2462027 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七詩さんのHP

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


七詩

カレンダー

お気に入りブログ

『空想読解なるほど… New! Mドングリさん

伊勢神宮と国家儀礼… New! 佐原さん

コロナ対策会議より… New! maki5417さん

「木曜日にはココア… New! りぃー子さん

New! すずらん*さん

コメント新着

クロンシュタット@ Re:怖いコロナウィルス(02/21) New! ウーハンの事態を見聞きするにつけ、強権…
・曙光@ Re:怖いコロナウィルス(02/21) New! >それに日本の状況が他国に比べてどうな…
ふぁみり〜キャンパー@ Re:怖いコロナウィルス(02/21) 失礼海外サイトで上のだとうまく入れない…
ふぁみり〜キャンパー@ Re:怖いコロナウィルス(02/21) 中国からですから今のところアジアを中心…
七詩@ Re[1]:刑部岬(02/23) maki5417さんへ そうですか。好きな場所で…

ニューストピックス

2020年01月10日
XML
カテゴリ:雑感
昨日テレビをみていたら明智光秀は死んだときにはすでに65歳以上の老人で、しかも死の直前は認知症を患っていたという番組をやっていた。NHKで大河ドラマを盛り上げるために他の番組で同じ時代や人物を扱うというのは、よくあるけれど、これはいくらなんでもイメージダウンではないか。せっかく大河ドラマ主役を射止めた俳優も、認知症老人の役じゃいやだといいそうである。
こうした歴史上の人物の年齢には諸説があるのはよくあることだが、老人というのはいくらなんでもないだろう。現代では元気な老人が増えたと言ったって、人間のDNA自体が変わったわけではない。様々な医療技術の進歩のおかげで元気でいられるのではないか。例えば、現代風の歯科治療がなければ、50歳くらいまでにかなりの歯が抜けているという人は多いだろうし、眼鏡がなければ、普通に暮らせないという人も珍しくない。眼鏡も補聴器もない時代に、老人が自ら合戦を指揮して、山の中をしばらく敗走したなんて…とても無理ではないか。
番組では、さらに明智光秀の嗅覚がきかなくなったことを示唆するような逸話からレヴィ型認知症ではないかともいう。しかし、これも変だ。徳川家康の接待を信長に命じられたところ、古くなって臭いがでたものを出して、叱責されたというが、いくらなんでも自身で料理をしたわけではない。この挿話だけで認知症を即断するのは無理である。
それに、人生わずか50年という時代に、今でいう老人が前面にでてきたら、必ずどっかに記録されるはずだし、肖像画もそれらしく描かれるだろう。明智光秀が老齢で認知症というのは説としてはおやと思わせるが、とても実際とは思えない。






最終更新日  2020年01月11日 09時07分51秒
コメント(4) | コメントを書く
[雑感] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:明智光秀が認知症老人であったという説?(01/10)   ・曙光 さん
>明智光秀が老齢で認知症というのは説としてはおやと思わせるが、とても実際とは思えない

NHK大河ドラマをNHK朝ドラと並んで楽しみにいている者にとって余りにも下らない空想です。

まあ家康に信玄に替え玉がいたとか、義経が成吉思汗になったとか、歴史上の人物を如何に想像、創作しようと自由ですが、せっかくの大河ファンに水を差す程度の低い話でしょう。

己の意に染まぬ者、理解を超えるもの、不可解な者を確たる診断書もなく、認知症扱いすることは余りにも軽率と云うべきでしょう。

岩井三四二の「光秀曜変」は小説としては面白いだろうが、NHKBSプレミアムで光秀認知症説など取り上げるのは、大河の前宣伝としては、上策とは言えないでしょう。 (2020年01月11日 00時15分23秒)

Re[1]:明智光秀が認知症老人であったという説?(01/10)   七詩 さん
・曙光さんへ
大河の前宣伝のつもりかもしれませんが、ちょっと逆効果ですね。
主演俳優は不安になったのではないのでしょうか?
ただ大河ドラマのもとになったという小説の漫画版wをみましたが、光秀はさすがに認知症ではないようですが、老人であり、麒麟にたとえられているのは信長でした。これではなんというか、主役は信長になりそうです。
本当にこの認知症説による小説があるのですね。歴史上の人物にはいろいろな仮説がなりたちますが、売り方としてはあざといように思います。小説購読者の主力は50代60代の金のありそうな層だと思いますが、そういう読者に認知症に罹り、その進行にとまどう主人公の話なら、切実感からうけると思いますし、それは主人公が光秀でなくったってよかったように思います。 (2020年01月11日 07時54分38秒)

Re:明智光秀が認知症老人であったという説?(01/10)   maki5417 さん
ただ大河ドラマのもとになったという小説の漫画版wをみました

池端俊策のオリジナルと聞いていましたが、原作があるのでしょうか。
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=14274

ベテラン脚本家なのでそれなりの出来は期待できるでしょうが、昨年のクドカンを超えることはできないのではと思っています。

まあ、ご当地ドラマですね。
当地でも堀部安兵衛を大河にとのポスターが貼ってありますが、大河に頼るようではおしまいですね。
信州高遠でも見かけました。

年寄り向けのドラマですが、ぽつんと一軒家に流れた老人層を取り戻せるかどうか注目です。 (2020年01月11日 09時29分19秒)

Re[1]:明智光秀が認知症老人であったという説?(01/10)   七詩 さん
maki5417さんへ
漫画は「信長を殺した男」が原作ですので大河ドラマの原作ではないですね。
信長を麒麟に例えていましたので「麒麟が来る」の原作だとおもったのは勘違いでした。
堀部安兵衛は新潟の人ですが、山場は高田馬場の決闘と忠臣蔵ですので、あまり出身地の観光には寄与しないように思います。ただいわゆる歴史上の人物とかではないので、自由に脚色できて面白いものになるのかもしれません。
大河ドラマはあちこちの自治体で誘致合戦があるようですが、幕末明治期の実在の人物はあまり自由に脚色ができませんし、戦国武将もちょっとやりつくし気味のような気もします。科学者とか商人で、けっこう自由に脚色したら面白いように思います。
(2020年01月11日 16時10分23秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.