2258528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛 こ と ば・心 の 散 歩 路

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

桃太郎は教科書

2019/12/12
XML
カテゴリ:桃太郎は教科書






       

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

^-^◆ おとぎ話 『 桃 太 郎 』 に学ぶ (^-^) [3・完]
  <古来日本にも居た スーパーマン><Renewal>


ママ「……えっ? 桃太郎……? 桃太郎って……、
   じゃー、これにも意味があるんですか……?」



志摩「無ーい……ナイナイ、ナイナイナイ、なーーい( ̄~ ̄)」

ママ「またーーーァ、あるんでしょう?(^.^)
   ホントの意味は何なんですかね?
   ……リーダーシップかな?」

志摩「うーーーん、ちょっと……、ママさん!
   ………センス悪いですねぇーー …………(-_-)」

ママ「……? ……ええっ?…じゃ~何なんですぅ……?」

志摩「……分かりませんか?……ママさん。
   ふふふふっ……。(^。^)
   そうですか……分かりませんかねぇ…………?」


       親子僧.jpg


ママ「もう、焦らさないで………さあ……志摩さん」

志摩「焦らしてませんよーーーー(^。^)」

ママ「だったら……何なんですか……?」

志摩「さぁーー……、何でしょうかねぇ(^-^)」

ママ「もう……………………<`~´>」

志摩「ママさん! (`^´) 少しは考えてよ!!!」

ママ「…………((+_+))」


       真っ赤


志摩「……そんなもん決まってるでしょう……。
   『スーパーマン』に決まってるでしょうが……!!」

ママ「……?
   ……スッ……スーパーマン……???
   なにそれ……(゜_゜)」

志摩「決まってます……」

ママ「しかし、スーパーマンだったらですよ……、
   一人で何もかもやれるでしょう?……ねっ?」

志摩「…………」

ママ「ねっ?………オールマイティなんだから……彼は……」

志摩「オールゴールか何か知りませんが、
   ママさん……大和ってもんを知りませんねぇ。
   ホントの戦いっちゅうのはですね。
   ……つまり……必ず勝たねばならない戦いってのは……。
   そんな生易しいもんじゃないんですよ。
   ママさん、甘いですよぉぉぉ~~~~……。
   スーパーマンといってもですね……、
   智恵と、勇気と、情報の助けが必要なんですよ………」

ママ「まぁ、志摩さん、だんだん口悪くなってきましたよ。
   お酔いになりましたか?
   ……ほほほほっ(^.^)」

志摩「いや、これはどうも…………。((+_+)) スミマセン。
   まっ何ですね、外国の場合は、
   この全てを英雄に持たせる傾向がありますが……ね……、
   日本の場合は……その伝統である『和』の精神を
   伝えるために、分散しているのかもしれませんね………。
   ………フーム……(ー_ー)」


       村神社


ママ「……ですか??
   ……でも、何で……桃太郎がスーパーマン?
   …………………?」

志摩「えっ?……何、何ですって?……ヒック……(>_<)」

ママ「……(-.-)」

志摩「……もう、何にも考える力、無いんですかぁ……。
   ママさん!! ……旗、見て下さいよ。
   ………旗を……」

ママ「えっ、旗って…………?」

志摩「桃太郎は、背中に旗立ててませんか?
   猿が持ってる場合もありますが……」

ママ「あっ、ええ、ええ……あれね、あります、あります……」

志摩「なんて書いてあります……?」

ママ「……確か……『日本一』って………?」

志摩「それですよ『日本一』ですよ……」

ママ「……そういえば、志摩さん、何が日本一なんですかね?
   小さい頃から見てたけど……何なんだろう?……剣術?
   ………デスカ?」

志摩「あれがですね、……あれが……スーパーマン……、
   つまり『最高』『超凄い』って、意味ですよ……」


       入港


ママ「えっ?何?……日本一って……そういう事……ですか?
   だって、普通は、野球で日本一とか…、剣道で日本一とか
   ……何かの競技なんかで日本で一番ってことでしょう?」

志摩「あ~~あ、ママさん、ママチャン………。
   ホントに、考えが浅いですねぇ…………。
   日本一ってのは、別の意味もあるんです……。
   こう……、
   何か、とてつもなく、凄いっていう…………、
   ……まさに、最高だっていうような………。
   …………ほら、
   思わず『イヨーッ、日本一』なんて叫んで……誉める事
   あるでしょう……?」

ママ「………………」

志摩「言ってみりゃ~………『日本晴れ』なんていう言い方も、
   その種類でしょうね」

ママ「あっ…………ナルホド………。ホントですか?」

志摩「ウソでーーす……。はははっ……。
   信じれば……ホントでーーーす……。
   ねっ、……で、……桃太郎は、スーパーマンなんです。
   日本人も昔からスーパーマンを持ってたんですよ……。
   民衆の心理でしょうねぇぇぇぇぇぇ……。
   ……分かりましたかぁ……?
   ……ムニャ、ムニャ……」

ママ「ウーン…………おおむね了解! (^^ゞ」

志摩「フィッ……みーんな、ウソですからね……。
   はっはっはっ……(^。^)」


ママ「(^。^)<`~´> ;^_^; (^-^) (-_-) (^。^)」


              <完>


 <画像は一部ネットから借用しました>



 ※ このシリーズご愛読ありがとうございました。 m(__)m









人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




       









======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/12/12 11:25:06 AM
コメント(33) | コメントを書く


2019/12/09
カテゴリ:桃太郎は教科書






       

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

^-^◆ おとぎ話 『 桃 太 郎 』 に学ぶ (^-^) [2-下]
 <桃太郎の家来の雉は 情報担当-下><Renewal>



ママ「『キジも鳴かずば撃たれまい』でしょう……?
   ハイ、知ってますよ (^-^)」

志摩「よろしい……で、その意味はご存知ですね……?」

ママ「さぁ……よく考えた事ないけど、
   要らぬことを言った為に、墓穴を掘るというか、
   本人が不利になるような場合に使いますよね……」

志摩「はいはい……、まっ、そんなもんですね。(^。^)
   ……キジって奴はですね、
   特にオスが、地上から飛び立つときに、
   ケーンって鳴く事が多いらしいんです」

ママ「あらまっ……それは又、何故ですか?」

志摩「さぁー……何故なのかは、私も知りません……」


     


ママ「それって、
   猟師さんに居場所がバレちゃいますね……。
   でも、……そんな習性があるんですね……。

志摩「ええ、もちろん、さっき話しましたように……、
   巣から離れた所から飛び立つんですよ……」
    
ママ「はいそうですね。用心深いからね。
   でもそれと……密偵とどんな関係があるんでしょう?」

志摩「密偵、隠密等という仕事の持つ性格に関係があるんです」

ママ「性格…………どういうことでしょう……?」

志摩「ママさん、そろそろ焼酎のお湯割りにしようかな(^-^)
   キープ……まだありますよね?」

ママ「大丈夫ですよ。まだまだありますよ……。
   志摩さん、そろそろ焼酎だろうと思って、
   準備していましたよ。ほほほほっ……。
     ・
   密偵のお仕事と関係があるって、どういうことですか?」


     


志摩「そもそも密偵という仕事はですね、大将の命を受けて、
   非常に重要な事を調べに行くわけです……ね」

ママ「そうですね。秘密裏に探るわけですね……。
   探っている事すら知られるとまずいですね……」

志摩「そうそう、それらは今後の作戦を左右する、
   極めて重要な調査となります…………」

ママ「歴史ドラマでも……相互の勝敗を決するするような、
   大きな役割を果たしていますね……」

志摩「そうです。だからこそ……上からの支持を勘違いして
   調査をしたんじゃ、大変な事になるわけです……ね。
   場合によっては……部隊が全滅する……わけです」

ママ「ハイハイ……わかりますよ……」

志摩「……ねっ、それでぇ……命令を受けたら必ず復唱して、
   指示者に確認する義務があった訳です。……昔からね。
   その出立する直前の復唱確認の行為に、
   あの鳴き声を重ねたんでしょうね……。
   ……返事みたいに捉えてね……。『了解!!』と、
   叫んで、出立するわけです」


     


ママ「ヒャー、奥が深い……ホント……ですかぁ?」

志摩「……ウソです!!(^。^)
   ……へへへっ、どうです、ざっと、こんなもんですよ」

ママ「こじつけですよね~~。(;一_一)
   うん、しかし……面白い…………。(^。^)」

志摩「ママ、面白けりゃいいんでしょう……? はははっ……」

ママ「ハイハイ、お酒の席の話は面白いことが一番ですね。
   しかし……なるほど……。智恵と、勇気と、情報ですか。
   色々な事に当てはまりそうですね……。
   いい勉強になりました。
   (^-^)面白かったですよ。……ありがとうございました」

志摩「おっと……ママさん! まだまだ、まだまだ!
   それと……『桃太郎』ですよ!!
   肝心なのを忘れちゃいませんかってんですよ<`ヘ´>」

ママ「……えっ? 桃太郎……? 桃太郎って……、
   じゃー、これにも意味があるんですか……?」


        <続く>



 <画像は一部ネットから借用しました>




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




       









======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/12/09 08:10:16 AM
コメント(34) | コメントを書く
2019/12/04
カテゴリ:桃太郎は教科書






       

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

^-^◆ おとぎ話 『 桃 太 郎 』 に学ぶ (^-^) [2-中]
 <桃太郎の家来の雉は 情報担当-中><Renewal>




ママ「日本じゃ、カラスとか雀とか山鳩なんかの方が、
   良く見かける鳥で、一般的じゃないですかねえ……?
   キジよりも……ねぇ。(^-^)」

志摩「!! おっと、そうきましたか……。
   ……ふふふっ……。( ̄ー ̄)
   ねぇママさん、日本の『国鳥』って何か知ってますか?」

ママ「えっ?国鳥……?あっ、キジだ……雉ですねえ……。
   それで……それでこの場合キジなんですか……?」

志摩「まぁまぁ、そう短絡的に言わないで下さい……。
   奥は深ーーいのです。(^。^)
   さて、ビールでも……注いで貰いましょうか……(^。^)」

ママ「あっ……どうも……。
   気が利かなくてスミマセーン……
   今日は特に、ピッチ早いですねぇー。(^.^)」

志摩「ウィッ……ドモドモ……。ピッチ早いでしょう……。
   私は昔、ピッチャーでした……。
   ははははははっ………。(^。^)
   だからぁ……なんですよ……そういう事ですよ……ねっ。
   ……国鳥に指定されるくらい、キジが日本の代表的な
   鳥だったってコトじゃないのかなぁ?……ウィー…」


      5973.jpg


ママ「な、なるほど……。
   そういえば以前の一万円札の図柄にも出てましたねぇ。
   はぁー分かります……分かります、納得です……(^.^)」

志摩「この際まともな話も少ししましょうかね。
   まっ、聞いた話ですけど……、
   キジという鳥はね日本の固有種なんです。そしてね、
   古事記や日本書紀といった古い文献にすでに
   キジという名前で登場していて、
   日本の象徴になっているんですって……。
   もっといえば留鳥ですから1年中姿を見る事ができるし、
   人里近くに生息していて姿態優美、羽色鮮やかなんで、
   人々が関心を持って好きになれる鳥だってこと……。
   オスは勇敢で、メスは母性愛の象徴であることなどから、
   1947年に日本鳥学会がキジを国鳥に選んだという
   話です……(^O^)」

ママ「まぁ…………志摩さん……凄い!! おみそれしました」

志摩「ははははっ……。
   おっと、それでキジがなんで桃太郎のお供についたかって
   いう話でしたね……。
   なんせ『教科書』ですからね……」

ママ「そう、そこが……今いち……ピンときませんよ」


       飾り鳥1


志摩「ママさん、キジのクセ知ってますか?……特徴」

ママ「………」

志摩「キジってですねぇ……めっちゃ慎重な鳥でしてねぇ……」

ママ「……慎重……? ホントですか……?」

志摩「はははっ、うそに決まってるじゃないですか……。
   ……へヘヘヘっ……((+_+))」

ママ「またー……もう、志摩さん」

志摩「キジはですねぇ……地面に巣を作るんですよ。
   その巣に舞い降りて来る時もですね、
   巣から随分離れた処に降りるんです。
   ……そこから注意深く歩いて巣まで行くわけ」

ママ「へぇー……凄いですね……。ホントですか……。
   そうやって敵から巣を守っているんですね。
   あっ、それで、キジの足は鶏みたいに太いわけだ……」

志摩「ホントですか?話合わせんでもいいぜぇぇ……(゜_゜)」

ママ「……(^.^)」


     


志摩「足太いですか……そうか。……かもしれませんねぇ。
   今、ママが言ったように、そうやって、
   巣の位置を敵に知られないようにするわけです。
   ………ねっ。
   この、めっちゃ、用心深いところが……、
   諜報活動屋に向いてると、いうことでしょう………ねっ」

ママ「はぁ……?」

志摩「そういう事にしておきましょう……。
   どうせ、ウソです……」

ママ「………… (-。-)」

志摩「ムニャムニャ……まだありますぞ……、
   ママ!!  『キジも鳴かずば撃たれまい』ってコトバ
   知ってますね?」


        <続く>



 <画像は一部ネットから借用しました>




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




       









======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/12/04 11:46:50 AM
コメント(34) | コメントを書く
2019/12/02
カテゴリ:桃太郎は教科書






       

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

^-^◆ おとぎ話 『 桃 太 郎 』 に学ぶ (^-^) [2-上]
 <桃太郎の家来の雉は 情報担当-上><Renewal>



志摩「ところで、ママさん!! お尋ねしますが、
   何故、桃太郎の家来がサルとイヌとキジかってのは
   ご存知ですよね……?(^_-)」

ママ「ええっ!?何ですって?
   そんなもん、意味があるんですか?ウソー……」




志摩「もう……ママ、ダメですよぉ……。(`´)
   あの話は『教え』だって言ってるでしょう……ふふふっ」

ママ「あらら…………、
   叱られちゃった。
   ゴメンナサーイ……どうも(^_^;)」

志摩「ママほどの物知りさんがご存じないのは意外だなぁ……」

ママ「ホントに知らないんですよ。
   …………でも面白い話なんでしょうね」

志摩「まっ、私の思い込みっていいますか、
   コジツケみたいなところもありますけどね。
   はははっ……(^o^)」


     


ママ「でも、面白けりゃ良いんでしょ!……ね(^。^)」

志摩「そうですか?(^。^)ははははっ、そうですね( ̄ー ̄)」

ママ「……で、志摩さん、その意味って?何ですか?」

志摩「はい、大将が戦いをする時にですね………、
   必要になる機能の事をあらわしているんです……ハイ」

ママ「戦いに必要なもの。それを動物に例えているんですか?」

志摩「そうそう、そうです。
   つまりですね、えー、つまりィ~……サルが智恵と、
   えーー……俊敏……だ。俊敏……です!
   すばしっこいって事ですね……」

ママ「ハイハイ、なるほど……」

志摩「そしてぇ……、イヌが……、
   勇気と、忠義………の象徴……です」

ママ「えっ、ショウチュウ?(焼酎)……?
   あっ……象徴ね。(^_^;) でも……ホントですか?」

志摩「ママさんが、ウソと思えば……ウソです……ふふふっ」

ママ「はぁ……?……でっ……キジの意味は?」

志摩「ズバリ、情報です。
   ……情報。
   ……今、はやりの『逢いてぇー』って奴です……」


  


ママ「ほほほっ……『IT』でしょう。ふふふっ……(^。^)」

志摩「はい……そうとも言います……ははははっ。(*^^*)」

ママ「キジは、空飛べますからね………なるほどね」

志摩「テレビの時代劇、観てますか?
   昔から、色々な事件物があるでしょう……。
   まぁ事件っていいますか『問題』を解決していくカタチの
   筋書きのドラマですね……」

ママ「ええ、色々とありますね」

志摩「その中で、団体といいますかチームっていうか……、
   こう、何人かが一組になって動く様な番組があるでしょ?
   ……ねっ?……観てますか?ママは商売中だから、
   ビデオかな……?」

ママ「ふふふふっ……、……ですね。(^-^)」

志摩「……あれには必ず、キジがいます……。
   ……ねっ?」

ママ「えっ…………? (・.・;)」


     


志摩「年配の方が大好きな水戸黄門漫遊記………」

ママ「はい、時々観ますよ。でも……キジ????」

志摩「あれにね、ほら……、昔、
   風車の弥七というのが居たじゃないですか……。
   その後は飛猿も……、それにお銀も居ますね……。
   おお~~、三羽も居ます……ね。
   ははははっ……」

ママ「なるほど!……スゴイ!……情報担当ですね……」

志摩「……よく、観て下さいよ……。結局彼らが居ないと、
   何にも事件は解決しないんですよ。黄門様といっても、
   情報が無けりゃ判断のしようが無いんですよ。……ねっ。
   只の爺さんですよ…………爺さん。(^-^)
   そりゃ黄門さんは偉いかもしれないけど……、
   役に立たないわけですよ……」

ママ「あらあら……なるほど、そうですね……」

志摩「もうかなり古い話だけど……ママさんなら分かりますね。
   大岡越前……ねっ。加藤剛主演の……、観てました…?
   ……あれだって何ですよ、
   このぅ飯屋の次郎吉っていう盗賊上がりの奴が手伝って
   ますよね。……ウイッ、あれが、キジです……ねっ」


    


ママ「うーん……志摩さん、しっかし、物知りですねぇ……。
   感心ますよ……」

志摩「ははははっ……ママさん、
   この位の事で感心しちゃいかんですよ。
   諜報担当は、まだまだ居ますぞお……。
   ……今風じゃ情報担当って言った方が良いですかね……?
   ……えーと、真田十勇士には猿飛佐助と霧隠才蔵ですね。
   あれがキジ……雉です……」

ママ「志摩サン……ホレ、三蔵法師の一行は、サルと、ブタと、
   カッパですが……?」

志摩「フムフム………。鳥が居ませんねぇ……??」

ママ「……ねっ……居ないでしょう! (^-^)」

志摩「ウーン………(ー_ー)」

ママ「……まっ、例外もあるんですね(^.^)」

志摩「いやいや待って下さい。
   ……あれですホレ、キント雲っていう空飛ぶ雲を
   孫悟空が持ってるじゃないですか……ね。
   アレです……あれあれ……(^o^)」


   


ママ「あっ、………ナルホド……鳥と一緒ですね」

志摩「ねっ?……ははははっ、ざっとこんなもんですよ………」

ママ「そう言えば暴れん坊将軍にも、お庭番が男と女、
   一人づつ付いていましたねぇ……いわゆる忍者……がね」

志摩「情報が大事ってのはですね、
   大昔から当たり前の事だったんですよ……ね。
   分かってたんですよ……ねっ(^。^)
   まっ、そういう教えです……」

ママ「うーん、情報ですか……。
   情報ねぇ……凄い話ですね。でも面白いですね……。
   現代の刑事ものだって、お金を貰って情報を売る、
   情報屋みたいな人がよく登場しますね。あれが雉ね……」

志摩「時々は、新聞や雑誌の記者なんかが、その役割をします。
   まさに彼らは記事(雉)が命ですよ……。ふふふっ……」

ママ「…………??? (゜_゜) あっ!!ナルホド!!(*^^*)
   ……そこで志摩サンにお尋ねします。(^.^)
   何故キジなんですか?
   鳥ならば……鳩だって良いわけでしょう……?」

志摩「…………えっ?……(ー_ー)!!」


        <続く>



 <画像は一部ネットから借用しました>




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




       









======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/12/02 08:37:41 AM
コメント(31) | コメントを書く
2019/11/29
カテゴリ:桃太郎は教科書







    桃太郎.jpg     桃太郎.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

^-^◆ おとぎ話 『 桃 太 郎 』 に学ぶ (^-^) [1-下]
 <緊急時対応の報酬は 前払いが良い-下><Renewal>



志摩「そうそう……、そうですママさん。(^。^)
   あのね、絶対に逃げ出されたら困るという仕事で、
   仲間を集める時は……前払いです。
   ねっ前払いですよ。(゜_゜>
   スパッとですね……。結果を見てどうこうなんて……、
   そんなみみっちい事をしちゃいけません……。
   完了の暁にはその成果に応じて追加を払うんです。
   これを賞与といいます……(^.^) ははははっ……」

ママ「(-.-)……義理を捨てて持ち逃げって、無いかしら……」

志摩「ははははっ……ママさんこれは日本の、日本人の話です。
   基本的にそういうことはありません……。
   義理堅い気質の日本人に対する教えなんです……」

ママ「……(^。^)そうね、お伽話だしね……純粋にね。(^-^)」

志摩「夏休みにですね…………」

ママ「えっ?夏休み?……何ですか?急に(^。^)」


     318.jpg


志摩「以前の事です。
   ……かなり以前。
   小学生の長男に小使いをやろうと思ったわけです。
   子供も夏休みといえば、
   何かとお金が必要でしょうからね……」

ママ「ええ、まあ、そうですね…………(^-^)」

志摩「臨時小使いですねっ!……わかりますか?
   まあ、ただ、ホイッとやるのも何ですから……、
   アルバイトをさせ駄賃を払う事にした訳ですよ。
   ねっ  (^。^)」

ママ「うーん、それは良いですね。ひとつの躾ですね……」

志摩「……そう躾ですね……。ママ、流石に良い事言いますね。
   ママさんの教養もなかなかのもんですね……。
   釈迦に説法ですが、躾という字は身が美しいと書きます。
   躾を丁寧にやろうと『御』を付けたりしますと……、
   御躾(押し付け)になって逆効果……だとか……(^_^;)」

ママ「……!! (^。^)ふふふふっ……」

志摩「毎朝、玄関と庭の掃除で駄賃を200円にしました。
   晩飯の時にその日の分を渡す事にしましてね………」


      上高地.jpg


ママ「なるほど、毎日頑張れば貰えるわけですね。
   日銭ってのは励みになりますね……………」

志摩「それが、3日に1回はサボるんですよ……。
   まあ、眠いとかきついとか……、
   友達が誘いに来たりしましてね……」

ママ「志摩さん、怒らなかったんですか?
   ………毎日の日課にしてたんでしょう?
   躾でもあったんでしょう……?」

志摩「そりゃー沈着冷静をもってなる私とて、怒りましたよ。
   でもね、アルバイトという事にしていましたから……。
   まずかったんです……。
   『お金要らないもん』って、のたまうわけですよ……」

ママ「ああ…………そうですね……(^。^)」

志摩「ところがですよ……。
   ところが……桃太郎思い出しまして
   1週間分のアルバイト料を前渡ししたんですよ………」


       雪花.jpg


ママ「1週間分も……!
   えっ…………1,400円ですか……」

志摩「いやー~~効きましたねぇ………これが……」

ママ「ほう~~、ちゃんと、毎日やったんですか?」

志摩「ええ、勿論。
   友達が誘いに来たらですね、手伝わしてるんですよ……。
   面白いでしょう……」

ママ「なるほどねぇ、子供でも………義理……ですか」

志摩「……前払い、前払い……その力ですよ……(^o^)」

ママ「はい……前払い……ですね……ふふふっ(^。^)」

志摩「ところで、ママさん!! お尋ねしますが……、
   どうして、桃太郎の家来がサルとイヌとキジかってのは、
   ご存知ですよね……?
   ……当然……ね  (^_-)」

ママ「ええっ!?何ですって?
   そんなもん、意味があるんですか……?ウソー……」


        <続く>




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




       






======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/11/29 08:42:04 AM
コメント(30) | コメントを書く
2019/11/28
カテゴリ:桃太郎は教科書







    桃太郎.jpg     桃太郎.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

^-^◆ おとぎ話 『 桃 太 郎 』 に学ぶ (^-^) [1-上]
 <緊急時対応の報酬は 前払いが良い-上><Renewal>



ママ「志摩さん珍しいですね。ふふふふっ……。
   何をそんなにムシャクシャしてるんですか?」

志摩「不況対策、災害対応、原発問題、米中の課題………、
   政治は一体何をしている!!  <`ヘ´>」

ママ「まぁまぁ、志摩さん。さあさ、ビール注ぎますよ(^.^)」

志摩「振り込め詐欺もはびこってるし、こんな風じゃー右も左も
   真っ暗闇じゃーござんせんか……(ー_ー)」

ママ「ホントに……、大変な世の中になりましたねぇ……」

志摩「弱い立場の老人をたぶらかし、お金を奪う振り込め詐欺、
   ……誠に、不埒な悪行三昧!!!<`ヘ´>」

ママ「退治てくれよう、桃太郎!……イョッ、志摩さん(^。^)」

志摩「ははははっ……ママさんは、いつも明るいねぇ………。
   はははっ、ははははっ…………(^_^)」

ママ「ハイッ……乾杯しましょう……!カンパーイ……(^。^)」


      ニッポン.jpg
  

志摩「はい!乾杯!
   桃太郎っていえばママさんは桃太郎の歌、知ってますか?
   当然、ご存じのお歳ですよねぇ…………失礼(^_^;)」

ママ「昔のですか?それとも、以前のテレビの高橋英樹の?」

志摩「ははははっ……おとぎ話の、桃太郎さんですよ……」

ママ「♪♪ 桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた……?」

志摩「……♪♪ キビだんご~ ~……」

ママ「♪♪ ひとつ 私に下さいな……でしたね?……(^。^)」

志摩「そうそう、ママさんねぇ、………この話はねぇ、
   人生の教科書なんですよ。……昔の……」

ママ「ええっ?教科書?まさかぁ……(^。^)」

志摩「次代を背負う若者向けの教科書なんですぅ………」

ママ「まっ、まさか!!教科書?……なんで?(゜_゜)えっ?」


     112.jpg


志摩「様々なる教えが入っているのですよー。
   あのおとぎ話には……」

ママ「教え?……まさか……?……ホントですかぁ?」

志摩「ふふふふっ……どうでしょうねぇ。信ずる信じないは、
   ママの心の裁量ですよ…………(ー_ー)」

ママ「…………またーーーー、志摩さん相変わらずですね」

志摩「ママさん……歌はそのあと、どうなりますかぁ……?」

ママ「えっ?……えーと…………。
   鬼退治について来るならあげましょうって言って、結局、
   サルとイヌとキジにあげちゃうんですよね……。
   キビだんごをね……」

志摩「……そう、流石にママはよくご存知ですね。
   ……そして三匹はキビだんごを貰ってついて来る……」

ママ「……三匹じゃなくて、二匹と一羽ですね………(^-^)」


     大島黄花.jpg


志摩「おおっ……またまた、これはシビァーー。
   痺れまーーす。(・.・;)
   ところで、ママさん!
   これは何の教えと、お感じになられますかぁ……?」

ママ「えっ?………さあー?……?
   ……教え……ですかぁ?」

志摩「ふふふっ……これはねママさん。
   『給料の前払い』の教えなんですよー……」

ママ「!!……なっ、何ですって……? (゜_゜>)」

志摩「……まあまあまぁまぁ……ママさん落ち着いて落ち着いて
   ……人様を使う時にはですねぇーー……、
   『給料は前払いにしなさい』っていう教えなんですよぅ」

ママ「ええっ?……ホントですか?」

志摩「ウソかも………ははははっ……(^o^)丿」

ママ「もう…………志摩さん……(^。^)」


     親子僧.jpg


志摩「でも、でも……桃太郎さんは、
   ちゃんと、キビだんごを前払いしていますよねぇーー」

ママ「そ……それは、そうですけど……」

志摩「ふふふっ……ホントでもウソでもいいんじゃありません?
   面白ければ……。ははははっ……ウィッ(^_-)」

ママ「………(^。^)」

志摩「いいですかママさん……、
   よーく聞いて下さーーい。
   この桃太郎の鬼退治の話しの様ようにぃ……、
   とても独りじゃ戦えないってヤツですね。
   つまり……誰かを雇って戦わんといかんようなヤツでね、
   それも……途中で逃げ出されたら困るってヤツ……ね、
   つまり最後まで、ちゃんと仕事をしてもらわんといかん、
   というような場合にはですね…………、
   これは、給料は前払いじゃないといかん……という、
   教えです……」

ママ「後払いじゃ駄目なのかしら?……功績に応じて……」

志摩「そうそうそう……そうきますね。ママさんも凡人ですね。
   途中で逃げ出されたらどうします?
   こんなにきついとは思わなかった。
   降~りた~ってなったら、まだ報酬貰ってないから、
   辞める方も辞めやすいのです。
   ところが、前払いで給料貰っていたら……ママさん、
   ………何が変わりますか?……えっ……ママさん!」

ママ「……責任?……デスカ?」

志摩「素晴らしい、ママさん。分かってますねぇーー。
   まぁ……義理って言うほうが良いかもしれません……ね」

ママ「義理ねぇ……。キビだんご食べてしまってるしねぇ……」


        <続く>






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




       






======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/11/28 02:14:12 PM
コメント(31) | コメントを書く
2008/04/28
カテゴリ:桃太郎は教科書

^-^◆桃太郎から勝手に

   教わっちゃえー[6End]
   <renewal>

「こじつけですよね~~。

 うん、しかし……面白い…………。(^。^)

 なるほど……。

 智恵と、勇気と、情報か……。

 色々な事に当てはまりそうだな……」

----------------------------------------------------------

「おっと……青年!

 それと……『桃太郎』よ!!

 肝心なのを忘れちゃいませんかってんでィ……」


「……えっ? 桃太郎……?桃太郎って……、

 じゃー、これにも意味があるんですか……?」



     SL.jpg SL.jpg



「無ーい~……ナイナイナイナイナイ……なーーーい」


「またーーー、真の意味、何なんですかね?

 ……リーダーシップかな?」


「ちぇっ、青年!………センス悪いなぁ……もう」


「……?……ええっ?…じゃ~何なんです?」


「……分からんか、兄ちゃん。ははははははっ……。

 そうか………、分からんか?…………へへへへっ……」


「もう、焦らさないで………さあ」


「焦らしてないよーーーー」


「だったら……何なんです……?」


「さぁーー……、何だろうかねぇ」


「もう……………………<`~´>」


「青年! <(`^´)> ちっとは考えろ!!!」


「……(?_?)」

           真っ赤


「……そんなもん決まっとるやろう……。

 『スーパーマン』に決まっとるやろうが……?」


「……?……スッ……スーパーマン……???」


「決まっとる……」


「しかし、スーパーマンだったらですよ……、

 一人で何もかもやれるでしょう?」


「…………」


「ねっ?………オールマイティなんだから……彼は……」


「オールゴールか何か知らんが……兄ちゃん……頭悪い上に、

 世間を知らんなぁ………。

 ホントの戦いっちゅうのはな……。

 ……つまり……必ず勝たねばならない戦いってのはだ……。

 そんな生易しいもんじゃねえ。

 甘いねえ~~~~……。

 スーパーマンといってもだな……、智恵と、勇気と、情報の

 助けが必要なのよ………。まっ何だな、外国の場合は、

 この全てを英雄に持たせる傾向があるが……、

 日本の場合は……その伝統である『和』の精神を

 伝えるために……分散しているのかもしれんな……」


                村神社


「……ですか??……でも、何で……桃太郎がスーパーマン?

 …………………?」


「えっ?……何、何だって?……ヒック…」


「……」


「……もう、何にも考える力、無いんかなあ。

 青年!!

 ……旗、見ろよ。

 ………旗を……」


「旗って…………?」


「桃太郎は、背中に旗立ててないか?

 猿が持ってる場合もあるが……」


「あっ、ええええ……あれね、あります、あります……」


「なんて書いてある?」


「……確か……『日本一』って………?」


「それよ、日本一よ……」


「……そういえば、源さん、何が日本一なんですかね?

 小さい頃から見てたけど……何なんだろう?……剣術?

 ………デスカ?」


「あれがやな、……あれが……スーパーマン……つまり『最高』

 『超凄い』って、意味だ……」


                入港



「えっ?何?……日本一って……そういう事……ですか?

 だって、普通は、野球で日本一とか…、剣道で日本一とか…、

 何かの競技なんかで、日本で一番ってことでしょう?」


「あ~~あ、兄ちゃん、ニイチャン………。ホントに、

 思慮浅いねぇ…………。日本一ってのは、別の意味も

 あるの……。

 こう……、

 何か、とてつもなく、凄いっていう…………、

 ……まさに、最高だっていうような………。

 …………ほら、

 思わず『イヨーッ、日本一』なんて叫んで……誉める事

 あるじゃろう……?」


「………………」


「言ってみりゃ~………『日本晴れ』なんていう言い方も、

 その種類だ」


「あっ…………ナルホド………。ホントですか?」


「ウソだ。ハハハッ……。なっ、……で、……桃太郎は、

 スーパーマンなんだ。日本人も昔からスーパーマンを

 持ってたんじゃ……。群衆の心理じゃろうなぁぁぁ……。

 ……分かったぁ……?……ムニャ」


「ウーン…………おおむね了解!」


「フィッ……みーんな、ウソじゃからな……はっはっはっ……」

   (^。^)<`~´>^_^;(^-^)(-_-)(^。^)


          <完>






          感謝.jpg

============================================================================
◆◆ホームページランキング(暮らし・生活⇒ライフスタイル)に参加しています。
  他にもステキなブログがありますよ。
  一票お願いします。ランキング表を見に来て下さ~い
◆◆クリックして~~ ( ^-^)
順位グラフ1位






Last updated  2008/05/03 10:53:48 AM
コメント(4) | コメントを書く
2008/04/27
カテゴリ:桃太郎は教科書

^-^◆桃太郎から勝手に

    教わっちゃえー[5]
    <renewal>

「ムニャムニャ……

 まだあるぞ……、キジも鳴かずば撃たれまいってコトバ

 知ってるよな………?」

----------------------------------------------------------

「……?……ハイ、知ってます……よ」


「よし、………で、その意味は?」


「さぁ……、よく考えた事ないけど要らぬことを言った為に、

 不利になるような場合に使いますね……」


       アヤメ束.jpg


「おうおう……、まっ、そんなもんだ。

 キジって奴はな……、何でか知らんが……、

 飛び立つときに、ケーンって鳴く事が多いらしい……」


「……そうなんですか?」


「おお、もちろん、巣から離れたところから、

 飛び立つんだぞ……」


「はい、でもそれと……どんな関係があるんですか?」


「密偵という仕事はな、大将の命を受けて、

 非常に重要な事を調べに行くわけだ……な。

 今後の作戦を左右する大切な調査だ……。

 だから……、

 ……ダ…カ…ラ……、勘違いをして調べたんじゃ、

 大変な事になるわけだ……な。

 場合によっちゃだな……部隊が全滅する……わけだ」



                 ドラえもん.jpg


「……ですね……」


「……な、……それでぇ……、命令を受けたら必ず復唱して

 指示者に確認する義務があった。昔から……。

 その復唱確認の行為に、

 あの鳴き声をダブらせたんだろうな。

 ……返事みたいに捉えてな……」


「ヒャー、奥が深い……………ホント……ですか」


「……ウソ!!……ひひひっ、どや、ざっと、こんなもんよ」


「こじつけですよね~~。(;一_一)

 うん、しかし……面白い…………。(^。^)

 なるほど……。

 智恵と、勇気と、情報か……。

 色々な事に当てはまりそうだな……」


         <続>





          親子僧.jpg

============================================================================
◆◆ホームページランキング(暮らし・生活⇒ライフスタイル)に参加しています。
  他にもステキなブログがありますよ。
  一票お願いします。ランキング表を見に来て下さ~い
◆◆クリックして~~ ( ^-^)
順位グラフ1位






Last updated  2008/05/12 01:14:40 PM
コメント(11) | コメントを書く
2008/04/25
カテゴリ:桃太郎は教科書

^-^◆桃太郎から勝手に

     教わっちゃえー[4]
     <renewal>

「……凄い話だ。

 面白いですね……。でも……源サン何故キジなんですか?

 鳥なら鳩だって良いわけでしょう?」


「…………ん?」


「日本じゃ、カラスとか雀とか山鳩なんかの方が良く見かける

 鳥で、一般的じゃないですかねえ……?」


「おっと、そう来たか。……ふふふっ……。

 おい、兄ちゃん……日本の『国鳥』って何か知っておるか?」


          靖国1


「えっ?国鳥?……あっ、キジだ……雉ですねえ。

 それで……それでこの場合キジなんですか……?」


「まぁまぁ、そう短絡的に言うな……。

 どれ、ビールでも……ついで貰おうか……」


「あっ……どうも……空くの早いですねぇー。

 どうも、気が利かなくてスンマセン……」


「ウィッ……ドモドモ……。

 だからぁ……、なんだ……、そういう事だ……なっ。

 ……国鳥に指定されるくらい、昔はキジが日本の代表的な

 鳥だったってコトじゃないか?……ウィー…」


「な、なるほど……。そういえば、以前の一万円札の

 図柄にも出てたなぁ…………。

 はぁー分かります……分かります……」


「おっと、それでキジがなんでお供についたかっていう

 話だったな……」
                 行き止まり


「……そう、そこが……今一……ピンときません」


「……兄ちゃん、キジのクセ知ってるか?………特徴」


「………」


「キジってなぁ……めっちゃ慎重な鳥でなぁ」


「……慎重……ホントですか……?」


「はははっ、うそに決まっとる……へヘヘヘッ」


「……またー」


「キジはなぁ……地面に巣を作るのよ。その巣に舞い降りて

 来る時もな……巣から随分離れた処に降りるわけだ。

 ……そこから注意深く歩いて巣まで行くわけよ」


「へぇー……凄いですね……。ホントですか……。

 あっ、それで、キジの足は鶏みたいに太いわけだ……」


「……ホントか?……話合わせんでいいぜ……」


「……」


           飾り鳥1


「足太いか………そうか。……かもしれんなぁ。

 そうやって、巣の位置を敵に知られないように

 するわけで……あるわけだ……。………なっ。

 この、めっちゃ、用心深いところが……、

 諜報活動屋に向いてると、いうこったろう………な?」


「……はぁ……?」


「……そういう事にしとこう……どうせ、ウソだ……」


「………… (-。-)」


「ムニャムニャ……まだあるぞ……、キジも鳴かずば

 撃たれまいってコトバ知ってるよな………?」


           <続>






          感謝.jpg

============================================================================
◆◆ホームページランキング(暮らし・生活⇒ライフスタイル)に参加しています。
  他にもステキなブログがありますよ。
  一票お願いします。ランキング表を見に来て下さ~い
◆◆クリックして~~ ( ^-^)
順位グラフ1位






Last updated  2008/04/28 09:24:32 PM
コメント(7) | コメントを書く
2008/04/24
カテゴリ:桃太郎は教科書

^-^◆桃太郎から勝手に

     教わっちゃえー[3]
     <renewal>

「ところで、青年よ!!

 何で、家来がサルとイヌとキジかってのは

 知ってるよな?……当然な……」


「ええっ!?

 意味あるんですか?」


「もう………ダメじゃのう……。あの話は『教え』だって

 言っとるじゃろうが…………ウィッ」


「………スンマセン……どうも」


「ホントに……何にも知らねえなぁ……<`~´>」


              リンドウ風垣.jpg


「はぁ~………どうも(;一_一)」


「まっ、俺の思い込みっていうか、コジツケみたいなとこも

 あるけどな………はははっ」


「……でも、面白けりゃ、良いんでしょ!………ね」


「そうかい……?(^。^) ははははっ………」


「……で、意味って?」


「うん、大将がな……、戦いをする時にだ………必要になる

 部下の事をあらわしてるんだ……ウン。

 ……つまりだな、えー、つまりィ~……サルが、智恵と、

 え~…俊敏……だ。……俊敏……な!

 すばしっこいってこったな……。

 そしてぇ…、……イヌが……、勇気と、忠義………の

 ショウチュウ……だ」


「焼酎……?……象徴でしょう?………ホントですか?」


「ウソと思えば…………ウソだ……へへへっ」


「はぁ…?………でっ……キジは?」


「ズバリ、情報よ。……情報。………今、はやりのなっ。

 『逢いてぇー』って奴よ……」

                 地蔵さん.jpg


「はははっ……『IT』っしょ……。はははっ……」


「おぅ…………それそれ」


「キジは、空飛べますからね…………なるほど」


「テレビ観てるか?……テレビ…?

 事件物があるやろう……。

 この~~事件っていうか『問題』をだな………解決していく

 カタチの筋書きでやな……。

 団体っちゅうか、こう、何人かが一組で動く様な

 番組があるやろう?……なっ?

 ……観てるか?……あれには必ず、キジがおる……?

 ……なっ」


「えっ…………?」


「兄ちゃんの好きな、水戸黄門………」


「はい、観てますよ。でも……キジ????」


    699.jpg


「あれにほら、風車の弥七が居るじゃないか……。飛猿も、

 お銀もおるわい……。おお~~、三羽も居るわい……な。

 ははははっ…………」


「ひゃー!……スゴイ!……情報担当か……」


「……よく、観てみい……。結局あいつらがおらんと、

 何にも事件は解決せんのよ。

 黄門様も、情報が無けりゃ、判断のしようが無いのよ。

 ……なっ。

 只の爺さんよ…………爺さん。

 そりゃ黄門さんは偉いけど……役に立たんわけだ」


「……フムフム…………そうだ」


「大岡越前……なっ。加藤剛の………観てる…?

 あん……?

 兄ちゃん観てるか?

 ……あれだって何だ、このぅ飯屋の次郎吉ってのか?

 ……盗賊上がりの奴が手伝ってるよな。

 ……ウイッ……あれが、キジだ…………なっ。

 オイ、兄ちゃん、ビール注いでくれ………」


              ワンちゃん.jpg


「ハイハイ、ハイハイ、スンマセン……源さん、しっかし、

 物知りですねぇ……参りますよ……」


「へへへっ……兄ちゃん、良い男やな……。はははっ……。

 こ~んな事で感心しちゃいかんぞ。

 ……諜報担当は、まだまだ居るぞお……。

 ………今風じゃ、情報担当って言った方が良いのかな……?

 ……えーと、真田十勇士には、猿飛佐助と霧隠才蔵だ……な。

 あれがキジ……雉……」


「源サン……ホレ、三蔵法師の一行は、サルと、ブタと、

 カッパですが………?」


「フム…………。鳥が居ないなぁ……??」


「……ねっ……居ないでしょう!」


「ウーン…………」


「……まっ、例外もあるんですね……」


「待て待て………あれだホレ、キント雲っていう空飛ぶ雲を、

 孫悟空が持ってるじゃないか……な。アレダ……あれあれ」


「あっ、………ナルホド……鳥と一緒か」


「なっ?……ははははっ、ざっとこんなもんよ…」


「そう言えば、暴れん坊将軍にも、お庭番が男と女、一人づつ

 付いてたなぁ……………」


「情報が大事ってのはよう、大昔から当たり前の事だったのさ。

 ……分かってたのよ……なっ(^。^)」


          <続>






          親子僧.jpg

============================================================================
◆◆ホームページランキング(暮らし・生活⇒ライフスタイル)に参加しています。
  他にもステキなブログがありますよ。
  一票お願いします。ランキング表を見に来て下さ~い
◆◆クリックして~~ ( ^-^)
順位グラフ1位






Last updated  2008/04/28 09:23:57 PM
コメント(10) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.