2740181 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇改屋のチラ裏雑記

2020年07月13日
XML
テーマ:徒然日記(17997)
カテゴリ:一期一会





【熊本】心待ちにした娘の帰り 
避難断った夫婦が濁流に……
冷蔵庫の中にはごちそうが


◇「ごちそうで迎えようと思ってたみたい」次女は涙

 熊本県人吉市下林町の西橋欽一さん(85)と妻恵美子さん(82)は、近隣住民が避難しようと誘ったが、断ったという。4日は北九州市から次女の西村直美さん(51)が家族で帰省する予定だった。帰省するたびに米袋を持たせてくれた両親。夫婦が重なるようにして見つかったリビングには米袋が置いてあった。「家で待とうとしたのかな。なんで(避難を)断ってしまったの?」。西村さんは声を震わせた。

 西橋さん夫婦の自宅近くには、球磨川と支流の万江川が合流する地点がある。4日は早朝から住民らが避難を始めていた。テレビで人吉市の状況を知った西村さんは両親に電話をかけたが、つながらず、消防に救助を要請。「どうか生きていて」と願ったが、5日に両親の遺体が見つかった。自宅の1階は完全に水につかっていたという。

 新型コロナウイルスの影響で県境を越えた帰省ができなかった日が続き、両親との電話では「コロナが落ち着けばね」が互いの口癖だった。3日夜、恵美子さんから「帰ってこんのねー?」と電話があり、西村さんは「明日帰るから」と返していた。冷蔵庫の中には刺し身や肉があった。「ごちそうで迎えようと思ってたみたい」。涙が止まらなかった。


治水が環境破壊?
ホント、あの時民主党に投票しなくてよかった。
コストの面でも川辺川ダムは建設していくべきだった。


地元の市民グループ「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」の中島康代表(79)は、「今回の豪雨は想像を超える水量で、ダムが造られていても意味はなかったと思う。最近は異常気象もあり、50年前と同じ治水計画は進められない」とけん制した。

【藤井聡】川辺川ダムが「予定通り」作られていれば、球磨川決壊による死者の多くが「救われていた」疑義が極めて濃厚である。












川辺川ダム・荒瀬ダム「脱ダム」の方法 住民が提案したダムなし治水案 [ くまもと地域自治体研究所 ]

川辺川ダムはいらん!(part 2) ダムがもたらす環境破壊 [ 川辺川ダム問題ブックレット編集委員会 ]






最終更新日  2020年07月14日 18時29分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[一期一会] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

裏方さんの、ぐ~た… さとし072さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.