2440960 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛 こ と ば・心 の 散 歩 路

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

和の心

2022/03/04
XML
カテゴリ:和の心













 

人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


      ^-^◆ 躾(身を美しく)……恥の心
         <Renewal>



 高齢者や子供や障害者など……、
社会的な弱者に危害を加える近年の事件や……、
名の通った大企業の、不正ごまかし事件等を、
見たり聞いたりするにつけ、深いため息が出るのは、
私だけではないのではございませんでしょうか……。

人の心の原点の大切さを痛感するのでございます。

 良い事だとか、悪い事だとか……という感覚を中心に、
教育が為されてきたように感じるのでございます。

……これは大切な事であることは申すまでもありません。

悪い事はしてはいけないのであります……。
当たり前のことでもございまして、
子供たちはそのように指導されて参りました……。

大切なひとつの指導法でございます……。


      9010.jpg


……しかし、何か抜けておりはしませんでしょうか?


      9011.jpg


良いとか……悪いとか……の感覚は、一般的に、
法や規律に照らしてどうか……という感覚でございますね。

また、
人は自分が嫌いな事を、悪いと判定しがちでございます。
法や規律の以前にある、倫理的な感覚は、
少し、横に置かれた感がございます。

 私共は、
法治国家の日本に住む社会的存在でございますが……、
その前に当然、人として「個人」でもござまする。
自分の魂やアイデンティティーに、
起因した精神行動があって、
然るべきではございませんでしょうか?

何かの社会的な規範に照らした「良い悪い」の前に、
大切にしていきたいもの……それも重要なのでは……。
……等と、考えるのでございます。


      9012.jpg


日本には、古来よりそのようなものがございますようで、
「道」という言葉で現されているようでございます……。

「人の道に反する」など……と、使われております。
人道主義という言葉が使われる時は、
一般的なルールの枠を越えるようでございますね。
我が国に古来から伝わる、文化芸能関連には、
この「道」が大変多いのでございます。
剣道、柔道、武道、合気道、茶道、華道……など等。


     9013.jpg


 そして、
最も身近で、実態的に私たちを磨いてくれた概念は、
「恥ずかしい」「恥を知る」というものでございました。
「恥を知る心」は身に美しいものとして、
「躾」られてきたように感じます。


      9016.jpg


 時折、テレビカメラの前に並んで、
よーいドンで頭を下げている会社幹部を見るにつけ、
ため息を禁じえないのは、私ひとりでございましょうか?

「申し訳ございません」という、全ての非を認めて、
反論が皆無という意味の言葉を、
「申し訳ございませんでした」と過去形で言って、
もう許されているかのような顔に見えるのでございます。

多分、
彼らの企業の決算書は、立派なものなんでございましょう。
そして、
それこそが唯一最高と思っている様な顔でもございます。

情けないこと……この上もございません。


      9017.jpg


 戦後……、
特に東京オリンピック以降の時代からの、
知識重点教育にも……欠点がありはしなかったかと、
深い溜め息をついている、今日この頃でございます。

我々世代の幼い頃は、
日本人としての倫理観を、
しっかりと育まれてきたように感じております。

 明治生まれの祖父や祖母によく言われたのは……、
 〇 ご先祖様に顔向けのできないことはするな。
 〇 世間に顔向けのできない事はするな。
 〇 人様から後ろ指を指されてはいけない。
等などでございました。
そして、結婚披露宴のご挨拶の定番は、
『品行方正 学力優秀』で、
必ず品行の方が先でございました……。


    


弱い者いじめは、恥という概念、
「ウソをつくと閻魔さまに舌を抜かれる」という戒め、
そんな中で、育ってきたように思うのでございます。


 ロータリークラブの活動の指標に
「四つのテスト」というものがございますようですが、
このような感覚の原点に立ちたいとも思っております。

『四つのテスト』

 ――― 言行はこれに照らしてから ―――

 1.真実かどうか
 2.みんなに公平か
 3.好意と友情を深めるか
 4.みんなのためになるかどうか


 先ずは己の襟を正して参りたい……と、
改めて思う今日この頃でございます。 (-_-)

 愚痴にお付き合いいただき、ありがとうございました。
    <m(__)m>





人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



       9025.jpg

=========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今まで蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2022/03/04 09:45:34 AM
コメント(34) | コメントを書く


2021/09/20
カテゴリ:和の心













    



人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

 ^-^◆ 彼岸花の季節(宗像・東郷の宝)お楽しみ下さい



 この季節、例年の楽しみ……彼岸花(曼珠沙華) (^-^)
我が家から歩いて10分程の水町川です。農業用水路で、
子供の頃はもう少し綺麗な小川で、水遊びをしていました。
 大切な稲作水路なので今はきちんと整備されています。
ご存知のように、毎年この時節その岸を赤で彩ります。

 今年は台風14号のせいで曇天続きですが、
じっくりと紹介させて頂きます。(^。^)




    彼方の許斐山に向かって一直線
        許斐へと 一直線の 花の帯


    





     誇らしげ あちらこちらに 花の束


    


           



  
      街並みと 稲田をバックに 曼殊沙華


      





        彼岸花 川面の風に ゆらゆらと


       

              

   





       四塚に 向かって並ぶ 彼岸花


     





      

            曇天で 緑に映える 紅の冠


          



  





            豊作に 仲良く並ぶ 曼殊沙華


         








     向こうにも 仲間出来たね この秋は


       






        また来てね あしたは咲くよ 私たち

             





 花言葉は
  「情熱」
  「独立」
  「再会」
  「あきらめ」
  「悲しい思い出」
  「想うはあなた一人」
  「また会う日を楽しみに」……と、たくさん。

  



 毎年、人々の心に染み入る彼岸花…………。
紅い光に、先祖を敬う心が重なります。

 今年も、変わらぬ見事な輝きを届けてくれました。(^。^)



            




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


    
    

======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2021/09/20 05:30:33 PM
コメント(33) | コメントを書く
2021/04/22
カテゴリ:和の心









    

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

     ^-^◆ 摩利支神社の藤の花


 日曜日の午後晴れたので、強風の中を
我が家の近隣の神社に行きました。


     


勝運の神 摩利支神社です。明治時代から咲き続けている
藤棚の撮影が目的でした。


 


 例年に比べて、花も葉もとても少なく、
強風にあおられて、花房が暴れまわるので、
厄介でした。(^_^;)


 


 風の呼吸を計りながら撮ってきた数枚です。
季節感を味わって下さい。(^。^)


  


人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


         

=========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今まで蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2021/04/22 02:35:13 PM
コメント(38) | コメントを書く
2021/02/12
カテゴリ:和の心













 

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



     ^-^◆ 建国記念の日に思う


「源さん、昨日は建国記念日でお休みでしたね。
 ゆっくりされましたか?」

「ん?ワシは毎日が休みだからいつもゆっくりしとるわい」

「えっ?じゃー今は、例の造園の仕事は辞めたんですか?
 知りませんでした……」

「うん、ちょっとあってな……。(^-^;
 ところで、昨日の2月11日は何の日か知っとるか?」

「えっ!……だから、建国記念日じゃないですか?」

「……正確に言ってみろ! (゜_゜)」


      


「だから……『建国記念日』です!!」

「ふふふふっ……、正確には『建国記念の日』だ。
 昔はこの日は『紀元節』として奉祝されてきた……。
 戦後は廃止さたがな……。
 ワシの親の代までは『紀元節』だった……。
 今年は、皇紀2681年だ…………(-.-)」

「ああっ……、確かに『建国記念の日』だ。
 源さんの言う通り、『の』が入ってるよ……」

「フン……、又、スマホか……。
 それが無いと生きて行けんな。
 お前たちの頭は空っぽやからな……( ̄д ̄)」

「…………(;一_一)
 源さん、この『の』って何故ついてるんですか?」

「『建国記念日』といえば、世界各国が、それぞれに定めている
 自分の国の建国を祝う祝日を指すわけだ……」


      


「ええ、日本だってそうじゃないんですか?」

「あのな、国によって何をもって『建国』とするかは様々でな。
 独立もあれば革命もある、憲法の発布、政府の樹立などが、
 様々あるんだ……。中には、国家の独立に尽力した人の
 誕生日だったり、政治体制の変革日であったりと色々なんだ」

「そうなんだ。……源さん、詳しいね……」

「お前たちと違って、頭で考え、覚えてるからな……( ̄ー ̄)」

「そう言えばアメリカでは、7月4日が『独立記念日』と呼ばれ、
 花火が上がる等、国中で盛大にお祝いするのは知っています」

「中国の『国慶節』も知ってるだろう。10月1日から1週間の
 連休となるんだ。10月1日が、1949年中華人民共和国の成立が
 毛沢東によって宣言された日にあたる事に起因している。
 その他にも、フランス、ドイツなど様々な国が色々な方法で、
 建国をお祝いしているな……」


      


「あのう、話を戻しますけど、日本は何故『建国記念の日』と、
 『の』が入っているんでしょう……?」

「うん、その『の』が大切なんだ…………実はな。
 『建国記念日』と『建国記念の日』では意味が違うんだぜ」

「だから……どう違うんですか?」

「もう……、お前の首の上に乗っているのは頭じゃないんか?
 少しは考えてみろよ……。……もう……。(-.-)
 『建国記念日』ってのは、先程から言ってるように、
 世界の各国がそれぞれに定める自国の建国を祝う祝日を指す。
 ……なっ!分かるな?」

「分かります。では、日本はなぜ2月11日が「建国記念の日」と
 されているんですか?何故『の』が付くんですか?」

「うん、そこなんだが……、日本の『建国記念の日』は、
 日本書紀に由来しているというのは知ってるよな?
 日本書紀に登場する初代天皇である神武天皇が即位した日が、
 グレゴリオ暦に換算すると、2月11日にあたるとされている」


      


「だから、源さんがさっき言ったように昔は『紀元節』として、
 お祝いしてきていたんですよね……」

「うん、戦後は廃止されていたがな……、昭和40年頃に、
 各国の様に建国記念日を制定しようという動きがでてきてな」

「……戦後、20年程経って、出てきたんですね……」

「そうだ……。『いつ』を建国記念日にするか。
 つまり日本という国が成立したかを決めるにあたっては、
 喧々諤々の議論がなされた。紀元節以外の案としては、
 日本国憲法の施行日であったり、
 サンフランシスコ講和条約の発効日であったり、
 聖徳太子が十七条憲法を制定したとされる日などが、
 候補に挙がってな……、大変な議論となったわけだよ」

「有識者を交えて、様々な議論がなされたんですね。
 想像できますよ……(^-^)」


      


「そこで……、最終的には『の』を入れることによって、
 国家成立の日を確定して祝うのではなくて、
 日本という国が興り、現在もあるという事柄をお祝いする日
 としようと決まった訳だ。
 1966年(昭和41年)にな……」

「なんだか、如何にも日本人らしい話でもありますね……」

「当時の首相は佐藤栄作さんだったが『建国記念の日』の制定時
 このように述べられている。ちょっと待て、メモを見る。
 『建国をしのび、国を愛し、国の発展を期するという、
  国民等しく抱いているその感情を率直に認めて、
  そしてこの日を定めようとするものであります』……とな」

「『の』の入らない『憲法記念日』は日本国憲法が施行された
 5月3日ですね。『天皇誕生日』は今上天皇陛下の生誕日を、
 お祝いする日ですね……。きちっとしている」


      


「そうだな。一方『みどりの日』や『こどもの日』『海の日』、
 『勤労感謝の日』……など、『の』の入る祝日は、
 その事柄に思いを馳せてお祝いをしましょう、
 という日として扱われているんだな……」

「源さん、祝日の名前に入る『の』は意外にも、
 それなりの意味を持っているんですね。
 これからは何気なく過ごす祝日ではなくて、
 『の』を少し気にしてみることにしますよ……」

「ははははっ……、殊勝な事を……。
 まっ、良い事だ。忘れないようにな……はははっ (^o^)」



   ※ ネット記事をベースに脚色 ※




人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


     






==========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 今まで蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2021/02/12 01:21:22 PM
コメント(27) | コメントを書く
2020/09/18
カテゴリ:和の心












       和内宮宮 (41).jpg


人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


  ^-^◆ お陰様 と お互い様……麗しき大和
        <Revival>


「石川君、優勝おめでとう!」
「……お陰様で……」
「過酷な練習……よく耐えたねぇ?」
「お互い様ですから……」

「しかし……頑張って、よくここまで来たよ……」
「ハイ…………お陰様で……」
「学業の傍らでの練習……、よく乗り越えたと思う……」
「ありがとうございます。……お互い様ですから……」

「今度はいよいよメジャー出場だね…………」
「ハイ、……お陰様で……」
「期待が大きいから……、プレッシャーが、かかるよねぇ」
「それは、お互い様ですから……」
「がんばってね。応援するから……」
「ありがとうございます……」


     6203.jpg


-----------------------

◆ 「陰」や「互い」に、
  「御」を付け「様」をつける日本人


    6302.jpg


◆ 自分の力だけで勝ったのではない。
  陰の力に助けられた。


         6311.jpg

◆ 自分だけが苦しいのではない。
  みんな苦しいのだ。


    外宮 (3).jpg


 …………と、いう考え方……。



      ・



 麗しきかな…………。(^。^)






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



    二見 (6).jpg



====================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2020/09/18 04:55:19 PM
コメント(32) | コメントを書く
2020/08/27
カテゴリ:和の心








 5061.jpg

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


     ^-^◆ 日本の凄いところ<外国人の眼>
          <Revival>



 もう7~8年前の話ですが……、
『外国人に聞いた日本の凄い所ベスト6』
 ってのがあったんですよ……。披露しましょう。(^。^)



1、治安が良い

  良く言われますね。(^-^)


      4166.jpg




2、富士山

  景観の美しさ
  世界遺産に登録されてから
  登山客の3割(10万人)が外国人


      15329.jpg




3、温泉

  外国人の人気NO.1 黒川温泉
  日本人の人気NO.1 箱根温泉


      4165.jpg





4、新幹線

  50年間 乗客死者無し
  発車前掃除7分 (このノウハウは輸出希望)


      4164.jpg





5、親切で礼儀正しい国民性


      4163.jpg






6、回転寿司

  食べ物が自動的に回ってくる。
  都度都度に、食べる物の組み合わせが変わる。


      4162.jpg


人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



===================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2020/08/27 09:16:43 AM
コメント(33) | コメントを書く
2020/07/20
カテゴリ:和の心








            爺さん.jpg

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



   ^-^◆ 自分が造った物に「銘」を入れる誇り
           <Renewal>



 プーンと匂ってくる墨の匂いで……、少年の僕でもその日が
わかります。普段は滅多に無い匂いですから……。
そして……、そんな日はきっと沢山あった筈なんですが……、
小学三年生の時の夏休みの思い出が今でも鮮明です……。


        鹿影.jpg


 朝の10時頃……匂いは座敷からしてきました。
フスマを少し空けてそっと覗くと、じいちゃんが、
しずかに墨を磨っています。(ー_ー)
ピンと張った麻の「甚平」を着ています。

じいちゃんは、この日にしかこの「甚平」を着ません……。
正座して……目をつむって……。
右ひざの横に置いた、硯の上を手がゆっくり行き来しています。


        お堂4.jpg


 前には、飯台が置いてありました。
指物職人のじいちゃんが何日もかけて作っていた飯台で……、
郵便局長の奥様から頼まれたというものです……。

あんまり大きなものじゃなくて、一人か二人で、
ご飯を食べる時の、ちゃぶ台です。

 昨日まで、ニスの匂いをプンプンさせながら、
細工場の端っこで、乾かしてあったものです。

じっと見ていると、じいちゃんが飯台を裏に向けて、
左の膝の上に、端を乗せて……それから、筆をとりました。

たっぷりと墨を含んだ筆です。
左手で飯台の脚をしっかり持って、
じっと裏面を睨むようにしていた、じいちゃんが、
さらさらさらと書き始めました。


        大黒様.jpg


 きっと、いつもと同じように、今日の日付と「銘」を、
入れているのです。

 「銘」は「正作」で、じいちゃんの名前。
どんな小さな小物でも、じいちゃんは、自分で作った物には、
必ずこの儀式をします。……カメの蓋でも……。

 いつもの優しい表情とは違う、キリッとした顔で……。
じいちゃんは、この、キリッとした顔を時々します。
作品が出来上がってニスを塗る直前に、
何度も何度もあっちこっちから、作品を眺めながら……
……その時、こんな目をします……。
……真剣な目。


        9031.jpg


 江戸時代の名工左甚五郎みたいで……かっこ良いです。
銘を入れたら、傍らにおいて墨が乾くのを待ちますが、
その時、必ずキセルに火をつけて、おいしそうに、
煙をゆったりと吐き出します。
この日も……そうです。

 じいちゃんが、凄く偉く見える瞬間です。
この時は、ぜったい部屋に入って行けません。
厳しく止められているからだけでなくて、
いつもと違うじいちゃんがそこにいるからです。

じいちゃんは、亡くなるまで、職人の鑑って、
近所のおじさん達に言われていました。

じいちゃんみたいになりたいなって……当時思っていました。
この時のじいちゃんが、現在の私の年齢です。

自分が丹精込めて造ったものに誇りを持てる人間に、
少しは近づけているのでしょうか…………(^_^;)






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



   8988.jpg
              8989.jpg




==========================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2020/07/21 03:33:10 PM
コメント(29) | コメントを書く
2020/07/06
カテゴリ:和の心




====================================
 ※ 和活喜は6/29日から約一週間の予定で入院します。
  2月に手術をしましたが、その連続で後半の手術です。
  危険なものではありませんので他事乍らご安心下さい。
  ブログもアップできませんので、過去のブログから抜粋し、
  リバイバル、或いはリニューアルで予約アップ致します。
   この様な事情ですので、皆様のブログへの訪問・応援が、
  叶いません。どうかご理解下さい。
   無事に退院しました暁には熱烈訪問させて頂きます。
  以上、よろしくお願い申しあげます。
====================================







     14382.jpg

人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


  ^-^◆ 感謝の言葉って気持ちの良いものですね
         <Revival>



 正午のチャイムが鳴ったので、マウスを離して手を洗いに
行こうと思った次の瞬間……、部屋の入り口に若手が5人、
肩をぶつけ合う様にして入って来まして…………、

「昨日はご馳走様でした!」と
 声を揃えて……ペコペコリ。

「いや、いやー。わざわざどうも……」
 と……いつに無く照れてしまいました。(^_^;)


       8747.jpg


 前夜、一人で住んでいる若手だけを集めて野菜鍋パーティを
やったのですが……その折り、誘った連中です……。

普段、独り身なので野菜の摂取が不足しているだろうと、
よく気の付く女性がセットしてくれました。

「彼ら、コンビニの場所は知っていても、スーパーの場所を
 知らないんですよ。絶対、生ものが不足しています……」

 そして私ともう一人同僚が、資金源の大スポンサーとして
声をかけられた……というわけです。(^。^)

久しぶりに若い人と食事をし会話も弾んで楽しい時間でした。


       608.JPG


 それにしても、挨拶というのは気持ちの良いものです。

「ご馳走様でした!」
 といわれて……少し照れてしまいましたが、
……後々……清々しい思いに包まれて……
昼食もおいしく感じましたよ…………。(^-^)






人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村



      8746.jpg



====================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2020/07/07 10:15:42 AM
コメント(23) | コメントを書く
2019/10/23
カテゴリ:和の心










    
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


     ^-^◆ 天皇陛下即位礼正殿の儀


 10月22日、天皇家の神事に引き続き、
13時から即位礼正殿の儀が、厳かに執り行われました。
私は、テレビに釘付けです。


 即位礼は、
日本の天皇が皇位を継承したことを国の内外に宣下する、
一連の国事行為たる儀式で、最高の皇室儀礼です。
中心儀式の即位礼正殿の儀は、
諸外国における戴冠式、即位式にあたるといわれています。



 定刻が近づくと参列される皇族方や、三権の長が、刻々と
皇居宮殿の正殿松の間に設えられた、
天皇と皇后が昇られる高御座と御帳台の前に、
集結されました。


   


         

   

        

  



定刻に天皇皇后両陛下お出まし迄、皆さま待機の姿勢です。


    

        

    




参列者は約2000人、海外からは180ヶ国の要人が
お出で頂いたとのことです。


   

      

  



 そして、いよいよ天皇皇后両陛下のご登場です。
私もテレビの前で緊張しました。







  









天皇陛下が即位を内外に宣言するおことばを述べられました。
「…………国民の幸せと世界の平和を常に願い、
 国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、
 日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを
 果たすことを誓います。
 国民の叡智とたゆみない努力によって、
 我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、
 人類の福祉と繁栄に寄与することを
 切に希望いたします」と述べられました。


  

    

      

思わず正座致しました。






 安倍内閣総理大臣の寿詞


 
    

       








続いて万歳三唱
しっかり唱和いたしました。


      






21発の礼砲が響き渡りました。

    



 終始厳かで、世界中が注目した感動的な儀式でした。










人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村




    




   





   


======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/10/23 09:49:37 AM
コメント(35) | コメントを書く
2019/08/26
カテゴリ:和の心






      
人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


     ^-^◆ 美しき国・美しき日本人の心
    <就職試験前の工業高校生に卓話を頼まれて>
          <Revival>


「日本良い国」という思いを我々自身の胸に抱き、
それを次の世代に伝えていく事が出来るか……。
 これが現代に生きている私たちに問われている
大切な事だと思います。

 では、ここで、ひとつの逸話を読み上げたいと思います。
良い話なので、どうか、聞いて下さい。


        17820.jpg


「稲むらの火」という話です。

『江戸末期、和歌山県の広村というところに、濱口梧陵という
 庄屋さんがいらっしゃいました。
 ある日、大きな地震が起きました。驚きながら海に目をやると
 潮がさーっと引いて行って真っ黒い砂が現れるのが見えます。
 濱口さんは「これは大きな津波が来る。村人を避難させなけ
 ればならない」と考えました。
 しかし、時間に余裕はありません。
 そこで、自分の稲むら、つまり刈り取った稲を積み上げていた
 ものに火を付けて、村人たちが登ってくるための目印にしよう
 としたのです。そして一年分の食糧に火を付けました。
 村人たちはその火を見て「ああ、庄屋さんの家が火事だ」と
 思い、どんどん駆けつけてきます。その後に大きな津波が
 やってきて、村人たちは助かったという話です。


        17994.jpg


 これは、実話ですが明治になってから、この話を聞いた
 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、
 ”A Living God”(生き神様)という題で、全世界にこの
 話を紹介しました。ですから、多くの国の人たちが知って
 います。濱口梧陵さんには三人の子供さんがいらっしゃいま
 した。一番下のお子さんは学者で濱口担さんといいます。
 その濱口先生が1903年、明治36年にロンドンの
 ジャパン・ソサエティで講演をされました。
 講演の内容は日本の女性史でした。その勉強会には沢山の
 ロンドンの女性たちが集まり、そして濱口さんの話を聞いた後
 質問時間になりました。たくさんの質問を受けた後、最後に
 妙齢の婦人がひとり手を挙げました。
 「濱口さん、今日のお話と違う質問でもいいでしょうか。
 私は濱口という名に大変強い印象をもっております。
 なぜならば、あの”稲むらの火”の主人公が濱口だからです。
 あなたと”稲むらの火”の英雄の濱口とは同じ名前だけれども
 関係がありますか。失礼な質問だったらお許しください」
 そのときのことを濱口担先生は手記に書いておられます。
 まさか自分の父親の話を、遠くロンドンで聞くとは思わな
 かった。言葉に詰まってしまって、目からポタポタと涙が落ち
 るのを止められなかった、と。その様子を見て、司会者が
 「どうしたのですか?」と尋ねます。濱口先生はようやくの
 ことで、「いや、それは私の父親です」と答えたのです。
 そう言った途端に一瞬会場はしーんとなって、そのあと全員が
 立ち上がってスタンディングオベーションになったのです』


        15907蓮花寺.jpg


 どうですか?みなさん、現在の様に簡単にヨーロッパに行ける
時代ではありません。先生がロンドンに行かれた1903年と
いえば、八幡製鉄所の高炉記念公園の溶鉱炉に大きく、
1901年と掲げてありますがあの二年後という事になります。
日本の鉄鋼業の夜明けの時期です。
また、庄屋さんとはいっても、日本の小さな村の庄屋さんです。
まさか、ロンドンで父親の名を聞こうなんて、誰も予想できませ
んよね。海外の人々にも心に残る話であったからこそ……と
いえるでしょう。



  







人気ランキングに参加しています。良かったらお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村


        15901伏見稲荷.jpg



======================================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 14年間蓄積した本ブログの一部を抜粋して本にしました。
『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中巻・下巻)』です。
 それぞれ200円です。(^-^)
AMAZON公式サイトで「愛ことば」で検索して下さい。
 良かったら、どうぞ。よろしく、お願いします。

 『愛ことば・心の散歩路(ビジネス編上巻・中・下巻)』 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






Last updated  2019/08/26 09:56:56 AM
コメント(28) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


© Rakuten Group, Inc.