3847837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇改屋のチラ裏雑記

2021年11月08日
XML
テーマ:闘病日記(3959)




処方薬:トラディアンス配合錠BP
薬効分類
インスリン分泌を促すGLP-1という消化管ホルモンの作用を増強し血糖値を下げるDPP-4阻害薬と尿細管での糖の再吸収を阻害し尿としての糖排泄を促進させ血糖値を下げるSGLT2阻害薬の配合製剤
効能・効果:2型糖尿病


血糖値 361→181→114→312→265→184
Hba1c 15.0→13.3→11.6
尿糖 4+→
ケトン体 2+→1+

処方された薬は、きちんと飲みますよ。
DPP-4阻害剤とSGLT2阻害剤の配合剤で、
かなり期待のお薬。

この際だから努力したいじゃない。
とりあえず断食療法。昨日は36時間。
そんなにキツくはない。誘惑は無いからね。
これを週1回ってのも考えたけど、そりゃ甘いよね。
命かけてる。つまり死闘(笑 だからさ。
となると、休日は24時間。
平日は1回/食。スパンは16時間以上。
断食時間は、ブラックコーヒーか水のみ。
解禁時間は、できるだけ低糖質。
白米とパンは食わない。
運動に血糖値落とす効果はないと思うけど、
運動するさ、かかと落としは500回/日以上。
休日は、歩きまくる。

参考は、
”トロント最高の医師が教える世界最有効の糖尿病対策”
これの最強を証明しようかと。まだ読み終わってないが。
低炭水化物食と、間欠的ファスティングで投薬のフォローとする。
お医者さんには、食事制限や運動は指示されてない。
お薬で治すということだ。

英国のインペリアル カレッジ ロンドンの研究チームが、糖尿病治療に多く使われている「DPP-4阻害薬」「GLP-1受容体作動薬」「SGLT2阻害薬」の3血糖降下薬を比較する研究を行っている。

処方薬は、トラディアンス配合錠BPだからね。
プラセボと同等の心血管安全性、複合心血管イベント(心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中)のリスクを14%、心血管死のリスクを38%、全死亡のリスクを32%、心不全による入院のリスクを35%有意に減少。心血管死ならびに全死亡を有意に減少させたお薬。

1件目の薬局では無いと言われた。
2件目の薬局(病院の隣)で出してもらった。
APではなくBPであるところに、
ことの重大さ(重症さ)を感じるけどね。







トロント最高の医師が教える世界最有効の糖尿病対策 [ ジェイソン・ファン ]


トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ [ ジェイソン・ファン ]


世界最強のファスティング トロント最高の医師が教える [ ジェイソン・ファン ]






最終更新日  2021年11月08日 21時46分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[ランゲルハンス島の戦い] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

裏方さんの、ぐ~た… さとし072さん

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.