11349614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2015.05.25
XML
カテゴリ:犬の病気
 獣医は犬の皮膚病については無知蒙昧な輩が圧倒的に多い。
皮膚病の犬にはステロイド剤と抗生物質を処方すれば良いと思い込んでいる。
獣医大学でも、その程度の知識しか教えてないからだ。殆どの獣医大学には皮膚病の専門講座がないのが実情だ。

 日本の獣医界はワクチンなどの薬剤で皮膚病を誘発するという事実を認めてない。日本の獣医界はワクチンは安全で無害だとウソを言いつづけて儲けている。
 欧米では、ワクチン接種が原因になるVaccinosis(ワクチン症候群)という病気があることは広く知られている。そのワクチン症候群の一つに皮膚病がある。
 アメリカは、27の全獣医大学がワクチンは犬に有害だと認めた。その報道の詳細をブログ「愛犬問題」の開設者が翻訳して紹介してある。
ワクチンは有害と米国全獣医大学が認めた! 米国はワクチンに関するプロトコルを変更!

 なのに、日本の獣医界は、その事実を国民の愛犬家に隠蔽している。
つまり、狂犬病ワクチンや混合ワクチンの商売は白衣を着た詐欺師で犬の天敵の悪魔の商売だ。 

 ステロイド剤と抗生物質では皮膚病は治らない。そのことを獣医は理解してない。犬の皮膚病について無知すぎる。獣医は、ステロイド剤と抗生物質で治らない皮膚病は、難病のアトピ性皮膚炎だとか、アレルギー性皮膚炎だとか、あるいは、自己免疫性皮膚炎だとか言って愛犬家を煙に巻いている。
つまり、何の科学的な根拠も示さないで、獣医が身勝手に難病のアトピー性皮膚炎などと決めつけている。責任転嫁の誤魔化しの詐欺商法だ。

 犬の皮膚病の原因について考えてみる。一般の愛犬家にも理解しやすいように大まかに分類してみた。

1 細菌性皮膚炎
 細菌が皮膚上に繁殖して炎症を起こす皮膚病だ。代表例は、黄色ブドウ球菌が病原の膿皮症だ。ひば油治る
 ひば油で脂漏症膿皮症も、獣医がいうアトピー性皮膚炎もアレルギー性皮膚病も治る!

2 真菌性(カビ、酵母)皮膚炎
 人の水虫は白癬菌と言う真菌が病原菌だ。カビや酵母が病原菌なので、普通の殺菌剤では治らない。
犬の脂漏症も真菌性の皮膚病だ。ステロイド剤や抗生物質では治らない。ひば油で治る。

・ 犬の甲状腺機能低下症に関する随想集! 避妊去勢で脂漏症、膿皮症、脱毛症など誘発!

・ 脂漏性皮膚炎が治ったとお礼の投稿! 天然精油のひば油で自作したひば水で!

3 アレルギー性皮膚炎
 アレルゲン(アレルギーの原因物質)が引き起こす皮膚炎。
犬の場合は、ワクチンやフィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除剤などがアレルゲンになる。犬には薬剤アレルギーの皮膚炎が多い。獣医による薬漬けのせいだ。その詳細は次の随想にある。ワクチン症候群についても記述してある。
ワクチン接種で皮膚病になる犬が多いぞ! ステロイド多用で皮膚病のクッシング症候群に!
 アレルギー性皮膚炎を治すには、そのアレルゲンを絶つことが必須だ。
つまり、獣医とのお付き合いを止めることが先決だ。

4 アトピー性皮膚炎
  遺伝的にアレルギー体質の人や犬に現れる皮膚炎。皮膚炎の原因が皮膚上にあるのではなく、体内にあるので、塗り薬では治らない。

 しかし、獣医がアトピー性皮膚炎だと診断していることには疑問が多い。つまり、獣医は、自分が治せない皮膚炎は難病のアトピー性皮膚炎だと言って、愛犬家をごまかしていることが多い。ブログ「愛犬問題」の勧めているひば油で完治していることが多い。

 アトピー性皮膚炎と言う医学用語が生まれたのはアメリカで1933年だ。80年以上も前だ。当時は皮膚病に関する研究が十分ではなく、医者が治せない皮膚炎は、遺伝的な体質が関係していると決めつけたのだと容易に推測できる。
当時は、人の水虫を治す薬を作るとノーベル賞ものだと言われていた。その水虫は、白癬菌という真菌(カビ、酵母)が原因の皮膚病だ。
その水虫はひば油のアルコール溶液で治ることをブログ「愛犬問題」で紹介してある。

 また、医者や獣医が投薬しているワクチンなどが皮膚炎の原因だとは認めてなかった時代にアトピー性皮膚炎の言葉が生まれた。ワクチン症候群と言う観念さえなかった時代だ。
ワクチンやフィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除剤などの薬剤がアレルゲンになり、アレルギー性皮膚炎を発症するとは、まだ、理解されてない時代だった。

 現在でも医薬がアレルギーの原因物質のアレルゲンになるとは考えてない医者や獣医が多い。だから、むやみやたらに沢山の種類の薬と量を処方する医者や獣医が多い。薬漬けで薬剤アレルギーの皮膚炎になる。

 まとめて言うと、アトピー性皮膚炎の医学用語が生まれた時代には真菌性皮膚炎を治す薬もなければ、医者や獣医の薬が皮膚炎の原因になるとは考えてなかった時代だ。
だから、真菌性皮膚炎も薬剤アレルギーの皮膚炎もアトピー性皮膚炎だと決めつけていたのだ。
言い換えると、遺伝的な体質に基く皮膚炎は、即ち、ほんとの意味でのアトピー性皮膚炎は極めて少ないだろう推測できる。

5 自己免疫性皮膚炎
 人や犬の免疫系が、もともと自分自身の体内にある正常な物質を体外から侵入してきた異物だと勘違いして、間違った免疫反応を起こして皮膚上に炎症を起こすことがある。アレルギー性皮膚炎の一種だ。
人や犬の体は人間の叡智を超えるほどの精密さで作られている。自然の摂理で組み立てられている。だから、自分自身の体の一部を間違って外部から侵入した異物だと誤って免疫反応を起こすことはめったにないことだろう。
つまり、自己免疫性皮膚炎はアトピー性皮膚炎よりも、その発症率は低く、その確率はゼロに近いだろう。何十万分の一だろう。
 もし、獣医が自己免疫性皮膚炎とか、アトピー性皮膚炎とかと言う言葉を口にしたら、その動物病院では皮膚病は治せないと自ら認めていると理解したほうが良い。多くの獣医が好んで、その言葉を使っている。

6 避妊・去勢手術による皮膚炎
 男性ホルモンや女性ホルモンを分泌する睾丸や卵巣を切除したために、犬の体内のモルモンのバランスが壊れてしまったのが原因の皮膚病だ。
避妊去勢でホルモン欠落のいろんな難病に! 皮膚病、脱毛症、肥満、尿失禁、不定愁訴等

 完治するには、避妊・去勢手術で不足してしまったホルモンを生涯供給する必要がある。実用的な治療法ではない。しかし、その愛犬の飼い主としては何もしない訳には行かない心情だろう。

 そこで、ブログ「愛犬問題」では、愛犬の免疫力を向上させて、その皮膚炎の広がりを抑える方法をお勧めしている。愛犬に栄養満点の鶏の骨を主食とした手作り食事を食べさせることだ。レンジでチンするだけの手間ひましかかからない。犬にとっては鶏の骨は百薬の長だと確信している。多くの愛犬家からお礼の投稿がある。
その上に、ひば油を使うのは良いことだ。
細菌または真菌性皮膚炎が併発しているかもしれないからだ。併発はしてなくても、その発症予防にはなる。

 補足
 多くの獣医が避妊・去勢手術で犬は難病の皮膚炎になることを理解してない。あるいは、その事実を愛犬家に隠蔽している。つまり、獣医は無能か、悪質だ。
避妊・去勢手術による皮膚炎もアトピー性皮膚炎だと診断している獣医が多い。
保健所の不妊手術で保護した犬が脱毛症に! 里親に出す犬に避妊手術は有害な偽善行為だ!

 言い換えると、獣医は犬の皮膚炎に無知蒙昧だ。ステロイド剤は怖い薬剤であることをわかってない。
獣医は皮膚炎にはステロイド剤と抗生物質を処方すれば良いと安易に考えている。
無責任すぎる。皮膚炎は治らない。抗生物質も腸内の善玉菌まで殺す副作用のある薬剤だ。獣医はその認識が希薄だ。
獣医は、犬の皮膚病は治らなくても良い。ステロイド剤と抗生物質を売りつけて、儲けさえすればよいと思っている。悪魔の詐欺商売だ。



 関連随想集

 上記の難病もひば油で自作したひば水で治ることが多い。
 
 ひば油の入手法はNo1にある。送料込み500円で購入できる。

1 脂漏性皮膚炎が治ったとお礼の投稿! 天然精油のひば油で自作したひば水で!

2 皮膚病は ステロイド剤や抗生物質の内服薬では 治らない! 天然精油のひば油で治る! 安全で安い!

3  ジューイシャンは高価なぼったくり犬用シャンプー! 獣医が治せない 脂漏症 膿皮症も安価なひば油で治るぞ!

4  アトピー性皮膚炎 自己免疫性皮膚炎 鶏の骨とひば水だけでを治した! 捨て犬を拾った愛犬家! 

5 ひば油で難病の 真菌性皮膚病が一月で治った 獣医の薬では完治に半年もかかるのに

6 ひば油で皮膚病が治る! その随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!



      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集







Last updated  2015.08.29 16:08:27
コメント(51) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Re:留守番でワルをする分離不安症の犬、常同障害(04/22) たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 たけし@ 留守番でワルをする分離不安症の犬、常同障害 Paroownerさんへ 写真集の件ありがとうご…
 Paroowner@ たけしさんへ追申 たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 Paroowner@ Re:犬の写真は素敵(09/16) たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 たけし@ 犬の写真は素敵 Paroownerさんへ 愛犬の写真はいいですね…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.