15566984 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2018.04.28
XML
狂犬病ワクチンと混合ワクチンを10歳になるまで毎年接種していた。
そのワクチンが原因で痙攣の発作を起こした。てんかんの症状だ。
つまり、ワクチン症候群が発症したのだ。
なのに、獣医は多血症と誤診して有害な治療をした。
何度も動物病院を変えた。
他の動物病院では多血症ではなく、膵炎や多臓器不全と診断した。
でも、病気は治らない。また、誤診をされた。
悩んで、ネットを検索してブログ「愛犬問題」に巡り会えた。
 てんかんの痙攣発作は、ワクチンの接種を止めて、栄養満点の鶏の骨の食事を摂れば治ることを知って、動物病院に行くのを止めることにしたとの投稿が次の随想のコメント欄にあった。

 随想 ワクチン、フィラリア薬、ノミ・ダニ駆除剤は実は怖い毒物! 獣医が犬を病気にして儲けるための悪魔の薬剤

 

  動物病院に行くのをやめました!   投稿者:mcoo さん

はじめまして。
1年半ほど前、痙攣発作から町の動物病院で多血症と診断され、設備の整った大きな動物病院を紹介され、毎月一回、毎回全身麻酔をして、血を抜き点滴で薄める治療をしてきました。
ここ半年は、2ヶ月に一回に減りましたが、2月の終わりにひどい嘔吐と下痢をしました。
他の動物病院に行った所、膵炎多臓器不全との事。
入院により延命はできますが、一泊3万円で最低でも一週間の入院と言われました。
多額の治療費になるために諦めて愛犬を家に連れて帰りました。

 衰弱していく愛犬をただただ出来る限りの事を自分なりにやってきました。
そしてネット検索をして、こちらのブログ「愛犬問題」にたどり着きました。

 愛犬は衰弱のせいか、片方の目が角膜潰瘍になりました。
目の専門家がいる動物病院に行きました。そこの目薬では良くなリませんでした。

 一週間後にまた、別の動物病院に行った所、衰弱して麻酔もできない、治療できない。
他の動物病院に行ってくださいとさじを投げられました。

 途方にくれて何件かの動物病院に電話して、診てくれる動物病院がありました。
外科的治療はできないもののの、なんとか目薬の処方はしてくれました。

しかし、血清目薬を作る際に血液検査をした所、多血症ではないようです。
腎臓の数値が高いとのことで、皮下点滴を週2回通いました。
しかし、愛犬は酷い下痢をするようになりました。

どうせ長くないのなら、食べたいものを好きなだけ食べさせました。ブログ「愛犬問題」のお勧めの手羽先の先の焼き鳥や砂肝、はては、揚げ煎餅までも。

しかし、手羽先の先は、ドックフードの療養食を無理やりあげていた時よりも明らかに食べるんです。
点滴をやめて半月になりますが、状態も悪くはなっていませんし、半分寝たきりだったのが、愛犬が自分から動くようになりました。
それまでは水さえ飲まなかった愛犬でした。
快復し始めたようなので喜んでいます。
動物病院は信用できなくなりましたので、今後は行かないつもりです。



     投稿者:Paroowner

 mcooさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

結論を先に書きます。
愛犬の病気を治すには動物病院には行かない方が良いです。
誤診や薬漬けで、益々病気が悪化するだけです。
鶏の骨の食事をさせることが最良の治療法です。
次の随想をご参考にしてください。
 てんかんの原因はワクチンや避妊・去勢! 鶏の骨の食事で治す! その随想集
 
多血症も膵臓病も多臓器不全も獣医の口から出任せのウソですよ。
獣医は医学的な正しい知識は持ってないのです。つまり、白衣の詐欺師ですよね。

 一つ、質問します。

最初の痙攣発作があった直前(2,3日以内)にワクチン、特に狂犬病ワクチンを注射していませんか。
ワクチンで痙攣発作を起こす犬は多いですよ。
てんかんになる犬も多いですよ。

獣医はその事実を隠すために多血症とか膵臓病、多臓器不全などと出鱈目な診断をしたのですよ。

 

  mcoo さん

返信ありがとうございます。
最後の痙攣の時は、たまたま混合ワクチンと狂犬病ワクチンは打っていませんでしたが、その前までは、毎年打っていました。当時9才8ヶ月です。
今思いかえすと、ワクチン接種の後も多血症の治療後も帰宅後はよく寝込んでいました。きっと体に大きな負担だったのでしょうね。



   Paroowner

mcooさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

狂犬病ワクチン混合ワクチンを毎年打っていましたか。
生後9才8ヶ月までも。
そのワクチン接種が痙攣の原因です。
次の随想に詳述してあります。
 ワクチン接種続けて3年愛犬が突然痙攣症状 犬はワクチンでてんかんになるぞ!!

「愛犬問題」のトップページに行って、キーワード検索の「このブログ内」を選んで「ワクチン 痙攣」で検索すると、その他にも多くの関連随想が出てきます。

今後は動物病院には近寄らないことが愛犬は健康で長生きしますよ。
君子危うきに近寄らず」です。

 愛犬は動物病院には行かないで、栄養満点の鶏の骨の食事だけで健康を回復しますよ。このブログ「愛犬問題」には、そのような朗報の事例が多いですよ。
鶏の骨は栄養満点なので、免疫力が向上していろんな病気を早く治すのです。
つまり、鶏の骨は犬にとっては百薬の長なのですよ。


  朗報!

 重病だった愛犬の健康が回復しつつあると次の投稿がこの下のコメント欄にある。転載する。



 だいぶ動きまわるようになりました!  投稿者:mcoo さん

 うちの愛犬の体重が1,5kg増えました。
もともと8kgだった体重が動物病院に通い続けて4kgに激減していたのですが、現在は5,5kgあります。
栄養失調で歩く事もやっとだったのですが、だいぶ動きまわるようになりました。
ブログ「愛犬問題」のおかげです!





 ブログ「愛犬問題」では獣医とは健康な犬を病気にして儲けている白衣の悪魔だと長年言い続けている。

獣医とは?
獣医とは犬の病気を治す職業だと思い込んでいる愛犬家が多い。違う。誤解だ。
獣医とは健康な犬を病気にしてその病気を治すふりしている白衣の詐欺師だ。


 言い換えると、君子危うきに近寄らずだ。
愛犬の健康と長寿を守れるのは飼い主の貴方だけだ。



 関連随想集

  鶏の骨は百薬の長 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

 ワクチン症候群は怖い病気 その随想集

 狂犬病、混合ワクチンで毎年4500匹死亡!
 狂犬病注射有害無用論の随想集
  混合ワクチン有害無用論  


 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!






Last updated  2018.04.30 20:17:28
コメント(18) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ    Paroowner さん
ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して質問する愛犬家は、愛犬に関する次の事項をお知らせください。
正しいアドバイスをするために不可欠な情報ですので、必ず書き込んでください。

1 犬種、体重、年齢
2 避妊去勢手術をしたなら、その時の年齢
3 狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア薬、ノミ駆除剤などを投与した時期や回数

参考随想 

「獣医界の五大詐欺商法!犬の天敵の悪業! 狂犬病注射と避妊去勢手術は特に有害だ!」
http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201308010000/





(2018.04.28 21:59:18)

 気楽に書き込んでください    Paroowner さん




犬の好きな方の投稿を歓迎します。


ただし、獣医や業者の詭弁のブログ荒らしはダメですよ。



- (2018.04.28 22:01:03)

 mcooさんへお礼   Paroowner さん


mcooさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

ご投稿文を基にして、おかげさまで良い随想をアップできました。
厚くお礼を申し上げます。
実は急遽、この随想をアップすることにしました。
つまり、mcooさんにはブログ「愛犬問題」の本文にご投稿文を採用掲載することを前もってはお知らせしてないのです。
よろしくご了解くださるようお願いします。

 愛犬の病状は快復しつつありますか。
その後の状況をお知らせいただくと、多くの愛犬家にご参考になります。
よろしくお願いします。


- (2018.04.28 22:09:18)

 病院に行くのをやめました。   mcoo さん
Paroownerさんへ
こんにちは!
投稿を載せるのは大賛成です。
うちの愛犬ですが、あれから食欲も回復し、8キロあった体重が4キロに
減っていたのですが、1,5キロ増え
栄養失調からか歩く事もやっとだったのですがだいぶ動きまわるようになりました。
愛犬問題のおかげです! (2018.04.29 09:11:39)

 Re:病院に行くのをやめました。(04/28)   Paroowner さん
mcooさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

朗報です。
愛犬が健康を取り戻しつつありますね。
ブログ「愛犬問題」に巡り会えて良かったですね。
早速ブログ「愛犬問題」のこの上の本文に追加転載します。
多くの愛犬家のご参考になります。

(2018.04.29 13:55:38)

 ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)   ハチママ さん
Paroowner様

初めまして!

「愛犬問題」と言う犬を幸せにする知識の宝庫のような素晴らしいサイトを運営してくださり、そして先代の愛犬パロちゃんが熱中症でお星様になった時にはご心痛にもかかわらず、価値あるブログ「愛犬問題」を継続してくださって本当にありがとうございます。もしパロちゃんと共にブログが終了していたら、このような貴重な情報、本質的な考え方、「犬の身になって考える」と言う当たり前のことができないまま、私は大切な愛犬の命を獣医に委ね続けていたと思います。心より感謝申し上げます。

アメリカ在住の我が家には、重症の皮膚病で苦しんでいる赤柴の愛犬がおります。10歳5ヶ月の雄です。生後2ヶ月でブリーダーから購入、家族のコンパニオンとして可愛がっているつもりでしたが、ブログ「愛犬問題」で有害無用と言われる獣医界の5大詐欺商法全部に愛犬をさらしていたと学び、猛省の日々を送っています。

愛犬には、生後2ヶ月のBordetellaワクチン、4種混合ワクチン (* Distemper, Hepatitis, Para-influenza, Parvovirus Booster)、回虫駆除剤を皮切りに、定期的な狂犬病ワクチン、毎月のフィラリア薬とノミ・ダニ駆除剤フロントラインを使った他、2歳から皮膚病や外耳炎になる度に、ステロイド、抗生物質、免疫抑制剤を獣医に処方されるままに与えました。狂犬病の予防接種は、生後3ヶ月で1年ワクチンを受けた後、3年ワクチンを4回受けています。これには昨年日本への帰国手術準備のため受けた二回も含まれています。結局、病状が悪化し手術(膀胱が飛び出した会陰ヘルニア)は当地で受けたのですが。

現在体重は10kg弱です。去勢手術は不自然に思えてしていなかったのですが、今年1月会陰ヘルニアの手術時、再発防止に不可欠と執刀した獣医に言われ、不本意ながら同意しました。9歳11ヶ月でした。

約3週間前に貴ブログ「愛犬問題」と出会い、日々お知恵を拝借しながら初めて薬剤を使わない皮膚病のケアに挑戦しています。 最後に自己免疫抑制剤アポケルを飲んだのは7月30日です。獣医に行くと毎回ステロイドと免疫抑制剤を使った対処療法しかないので、今回は獣医に見せていません。しかも、今まで毎夏皮膚炎で治療を受けていたのに獣医から正式な病名を聞いたことはありません。手作りの食餌をやめてアレルギー食を薦められるだけでした。先日、ペット保険の会社と話した時に、どうして何もかも全く保険が効かないのかと質問したら、「去年の夏のHot spots(急性加湿性皮膚炎)以外は全て既往症だから」と言われ、その時初めてHot Spotsと言う病名を聞きました。他にも、獣医は私たち飼い主には告げなかった病名「会陰ヘルニア」を数年前のカルテに書き込んでおり、まるで獣医とペット保険会社が結託しているかのような印象も受けました。犬や猫を愛する人が必ずしも獣医になるのではないと身に沁みました。なお、ペット保険は、ブログ「愛犬問題」でペット保険に関する随筆を読んだ後にキャンセルしました。これまで月額50ドル引き落とされていた分は愛犬の喜ぶ手羽先の購入にあてます。ペット保険に入る愚行には薄々気が付いていましたが、獣医が製薬会社のみならず保険会社とも繋がっていることに驚きました。

Paroowner様のブログ「愛犬問題」の随筆はどれも内容が濃く、カバーされている分野も多岐にわたる上、目から鱗の連続です。そのため投稿文を書きながらついつい、あれもこれも伺いたいと質問が盛り沢山になってしまい、文字数オーバーで送信できませんでした。

今回はこの夏、今までになく酷い愛犬の皮膚炎のケアにつきましては、特にひばエタノール溶液について質問させていただきたく存じます。文字数の関係で質問の部分のみ後発で投稿させていただくことをご容赦ください。

時差もあり日本では深夜の時間に投稿させていただくこと何卒ご了承ください。Paroowener様のお時間のおありになるときにアドバイスいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。 (2019.08.20 02:06:50)

 ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)   ハチママ さん
Paroowner様

引き続き失礼いたします。

ブログ「愛犬問題」で手羽先の先が自己免疫の向上に良いこと、ひば油を使ったひば水やひば無水エタノール溶液で愛犬の皮膚病が改善した報告を参考に出来ることは全てやってみています。

まず電子レンジを購入。毎朝スーパーを梯子して新鮮な手羽先を買い求め(余談ですが、アメリカでは手羽は100g100円くらいと少し高めです)手羽先の先を切り落として、レンジ調理して与えています。少し水を足してスープごと与えるやり方を報告されている愛犬家の方の真似をしましたら、我が家の愛犬も喜んで、まずはスープ、後で手羽先の先を全部食べています。

また、患部のケアは、最初はひば水(水道水100mlにひば油を3、4滴入れて混ぜる)を試したのですが、すぐに重症の皮膚炎には、ひば油エタノール溶液のとの随筆を拝見し、現在は、朝夕の散歩後、その他日中でも夜中でも起きて痒そうな時はその度ごとに塗布、掻いて出来た傷には人間用消毒液で対応しております。今日で20日目になります。まだまだ顔(目、耳、顎、口の周り)、足(肉球の間から膝まで)鼠径部、お腹の皮膚が赤黒くなったり分厚くなったり、脱毛、フケがひどかったり、夜中に熟睡出来ずに掻きむしったりすることはありますが、手羽先の先を食べた後やひばエタノール溶液を塗布した後など、落ち着いて熟睡していることもあり、薄紙を剥ぐように回復に向かっている感じがします。

つきましては、ひば油の使い方に関してParoowner様のアドバイスを頂戴したく存じます。実は、私がここに「ひば油」と呼んでいるものは 実際は「青森ひば油」ではなくArborvitae Essential Oil (5ml で$30~$40)と言うカナダ産のエッセンスオイルを使用しています。「愛犬問題」からのリンクでひば油購入方法を知り、すぐにeBayの特急便で注文したのですが、国外発送は出来ないと数日後にキャンセルされてしまったのです。そこで日本の家族が代理入手して送ってくれることになったのですが、届くのはほぼ1ヶ月先とのこと、待ちきれない想いで代用品を探し、最も薬効が似て北米での入手可能だったこのエッセンスオイルを購入しました。現在はそれを「青森ひば油」とほぼ同様の希釈度で使っています。

愛犬家の皆さんのコメントにあるような「青森ひば油」を使用した場合のような即効性は感じませんが、少しは効果があるような気がします。と言いますのは、愛犬は前足の指の間がひどく腫れて赤い水疱ができ、痛みで歩くことも出来ないくらいだったのが、そのカナダ産エッセンスオイルを使ったひばエタノール溶液で少し赤みが取れたのです。そうしているうちに自分で噛んで水疱を破ってしまい、そこにまたひばエタノール溶液を塗布して、と繰り返しているうちに1週間くらいで前足の状態が改善し今は走ることも出来ています。ただ病状は一進一退で、すっきりと治って来ていると言う感じではありません。

昨日、待ちに待った青森ひば油が日本から届き、嬉し涙とともに封筒を開けたところ、入っていたのは「ナノヒバオイル」と言う水溶性ひば油でした。 同封のパンフレットを見ると希釈度は30倍〜100倍とあります。一方、青森ひば油の希釈度は300倍〜1000倍となっています。これは同じ量のヒノキチールを得るためには10倍の量の「ナノヒバオイル」が必要と言うことでしょうか。送ってもらった「ナノヒバオイル」は10mlの小瓶です。これを有効に使うには、どうしたら良いでしょうか。

1)現在使っている代用のエッセンスオイルエタノール溶液に追加する(混ぜる)2)混ぜたりしないで、100mlのエタノールに100滴(ほぼ1瓶丸ごと?)の「ナノヒバオイル」を入れる。

2)が良いとは思うのですが、青森ヒバ油の入手が困難な状況から迷っております。愛犬は皮膚炎の範囲が背中と臀部以外の全身のため100mlではおそらく数日で使い切ってしまいます。

実は、ブログ「愛犬問題」がご縁で知り合ったご親切な東京の愛犬家の方が当家の事情を知り、ひば油の大瓶を購入、速達で発送してくださいました。今週中にはそれが届く予定なのですが、郵便事情が不安定で以前東京ニューヨーク間は4、5日で届いていたメールが最近は2週間かかることもあります。それまでの間、どうしたものかと苦慮しております。

Paroowner様のご意見を伺えれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

猛暑の折り、何卒ご自愛くださいませ。 (2019.08.20 03:07:05)

 Re:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   Paroowner さん
ハチママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

アメリカにお住まいですか。

2)が良いですよ。
というのは、ひば油エタノール液では皮膚病の原因菌は2,3日の塗布で殺菌できるのです。
その後に皮膚が再生するのに3,4日かかかっているのです。
言い換えると、真菌(カビや酵母)は殺菌しにくいので、念のために、飼い主が皮膚病が完治したと確認できるまでひば油エタノール液を塗布するようにお勧めしているだけです。

 何か質問がありましたら、気楽に短文で質問してください。

 余談
「ナノヒバオイル」は便乗商品です。詐欺商品みたいなものですよ。
ブログ「愛犬問題」でひば油が皮膚病に薬効があると公表したら、ひば油の本当の生産業者ではない業者が儲けるために、偽物を販売しだしたのです。
だから、価格も割高です。というよりも何倍も高価です。ハイ。

(2019.08.20 09:54:33)

 Re[1]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   ハチママ さん
Paroowner様

早速のご返信、本当に有難いです。どうもありがとうございます。
長文失礼いたしました。

愛犬の皮膚病が一進一退(と言うより、一歩進んで二歩下がる感じ)で不安になっておりました。でも、この子の自然治癒力を信じて、飼い主に出来ること(手羽先の先の確保と調理、ヒバエタノール溶液の塗布)を根気よく続けて参ります。

Paroowner様、そしてブログ「愛犬問題」の存在にどれほど励まされているか知れません。
またどうぞよろしくお願いいたします。






(2019.08.20 14:07:27)

 Re[2]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   Paroowner さん
ハチママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

一週間後くらいに愛犬の皮膚病の経過をお知らせください。

_
(2019.08.20 14:34:49)

 Re[3]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   ハチママ さん
Paroowner様

おはようございます!

はい是非、経過報告させてください。
私の表現力が乏しいので、出来れば写真を添付させていただきたいのですが、以前どなたかが書かれていた「掲示板」を見つけられません。
写真添付の方法をご教示いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします

(2019.08.21 06:10:30)

 Re[4]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   Paroowner さん
ハチママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

ネットを「愛犬問題 掲示板」で検索すると、出てきますよ。
次のURLです。

https://8310.teacup.com/2217/bbs


なお、写真を投稿したら、その旨をここのコメント欄にお知らせください。
掲示板は普通は見てないのです。
(2019.08.21 07:39:12)

 Re[5]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)   ハチママ さん
Paroowner様

おはようございます!
掲示板のリンクをありがとうございました。

まだ途中経過ですが、掲示板に何件か投稿させていただきました。
お時間のおありになる時、ご確認いただければと存じます。愛犬の今回の皮膚炎の始まり(ブログ「愛犬問題」に出会う前)から、ひば油エタノール溶液塗布後2.5日目の状態です。

どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:もし不適切な画像等ありましたら申し訳ございません。 (2019.08.23 11:19:47)

 Re[6]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   Paroowner さん
ハチママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

愛犬の皮膚病のひば油エタノール液による治療経過は良好ですね。
現在の治療法を完治するまで続けてください。
一日に少なくとも三回はその液を塗布してください。

おたずねします。

ひば油の原液はご自宅に届いたのですか。
つまり、「ひば油エタノール液」を作るのに使った精油は原液ですか。
水は含んでないでしょうね。

アメリカでは無水エタノールは入手できないのですか。
つまり、99%Isopropyl alcoholではなく、99%Ethyl alcoholは入手できないのですか。
消毒用に使うアルコールはEthyl alcoholなのですよ。
一般にはエタノールと言います。

愛犬の皮膚病はひどい皮膚病なので、できるだけブログ「愛犬問題」の処方の「ひば油エタノール液」を使って治療した方が早く治ります。

特に、ひば油エタノール液に水は混入させないでください。
ナノヒバのようなまがい物は使用しないほうが良いですよ。
真菌(カビや酵母)には水があると、薬効が低減します。

なお、投稿した写真は貴重です。
愛犬の皮膚病が治ったと、来週の土曜日の深夜にその随想をアップしようと考えています。
その前に愛犬の皮膚病が治った写真と文章をご投稿ください。
よろしくお願いします。

追伸

手羽先の先は日本では半額以下で安いから、お勧めしているだけです。
鶏の骨付き肉なら、手羽元などでも良い食材ですよ。

_ (2019.08.23 12:41:15)

 Re[7]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)   ハチママ さん
Paroowner様

早速ご確認いただきありがとうございました。

アメリカでは消毒用アルコールはイソプロピル・アルコールが主流で、エタノールはないのです。(今、再度ネット検索しましたら、「アメリカのドラッグストアで初めて70%のエタノールを見つけた!」と言う記事がありました。)70%でもエタノールの方が良いでしょうか?私は店頭ではエタノールを見たことはありませんでした。(汗)

また、Reagent Grade Denatured Ethyl Alcohol, Anhydrous - 100% Alcoholと言うものをネットで見つけましたが、人体に使うものではないと但し書きが付いています。

それから、ナノヒバオイルの販売元に国際電話して商品について質問したところ、これは「ひば油と乳化剤と水で出来ている」とのことでした。水とは!何たることでしょう!!
ですが、日本の家族が間違って注文して送ってくれてしまい、今はこれしか手元にありません……

つまり、我が家の愛犬の皮膚病治療には、ブログ「愛犬問題」が推奨している純正ひばエタノール溶液は使えていなかったのです!愛犬には本当に可哀想なことをしました。(涙)
Paroowner先生、正しくご指摘くださって本当にありがとうございます。

しかし、愛犬は鶏骨で栄養が改善したおかげか、病状は回復に向かっています。ひば油に関しては、東京の愛犬家の方が送ってくださった正しいものが近々届くと思います。そうしたら愛犬の具合も格段に良くなると信じています。

引き続きご助言のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 (2019.08.23 15:05:29)

 Re[8]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   Paroowner さん
ハチママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

できれば、 Anhydrous - 100% Alcoholを入手してお使いください。
水が全く含まれてないので、真菌(カビや酵母)の退治には良い結果をもたらします。

なお、アメリカで消毒用に使用しているというイソプロピルアルコールには水は含まれているのでしょうか。
それがAnhydrousなら、100% Alcoholの代用品として使用しても薬効には大きくは影響しないと思います。

愛犬の皮膚病の完治にはしばらく日時がかかりそうですね。
ブログ「愛犬問題」の本文に愛犬の皮膚病が完治したことを掲載することを楽しみにしています。


_ (2019.08.23 16:23:49)

 Re[9]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   ハチママ さん
Paroowner様

おはようございます。
いつも大変お世話になりありがとうございます。

週末に日本から純正のひば油が届き、引き続き愛犬の皮膚病ケアに取り組んでおります。
つきましては、掲示板にアメリカでの無水エタノールの入手(の困難さ)について投稿させていただきましたので、お時間のおありになる時、ご確認いただければ幸いです。

まず、アマゾンで見つけていた Anhydrous 100% Alcoholは、製造元に問い合わせたところ「生体に使うものではない」と厳しく言われ、不思議に思ってCustomer Q&Aを読み直したところ、100%アルコールと言っても、4.6%の工業用メチルアルコールが混入しており、それにイソプロピルアルコール5%でエタノールは90.4%とのことでした。

その他、店頭で購入できる商品は4種類:エタノール70%、イソプロピルアルコール70%、91%、99%あり、どれを使うのが一番ブログ「愛犬問題」の薦めるひば油エタノール溶液に近いものなのか、分かりません……

消毒力ならアルコール度70%とネット情報であったので、エタノール70%も試しましたが、患部の赤みが増すようですぐに中止。やはり、水が禁忌と言う愛犬の状況では少しでも無水に近いイソプロピルアルコール99%かと、これに戻って使用を継続しています。

愛犬は10歳と言う年齢、今年の会陰ヘルニア手術と去勢手術、昨年の狂犬病予防接種の大量摂取、歴年のステロイドや抗生物質投与、色々な要因が重なって難治性の皮膚炎になっているのだと思います。現在、全肢は乾いてきて改善の兆候あり、鼠蹊部も安定。もっとも酷い顔 (目や口の周り、首や耳)が辛そうですが、手羽先の先を喜んで食べて全身の健康状態は良好です。

引き続き根気よく、ひば油エタノール溶液塗布を続けて行こうと思います。
何かお気付きの点、アドバイスなど頂戴できればありがたく存じます。

どうぞよろしくお願い致します。 (2019.08.30 09:00:33)

 Re[10]:ブログ「愛犬問題」に出会って (ひば油エタノール溶液に関する質問)(04/28)   Paroowner さん
ハチママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

工業用メチルアルコールが4.6%も混入しているエタノールしか入手できませんか。
メチルアルコールは神経毒です。盲目になります。
 
 イソプロピルアルコール99%にひば油を加えた溶液で愛犬の皮膚病は治るでしょうね。
根気よく治療してください。

完治したらお知らせください。

_ (2019.08.30 17:00:34)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


薬剤アレルギー


免疫抑制剤は悪魔の薬剤


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージやサークルは信頼を損なう


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは不要


分離不安症はかわいがって治す


散歩は必須ではない 小型犬


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


犬とキスして共に幸せ!


歯石取りの歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


生理中の出会い


体臭や口臭を無くする方法


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは偽装商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


マインドコントロール


パンフェノンは詐欺商品


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


祈りのポーズは健康的行動


液体歯磨きリデンタは詐欺商品


Dr.YUJIROデンタルパウダーは詐欺商品


救命胴衣は不要


ホリスティックレセピーはゴミの塊


健康診断=泥棒に鍵を預ける


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


熱中症は怖い!30分で急死


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


犬はよく嘔吐する!


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼=パテラ


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


毛が生える!鶏の骨で!


僧帽弁閉鎖不全症


気管虚脱


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


幸福度ランキング日本58位


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


初代パロの写真集


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


Yahoo!知恵袋はウソだらけ


原発神話は崩壊!


沖縄の辺野古湾埋め立て反対


Recent Posts

 幸福度ランキング日本最悪58位の原因💔公園管理役人のノーリード禁止は条例違反🐶警察は取り締まってない🐕狂犬病注射制度は世界に類のない日本だけの悪政👹善良賢明な飼い主は接種しない💗
 皮膚病で獣医に6年間もいろんな薬を売りつけられた👹ひば油エタノール液ですぐに治った🐕飼い主が自作する神秘の特効薬🐶
 獣医は儲けるために他人の犬には避妊去勢やワクチン、フィラリア薬、フロントライン等を強要する👹獣医自身の犬にはしない👿獣医の孫が告白投稿🐕
 NHK受信料拒否は法律違反ではない🌼罰金もない🌷受信料は税金よりも情け容赦の無い過酷料👿失業、病気入院、ボケても契約解除はできない👹
 受信料不払いの勧め💚NHKは中立ではない🐕獣医界の五大詐欺商売に加担👿チョコレート胃洗浄放映で愛犬を殺された飼い主も👹散歩時の排尿後にはペットボトルの水をかけろと放映👺
 ワクチン症候群は接種後3カ月以内に発症することが最も多い👿獣医は「接種当日は安静に」と言う!その後に発症した病気はワクチンとは無関係だと飼い主をだましている👹
 熱中症で愛犬が死ぬぞ!水があっても死ぬ!脱水症ではないぞ!👹気象庁8月中は平年以上の猛暑予想👿
 狂犬病注射で血便👹瀕死状態👿獣医と手を切り、鶏の骨の食事で健康回復💚

Comments

 Paroowner@ RINRINさんへ追伸 RINRINさん、こん〇〇は。 Q(^ェ…
 Paroowner@ Re:なかなか治らない口内炎(07/20) RINRINさん、こん〇〇は。 Q(^ェ…
 RINRIN@ なかなか治らない口内炎 口角性口内炎と診断されもう2か月くらい…
 Paroowner@ Re:何がしてあげられるでしょうか(09/07) 凛ママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …

Archives


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.