2463570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七詩さんのHP

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


七詩

カレンダー

お気に入りブログ

家具撤去日決まる New! ひよこ7444さん

100冊の絵本15「… New! みらい0614さん

別荘候補地、一応決… New! CAPTAINさん

伊勢神宮と国家儀礼… New! 佐原さん

若山貴志子の歌碑-… New! カーク船長4761さん

コメント新着

仙石 和三@ Re[1]:怖いコロナウィルス(02/21) New! ・曙光さんへ 今朝YAHOOニュースを…
クロンシュタット@ Re:ベテルギウスの減光(02/25) New! 「光年」という感覚が良くわかりません。 …
クロンシュタット@ Re:怖いコロナウィルス(02/21) New! 今は応急対策が最優先されると思いますが…
・曙光@ Re:怖いコロナウィルス(02/21) New! >最近兵器なら重要な工業都市の中で培養…
maki5417@ Re:ベテルギウスの減光(02/25) New! 見えたとしても実際には何百年か前の光だ…

ニューストピックス

2019年12月12日
XML
カテゴリ:雑感
昔々NHK人形劇「新八犬伝」を楽しみに見ていたことがある。
で、その主題歌にこんな歌詞があった。
めぐるめぐるまわる因果は糸車
まわるまわるまわる世の中風車~
まあ、記憶違いかもしれないけど、世の中は因果報応、俺には関係ないと思っていたことだって、おもわぬところで関係してくることだってある。
行政官僚のトップにいた元事務次官がひきこもりの息子を殺害したニュースをみながら、こんなことを思った。息子は進学校を出た後、アニメ専門学校、さる私大の建築学部中退、べつの私大の文系学部を出た後、そこの大学院を卒業して、その後は特に就職はせずに、ひきこもり生活をしていたという。大学院重点化政策とやらで、就職を度外視して私立大学にポコポコ大学院を作った。雇用の多様化とやらで、正社員への門がどんどんと狭くなっていった。息子は、いい年で大学院を卒業しても就職は極めて難しく、ゲームに没頭していたが、さすがに40代半ばにもなると、それもむなしくなってきたことだろう。「親父は思い通りの人生だったけど、俺の人生はなんなんだ」と息子は殺害される数日前に号泣したというが、彼と同世代で同じような思いを抱いている人は多いのではないか。彼もまたロスジェネ世代である。
元事務次官は教育政策や雇用政策を扱う官庁ではなかったが、次官会議の場で重要な政策の形成過程はみていたことだろう。俺の息子は不出来だが金にあかせて学歴をつければなんとかなる…なんてそのときには思っていたのかもしれない。
俺は勝ち組だから、俺は能力があるから、貧困問題なんて関係ない。くやしかったら勝ち組になってみろ、稼いでからいってみろ、そんな議論が横行している。
しかし、そうはいっても、世の中はつながっている。多くの人が貧困に苦しむ世の中、多くの人が不満をもっている世の中というものは、結局は自称勝ち組の人々だって不幸にするのではないか。
いつまでも勝ち組だなんて思うなよ 息子娘のことはわからぬ






最終更新日  2019年12月12日 17時32分00秒
コメント(82) | コメントを書く
[雑感] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.