2019年06月07日

2019年5月パラオ鎮魂行5-5

カテゴリ:旅行
2019年5月パラオ鎮魂行5-4は、こちら。

2017年、
奈良の友人から、
素晴らしい神社を
紹介されてから
私の神社行脚が、
始まりましたが、
ここで出会った
すばらしき
黄金の鳳凰さまが、

ペリリューの空に浮かび、
霊験あらたかな
祝福を感じました。







まさにあれが
始まりとのお知らせでしょうか。

(​聖徳太子が通った道
金山彦金山媛神社
​)

パラオの駐屯は、
群馬、栃木、茨城
出身者で編成されたそうです。

先般、名古屋教室で、行なった、
吉祥神社リサーチ​に、
廣田神社、がでましたが、




ペリリュー島の
資料館に、
唯一展示されて
いたのが、
廣田神社のお守りで、
息が止まりました。

全国の神社、八万社分の一ですもん。

お守りかっこいい

この度、初体験の
天の鳥船という
古神道の技法が、
気に入りました

やってるうちに
元気になります。
ちょっと調べて
みましたら、
あめのとりぶね の神は、
昨年の東国三社参り​の
息栖神社に祀られていました。

そして、
淡路島も忘れては
なりません。

神話につながる奇跡
淡路島の旅
この出会いから
神話研究が始まりました。


また
ペリリューの道を歩いていますと、
熊野古道​を、思いだしました。

そして圧巻は、
御霊くくりの
奇跡でしょう

ありましたね、

みたま、みたまのオンパレード





パラオ最終日、
皆さんは、カヤックとか行かれましたが、
私は、​百周年​をひかえ、日焼けしたくなくて
ホテルにこもっていました。






ぼーっとして、






またありして、






いい感じ。

今回体験させていただいた、

古神道の禊は、一生懸命が必要です。

型にのっとった、一生懸命は美しい。

一生懸命にやると、自分の中の
逃げていた本質が、現れて、光輝きます。

私たちは、日常、ついつい
面倒をスルーしがちです。

でも、本当は、
しっかり向き合っていかなくては
ならないことも、多々あります。

逃げてばかりでは、
魂も光りません。






パラオからは、夜中の発でした。
急に大雨。

滞在中一度も降らなかったのは、奇跡だと言われました。






成田のホテルで休憩し、





日本の生ビール飲み時間調整。





美しいパラオの海。よかったなぁ。




素晴らしいお仲間とご一緒で、よかったなぁ。

2019年5月パラオ鎮魂行5-1は、こちら。





TWITTER

最終更新日  2019年06月08日 06時05分59秒
[旅行] カテゴリの最新記事