2430888 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛 こ と ば・心 の 散 歩 路

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ほのぼの とした 話

2022/04/12
XML













    1000a.jpg

人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


  ^-^◆ 【改訂】JRで遭遇した心動く景色<20>
        ー 半世紀超の列車通勤の思い出 ー


……忘れ物の話(危機一髪)……

 はっと目を覚ました。
列車は博多駅に止まっている。
小倉から乗った……新幹線。
周りに人が居るので、
到着した直後に目を覚ましたと……判断……気分はゆっくりだ。


        


…………ところが……!!!

「次は南福岡です」……のアナウンスに「ええっ!」っと、
大慌てで脱いでいたスーツと鞄を持ってドアに駆け足……。

「終点じゃないんだ……なんだこれ(-"-)」複雑な心境……。

「……そうか、博多が終点の便と、
 南福岡まで行く便があったっけ……(-_-)」

……ということは、小倉方面から乗って来た人がみんな降りて、
南福岡に行く人が乗ってくるまで……眠っていたことになる。


       


「危ない、危ない……」今日は、客先に、かなりギリギリの時間
で向かっている……。

 改札を出て……スーツを着て……「……ん?……軽い……」

スーツが心なしか……軽いのだ……。
慌てて、内ポケットを探ったが……やっぱり、携帯電話がない。

「しまった……」
確か、電話を手に持ったまま眠ったような……そんな気がする
……体中に電気が走った……。

「大変だ!」

 大急ぎで、改札の職員にその旨を伝える。


       


「南福岡に着いてからの調査になりますが……」

「うわーーー、これは客先、大幅に遅れる……」

それよりも、無事に手元に戻ってくる保証もない……。

「もう発車しましたか?」すがるような気持ちで聞いてみた。

「あっ、まだ停車しています。走って下さい……」と職員。


      


入場券を貰って、久方ぶりの全力疾走だ。
エスカレーターも、駆け上がって……、
止まっている車内に飛び込んだ。

仮に動いても……電話が見つかる方が良いとの……思い。

座っていた座席……。

誰も座っていない。

……しかし……無い。
携帯電話が無い。

焦りが全身を駆け巡る……。

次の瞬間……、

「あった!」

中央のひじ掛けの下に隠れていた。


    


握って、踵を返して車内を全力疾走。

「ドアが閉まります」

アナウンスを背に……下車。……後ろで、ドアが……バターン。


危機一髪……「良かったーー」


      


汗が、どっと噴き出てくる。顔もびっしょりだ……。

「あーーあ、……でも、良かった」

 改札口で、職員に丁寧に礼を言って……客先に急ぐ。

10分程遅れたが、事情を話したら「……年だね……」と
冷やかしながら、快く許していただいた。

「ほっ (^。^)」

真夏の……真昼の……悪夢一歩前……でした。(;一_一)


         <完>







    ピンクバラ.jpg   5993.jpg



人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


             

=========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今まで蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2022/04/12 09:43:40 AM
コメント(34) | コメントを書く


2021/06/23












 


人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

   ^-^◆ 居酒屋の 粋なおばちゃん( ̄ー ̄)
         <Revival>


 先日、JR電車内で以前勤めていた会社の後輩に
バッタリ出会いました。

「ブログ見てますよ。(^-^)そろそろ『居酒屋のおばちゃん』を
 もう一度、アップして下さいよ。(*^_^*)」

「ああ、あれか。あの時一緒に飲んだだよな……(^。^)
 以前アップした時のURLをラインで送るよ」

「いやいや、面倒です。Revivalでアップして下さいよ。
 ……あのおばちゃん、元気にしていますかね。(^o^)」

「……うん……もう90才近いだろうな……」

「じゃー、お願いしておきますよ――」

 そういって、列車を降りて行ってしまいました。(-_-)

……ということで、この懐かしい話のリバイバルアップと、
なりました。



-----------------------------------------------------------





 大通りを曲がって少し入った所のごくありふれた居酒屋……。
会社帰りに仲間5人でちょっと立ち寄った。

「いらっしゃーい。何名様ですかぁ……? (^。^)」

「5人だょーーーーーーん!」

「はい! 上に上がって下さーい。はーい、上、5名様ね!」

履物を脱いで次々と板張りに上がる。
……黒光りの板です。
滑って転んで、

「いてててててててっ! (>_<)」

相変わらずバカが一人居る……。 (^-^)


     


「いらっしゃいませー、どうぞ、こちらへー。5名様ですね。
 どうぞーーー (^。^)」

年の頃なら、60代中盤の威勢の良いオバサンの出迎えです。

「はーい、おしぼりどうぞ。どうぞ、どうぞ。
 はい! 飲み物何にしましょう?」

「まず、ビールねっ。」

「ハイッ!ビール。キリン?朝日?……どちら?」

「サッポロ……無いの?」

「あぁ、有りますよ。ハイッ、サッポロ、何本?」

「なんだ、あるんじゃない。ちゃんと言ってよ……」

「すんませーん。ハイ…何本?」

「そうねぇ取り敢えず、2~30本持って来て。
 ……ははははっ……(^-^)」


      


「うぃっ…?……2~30本!!えぇ、えぇ、わかりましたっ。
 ちょっと待って下さいね。」

ニコッと笑って、オバサンは奥に消えた。

「おい。相変わらず冗談きついなぁ。オバサン、
 びっくりしてたぜ……」

「でも、勘の良いオバサンやなぁ……」

「ところで、クイズ。さて、2本来るでしょうか?
 3本来るでしょうか?」

「待て待て、それは俺に答えさせろ。答は、3本。
 …………だろう?」

「ご名答!」

「ちょっと待ってよ。2本かも知れんじゃないか」


      


「いやいや、こいつは、人の心理のことを言ってるんやから、
 ……なぁ、そうやろう?」

「その通り……カミさんに小使い、2~3千円くれって
 言ってみろよ。大抵の場合出て来るのは、2千円。
 ……そんなもんよ……」

「なるほど、出したいか出したくないかということか……」

「あぁ………そういうこと……か……?
 ……へえー……俺、今分かった」

「相変わらず鈍いなぁ…お前。
 それにしても、オバサン遅いなぁ……」


       820狸一杯.jpg


「ウッショ、ウッショ、ウッショ………………」

「何?……あの声」

「ウッショ、ヨイショッと!!!
 ふぅぅぅー。お待ちどう~。
 ハイ、まず20本。あぁー、重かったぁぁぁ……」


  


「……!」

「…………!」

「………………」

「……………………」

「…………………………(゜-゜)」

「やるねー………………オバサン(ー_ー)!!」

オバサンはそれには応えずケースの中から、3本、指に挟んで
取り出してテーブルの上に置くと、俺の顔をキッと睨みつけて、
それから、ニター~と笑って、残りのビールを、
又、ヨイショ、ヨイショと奥に持っていった。


        1053608540.jpg


全員…………無言。

完全に一本取られた……。

その夜の宴席が盛り上がったのは言うまでもない。


    


……帰りに、おばさんにチップを渡したが、居酒屋では、
初めての事である。

何度、思い出しても可笑しさがこみ上げてくる、ひと夜の、
素敵なオバサンのオハナシでした……。

大人のユーモアって……いいもんですねぇ……。(^。^)





人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


        




==========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2021/06/23 10:50:20 AM
コメント(38) | コメントを書く
2021/06/02















            4301-2.jpg

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



    ^-^◆ 空が晴れると……気分も晴れる!!
         <Renewal>



 タクシーに乗りました。

「久し振りに随分と雨が降ってくれましたねぇーー」
…………気さくな運転手さんが言いいました。

「はい、お陰で空気が綺麗に感じますよ」

「そうそう、そうそう。
 昨日は素晴らしかったですよ。
 黄砂も綺麗に洗い流されましてね近くの山は、
 木の種類までわかる位にくっきりでした。(^。^)」

「全くです。黄砂って凄いんですね。
 ここの所、連続的に飛来してましたからね……」


       705.jpg


「そうですよ。あれが普通の景色だと思ってましたよ。
 ……全く……。こんなに綺麗なのに…………」

「ホントに霞んでましたからね……。どこに行っても……」

「私なんか昨日の朝、運転していて、あまりの鮮明さに、
 目の解像度が上がったのかと勘違いしましたよ……」

「!!!………運転手さん、
 カメラとかパソコンやられるんですか……?」

「よく分かりましたね。この歳ですがパソコンに
 はまっていますよ。ははははっ………。
 それにしても、よく分かりましたね……」


       8805.jpg


「ははははっ……。……まっ、ちょっとね。(^。^)
 (普通は解像度という単語はあまり使いませんものね)」

「お客さん、たいしたもんですよ。
 しかし、天気が良くて空気が澄みきっていると、
 気分まで晴れるから不思議です……」

「天気も空気も気分の『気』の字が入ってますから、
 親戚なんでしょう……ははははっ……」

「うっ、上手いこと言いますね。
 お客さん、偉いね。
 料金……まけちゃおうかな……ははははっ……(^。^)」

…………で、ホントに180円、まけてくれた。(^.^)




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




         6482.jpg

===================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今まで蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2021/06/03 09:48:23 AM
コメント(41) | コメントを書く
2020/06/01










        5835.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

    ^-^◆ 駅のホームで人の情けに感動!!
         <Request・Revival>



 <随分前の思い出話です>

 電車がJR香椎駅に着いた時のことです。
思った以上にたくさんの人が降りて……、……、……。
車内が見通し良くなりました。

 降りて階段を上って行く人達の間を、
縫うようにして何人かの人達が走って降りて来ています。
良く見かける光景だし……、私も何度となくやってきた事です。
発車時刻間際になると、いわゆる駆け込み乗車になります。
危険なので最近JRが特に力を入れて、
やらないように呼び掛けている所です。


       アヤメ束.jpg


 何とは無しに見ていますと……、
階段を上がる大人達の足元をチョロチョロと、子供が二人走って
降りて来ました……。
……発車にはまだ少し余裕があります。
一人は男の子で、小学校1、2年生位……、
もう一人は女の子で多分幼稚園年長組でしょう。
男の子はとてもすばしっこい足でまるでサッカー選手の様に、
人の間をすりぬけて……ピョンと電車に飛び乗りました。
少し遅れて女の子……。真剣な目をして、
多分兄らしい少年を見失なうまいと必死に走って来ました。
……車内の兄を見て安心したようにニコッと笑いました……。
が…………?
……乗りません……。
…………?(゜_゜)
乗車口の所で振り向いて「早く!早く!」と、
膝でリズムを取るようにしながら叫んでいます。


       薊1.jpg


階段の方を見ると70才前後の男性が2歳位の女の子を抱えて、
……というより両手で前に捧げ持つ様にして、
やっと階段を降り終わってこっちに駈けてくる所です……。
……気のせいか、どこかで会った事のある感じのする男性です。
ヒャーーー……!
多分お孫さんなのでしょうが……ひとりで、この三人を連れての
電車移動は大変です。
汗をかきかきこっちに走って来られました。
もう、顔は、真っ赤です……。
……そろそろタイムリミットです。
……後、数秒でドアーが閉まるでしょう。
……ん?
おかしいな……。
その男性、子供を車中の男の子の横に降ろすと、
再び、走って引き帰しました。
「早く!早く!早く!……」女の子は続けて叫んでいます。
ピョンピョン飛ぶ様にして……。


       808赤花.jpg


 男性が戻って行った先に、女性が走ってきています。
何と、乳母車を抱えて……、中には赤ちゃんが乗っています。
女性って強いもんですねぇ……。
体格も良いのですが……、たいした力です。
女優の藤田弓子に似た感じ…………。

 引き帰した男性が、この女性を手伝って、
乗り口まで辿り着きました。
お歳の割には、機敏で素早い動きでした。
「すみません、すみません」を、女性が連発しています。
この局面……身内でも、そんな感じなのでしょう。

 おじいさんと、お母さんと、子供4人の一行だったのです。
確かに、乳飲み子と二才位を含めて、4人の子連れでは、
大人が2人居ないと大変です……。

 母親の実のお父さんか…………、


       乙女像.jpg


いや、何となくお互いの振る舞いから見て、義理の間柄、
つまり、旦那さんのお父さんのような気がします……。

…………無事に、全員乗車。
「ありがとうございます。ありがとうございます」
しきりに女性がお礼を言っています。
やはり義理の間柄というのが「当たり」の様です……。(^。^)

 こっちも、何となくほっとして……動き出した電車に、
身を揺らしました。

…………えっ?

…………何?


      黄花.jpg


窓の外を、さっきの男性が、汗を拭き拭き階段の方に歩いて
行っているではないですか……。

……えっ?。(゜_゜)

あれっ、乗車しなかったのか……。
ということは、待てよ……。
ああ、子供が多いから、送ってこられたのか……。
……なるほど、なるほど……。
勝手に、納得している私の耳に、さっきの女性の声が
聞こえてきました。

「……××ちゃん、ちゃんとお礼が言えて、偉かったねぇ。
 ……でも、良かったね。親切な人に会って………」

…………えっ?


       どらえもん2.jpg


そうだよ……。そうそう……、
さっきの男性、確か、この車両に乗ってたよ。
……それで、どこかで会った様な気がしてたんだ。
博多で並んでいるときも……、
確か、後のほうに居られたような…………。

 はっきりした、鮮明な記憶ではないが思い出してきた。
……と、いうことは、彼は下車して改札に行く途中、
この親子5人を見て、手助けをしたという訳か……。

………………!!。

……うーん。……自分だったら……。
……どうかなぁ。

うーん……。残念ながら何ともいえない……。

うーん……。

すげぇーーや…………。

きっと、同じようなお孫さんが居られるのかもしれないなぁ。
……生来、親切な方なんだろうなぁ……。
色々と考えているうちに、胸がほんのりと温もってくるのを
感じました。


     


……良い光景に遭遇しました。
この子達にとっても……、
……屈託無い顔してるけど……、
心の隅のどこかに、ずっと残る事でしょう。

自然と、表情がほころんでくるのを感じながら……、
ケイタイに入力し、PCに送った次第です。
…………感動、覚めやらぬ内に…………と。












人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村





          8463.jpg
           < 街 角 の 画 廊 >





====================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2020/06/01 09:19:34 AM
コメント(40) | コメントを書く
2020/04/21













          15860 (4).jpg


人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

    ^-^◆ ウォーキングで垣間見た 温かな風景
           <Renewal>


「わぁー、わぁー、わぁーーぁ、何これ!!」

素っ頓狂な中年のご婦人の声に道路の向こう側を見ると……。
道沿いの旧家の格子の玄関から、後向きに出て来る
ご婦人の姿が……。ウォーキングの途中での出来事です。

歩いていると様々な出来事事件に遭遇して、
飽きません…………。

「どうした?」

とは、ご主人らしい男性。車を停め後から追いついて来た様子。
二人でこの家を訪問されている風情です。


     


「ザリガニ!ザリガニよ!」

ご婦人が下を見て叫んでいます。

「バカ!家の中にそんなもんが居るか!
 ……おっ、おっ……ホント…ザリガニや……」

「なに、なに、なに、なに…そこに居たぁ?」

家の奥からお婆さんが走って出てきました。

「いらっしゃい!」


「こんにちは!」



「早かったね」


「ザリガニよ」


速射砲の様なやり取りです。思わず立ち止まってしまいました。


      16585.jpg


「これ、これ、これ、これ、探していたんよ」

「真っ黒で気味が悪いね。ハサミでやられそう」

「踏め、踏め、足で!」

来客の方は、突然のザリガニの出迎えにパニック気味です。

「ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、踏んだらダメ!
 さっきから探していたんよ」

「えっ?飼ってるの?コレ?」

「いやいや、飼ってるんじゃないけど……。さっき台所で
 見かけたんで探していたんよ。煮物しててね。ちょっと目を
 離した隙に、まぁまぁ……こんな所まで来て……ほほほほっ」


     


「どうするの……、どうするの……(ー_ー)!!」

「裏の小川から迷い込んできたんだよ。戻してやらんとね……」

お婆さんは、ちょいとザリガニを摘まむと、家の裏手の方に、
行ってしまいました。

なんとなく、ほっとしたような来客の二人…………。
家の中に消えていきました。

 歩き出しながら……自分が嬉しい顔になるのを感じました。
お婆さんの、周りの生物への愛が感じられて…………。
温かい気持ちになりました…………。(^。^)










人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村





          7961.jpg



==========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2020/04/21 10:37:51 AM
コメント(35) | コメントを書く
2019/10/17







           6671.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


    ^-^◆ 父と …… 優しい娘の 会話 (^-^)
        <Revival>



「優子、あのなー……、ワシが大病したらなぁ……(-_-)」

「まぁまぁ、何を言い出すかと思ったら……お父さんったら、
 縁起でもないことを…………(^.^)」

「ワシはお前には、絶対、看病して欲しくない………(^。^)」

「あら、それ何よ……。母さんはさておいても、娘のあたしが
 一番、安心なんじゃないの……?ええっ……?」

「……うん、安心は……安心じゃが……(ー_ー)」

「じゃー、いいじゃない。ちゃんと看病してあげますよ。
 心配しなくても……ふふふふっ……(^.^)」


       7810.jpg


「いやいや、やっぱりご免こうむりたい……お前は……」

「何よ……もう、……そんな事言わないでよぅ……」

「お前は、名前の通り小さい頃から優しい娘だ……」

「……うふふふっ……アリガト……。優しく優しく看病して
 あげますよ……(^.^)」

「……お前……、
 医者が止めている物をワシが欲しがったらどうする……?」

「そりゃーダメよ。体に悪いからね……。あげませんよ……」

「……うん、一回はな……」

「……えっ?」


       7813.jpg


「何度も、何度も、わしが欲しがったら、どうする……?」

「お父さんは、なんでも言い出したら切りが無いからね……」

「……どうする……?」

「ダメですよ。……ダメ。……でも」

「……でも、何だ?」

「お父さん、可哀そうだからね。
 ……ちょっと位なら、害も無いんじゃないかな……。
 ……後で先生に聞くと言う事で……」

「くれるか?」


      6718.jpg


「……うん、でも、ほんのちょっとよ……」

「……お前は、優しいからなーー。そんな娘だーー(ー_ー)」

「まぁまぁ、ありがとうございます(^.^)」

「……やっぱり、やめとこう。お前に看病頼むのは……」

「…………(-_-)」

「……早死にしてしまう……」

「……!!」

「お前は、優しいが…………賢くない<`ヘ´>」

「えっ……?」

「…………(ー_ー)!!」

「……なに……? 私にもっと賢くなれって言ってるの?
 …………もう……(>_<)。
 ……ハイハイ、分かりましたよ……(^.^)」

「……別に……、そんな事は、言ってない……ふふふっ
 ほれっ、もう一杯注いでくれ……(^。^)」






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




          18393p.jpg




======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/10/17 02:32:11 PM
コメント(32) | コメントを書く
2019/09/25








           7811.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

   ^-^◆ 厳しい老女将が 惚れ込んだ女子大生[下]
           <Revival>



 女将さんはそれなりの店を構えているオーナーだが、
常に質素を心がけていて、……この年齢なのに、
あまりタクシーを使わない……と聞いた事がある。
   買物は、大変だろうな……。

「私も古い人間でしょー……。
 人様のお世話になるのは、少し意地が働いて、
 断わる方でしてね……相手さんにも迷惑ですからね。
 何度も何度も断ったんですよ。……ですけど……、……あの子
 若いのに何か自然な感じでしてね……言葉も自然で…………。
 その物腰から、優しさがふわーっと伝わって来て、ついつい
 お世話になっちゃおうって……気になっちゃったんですよ。
 私、こんな体験……初めてです。
 不思議な雰囲気を持った子なんですよ……」


      海岸2.jpg


「うん…分かるなぁ。素直に育った娘さんなんだろうなぁ……」

「それで上まで持って上がってくれましてね、
 丁度、雨が降って来たもんですから……、
 タクシーに乗せてくれましてね。
 住所とか聞こうとしたけど、
 結局そのまま別れちゃったんですよ……不覚にも……。
 私としたことが……」

「名前は聞いてたんだ……」

「ええ、名前だけは何とか……ですね」

「それは良かったね……何と言っても、
 人の親切に触れると心が温かくなるもんね……。
 ……でも、女将さん、
 名前だけで……、
 どうやって再会したのよ……」


      サボテン花.jpg


「……どうもですねぇ、私をタクシーに乗せてからですね、
 また、下に降りて行った様だったんですよ。
 あの子の降りる駅ではなかった様なんです。
 私の為に下りてくれたんだって確信を持ちましたね……」

「へぇー、凄い子だねぇ。……で……?」

「接した感じからして、女子大生ってピンと来てましたからね。
 地下鉄のルートから……F大かなって思ったんです。それで、
 汐井さんという名前だけを頼りにF大に行きましてね……」

「ええっ!!わざわざ行ったの? (゜_゜>)
 女将さんも立派だねぇ……。
 何としても御礼の気持ちを伝えたかったんだ……」

「いえいえ、お礼もさることながら……、
 何よりも会いたかったんですよ。
 人様からこんな気持ちにさせられたのって……初めてですよ。
 スカウトしたいって思うようになりました」

「うわーー、女将さん、凄い飛躍だな……」


     サボテン蕾.jpg


「……だって、あんな子に店に来て貰ったら、
 絶対お客さんが喜んでくれるでしょう。
 私も、あの子から、あの優しい雰囲気を学びたいって、
 思ったんです……」

「ひゃー……、女将さんも並の人間じゃないね。……でも……、
 接客のプロが惚れたんだから……これは逸材だろうね……」

「大学はF大で、グーでしたよ。ふふふふっ……。(^。^)
 私も……、なかなか良い勘してるでしょう……?
 事務室で彼女の事を克明に説明したら、
 珍しい名字だったこともありましてね、
 すぐ見つかったって訳です……。
 美談ですから、事務室の人もとても協力的で…………」

「それで、スカウト……か……。……でも、良く来てくれたね」

「いえいえ難しかったんですよ。
 …………ホントに……難しかった……。
 他でちょっとしたアルバイトもしていましたし……、
 水商売に対する尻ごみもありましたしねぇ……。
 無理もないですよね……」

「……うーん、難しいね……」


      8892.jpg


「でも、惚れちゃった強みですよ。 (^。^)
 時間をかけて説得しました。
 あの子のアルバイト先にも一応挨拶に行きました。
 相手は、びっくりしてましたけど……」

「ひゃー……、やるねぇー女将さん……」

「一度惚れたらとことんですよ……。ふふふふっ……。
 もちろん、お手当も大幅に弾むことにして……
 時間はかかりましたけど……OKして貰ったんです……。
 いい子ですよーーーー」

「うん、凄くよく分かる。でも、女将さんだって素晴らしいよ」

「あの子のお陰でですね。
 私、最近少しだけど柔らかくなってきてるでしょう……?」

「参ったなーー……『ウン』としか言えないじゃない。
 ははははっ…………(^-^)」

でも、確かにそういう感じはする。
水商売一筋60年以上のベテラン女将を虜にする……。
本当に、不思議な子に違いない。

こちらまで、良い気持ちになって心地よく飲んだ一夜だった。


          (^。^)

          <完>








人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村





      6745.jpg






======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/09/25 11:33:56 AM
コメント(34) | コメントを書く
2019/09/24








           7811.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

   ^-^◆ 厳しい老女将が 惚れ込んだ女子大生[上]
           <Revival>


「女将さん、この前の娘さん今日は居ないの……?」

「えっ?ああ、あの子は今日は来ませんよ。明日は来ます……」

 80歳近い女将さんが、まな板から目を上げてにっこり笑った。

 博多駅前の小さな洒落た小料理屋のカウンター……客は居ない。
この店は、今月3回目の訪問だが……カウンターに座ったのは
初めてのこと……。
お客様を接待する際は、ほとんどが奥の小部屋に入る。
お手伝いの若い女性が入れ替わったのは、先月位からか……。

「良い娘さんだねぇ……」

「はいー、おかげさんで……(^。^)」

「笑顔が最高だよ……。爽やかでねぇ……」

「ねっ、良いでしょう……。惚れちゃってね。ふふふっ……」


      マキ花.jpg


( ̄。 ̄) 意外な返答だった……。

こんな場合……店の従業員の事なので、女将さんとしては、
「いえいえ、まだまだ……ですよ」……等と……、謙遜するのが
普通だ……
ベテランの女将さんにしては珍しい反応だった……。
どうも……これは何か、訳ありだな……と、感じた。(-.-)

「良く気が付くし、言葉遣いもはきはきしているし、
 決して出しゃばらないし……、今どき珍しいよね……。
 アルバイト?……学生さん……?」

「はい、F大学の商学部です。週に3回来て貰ってるんです」

「おしぼりを渡す時にさぁ……、
 小さい声で『毎日ご苦労様です』って、にっこり笑って
 言うんだよ。……疲れも吹っ飛ぶよ……。(^o^)
 大声で、やや形式的に言う人は多いけどね……」

「……そうですか……。ありがとうございます………」

「お代りのおしぼりが出て来るタイミングなんかも、
 絶妙なんだよね……。常にどこかから、じっと見ていないと、
 中々できない様な感じなんだよ。読みの良い子なんだね……」


      薊1.jpg


「まぁまぁ……そんなに褒めて頂いて、本人、喜びますよ……」

「その前に、女将さんが、メッチャ嬉しそうだね……」

「あら、そうかしら……ふふふふっ……(~o~)」

「まさか、また親戚の娘さん……預かってるんじゃない?
 礼儀見習いとかで……」

今迄も、この店では珍しくない事だった。
女将さんは品があって身持ちも堅く、厳しい人だし……、
いきおい客層も良いので、行儀見習いとして、
親戚の娘さんを預かっていた事がある……。

「ははははっ……(^。^) あの子は違いますよ」

「あっ、違うの……。
 でも、女将との関係見てると、身内みたいに感じるよ……」


      アヤメ束.jpg


「そうですか……。そうでしょう……ふふふっ……」

「何よ、ひとり笑いして…………」

「そんなに褒めて頂いて嬉しいですね。
 ……今日はお客さんも無いから、
 お話聞いてもらいましょうかねぇ……。
 ……はい、一杯頂きますよ」

そう言って、女将がこっちに寄って来た。

「ああ、どうぞどうぞ、ビールで良いの?
 女将は日本酒党じゃなかったっけ……?」

「あら、お酒戴いて良いですか……?
 じゃー、遠慮なく頂いちゃおー……(^。^)」

いそいそと、厨房の方に向かう女将のうしろ姿……。
やはり、やや、老けたかな……。
最近、辞めたい辞めたい等と言っていたが……。
……客の方としては、こんな良い店、閉めて貰っては困る。
料理も旨く価格も手ごろで、駅にも近く客層も良い……と、
きているから、同僚と来るも良し、お客と気さくに来るも良し、
一人でフラッと来るも良し……、有難い店なのである。


      乙女像.jpg


「実は……ですねー」

女将が、盃をおいしそうに口に運んでから喋り出した。

「私が、スカウトして来たの」

「スカウト……? どこから……?」

「もちろん、F大学ですよ……」

「えっ? なに? ああ、就職係に頼んでたわけね」

「いえ、そうじゃなくて……」

「ええっ! スカウトとか……するの? 普通……」

「いえいえ、もちろん私も初めての経験ですよ」

「………………どういうこと……?」

「半年くらい前の事ですけどね……デパートに買い物に行ったん
 ですよ。お店で商品見ていると、ついあれもこれもって事に
 なっちゃって……大変な量を買い込んじゃいましてね……。
 地下鉄で降りる時にモタモタしてたんですよ。
 そしたら、近くに乗っていたあの子が荷物を持って、手伝って
 くれましてね……」

「へぇー、そんなことだったの……」


           <続く>






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



       519.jpg


======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/09/24 12:32:41 PM
コメント(32) | コメントを書く
2019/09/18






           5683.jpg
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


   ^-^◆ 25歳年下の女性へのプロポーズの言葉


 35歳の折に25歳年上の男性と結婚された方がおられて、
……その方から聞いた話なんですが………。
当時60歳の彼のプロポーズの言葉が………………。

『菊枝さん、君はとても素晴らしい女性だ……。
 スタイルも良く美人で……それも日本型の美人で
 笑顔がなによりも可愛らしい……。
 優しくて思いやりもあるし……、
 芯もしっかりしていて頼もしい面もある。
 それに、明るくて……お酒だってホントに陽気に飲んで唄う。


         8230.jpg


  そして、私が最も感心するのは菊枝さんの向上心の強さだ。
 それが豊かな教養を培ってきた源泉だと思う。
 私は時折、菊枝さんと同世代の人間の様に論議している自分を
 発見して嬉しいんだよ……。


                8232.jpg


  ……ただ、そんな、素晴らしい菊枝さんでも、
 たったひとつ……、大きな欠点がある』

『…………!!』

『……それはね、君が僕に、時を忘れさせてしまう事だ……』


          8234.jpg


 男性は、とある企業の社長さんだったらしいんですが、
その半年後にふたりはゴールイン。


女性は初婚、男性は再婚。
男性の子供さんたちも、心から祝福してくれたとか……。

 現在、50歳を越えたこの女性は、

『あの時、彼が“時を忘れさせて……”と言ったのか、
 “歳を忘れさせて……”と言ったのか、
 聞き取れなかったんだけど……、
 同じことですもんね……』

等と言いつつ……お二人で年に2~3回の海外旅行を
楽しんでおられる。
ホントにステキなカップルである。






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



   青花.jpg   16072F.jpg




======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/09/18 09:41:33 AM
コメント(32) | コメントを書く
2019/09/17







          620.JPG
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


     ^-^◆ ちょっと笑える間違い電話



 斉藤さんが居間でタバコを吸っていると電話が鳴った。

 「ハイッ、斉藤です」

 「もしもし……、モシモシィー……」

 「ハイハイ、斉藤ですが」

 「あっ、斉藤さん。……えっ、山本さんじゃないですか」

 「いえ、ウチは斉藤です……が」

 「……おかしいなぁ……。662の5534でしょ……?」

 「いえいえ、ウチは5543です」

 「あっ、5543ですか。……でしょー?そしたら山本さん」

 「いえ、だから……43は斉藤で、山本さんは34でしょ?」

 「ああ、そうそうそうそう、そうでした。
  いやね、山本さんとね……明日ゴルフに行くんですよ」


      子犬


 「…………(-.-)」

 「いや、正確に言うと行く予定でしてね。それが突然、
  急用で行けなくなったんです」

 「……はぁ……」

 「まあまあ、慌てて電話掛けたもんやから、5534に
  掛けてしもうて……ホントすんません」

 「いやいや、5543に掛けられてるんですよ」

 「あっ、5543ね。そうそうそうそう……で、えーーと、
  どちらさんでしたかね?」

 「……だからぁ、斉藤の家にかかってしまったわけです」

 「そうそうそうそう、えらいスンマセンね……。
  早く山本君に連絡取らんと、あいつ、メチャクチャ
  楽しみにしてましてね。……というのが…………」


       トトロ


 「あのう、スミマセンが……電話切って良いですか?」

 「ああ、ああ……スンマセン。間違い電話でした。なんせ
  急いでたもんですから……早く掛けてやらんと……」

 「…………(;一_一)」

 「どうも、どうも……えーーーー、斉藤さん……でしたか?
  申し訳ありませんでした。それでは、失礼します」

 ……ガチャン……

 「…………<`~´>  ^_^;」

    斉藤さん、タバコは燃え尽きています。


        ピカチュー1


台所から奥さんの声です。

 「あなたー、電話……どなただったの……?」

 「……ん、間違い電話だ……」

 「……んなわけないでしょう……あんなに話していて……」

 「…………(-_-)」








人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



          112.jpg





======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/09/17 10:08:08 AM
コメント(31) | コメントを書く

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


© Rakuten Group, Inc.