15979670 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2019.10.12
XML
カテゴリ:食糞
食糞は人も含め、動物界に見られる飢餓防止本能の現れの一つだ。
食糧難になり慢性的な飢餓状態に陥ると、人も犬も食べられる物は何でも食べて餓死から逃れようとする。
食糞は食糧不足を感じ取った犬の生き延びるための自己防衛行動の一つだ。
現在の犬の食糞の原因は栄養失調だ。特にタンパク質不足が原因だ。

 犬は元来肉食動物だ。オオカミから進化して雑食性の動物になった。
現在の犬でも穀物や野菜よりも肉類などのタンパク質の多い食べ物を好む。
言い換えると、タンパク質の含有量の少ないドッグフードは食糞を誘発する。
穀物や野菜を中心にした手作り食事も食糞の原因になる。

 ドッグフードを大別すると2種類ある。
一つは、畜産廃棄物を原料としたドッグフードだ。
タンパク質を多く含むので食糞は起こさない。

二つ目は、農産廃棄物を原料としたドッグフードだ。
穀物や野菜などはタンパク質の含有量が少ないので、食糞を起こしやすい。
 
 ただし、上記の2種類に属しないドッグフードも沢山販売されている。
賞味期限切れの食品などもドッグフードの原料となる。
人の食品に適しなくなったものを犬の食べ物として販売すればよいから、ほとんどの食品関係の会社はドッグフードを販売しているか、その原料として自社の廃棄物を他社に引き渡している。
だから、ドッグフードの中には悪臭のするものもある。
また、腐敗防止のためにエトキシキンという防腐剤(酸化防止剤と称して愛犬家を煙に巻いている)を沢山添加しているドッグフードもある。
エトキシキンは人の食品には添加が禁止されている危険な合成薬剤だ。
詳細は下段の関連随想集にある。

 次の随想のコメント欄に鶏の骨の食事で「食糞が見事に解消しました。今では、ウンチには見向きもしません。」との投稿があった。
この投稿者と同じように愛犬の食糞で悩んでいる愛犬家のご参考になればと思い、その投稿者の文章をほぼそのままブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載した。ご参考になれば幸いだ。
 てんかんは鶏の骨で治る💗抗てんかん剤を直ぐにやめる💛てんかんはワクチン接種が原因👹獣医はゾニサミドを止めると重積発作になると脅しているが👿
 

 食糞が見事に解消    投稿者:グリム さん

 Paroownerさま

はじめまして。この度、こちらのサイトを拝見し愛犬の食糞問題が一気に解決しました。ありがとうございます。

つい先日、ペットショップから以下の子犬を迎えました。

★4カ月のオスのシーズー
★現在、体重は2.7キロ(我が家に来たときは1.8キロ)
★ワクチンは2回接種。「ケンネルコフ」のワクチンも2回接種。
★マイクロチップも挿入済み。
(ワクチンおよび去勢については、今後一切させるつもりはありません)。

子犬を迎えてからまだ、ひと月たっておりませんが、手作り食を与えてからの食糞に悩まされておりました。飼い主の見ている前で、また見ていないところでウンチを食べてしまうのが悩みの種でした。トイレの始末はほぼ、できているだけにストレスでした。

子犬を迎える際にペットショップから「この子が食べていたフードはこれです」と言われ、そのフードを流れとして購入せざるを得なかったのですが、あまりの悪臭に、すぐに手作り食に切り替えました。しかし、それから食糞が始まりました。

以前おりました先住犬も、手作り食でした。それでまったく食糞のない子でした。
なのに、今回のこの子が行う食糞を見て実際、かなりのショックでした。
「やっぱり、ペットフードに戻すべきか?」と悩みました。
ここ数週間はウンチを食べないように見張り、やや育犬ノイローゼ気味になりました。

ネットをいろいろ調べると、キャベツやカボチャを餌に混ぜると食糞をしないとか(その糞は食べるとおいしくないから自然に食糞をやめるとのこと)、いろいろな情報があり試してみましたが、いずれもダメでした。
食糞用のサプリメントは信用できないので使っておりません

そんなときに、こちらのブログ「愛犬問題」を見つけることができました。
鶏の手羽を与えてみたところなんと、食糞が見事に解消しました。
今では、ウンチには見向きもしません。
素晴らしい情報を本当にありがとうございます。

食糞の原因が栄養不足であったとは目から鱗が落ちます。

それを今更ながらに知り、犬にかわいそうなことをしたと思います。
ネット上の何処にも、こんな「ほんとうのこと」は書いてありませんでした。
まさに灯台もと暗しでした。
栄養分が足りないから、変な物まで食べちゃっていたのですね。

そして、ケージ飼いもやめることができました。
飼い主が見ていないところで愛犬に何かあるといけないと思い、寝るときは愛犬を毎夜ケージに入れておりました。
しかし、ブログ「愛犬問題」のケージは有害の記事を拝見し、思い切ってケージを開け放しにしておきましたところ、「出してよう」、「開けてよう」などと吠えることがなくなり、おだやかに過ごすことができるようになりました。
毎度ではないにしろ、その吠え声を止めるために叱りつけることがあり、辛かったのです

ゴハンも毎回、充実しているようでおなかいっぱい、笑顔いっぱいです。おかげさまで情緒も安定しているようです。
気になっていた口臭もなくなり、体臭もほとんどありません。
目もキラキラしています。
そしてブラッシングに、虫よけに、ひば油も大活躍です。

ブログ「愛犬問題」に巡り合えて犬の身になって考えること、「犬の行動」の原因を考えること、その大切さを学びました。本当によい機会でした。
Paroownerさま、本当にありがとうございます。



    投稿者:Paroowner

 グリムさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

面白い投稿内容ですね。
愛犬の食糞が鶏の骨を食べさせたら治りましたか。
その上に、犬の身になって考えることの重要さが理解できましたか。
愛犬と一緒に楽しい人生を送るためにも犬の身になって考えることは大切ですよ。

グリムさんはわかりやすく読みやすい文章を書きますね。
ブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載して、多くの愛犬家のご参考に供したいと考えております。
何か追加補足することがありましたら、よろしくお願いします。
 

   グリム さん

 Paroownerさま

早々にお返事を頂きありがとうございます。
この度は本文に掲載して頂けるとのことで喜んでおります。
(特に補足などは考えておりませんが以下の文から、もし必要でしたらお使い下さいませ。)

まだ歯の生えそろっていない子犬のうちから鶏の骨付き肉を与えるはということには思いも及びませんでした。うちの子が今こうして、バリバリと楽しげに骨をかみ砕くのを見てうれしい驚きです。
子犬の早い段階でブログ「愛犬問題」に巡り合えて良かったと感謝しております。

手作り食事の内容は、【卵の黄身・にんじん・サツマイモ・小魚・米】を出汁で煮込み、おかゆにしたものでした。実際、よく食べましたが、実際は【タンパク質】が不足していたのですね。

先住犬は、子犬の頃にはパピーフードを与えていたもので今回、子犬の栄養に悩みました。「手作り食、子犬」等ということで検索したところ、先のおかゆがヒットしたのです。食糞の解決にはなりませんでした。

鶏の骨付き肉を与えて以来、甘噛みや普段の様子などもずいぶん変わりました。
「鶏の手羽で、ここまでもかわるのか?」ということに驚いております。
愛犬を迎えてからまだ一カ月しかたっておりませんが、この一週間でまるきり変わりました。
「愛犬問題」は素晴らしいブログです。

今後も拝見し、色々学ばせて頂こうと思っております。ありがとうございます。
Paroownerさまの、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。


   Paroowner

 グリムさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

鶏の骨は犬の大好物であり、百薬の長ですよ
人も犬も毎日美味しい物を食べると心身共に健康になります。
つまり、犬も「衣食足りって礼節を知る」のです。

ブログ「愛犬問題」に早めに巡り合えてよかったですね。
愛犬に鶏の骨の食事を食べさせると、いろんな効能がありますよ。
次の随想をご参考にしてください。
 犬鶏骨食事の10の効能!大好物で栄養満点!歯磨効果!毛並み色艶も良く!糞量も悪臭も激減!聞き分けの良い子に!涙やけや皮膚病も治る!



 関連随想集


食糞・糞食を鶏の骨で治す!
 その随想集

 鶏の骨は犬の大好物で百薬の長! 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

 ドッグフードは畜産や農産廃棄物が原料だ! ゴミの塊だ!   その随想集
 ペットフードの防腐剤のエトキシキンは猛毒だ! その随想集

 ひば油は天然のノミ蚊ダニ忌避剤で殺菌・殺カビ剤だ! 皮膚病も治る! その随想集 

 ケージやサークルは愛犬の信頼を損なう! その随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!



 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!







Last updated  2019.10.13 10:41:55
コメント(19) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ    Paroowner さん
ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して質問する愛犬家は、愛犬に関する次の事項をお知らせください。
正しいアドバイスをするために不可欠な情報ですので、必ず書き込んでください。

1 犬種、体重、年齢
2 避妊去勢手術をしたなら、その時の年齢
3 狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア薬、ノミ駆除剤などを投与した時期や回数

参考随想 

「獣医界の五大詐欺商法!犬の天敵の悪業! 狂犬病注射と避妊去勢手術は特に有害だ!」
http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201308010000/


(2019.10.12 21:50:25)

 気楽に書き込んでください    Paroowner さん






犬の好きな方の投稿を歓迎します。


ただし、獣医や業者の詭弁のブログ荒らしはダメですよ。







_ (2019.10.12 21:51:31)

 グリムさんへお礼    Paroowner さん

グリムさん 、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

おかげさまで良い随想をアップできました。

貴重な情報提供をいただき、良い随想を書かせていただきました。

厚くお礼を申し上げます。

読後の感想文などを書き込んでいただくとさらに嬉しいです。

なお、随想のアップ時期が予定よりも一週間遅れたことについてはすみませんでした。

_ (2019.10.12 21:56:19)

 今回のお題とは関係ないのですいません。   やまと さん

paroownerさんへ

ご無沙汰しております。

去年の今頃フォルテコールについてお伺いしたものです。
あれからほどなく愛犬は旅立って逝きました。
うちの子の命日が数日すぎました。
だからこちらに書かせてください。
もしプログの意にそぐわなければ削除してもらっても構いません。

フォルテコールプラスによる副作用「頻脈」によって無理に働かされた心臓は益々悪くなったのだと確信しています。それでもその薬を処方した獣医は自分が渡した薬に限って絶対にありえないと言いました。
それでも飲ませた方がいいというので
「何かあったらすぐに診てもらえますか?」と尋ねると
その時は救急病院に行ってくれと一言で電話を切られました。

容体が悪くなり別の病院で診てもらうと肺に水が溜まってる状態で危険な状態だからと利尿剤とわずかの弁膜症の薬を飲ませた後、しばらく酸素室に入れておくからと指定された時間に迎えに行ったら「よく寝てますよ」と通された酸素室ではすでに息絶えた愛犬がいました。

獣医2名看護師2名もいて「危険な状態」と言ったにも関わらず全く気にもとめてなかったのでしょう。
独りで、見ず知らずの場所で逝かせてしまった自分の行動が今でも悔しいです。

そして思いました。結局、私たちには大切な家族でもあの人たちにとってはただの患畜の一匹なのだと。副作用も知らない薬を無責任に売り、危険な状態であっても酸素室に入れておしまい。そして薬のせいではない、心臓が持たなかったと決してミスを認めない。
すべての獣医がそうではないと思いたいですが…。

そしてフォルテコールプラスを含め心臓の薬は1度でも飲ませるのを止めると反動が大きく飲ませる前より悪くなる可能性があるらしいです。これは状態が悪ければ顕著だそうです。自分の母も心臓の薬を飲んでいますが飲み忘れたときは飲まないでねと言われているだけだそうです。
こんな危険な薬だと知らずに飲ませた自分がとても悔やまれます。

心臓の薬を飲ませることでどれくらい効果があるのか、またコントロールできる獣医はごくわずかでしょう。残念ですが私が住んでいる県にはいないとおもいます。なんせあの病院でも使ってるくらい安全だというくらいだし、頻脈という言葉さえ知らなかったのですから。
ぶっちゃけ薬で症状を抑えられていると思っている子の多くは飲まなくても飲んでも症状は変わらない可能性が高いのではないかと思います。

また飲み続けることで一時的に心臓や血管に助け舟を出してもゆくゆくは他の血管や臓器に負担が掛かり利尿剤や他の薬が必要になってくるのだそうです。こんな説明してもらった方がどれくらいいるでしょうか?
それだけの覚悟で飲ませてる方がどれくらいいるでしょうか?
私は獣医ではない他の人から伺いました。

あの日あの時の後悔は今もあるし亡くなった子に対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

弁膜症と診断され色々ネットで調べたけど副作用が出たという情報は皆無で動物医薬品情報でもほとんどなかったので安心してました。
だから薬を飲ませれば長生きできるんだと。
それは大きな間違いだったとあの子が死んで思いました。
おそらく表には出てこない同様の子がたくさんいるのだと思います。
もちろん適切な処置で本当に薬で助かっている子もいるでしょう。
しかし同じ数の子がもしくはそれ以上の子がうちの子と同様に亡くなったり苦しんでいると確信します。

弁膜症と診断されれば飼い主はものすごく不安です。

薬をバンバン処方しない獣医もいるそうです。
その人は「薬でわざわざパフォーマンスを上げる必要はないと思うと。心臓病のせいで落ちているパフォーマンスは、その個体の最高の選択だ」
という見解です。自分の心臓の状態にあった生活をしているのだから、無理に、心臓を動かしたり、血管を広げたりしないほうがいいという考えだそうです。そんな獣医に早く出会っていればうちの子も死なずにすんだと思います。

私は今回の件で犬の心臓病の薬が(うちの場合はフォルテコールとフォルテコール+でその前のピモベハートにも軽い副作用がでた)

どんなに恐ろしいものなのか、またそれを処方する獣医がどんなに知識がないのかをうちの子の死によって気づかされました。
またうちの子も命を懸けてそのことを伝えてくれました。

同じような子を出さないためにもこちらで伝えてくれたら幸いです。
長文失礼しました。 (2019.10.15 04:20:23)

 Re:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   Paroowner さん
やまとさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

フォルテコールプラスには「頻脈」を引き起こす副作用があります。
愛犬はその薬を投与すると、呼吸が荒くなりましたか。
どのような状態になったか、一般の愛犬家が理解できるようにできるだけ詳しくお知らせください。

それ以外に、もっと大切なことをお知らせください。
愛犬は獣医に僧帽弁閉鎖不全症だとなぜ診断されたのですか。

言い換えると、動物病院に愛犬を連れて行く前は、愛犬にはどんな異常な症状があったのですか。
できるだけ詳しく書き込んでください。
(愛犬が本当に心臓病だったかどうか疑問です。)

 お時間があるなら、次のことをお願いします。
ブログ「愛犬問題」の心臓病の薬:アビナックに関する随想を熟読して、参考にしてください。
このブログ「愛犬問題」のトップページに行って、「このブログ内」をキーワード「アピナック」で検索すると関連随想が出てきます。

よろしくお願いします。
(2019.10.15 11:28:37)

 Re[1]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   やまと さん
Paroownerさんへ

ご覧いただきありがとうございます。

とりあえず「頻脈」時の症状と診断時の事をお伝えします。

午後7時ごろアピナックプラスを飲ませて数時間後から呼吸数は100回以上、心拍数は正直数えきれないくらいでした。私が仕事に出かける午後11時50分にもそれは続いていました。早朝にはそれは収まっておりましたがどれくらいの時間まで続いてたのかは判りません。

数日開けてプラスではないアピナックを飲ませるとやはり同じ症状になりました。その翌日に亡くなりました。

弁膜症だと診断された理由。
普通に家の中で歩いていた時、奇声を上げて倒れた(すぐに起き上がりました)ので病院に連れて行くと弁膜症だと診断されました
(聴診器のみ)。

翌日も散歩中にふらつくシーンがあり別の病院へ行きました。
そこで色付きのエコーを診せてもらい少量の血液の逆流を確認しました。
ここでも弁膜症だと診断されました。
ここで薬を処方してもらうことになりました
(アピナックとピモベハート)。
食欲が落ちたので後にアピナックのみに。

アピナックの記事は後で読んできます。
とりあえずコレぐらいです。
突っ込んで質問してくださればもっと思い出すかもしれません。
それでは失礼いたします。 (2019.10.15 15:59:02)

 初めまして。   豆太郎 さん
初めまして。豆太郎と申します。
愛犬が日曜日の深夜から震え出し、時々震えは治りながら月曜の午前まで続きました。初めは震えながらウロウロし、部屋の隅や家具の下に隠れようと?していました。こちらは田舎で夜間や祝日営業の動物病院はなく、様子を見るしかありませんでした。
その後、震えは治り食欲もありますが、大人しく寝てばかり、尻尾も下がっています。
こちらのブログを拝見し、先ほど仕事の休憩を利用し、手羽先の先を1半分あげてきました。もちろんペロッと食べました。
実は今日の夕方動物病院を予約しているのですが、なんとなく今日まで様子を見ていると関節炎?パテラ?なような気がします。見たり触ったりしてわからないのですが、おすわり、ジャンプ、排泄の様子を見ているとそんな気がします。
食欲あり、便、尿も問題なし。今は元気が無く寝てばかりなので、もし関節炎なら手羽先の先を食べて数日で元気になるのかなと思い始めています。
実は今年の春に主人を亡くし、愛犬と2人きりになり、私1人ではどうにも心細くなっているところに愛犬の体調不良です。
愛犬の自然治癒力を信じたい気持ちはもちろんですが不安も大きいです。
こちらの記事とは関係ないコメントで申し訳ありません。参加までに手羽先の量を教えていただけますでしょうか?
4歳、3.5キロのプードルです。
宜しくお願い致します。 (2019.10.15 16:10:32)

 Re[2]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   Paroowner さん
やまとさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

フォルテコールとアピナックは、その成分名が全く違う薬ですよ。

そのことを理解しないで、副作用の話はしないでください。

どちらがお使いになった薬ですか。

そのことを明確にしてください。

_
(2019.10.15 16:59:59)

 Re:初めまして。(10/12)   Paroowner さん
豆太郎さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

愛犬の主食はドッグフードでしょうね。
つまり、愛犬は栄養失調で関節炎になっているようですね。
次の随想集を熟読して、ご参考にしてください。

「関節炎を鶏の骨の食事で治す! その随想集」
https://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/19032/


2,3日は動物病院には行かないで、愛犬の様子を見てください。
そして、ブログ「愛犬問題」にその変化をお知らせください。

手羽先の量は愛犬と相談して決めた方が正解が得られますよ。ハイ。

_
(2019.10.15 17:14:30)

 Re[3]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   やまと さん
Paroownerさん

お返事ありがとうございます。

ごっちゃにして申し訳ありません。

「頻脈」の症状が出たのはフォルテコールプラス(1回目の頻脈)と
フォルテコール(2回目の頻脈)です。


ちなみに薬が処方された時系列です。

18年3月 アピナックとピモベハート(のちにアピナックのみ)
これは2件目に訪れた病院で処方されました。

18年5月 近くのメインの病院で相談したところ得られる効果は同じなのでとフォルテコールを勧められたのでフォルテコールに切り替え。

18年10月上旬 呼吸数が他の子より早かったのでメインの病院で診察
→フォルテコールプラスに切り替えです。

フォルテコールプラスを飲ませたその数時間後に呼吸数、心拍数ともに100を超えました。 (2019.10.15 19:05:57)

 Re[4]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   Paroowner さん
やまとさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

ブログ「愛犬問題」は、訪問者数が一日に少なくても数千人、昨日は一万人を超えました。
多くの愛犬家がやまとさんの投稿文も読んでいます。
そして、読んでいるうちに混乱します。
二つの医薬品を混同して書き込んでいるからです。

つまり、投稿内容は貴重なので、ブログ「愛犬問題」に採用掲載したいですが、このまま混乱した投稿文をブログに残しておくわけにはいきません。私の文章も含め、この関連投稿文は全部削除しなければなりません。
ブログ「愛犬問題」の訪問者にはわかりやすい文章だけを掲載するためです。

 そこで、お願いです。
最初から、書き直してご投稿していただきませんか。
愛犬家の皆さんに語りかけるようにわかりやすく書いていただけるとありがたいです。 

よろしくお願いします。

_


  (2019.10.15 21:28:47)

 Re[5]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   やまと さん
Paroownerさま

こんばんは。
何度も申し訳ないです。

昨年5月ぐらいからフォルテコールに切替えて飲ませていましたが、昨年10月初頭に通常時の呼吸数が他の子(同じ犬種で同い年)よりも多かったのでメインの病院に行って診てもらったらフォルテコールプラスを勧められ、それをその晩に飲ませました。飲ませた数時間後には「頻脈」と思われる症状になりました。実際に脈は測ってないのですが異常な呼吸数と心拍数で「頻脈」と思いました。小型犬ですが呼吸数は100を超え心拍数は呼吸数よりも多く数えるのが追い付かないほどでした。

翌朝にはその症状は治まっていましたが他の子よりも呼吸数と心拍数は高めでした。
この事をプラスを処方した獣医に伝えました。
自分が出した薬に限って絶対にありえない症状だ。
薬を以前のフォルテコールに戻してもよいができれば続けてくれというので「何かあった時は対処していただけますか?」と聞くとその時は救急病院に行ってくれと電話を切られました。

それから3日後に以前の普通のフォルテコールに戻しました。
でも普通のフォルテコールでもプラスを飲ませた時と同様の症状が起こりました。

その日の深夜から横になって寝付けない状態(座ったままウトウトする状態)になり明けてから別の病院に行きました。
そこでレントゲンを撮り肺が白くなっているのを確認しました。
その時の処置は利尿剤の注射とわずかの薬(これは何の薬か判りません)を口から入れました。
その約1時間後に亡くなりました。
もしかしたらこの薬が致命傷だったのかもしれません。


フォルテコールプラスを飲ませてからはあっという間でした。

足らずでしたらすいません。 (2019.10.15 22:23:29)

 Re[6]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   Paroowner さん
やまとさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

「別の病院に行きました。
そこでレントゲンを撮り肺が白くなっているのを確認しました。
その時の処置は利尿剤の注射とわずかの薬(これは何の薬か判りません)を口から入れました。
その約1時間後に亡くなりました。
もしかしたらこの薬が致命傷だったのかもしれません。」とは、いい加減で無責任すぎます。

あなたは信用できない人です。
二度とブログ「愛犬問題」には投稿しないでください。
あなたの投稿文は憶測や妄想で書いた例として、削除しないで残しておきます。
つまり、憶測や妄想の投稿文はブログ「愛犬問題」では拒絶するという
迷惑千万です。

_

(2019.10.15 23:56:03)

 Re[7]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   やまと さん
Paroownerさま

確定でない記事を投稿しこちらのプログを汚す事をして申し訳ありませんでした。
恥を承知で書き込みます。
これで最後にしますのでどうかお許しください。

また、分かりにくい不透明な文章で申し訳ありませんでした。

言い訳になりますが最後に無理やり飲まされた薬がわずかですが遺体の口から出てたのでそう思いました。もしかしたら適切な処置であれば助かってたのではないかと。

もちろん獣医はこんなに早く効かないと副作用を否定しました。
心臓が持たなかったのだと言われ何の薬かも教えてくれませんでした。

ただフォルテコールプラスの副作用で弱った心臓に負担をかけポンプ機能をさらに弱らせ死の引き金になったのは間違いないと確信しています。
もちろん獣医が認めないので私の憶測でしかありません。

私はただ、フォルテコールやプラスは合わなかったり体調などで頻脈になり本来の作用とは逆に心臓に負担を掛けること、心臓の薬は1度でも飲ませる事を止めると反動が大きく以前より悪くなる可能性があること、また薬を扱っていながらその副作用さえ知らない若しくは認めない獣医がいること、またコントロールできない事を知名度の高いこのプログを通じて多くの方に知ってもらいたかっただけでした。

この度は本当に申し訳ありませんでした。 (2019.10.16 06:47:54)

 Re[8]:今回のお題とは関係ないのですいません。(10/12)   Paroowner さん
やまとさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

獣医などの他人を非難する文章はたとえ憶測であっても、第三者が読んで「なるほど」と理解できるような根拠が必要です。

「分かりにくい不透明な文章」ではダメです。

つまり、単なる憶測や妄想で書き込むことはブログ「愛犬問題」では歓迎しておりません。ハイ。

_ (2019.10.16 14:21:12)

 ご報告   豆太郎 さん
Paroownerさんへ
先日こちらにコメントさせていただきました豆太郎と申します。
その後の経過をご報告いたします。
10/13の深夜から10/14の午前まで震えあり、元気なし、下痢嘔吐なし、
食欲あり。
動物病院はキャンセルし、15日から手羽先の先を与えていました。
18日からほぼ復活した感じで、震えはほとんど見られず元気に動き回るようになりました。ただ、おすわりをしようとしてやめたり、後ろ足でカイカイしようとしてやめたり、なんとなく後ろ足が不自然な感じ(痛い?)はありますが、それも徐々に減っているように思います。

そして何より目やにが減りました!!もともと愛犬は目やにが多く、2ヶ月ほど前から特に多くなり!市販の動物用の目薬を使用していましたが全く効果なし!ところが手羽先の先を食べ始めてから劇的に目やにが減りました!!

食って本当に大切ですね。人間が与えるものが全ての愛犬だったら特にそうですよね。
愛犬と相談しながら色んな美味しいものを食べさせたいと思います。

オーナー様、ありがとうございました。こちらのブログが多くの愛犬家達の目にとまりますように。
(2019.10.30 22:15:53)

 Re:ご報告(10/12)   Paroowner さん
豆太郎さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

その愛犬の震えは関節炎が原因でしょうね。
つまり、鶏の骨の食事で完治しますよ。

この投稿文は貴重です。
完治のお知らせがあったのちにブログ「愛犬問題」に採用掲載します。

なお、目やについても貴重な情報です。
できるだけ詳しくお知らせください。

目やにの状況はどんなものだったか。
目薬の名称。
目薬の一日の使用回数
何日くらい薬を使い続けたか。

よろしくお願いします。



(2019.10.31 10:33:20)

 Re[2]:食糞が鶏の骨の食事で治った💗食糞はたんぱく質不足の栄養失調が根本原因💛飢餓防止本能が誘因💚(10/12)   グリム さん
Paroownerさま

このたびは、こちらの投稿をお使いくださりありがとうございます。コメント欄の拝見が遅くなり、お返事が遅れまして申し訳ありません。

あれから、うちの犬は骨つき肉でかなり満足しているようです。家の者もよく理解しており
「わんわんの鶏の手羽ね」
ということで、おつかいの際に必ず買い足しております。
(о´∀`о)

「食糞」がタンパク質不足で起きるものだということをわかりやすく、まさに「犬の気持ち」を大切にして書いておられることに感謝です。【愛犬問題】に出会わなければ、まだ今も悩んでいたかもしれません。

あんなものを食べて、と思っていましたが、あれは犬からの
「おなかすいたよう、たりないよう」
という精いっぱいのメッセージでした。それに気づくきっかけを与えて頂きました。

ありがとうございました。これからも、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

(2019.11.07 17:32:39)

 Re[3]:食糞が鶏の骨の食事で治った💗食糞はたんぱく質不足の栄養失調が根本原因💛飢餓防止本能が誘因💚(10/12)   Paroowner さん
グリムさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

犬を正しく飼うには「犬の身になって考える」ことが肝要ですよ。ハイ。


_
(2019.11.07 17:50:18)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


エトキシキン・防腐剤


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


薬剤アレルギー


免疫抑制剤は悪魔の薬剤


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージやサークルは信頼を損なう


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食を鶏の骨で治す


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは必須ではない


分離不安症はかわいがって治す


散歩は必須ではない 小型犬


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


犬とキスして共に幸せ!


歯石取りの歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


生理中の出会い


体臭や口臭を無くする方法


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーでは治らない


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は怖い薬剤


ミミピュアは怖い薬剤


動物用医薬品は不良品が多い


ロイヤルカナンは偽装商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


マインドコントロール


パンフェノンは詐欺商品


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


祈りのポーズは健康的行動


液体歯磨きリデンタは詐欺商品


Dr.YUJIROデンタルパウダーは詐欺商品


救命胴衣は不要


ホリスティックレセピーはゴミの塊


健康診断=泥棒に鍵を預ける


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア 脅し商売


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病 愚劣番組が放映


白内障


熱中症は怖い!30分で急死


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症 愚劣番組が放映


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎 鶏の骨で治す!


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


犬はよく嘔吐する!


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼 いい加減な診断


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


毛が生える!鶏の骨で!


僧帽弁閉鎖不全症


気管虚脱


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


幸福度ランキング日本58位


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


初代パロの写真集


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


Yahoo!知恵袋はウソだらけ


原発神話は崩壊!


沖縄15才少女が天皇即位式に参列


沖縄の辺野古湾埋め立て反対


Recent Posts

 玉ねぎが大好物のワンちゃんの話💛玉ねぎは血流を良くし、スタミナを増進💗獣医の玉ねぎ有害説は悪質な虚説👹犬にはドッグフードだけを食べさせようとでっち上げた卑劣な愚説👿
 重症の膝蓋骨脱臼(パテラ)を手羽先の先だけで治した🐕普通は1カ月で治るのに11カ月もかかった🐶動物病院に行くのを途中でやめて💔
 沖縄県の相良倫子さん15才が即位礼正殿の儀に参列🌸平和の詩「生きる」の作者🌺沖縄全戦没者追悼式で朗読🌷上皇上皇后作詞作曲の琉歌「歌声の響」の誕生秘話🌻人も犬も「生きる」ことが最も大切🐕
 玉ねぎは犬にも有益な食べ物💛なのに獣医はでっち上げの有害説を流布👹犬には人と同じ食べ物は食べさせないでドッグフードを売って儲けるための捏造嘘説👿
 食糞が鶏の骨の食事で治った💗食糞はたんぱく質不足の栄養失調が根本原因💛飢餓防止本能が誘因💚
 遺伝性疾患のある犬がワクチン接種で重篤なてんかんを多発👿獣医は3種類の抗てんかん剤を投与👹セロイドリポフスチン症(CL症)🐕鶏の骨は百薬の長🌸
 獣医は犬の皮膚病を完治できない🐶いろんな薬剤を売りつけて儲けているだけ👿獣医が治せない皮膚病もヒバエタ(ひば油エタノール液)で完治する🐕愛犬家に成りすました獣医のブログ荒らし👹
 てんかんは鶏の骨で治る💗抗てんかん剤を直ぐにやめる💛てんかんはワクチン接種が原因👹獣医はゾニサミドを止めると重積発作になると脅しているが👿

Comments

Archives


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.