2459000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七詩さんのHP

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


七詩

カレンダー

お気に入りブログ

記事  本を速く読… New! alex99さん

金曜日の妻たちへシ… New! tckyn3707さん

悲しくてやりきれない New! maki5417さん

映画「Fukushima50」… New! KUMA0504さん

自粛ムード New! ひよこ7444さん

コメント新着

・曙光@ Re:感染が拡大していない国がある不思議(02/20) New! 七詩さんではないが、例によって個人の勝…
maki5417@ Re:韓国ドラマ「光と影」ほぼ視聴完了(02/21) New! 唯一の欠点は主役のアンジェウクが個人的…
maki5417@ Re[2]:感染が拡大していない国がある不思議(02/20) New! 七詩さんへ 1日で改善できるなら、もっと…
仙石 和三@ Re:フェイスブックURL訂正(02/20) New! URLは間違っていないと思うけどこの掲…
仙石 和三@ 補足情報 Re:岩田氏が動画を削除した理由(02/20) New! ◎岩田健太郎氏が動画で専門家がいないとか…

ニューストピックス

2020年01月21日
XML
カテゴリ:時事問題
政府の政策の柱として少子化対策がある。
ところでこの少子化対策なのだが行う必要があるのだろうか。
いったい少子化で何が問題なのだろうか。よくいわれるのは年金の支えてがいなくなる、今は何人で一人の老人を支えなければならないのが、何年後には何人で一人になる云々といった議論だ。
しかしこんな議論は奇妙というほかない。
少子化対策と言ったところで生まれた子供がすぐに働き手になるわけではない。
今から生まれる子供が25歳になる頃、つまり今から25年には団塊の世代は100歳近くなっている。ということは日本の高齢者人口のピークはとうに過ぎており、その後は高齢化率は横ばいとなる。要するに今から少子化対策をやったところで、高齢者人口のピークにはどのみち間に合わず、逆に高齢化の最も深刻な時期に子供も増えることになり、従属人口比率という意味ではかえって全体の負担は増すわけである。
もちろんその後も高い高齢化率は続くのだが、それは人口増が抑制的で、多くの人が長生きするような社会では当然のものではないか。いまどき人口爆発がよいとか、長生きが悪いとかいう人はいない。それによい悪いは別にして、社会全体にも子供に対する耐性が失われてきている。昔は路地には子供があふれ、電車内や公共の場所ではピーピーキャーキャー赤ん坊や子供の声が聞こえているのが普通だった。そんな時代に戻るなんてのは無理だろう。昔はなかったような子供の騒音に対する苦情があちこちから起きており、騒ぎまわる子供に眉を顰める人も多いのだから。
少子化対策なんかいますぐやめたらよい。そしてその少子化対策に注ぐべき資源をもっと深刻な貧困老人予備軍に対する対策などに振り向けていく方が社会の健全性維持という視点からは重要なのではないかと思う。






最終更新日  2020年01月21日 06時45分25秒
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.