000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2015.10.18
XML
カテゴリ:ワクチン
 狂犬病が根絶した清浄国で、そのワクチンの接種を犬に強要しているのは世界に類のない日本だけの悪政だ。狂犬病予防法という御用済の悪法が半世紀以上も改廃されてない。獣医界が犬の健康と命を犠牲にして狂犬病ワクチンで巨益を上げ続けるためだ。
一方、混合ワクチンには接種義務はない。接種するかどうかは飼い主が決めてよい。

 ところが、第一種動物取扱業の免許を持つトリミング店では、それらのワクチンの接種を強要している。

 犬猫等の愛玩動物に関する動物の愛護及び管理に関する法律改悪されて平成25年9月1日から施行されている。
「第一種動物取扱業者は、その取り扱う動物の感染性の疾病の予防のために必要な措置を適切に実施するよう努めなければならない」と新しい条項(第二十一条の二)を追加したのだ。
第一種動物取扱業者は、獣医界の手先になって犬には狂犬病ワクチンだけでなく、混合ワクチンの接種も強要する仕組みを新たに作ったのだ。その仕組みに違反する業者は、その免許を取り消すと、年一回の講習会や研修会で脅かしている。

 獣医界がワクチンの詐欺商法でぼろもうけをするために政治家や官僚にカネをばらまいて法律までも改悪したのだ。企業・団体献金という賄賂政治の見本みたいな悪政だ。愛玩動物虐待の悪法だ。
その詳細は次の随想集にある。
トリミングで混合ワクチンを強要 その随想集

 トリミング店を一人で開業しているトリマーから、私はトリミングのお客さんに「ワクチンの接種は強要していません」との投稿があった。この最下段にその投稿文を掲載してある。
結論から先に書くと、「民間の資格」でトリミングをしているトリマーの中には、「ワクチンの接種」を強要してない人もいる。良いことだ。善良賢明な行為だ。

 第一種動物取扱業とは広い業種なので、ここでは犬に関することだけを記述する。
第一種動物取扱業とは素人的にわかりやすく言うと、犬を一泊以上させて取り扱う業者のことだ。
具体的には、犬を飼育して販売するブリーダーや、犬を宿泊させるペットホテル業者、犬を何日か預かって訓練する訓練士などだ。その詳細は第一種動物取扱業にある。

 では、犬のトリミングを業としているトリマーはどうか。
トリマーには、第一種動物取扱業の人もいれば、そうでない人もいる。
つまり、第一種動物取扱業の人は「動物の愛護及び管理に関する法律」の保護と規制を受けるが、第一種動物取扱業でない人はその法律の規制は受けない。
第一種動物取扱業でない人は、国の免許を受けていないのだから、年一回の講習会や研修会を受講する義務もないし、免許を取り消されることもない。
 
 犬のトリミングをしている多くの人が持っているのは国の免許ではなく、「民間の資格」だ。正確に言うと、トリミング技術習得済の認定書だ。民間のものなので、法律的には何の効力もない単なる紙切れだ。
だから、国の法律の保護も規制も受けない。
トリミング店は、トリミングの資格があってもなくても、開業して儲けることができる。
国民は誰でもトリミング店を開業しても違法にはならない。ただし、トリミング技術を習得してないとお客さんは集まらないだろう。

 誰れでもトリミングで儲けることができるということは、第一種動物取扱業の人の中にはトリミングも兼業している人が多いだろう。
つまり、トリミングを兼業している第一種動物取扱業の人の店に愛犬のトリミングを頼むと、狂犬病ワクチンだけでなく、混合ワクチンの接種を強要されるということだ。
 
 余談

 特許管理士は民間団体である「特許管理士会」が認定している民間の資格だ。
特許出願に関して業として仕事をすると、弁理士法違反として逮捕されるインチキ資格だ。
世の中にはそのようなインチキ資格の詐欺商売が氾濫している。

 人の美容と調髪には、それぞれ美容師と理容師という独立の国家免許がある。それぞれ違う法律の適用を受ける。
ところが、その二つの法律は犬には適用されない。
だから、民間の資格で開業しているトリマーも法律により罰されることはない。

 つまり、愛犬のトリミングをしてもらうには、純粋に民間の資格だけでトリミングをしているトリマーに頼むのが良い。犬に有害無用なワクチンの接種を強要されなくて済むことがあるだろう。

 言い換えると、日本の犬に関して国の関与があるものは、すべて悪政の仕組みだと理解したほうが良い。
国民の愛犬家に無駄な出費や犠牲を強いて、獣医界が儲ける仕組みを作り上げてある。犬や愛犬家にとっては悪魔のからくりだ。狂犬病注射制度はその一例だ。
つまり、日本の犬に関する政治や行政は金権腐敗政治や行政だ。

 次の随想のコメント欄に「私のお店ではワクチンの接種は勧めておりません」との投稿があった。その主要部を転載する。
マイクロチップは詐欺商品だ! 犬用ガム、液体歯磨き、涙やけ除去剤、薬用シャンプー、殺菌消毒剤も同様だ

 

 ワクチン接種について       投稿者:yuzuji さん

私はトリマーをしております。トリマーは獣医と手を組み、予防接種を勧めるとの記述を目にしましたが、私のお店ではお勧めはしておりません。

 

 返事1    Paroowner

 yuzujiさんは国の資格を持ったトリマーですよね。
トリマーは一年に一回講習会を受ける義務が課されていますよね。
その講習会では、犬にはワクチンの接種証明書を確認してから、トリミングをするようにと教えられているでしょう。
あなたは、その証明書の提示を飼い主には求めてないということですか。

 もし、そうなら、環境省があなたのトリマーの資格を取り消すこともあることはご存知ですよね。
そのことを承知の上で接種証明書の提示を飼い主には求めてないというのですか。
もしそうなら、あなたは、ほんとの意味での善良賢明な国民です。



 返事2    yuzuji さん

 返信ありがとうございます。
トリマーの資格は国家資格ではなく、民間の資格です。その中でも政府が管理しているものと、民間が管理しているものがあり、私が専門学校時代に取得した資格は民間が管理している更新や研修など一切ないものです。
それに、私が営んでいるサロンは、私一人でやっている小さなサロンです。
役所に問い合わせたところ、私の今の営業形態では、第一種動物取扱業の免許を取得しなくてもよいと言われました。
だから、取得していません。
なので、研修などにも参加してません。
新規のお客様には、一応ワクチンの有無や、今までの既往歴がないか、など書いていただきてますが、証明書の提示は求めていません

 

 返事3     Paroowner

このブログ「愛犬問題」には、トリミング店では狂犬病ワクチンだけでなく、混合ワクチンも接種してないと、トリミングをしてくれないので、現在はトリミングはご自分でしているという愛犬家の投稿が多いです。

そのことに関して次のことを教えてください。
「新規のお客様には、一応ワクチンの有無や、今までの既往歴がないか、など書いていただきてます」とのことですね。
その「ワクチン接種の有無」を書かせるのは何のためですか。

 

 返事4   yuzuji さん

ワクチンの有無の確認は、トラブルを避けるためです。
愛犬の管理は、お客様に任せています。
私はそれについて口出しはしませんが、もし、未接種ですと、たとえ感染していたとしても、まだ症状が出ていないことも考えられます。その間に、他の犬への感染もあり得ると思います。
トリミング時に未接種だと分かっていれば、いつも以上に念入りに作業テーブルや床など消毒をします。
私たちの仕事は信頼が大事です。



返事5   Paroowner

 日本にいるだけの犬には狂犬病ワクチンだけでなく、混合ワクチンも不要ですよ。
日本にはそれらのワクチンに関する感染症は流行ってないからです。
私の愛犬のパロには、たとえ無料でもワクチンを接種する気はありませんね。健康に有害無用ですから。
なのに、獣医はいまだに流行っているとウソを言いふらしています。

 つまり、獣医にだまされて、トリミング時にワクチン系感染症の予防の為に神経をとがらせ、無用な作業をしないほうがほうが良いですね。トリミング時にワクチン系感染症が伝染する確率は無限にゼロですよ。
皮膚病系の感染症は動物病院で感染することが多いです。動物病院から帰宅した愛犬はすぐにひば水をスプレーして殺菌したほうが良いです。
トリミング店では皮膚病の感染予防に気を配ったほうが良いですね。

 yuzujiさんは誠実なトリマーさんですね。
他人にワクチン接種を要求するのではなく、ご自分でその対策をとっていますから。
(ただし、ワクチンと感染症の流行に誤解がありますがね。)
 
 ワクチンとそれに関する感染症の流行について正しい知識を持っていないで、獣医の言い分だけを信じ込んでいる多くのトリマーさんは、トリミングをする飼い主にワクチン接種の証明書を要求しているということですね。
ご自分の処から感染症が広がると、商売に差し支えるなどと思い込んでいるのでしょうね。
無知ほど怖いものはありませんね。
ご自分の無知がご自分のお店のお客様の数を減らしていることを理解してないのです

 ブログ「愛犬問題」では、賢明善良なトリマーさんはワクチン接種証明書を要求しないが、獣医の手先になっている無知不良なトリマーはその証明書を要求していると話すことにします。

つまり、愛犬にトリミングをするなら、ワクチン証明書を要求しない善良賢明なトリマーさんを探したほうが良いとお話しします。


愛犬の健康や長寿とトリミングはどちらが大切か。
問うのが恥ずかしいほどの愚問だ。
次の随想がご参考になる。 
狂犬病、混合ワクチンで毎年犬4500匹死亡! ワクチンよりも怖い感染症は日本にはない!



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!

初めて会った子供たち






Last updated  2015.10.19 13:10:09
コメント(30) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージは心身に有害


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


狼爪


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


自然治癒力と免疫力


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


加計学園獣医学部新設に反対


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


加計学園獣医学部新設に反対


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Non Lee さんへお礼 Non Lee さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください 犬の好きな方の投稿を歓迎します…
 Paroowner@ 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して…
 Paroowner@ Re[1]:愛犬仙人さんへお礼(11/11) 愛犬仙人さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.