3586191 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇改屋のチラ裏雑記

2021年03月13日
XML
テーマ:徒然日記(19474)
カテゴリ:一期一会




千葉県知事選、政見放送はもはや宣伝広告ツール?
ネット上で話題となっているのは国民主権党の平塚正幸代表(39)、ベーシックインカム党の後藤輝樹代表(38)、「千葉県全体を夢と魔法の国にする党」代表でユーチューバーの河合悠祐氏(40)の3人だ。
平塚氏と後藤氏は昨年の都知事選にも立候補した。都知事選に比べ、千葉県知事選は注目度が格段に落ちるため、供託金300万円を払ってまで、出馬する価値はないというのが、これまでの常識だった。
しかし、昨年から東京・渋谷でクラスターフェスを開催し、「コロナはただの風邪」「ワクチンは危険」と訴える平塚氏が支援者の後押しを受け、立候補した。後藤氏も「全国どこでも選挙があれば出るスタンス。お金があったら出る」と直前に立候補を表明し、都知事選以外では初となる道府県知事選に打って出た。
さらに異色なのは「千葉県をエンターテインメント県にしたい!」とピエロ風のメークを決めた河合氏だ。「熊谷氏の当選で九分九厘決まっているデキレースの選挙に風穴をあけたい。僕と平塚氏、後藤氏で裏選挙みたいに盛り上げられれば、ピエロになった意義がある」と河合氏は不敵に笑う


供託金払えば、何をしてもいいのか。
デキレースだからといって、
宣伝に使っていいのか。
森田健作さん、苦言コメントくらい
あってもいいと思いますよ。












惑星大戦争 [ 森田健作 ]






最終更新日  2021年03月14日 19時04分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[一期一会] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

裏方さんの、ぐ~た… さとし072さん

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.