000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2016.10.16
XML
カテゴリ:狂犬病
 日本の犬は毎年狂犬病ワクチン注射で約5万匹が健康被害を受けている。
そのうち、約3,000匹が死亡している。
日本の獣医界はその事実を隠蔽している。悪魔の詐欺商売だ。
アメリカやイギリスでは広く知られた事実だ。
詳細は狂犬病ワクチン副作用被害:日本は毎年5万匹! 内3,000匹死亡!にある。

 日本は狂犬病が根絶した清浄国だ。WHO(世界保健機関)も認めている。
イギリスも狂犬病の清浄国だ。だから、狂犬病ワクチンの接種義務を廃止している。
日本は獣医界が儲けるためだけの理由で、いまだに狂犬病注射を犬だけに法律で強制している。
狂犬病予防法は御用済の悪法だ。その悪法は、獣医界や製薬会社の企業・団体献金で生き延びている。
つまり、日本の狂犬病注射制度は金権腐敗政治の遺物だ。

 狂犬病ワクチンの副作用で多くの犬が健康被害を受けたり死亡している。
その中で最も怖いのはアナフィラキシー・ショック死だ。
アナフィラキシーとはアレルギー反応の悪の親玉みたいなものだ。
ワクチン接種10分前後で犬が急死することがある。
獣医は、犬の体調が悪かったので死亡したと平気でウソを言っている。
言い換えると、獣医は、ワクチンは安全な薬剤と言っているが真っ赤な嘘だ。
アナフィラキシーの怖さ その随想集

 日本では半世紀以上も狂犬病に罹病して死亡した犬はただの一匹もいない。
人間も一人も死んでない。(海外で罹病して帰国後死亡した人が二人いるだけだ。つまり、日本国内の問題ではない。)

 なのに、狂犬病予防のためだと詭弁を弄して狂犬病予防法を半世紀以上も改廃しないで、悪法をいまだに存続させている。
現今の狂犬病予防法は、狂犬病を予防するための法律ではない。上記のように、日本では人も犬も狂犬病では死亡してない。

 たとえ話をする。

台所に小蝿(こばえ)が発生したので、フマキラーを散布して退治した。
その後は小蝿は全くいなくなった。
そのような良い環境の台所に臭いフマキラーを定期的に散布する人はいない。
もし、散布する人がいたら精神異常だ。お付き合いは遠慮したほうが良い。

 日本の狂犬病注射制度も異常な制度だ。獣医界が儲けるために存続させている悪政の一つだ。
その悪政の陰で何の穢れも罪もない愛犬たちが殺されている。
犬の天敵の白衣の悪魔の悪行だ。


 次の随想のコメント欄に狂犬病注射猶予証明書の入手法に関する相談の投稿があった。
愛犬と一緒にマンションに住んでいるいるので、その証明書が必要だとのこと。

ワクチン注射が原因の難病の皮膚病! 小型犬ほど被害甚大! 鶏の骨と市販抗ヒスタミン剤で治す! 

 

 狂犬病注射猶予証明書を入手するには   投稿者:はならん さん 
 
はじめまして。
1歳4ヶ月のミニチュアダックス、女の子、体重4.4kgの飼い主です。
フィラリア予防薬とノミダニ駆除が一緒になった『ネクスガード 』と言うのを今年の5月から毎月1回服用させてました。

ワクチン回避をしたくて色々調べてこのブログに辿り着きました。

愛犬は、我が家に来た時から咳が酷く、食も細く、毎月数回血の混じった嘔吐と下痢をしてました。
病院を3軒周り、ケンネルコフ・ジアルジア(寄生虫)・糞腺虫(寄生虫)が発見され駆虫薬の治療を受け寄生虫の駆除と咳が治まりました。

愛犬は食が細く、毎月2、3回血の混じった嘔吐と下痢をしてます。嘔吐&下痢も当初は診察を受けて吐き気止め・整腸剤・栄養剤の点滴を数回受けましたが変化が無く現在は嘔吐&下痢の時は安静にさせて自宅で様子を見て、食事も少量で栄養の高い物をあげてます。
念の為にとアレルギー検査済みで特にアレルギーは持って無い子です。

前置きが長くなりましたが、
愛犬が我が家に来た時は生後4ヶ月で既に6種混合ワクチンと狂犬病ワクチンが済んでる状態でした。

前回接種から1年が経過した為、今月上旬にワクチン接種をしました。
病院から狂犬病ワクチンを先に打って、1週間後に6種混合ワクチンを勧められ、何の疑いも無く狂犬病ワクチンと6種混合ワクチンの接種をしました。

6種混合ワクチンを接種して直ぐ、診察台の上で目が虚ろになり、嘔吐し、呼吸困難、血圧低下により歯茎が真っ白のアナフィラキシーショックを起こしてしまい緊急処置の点滴を6時間受けました。
何とか一命を取り留めましたが、改めてワクチンの怖さを知り、今後ワクチン接種を回避したいと考えてます。

 アナフィラキシーショックを起こした時の担当獣医さんが産休に入ってしまった為、不安になり病院の院長に先日のアナフィラキシーショックの事、来年はワクチンが怖いので抗体値検査をして貰えるか?狂犬病のワクチン回避希望(猶予証明書発行)を来年は書いて貰えるか相談に行きました。
すると、来年はワクチン接種10分前にアレルギーを抑える注射をしてワクチン可能と言われてしまいました。
正直そこまでしてワクチンはさせたくない。

 でも、猶予証明書の発行をして貰わないと困ると思い、アナフィラキシーショックを起こしてるから怖い旨を再度話しましたが、ワクチンをしないで病気に感染する方が危険と言いくるめられてしまいました。
アナフィラキシーショックの処置をした獣医さんは産休で1年以上復帰しない予定
カルテには、多分、ワクチン接種後に副作用起こした程度の簡単な事しか書かれてないと思います。

病院を変える事も考えてるのですが、私の住んでる東京都区内の動物病院では凄く評判の良い病院で、先代犬も何度も命を救って貰ったので信頼してたので頭が少し混乱してます。
今回の件で来年も接種を勧められ怖くなりました。

 6種混合ワクチンでアナフィラキシーショックを起こした事を証明出来る物が無いので、病院を変えるにしても不安が残ります。
通常、ワクチンなどでアナフィラキシーショックを起こした診断書など希望すれば有料でも良いので書いて貰えるのでしょうか?

アナフィラキシーショック後の緊急処置の場合、病院側(製薬会社?)が治療費を負担すると言う事で、ワクチンを受けた日の診療明細書には緊急処置の事が一切記載されてません。

東京都練馬区に住んでおり、隣の区でワクチン免除証明書発行を行ってる病院を見つけたので、ワクチンでアナフィラキシーショックを起こした事が証明出来る物があれば今後、免除証明書発行でワクチンを受けないようにしたいと思ってます。

アナフィラキシーショックを起こした動物病院が来年度のワクチンも勧めてくる状態でどう行動したら良いか行き詰まってしまい、お知恵をお借りしたいと思いコメントを書きました。

来年度までの1年間に何とか対策を考えて、我が子を守りたいと思ってます。
製薬会社に問い合わせる方法などもあるのでしょうか?

分かりづらい内容ですみません。お力をお借りできれば助かります。
また同じような経験をされた方のお話をご存知でしたら教えて下さい。

一軒家でしたら、猶予証明書の有無にかかわらず、接種しなければ済むことなのですが、ペット可の分譲マンションの為、管理組合にワクチン接種の証明書の提出をしなくてはならないのです。
ワクチン接種をしない場合は、狂犬病と混合ワクチンの猶予証明書がどうしても必要なんです。
長々書いてすみません。
我が家の愛犬を守り続ける為にお知恵をお借り出来たらと思います。



 返事 1      投稿者: Paroowner 

 狂犬病ワクチンの接種の猶予に関しては狂犬病予防法では何も規定してないのです。
つまり、日本全国一律の制度ではないのです。
都道府県や市、区で、接種の猶予制度を定めているのです。
はならん さんはどこにお住まいですか。

 

 返事2        はならん さん

私は東京都練馬区に住んでいますが、隣の杉並区の動物病院で狂犬病ワクチン猶予証明書発行をしてる動物病院を見つけました。
練馬区の狂犬病ワクチンの代理手続きも行ってる病院です。

練馬区のかかりつけの病院では来年はワクチン接種前にアレルギーを抑える注射をしてから6種混合ワクチンをします。混合ワクチンのリスクより感染リスクの方が怖いので6混合ワクチンは必要ですと言われてしまいました。
混合ワクチンは任意なので飼い主が受けるか受けないか決められるハズなのに…。
ネットで調べても軽い副反応が出ただけで狂犬病ワクチンと混合ワクチンをしない免除の形を取ってくれる方を多く見かけました。

動物病院で抗体価検査が出来るか聞いたら(抗体があれば混合ワクチン免除の証明代わりになるかな?と思い)過去に1回だけ物凄くこだわりのある飼い主さんが強く希望して行った事は有りますが、結局意味の無い検査に時間と手間がかかるだけで意味の無い検査で料金も数万円かかるので当院ではそれ以来行わない事にしてます。
結局抗体価検査した方も1種抗体が足りてなく、日本には単体のワクチンが無い為結局混合ワクチン受けて貰いましたと。

その説明を聞いて、かかりつけ医にしてる以上任意の混合ワクチンも断れないんだ…と思いました。

昨日の初コメントから、自分なりに色々調べて、国内で使用される狂犬病・混合ワクチン製薬会社のワクチン説明の規約に、過去に当ワクチン又はワクチン接種後にアナフィラキシーショックを起こした物には接種しない事と言うような旨の規約が狂犬病ワクチンの1社以外全ての製薬会社のワクチン規約に記載されてるのを見つけました。
我が子がワクチン接種直後に診察台の上でアナフィラキシーショックを起こした事が証明出来れば、製薬会社の規約に基づいて受けなくて済むのかな?とも思いました。

狂犬病ワクチン猶予証明書発行・混合ワクチンを受けれる個体でない証明があれば、住んでるマンションの管理組合に提出可能で、今後ワクチンを受けずに今の家で愛犬と暮らせます。



 返事3       Paroowner 

はならんさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

そのマンションの管理組合に提出する書類は狂犬病ワクチンの猶予証明書だけではないのですか。
法律で接種義務があるのは狂犬病ワクチンだけですよね。
混合ワクチンを接種するかどうかは飼い主が決めることですよね。
つまり、法律上の接種義務はなく、任意です。

 もし、その管理組合が混合ワクチンにまでワクチン猶予証明書を強要しているなら理不尽です。必要性のない無用な物を要求しています。不合理ですね。
その管理組合にとっても何のメリットもないでしょう。

 なぜ無用な物まで強要するのか、その理由を聞いてください。
もし、「決まり」だからというなら、その決まりが間違っていますね。廃止すべき決まりですよ。
そのように管理組合の方に進言したほうが良いですね。

 なお、ワクチン猶予証明書は製薬会社とは関係がありませんよ。

 狂犬病ワクチン猶予証明書を都道府県市町村が発行するようになった基本的な趣旨は、ワクチンの副作用で犬の健康を害したり、命を失うのを防止するためです。

 その犬がワクチン接種で被害を受けるかどうかを最初に決めるのはその飼い主です。
例えば、はならんさんの愛犬のようにアナフィラキシー症状を示したことがあるなら、そのことを獣医にお話しして、その獣医がなるほどと思えば、そのワクチン猶予証明書を書くことになっているのです。

 あなたの愛犬がアナフィラキシー症状になったという第三者、例えば、他の病院の獣医の証明書は不要です。

 あなたは、ご自分の愛犬のアナフィラキシーの症状をブログ「愛犬問題」に詳しく書いてありますね。
その内容を文書にして、証明書を書いてくれる獣医に提出すると良いですね。
獣医がその証明書を書く代償として、狂犬病ワクチン接種費用と同程度の費用を飼い主がその獣医に支払うことになっています。
つまり、獣医はワクチンを売っても、証明書を書いても、同じ程度の儲けになるようになっているのです。

 練馬区の獣医がワクチンを接種しないと、愛犬が病気になると脅しているようですが、その獣医は学識教養がありませんね。狂犬病に無知蒙昧です。
その点については、ここでには書きません。
ブログ「愛犬問題」の「狂犬病注射有害無用論の随想集」に詳述してありますよ。下段の関連随想集にあります。
ご参考にしてください。
その随想をコピーして、その獣医に手渡してもいいですよ。

 

 返事4       はならんさん

Paroownerさん、ありがとうございます。

今後の狂犬病ワクチンに関しては、次のように考えています。
愛犬は混合ワクチンを接種した際に診察台の上でアナフィラキシーショックを起こしました。獣医さんが緊急処置をして、愛犬の命を助けていただきました。その獣医さんは、うちの子は他の子より回復が悪かったと言っていました。その獣医さんは現在産休中です。

ワクチン注射は、本当に命に関わる事なので、ここに記載した詳しい内容をワクチン接種した病院の院長にもう1度話して来年度の接種時期に『狂犬病ワクチン免除証明書』を書いて貰うよう再度話してみます。

混合ワクチンに関しては次のように考えています。
狂犬病ワクチン接種よりも混合ワクチン接種を強く勧める院長には、愛犬は混合ワクチンでアナフィラキシーショックを起こしたことがありますし、また、混合ワクチンの接種は任意なので、今後は接種しませんと伝えます。
その上でアナフィラキシーショックを起こした診療内容?診断書?を有料で書いて貰えるように交渉してみます。
愛犬は混合ワクチン接種の際にアナフィラキシーショックを起こした旨を院長にお伝えして、そのれで、狂犬病注射免除証明書を書いてくれないかと伺ってみます。

マンションの管理組合にも、練馬区役所に提出する書類は『狂犬病ワクチン免除証明書』だけだから、組合に提出する書類も『狂犬病ワクチン免除証明書』だけで良いかどうかを相談してみます。

 管理組合には犬猫の飼い方に詳しい方は居なく、狂犬病ワクチンと混合ワクチンについては法律的な正しい知識もないまま、飼い主には両方とも接種義務があるとの先入観でペットに関する規約が作られました。
ワクチン接種以外にも大型犬不可。
1戸で飼育可能は2匹まで。
1個体50cm以内・10kg以内。
建物及び敷地内では必ず抱っこ、近所迷惑な行為をしない。
エレベーターに乗る際は他に乗る住人が居た場合一緒に乗っても良いか聞く事…等の決まりがあり、守らなかった場合は手放す処置を取って貰うとの事です。

 同じマンションでペットを飼われてる方にも相談して、ワクチン接種でアナフィラキシーショックを起こしたのと、任意ワクチンの為、副反応が出たので受け無い旨を理事長さんなどにもお話してみようと思います。
長々書いてしまってすみません。
愛犬の命を守りつつ今の家で暮らせるよう全力で努力します。



 返事5       Paroowner 

 はならんさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q
良いお考えですね。私も賛同します。
その話し合いの時の参考資料として次の随想集の一部をお使いするのも良いかと思います。

狂犬病ワクチン有害無用論の随想集
例えば、その中のNo104に、日本の犬は狂犬病ワクチンの副作用で毎年約3,000匹が死亡していることが詳述してあります。

混合ワクチン有害無用論の随想集
混合ワクチンの接種では毎年約1,500匹の犬が死亡しています。No61に詳述してあります。

 なお、 ブログ「愛犬問題」の記事は著作権はフリーです。
コピーして配布しても良いのです。ご自由にお使いください。



 日本は世界の各国の政府が認めているように狂犬病が根絶した清浄国だ。根絶してから半世紀以上になる。
今後100年も日本国内で狂犬病に感染して死亡する人は一人もいないだろう。
なのに、なぜ、マンションの管理組合は、その住人の愛犬家に犬の狂犬病注射猶予証明書を要求するのか。
管理組合には何のメリットもないだろう。
あるというなら、そのメリットを教えてもらいたいものだ。

 一言でいうと、マンションの管理組合は獣医界に騙されて、その詐欺商売の手先にされている。そのことをマンション住人は理解してない。
 マンション住人だけでなく、日本国民は皆、愚民政治の愚民の集団だと言いたくなる。多くの国民が獣医界に騙されている。情けない話だ。ハイ。




関連随想集

 狂犬病、混合ワクチンで毎年4500匹死亡!



 狂犬病注射有害無用論の随想集
  混合ワクチン有害無用論  



       狂犬病注射の問題点については姉妹ホームページにも詳述

 狂犬病ワクチン注射は有害無用! 多くの犬が健康被害や死亡! 狂犬病予防法は御用済みの悪法

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!

 
初めて会った子供たち


           
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!






Last updated  2016.10.17 21:31:16
コメント(9) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Re:留守番でワルをする分離不安症の犬、常同障害(04/22) たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 たけし@ 留守番でワルをする分離不安症の犬、常同障害 Paroownerさんへ 写真集の件ありがとうご…
 Paroowner@ たけしさんへ追申 たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 Paroowner@ Re:犬の写真は素敵(09/16) たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 たけし@ 犬の写真は素敵 Paroownerさんへ 愛犬の写真はいいですね…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.