2506240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七詩さんのHP

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


七詩

カレンダー

お気に入りブログ

戦時下の強制労働動… New! 佐原さん

コメント新着

・曙光@ Re:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! 参院予算員会での杉尾秀哉議員の昭恵夫人…
名古屋のケイ@ Re[1]:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! クロンシュタットさんへ 【この場で、個人…
名古屋のケイ@ Re:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! 【満員電車にしても満員バスにしても、密…
tckyn3707@ Re:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! マスクだ昭恵夫人の花見だ、もうバカじゃ…
ふぁみり〜キャンパー@ Re[1]:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! クロンシュタットさんへ >政府発表や為政…
ふぁみり〜キャンパー@ Re[1]:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! クロンシュタットさんへ >マスクの増産を…
仙石 和三@ 訂正 Re[2]:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! ×マスクは政府の要望をうけて ○マスクは政…
仙石 和三@ 補足 Re[2]:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! >今すぐにでも、例えば100億枚の流通…
仙石 和三@ Re[1]:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! クロンシュタットさんへ このスレの上か…
クロンシュタット@ Re:スーパーの買いだめ騒ぎと密接密集密閉(03/27) New! スーパーマーケットや公共交通機関、さら…

ニューストピックス

2008年06月22日
XML
カテゴリ:格差社会
ちょっと気が早いかもしれない。
でも書くことにしよう。
次の選挙のことである。
マスコミは勝手に争点を決めるかもしれないが、本当の争点を決めるのは私達有権者だ。
そして、たぶん次の選挙の争点は格差と貧困・・・。

貧困の問題は多くの人にとって他人事ではない。
あの秋葉原の殺傷事件になぜ多くの人が関心をもったのか。
実際の犯人像がどうであれ、あの一見、普通の家庭で普通に育った普通の若者の犯行に現代社会の病理をみたのではないか。
学校を卒業しても就職ができない。
真面目なサラリーマンがある日突然辞職を強要される。
なにかのきっかけで職場で辞めてくれといわんばかりの凄まじいパワハラやモラハラがはじまる。
こんなのは多くの人にとって決して他人事ではない。
そしてこの社会はひとたび落ちると蟻地獄のようにけっしてはいあがることができない構造になっていることも知られている。
ワーキングプアや非正規雇用。昼夜も土日も関係なく働いても自分ひとりの口も養えないような世界だ。
昔からたしかに貧困はあったが、健康な人間が真面目に働いて自分の口も養えないような貧困なんて、平成の今日が初めてではないか。
「蟹工船の労働者には結婚して赤ん坊もいる。まだ、恵まれているのではないか。」というのも今の読者からのいつわらざる実感である。
蟹工船ブームについて、元総理の中曽根氏は「反政府活動をする力はないが、本をよんで癒されている」と語っていた。現状への不満イコール反政府活動という認識はいかにも古い。古すぎる。
蟹工船の読者、いやこうしたブームに共感している一人ひとりが選挙で一票をもっていることを、この長老はお忘れなのだろうか。

実は前回の自民圧勝の選挙も、隠れた本当の争点は格差と貧困だったのではとにらんでいる。
しかし、既成政党の中でこの格差や貧困の問題に正面から応えようとしたところはなかった。
イラクの子供の写真をかかげてイラク派兵に反対したり、平和憲法維持を訴えたり・・・。
それも重要かもしれないが、これでは絶好のホームランチャンスにバントのかまえをしているようなものである。
ここで利口だったのはやはり天才的な扇動政治家のコイズミだ。
彼は大衆の間に巣くう格差への不満、貧困への恐怖を、身近な国家公務員である郵便局員に対する嫉妬にすりかえることに成功した。
アンタ方はリストラや就職難で苦しんでいるのに郵便局員は税金でのうのうと暮らしているよ…というように。
いったん民営化法案が流れたときに、大喜びしている郵便局員の映像がニュースで放映されたが、コイズミにしてみれば、あれも計算のうちだったろう。
あの選挙直前、郵便局員の話をしながら「人間だから人の庭に蔵がたつと面白くないんだよね。ましてやその出所が税金となるとね。」と言っていたタクシーの運転手の言葉が忘れられない。

蛇足だが、今度の選挙でも夢よもう一度とばかりに「公務員たたき」を選挙の争点としたがる政党がでてくるかもしれない。
でもそんな手に何度も乗るほど国民はバカなのだろうか。
公務出張マイレージの一括管理。それをやれば民間会社でも同じことをやるようになる。
公務員のレクリエーションの撤廃。趣旨はわかるけど、これからは民間でも福利厚生費をけずっていくようになるのだろう。
無能な公務員はクビ。そうなると民間でもリストラの嵐はますます強まることになる。
いずれも自分の首をしめるようになるだけの話である。
※※
最近ちょっと怖いもの。
青少年に有害情報を提供するなという名目で「ネット規制」がされていくこと。
ネット機能のない携帯が推奨されるという話があるが、そのうち携帯ではネットはできないというのが一般的になるかもしれない。
フィルタリングも青少年だけではなく、「青少年も使うことができる」という名目で普通のネットカフェなどでも一般化していくかもしれない。
そもそもいったい「有害情報」てなんだろう。
偏った政治的意見も有害情報だなどと言い出したら、それこそ日本も中国なみの情報統制社会になってしまうかもしれない。
有害情報かいなかの判断を政府ではなく、民間団体にやらせるという方向のようだが、これだって政府の看板ではできない「偏った」有害判断がなされそうで怖いことである。
ネットで床屋政談を書いても誰も読まないなんて時代になると本当にいやなんだけど。






最終更新日  2008年06月22日 06時55分13秒
コメント(12) | コメントを書く
[格差社会] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.