選択だったことは、正常な睾丸は切除しないで、そのまま残したことですね。
去勢手術をしてしまうと元に戻すことはできません。後悔先に立たずです。

獣医は、無暗矢鱈に避妊・去勢手術を勧めます。
手術代で儲けるためだけではないのです。
避妊・去勢手術をすると、犬は卵巣や睾丸から出るホルモンが無くなります。
ホルモンは、人も犬も健康に生きるためには必須不可欠なものです。
人も犬も、体内にはいろんなホルモンが分泌されて健康を維持しています。
そのホルモンの一つが欠けると、体内のホルモンバランスが壊れてしまいます。
それが原因でいろんな病気になります。
獣医はその病気を治して、さらに儲けるために避妊・去勢手術を勧めているのです。悪魔の詐欺商売です。

  去勢手術の健康上の悪い効果を列記します。




去勢手術をした犬は、特に成犬になる前に去勢手術をした犬は、骨の癌である骨肉腫になるリスクが3,8倍になる。骨肉腫は治療効果の低い癌であり、中型や大型犬に一般的に発生している癌である。
心臓の血管肉腫になるリスクが1,6倍になる。
この心臓の血管肉腫は、犬に普通に発症する癌であり、犬種によっては死亡の主因になっている。
甲状腺機能低下症になるリスクが3倍になる。甲状腺機能低下症になると、てんかんを誘発することがある。
加齢性の認知症になるリスクが上昇する。
肥満になるリスクが3倍になる。
前立腺癌になるわずか0,6%以下のリスクが4倍に上昇する。
尿路癌になる1%以下のリスクを2倍になる。
肢体障害のリスクが上昇する。
ワクチンの予防接種に対する副作用のリスクが増加する。



 その詳細は避妊去勢手術が犬の健康に与える影響の概要 英文ネット記事を全文翻訳紹介にあリます。ご参考にしてください。

 

 返事26  手術を無事に終わって思うこと     karen さん

愛犬が睾丸肥大症になって毎日、不安で何をするのも上の空でした。それでも、毎日深夜2時頃までネットで病気に関する事を調べていました。
そんな時、偶然に2/9にブログ「愛犬問題」に巡り合いました。
2/11に思い切って、投稿しました。

直ぐに納得できる説明と不安感を落ち着かせてくれる回答がありました。そして、私の考えの及ばない所までアドバイスを頂き、より慎重に考える事を学ばせて頂きました。
その後、私は不安になったら、すぐに投稿をして、その度に的確な回答を頂きました。

飼い主が混乱しないよう段階を踏まえての回答であったと振り返って思います。
Paroownerさんの偉大さを改めて気付かされました。
あの時、一度にいろんな事を教えて頂いていたら、頭の中は混乱して、冷静な判断どころかパニックになっていたと思います。
ブログ「愛犬問題」に巡り合い、Paroownerさんの適切なアドバイスを受けたことに心から感謝を申し上げます。



 返事27        Paroowner   

 愛犬たちの住む世界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)の妖怪や悪魔が白昼堂々と暗躍している世界です。
多くの愛犬家にも、手術の場合、動物病院探しが如何に大切なことであるかをご理解いただきたいので、この随想をアップしました。
貴重な情報提供ありがとうございます



 この随想の前回の編 その1その2

 ← トップページへ  ボクの頭をコンコンしてワン!


      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集







Last updated  2015.06.29 17:40:05
コメント(15) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージは心身の健康に有害


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは不要


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


自然治癒力と免疫力


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


加計学園獣医学部新設に反対


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


加計学園獣医学部新設に反対


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ 小太郎 さんへお礼 小太郎 さん、こん〇〇は。 Q(^ェ…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください 犬の好きな方の投稿を歓迎します…

Archives


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.