2518667 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラジオ、ときどきラーメン2

PR

カレンダー

サイド自由欄




2015.10.19
XML
カテゴリ:アンテナ
DSC_0028-R.jpg
ΔLoop-X初号機、崩壊。。。。。orz
アンテナ直下の制御BOXが脱落&水没していました。。。。。。。orz

非常に感度のいいΔLoop-X初号機でしたが、いつしか使わなくなっていました。しばらくして使ってみたら、同調側がまったく応答しない、感度もないという状況でした。(そのときはまだ非同調側は生きていた。)
秋口の爆弾低気圧の襲来の際に降ろしてみようと行ったところ、このような悲惨な状況になっていました。
メンテナンスを怠った自分が悪いんです。。。。。反省。。。

DSC_0037-R.jpg
中を開けてみると、完全に水没で錆錆です。構造的に、ケースは本来の上側には穴は無く、下側のみに穴を開けてあり、水が万一入っても下側が空いていれば水が出るだろう、という発想です。
しかし、鳩かなにかに蹴られてBOXが落下し、上下逆になったことによってそれが仇になって、水が入り放題、入った水の出口は無し、という状況になってしまいました。

DSC_0042-R.jpg
基板は完全に錆びてしまっていました。

DSC_0046-R.jpg
特に、セラミックコンデンサは水に弱いらしく、完全に腐食されています。
半固定抵抗もダメでしょう。リレーは封止されていればまだ使えるかも知れませんが、どうでしょうか?
PCBも白い皮膜(錆び?)が出来ているので、たぶん正常な動作は期待できないでしょうね。

DSC_0064-R.jpg
トランジスタも腐食が激しいです。まるで往年のSONYのBCLラジオのようにトランジスタが腐ってしまっています。

DSC_0061-R.jpg
とりあえず、洗浄とブラシかけにより錆び落としを行いましたが、さすがにパーツが生きているとは思えず、電源は投入できないですね。。。

まあ、ΔLoop-X弐号機はBOXをアンテナ本体にボルト固定していますので、このような問題はないと思います。
実際、弐号機は特に不具合無く可動できていますので、当面困ることは無いんですが、やはり東西&南北ペアで運用したいところです。






最終更新日  2015.10.19 23:54:44
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.