3853626 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇改屋のチラ裏雑記

2021年10月10日
XML
カテゴリ:映画鑑賞




<INTRODUCTION>
有村架純、志尊 淳という、名実ともに今最旬の2人が、新型コロナに打ちひしがれた日本の職場で働く、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家などの人々や、声なき仕事人達の現状をレポートする。企画は、『新聞記者』(19)、『パンケーキを毒見する』(21)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸。監督は『さんかく窓の外側は夜』(21)の森ガキ侑大。2020年、元々このチームで劇映画を制作予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大により、映画制作を断念せざるを得ない状況へ。しかし、世の中に一石を投じ続ける河村エグゼクティブプロデューサーならではのアイデアにより、監督・俳優はそのままに、現在の日本を探るドキュメンタリー映画へシフト。
夜の街で生きる人々や、シングルマザー、社会的養護が必要な子ども達の姿など、撮影する中で次第に見えてくるのは“誰にも頼れない社会”。貧困、分断、孤立や家庭崩壊ー。だがその中でたくましく生きる人々の言葉は、観るものの心に深く刻みつけられる。これは、まさに私たちが生きる“今”を映し出したヒューマンストーリー !

--------------------------------------------------------------------

<STORY>
2人の“俳優”が、役ではなく、そのままの“自分”としてスクリーンに登場。有村架純と志尊淳が、保育士や農家などといった職業に就く人々を訪ね、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、職場が直面する数々の問題に触れ、現代社会の陰影を浮き彫りにする。そして、「リモートでは出来ない、そこにいなければできない仕事」の価値を再認識していく有村と志尊は、そんな「エッセンシャルワーカー」達の姿を、次第に自分自身の仕事-俳優業-と重ねていく。
様々な人と仕事への眼差しがもたらす2人の変化。「人にとって、仕事とは?」果たして2人が見つけた答えとは一


日本のコロナ死者は、17,945人。
米国は、733,058人。
結局、近くにコロナ患者は出ていない。
これ基礎疾患の無い純正日本人はかかるの?
今や日々の陽性者は東京より大阪の方が多い。
関西の方が大陸、半島のDNAが多いんじゃねーのか。
近所のスーパーも支那人、朝鮮人、越南人だらけだ。
水際なんて抑えてねーのよ。

この映画で出てくる人たちはコロナそのもので、
苦境に立たされているのではない。
コロナ禍で混乱し分断されたのだ。
元々、豆腐メンタルのうつゴリラや
サイコパス宇宙人だらけで、
そいつらがどんどん人間をやめてゆく。
ほんとたいぎいんじゃ。

仕事なんざ、ただの作業だ。
そこに責任を持つために金はもらう。
それで食ってく。
豆腐メンタルうつゴリラどもは、
自分のことばかりで我欲しかない、
だからこそ、こんな時代に精神が壊れるのだ。
コロナ禍は、”ふるい”でも”浄化”でもない。
言ってみれば”無明”だ。
「人と仕事」? 理由や意味を無駄に欲しがるw
人生は時間で、仕事は作業だ。
勝手に潰れるのは、欲が深いからだ。







有村架純写真集 「Clear」 [ 川島 小鳥 ]


深呼吸 有村架純1st写真集 [ 細野晋司 ]






最終更新日  2021年10月10日 20時14分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画鑑賞] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

裏方さんの、ぐ~た… さとし072さん

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.