3492473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

七詩さんのHP

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


七詩

カレンダー

お気に入りブログ

「メタモルフォーゼ… New! ひよこ7444さん

コメント新着

鳩ポッポ9098@ 老いていく社会ねぇ。。。 New! 今回の内容については、割りと賛同できる…
ふぁみり~キャンパー@ Re[5]:全く論理的根拠がありません(06/15) 七詩さんへ で公務員ってのは割と安定して…
ふぁみり~キャンパー@ Re[5]:全く論理的根拠がありません(06/15) 七詩さんへ いや勝ち組とか負け組とか言う…
鳩ポッポ9098@ 勝ち組とか負け組とか関係ないっての… >これからは地方公務員受難の時代になる…
·曙光@ Re:夏至の頃雑感(06/23) 七詩さんの五輪の掲題に触発されて河瀬直…
tckyn3707@ Re:老いていく日本社会(06/24) 2040年で高齢化社会は収まりますよ。 <s…
七詩@ Re[4]:全く論理的根拠がありません(06/15) ふぁみり~キャンパーさんへ 鳩ポッポさん…
ふぁみり~キャンパー@ Re[3]:全く論理的根拠がありません(06/15) 七詩さんへ >余人をもって代えがたい優秀…
鳩ポッポ9098@ 極めて明快だと思いますけど? >「正社員の過剰な身分保障」をなくした…
ふぁみり~キャンパー@ Re[3]:全く論理的根拠がありません(06/15) 七詩さんへ >そういう方向でずっと「改革…

ニューストピックス

2022年05月03日
XML
カテゴリ:読んだ本
「本格小説」を読み終えた。本というのは読んだ後、書くことがなくて困るものと、書きたくてたまらなくなるものとがある。この本は後者であるが、最後の方のネタばれを書くわけにもゆかず、まあ、それにはふれないで思うことを書いてみる。最後のどんでん返しは読む人によって見方は違うのだろうが、自分としては小説の大筋にはあまり関係ないように思う。
まずこれが、面白い小説かと非常に面白い。そして上手い小説かと言えば、筋の進行で細かい部分まで描写され煩雑に思うこともあったが、場面や情景などがよく描かれており非常に上手いと思う。ただ、もう一度読み返すことはたぶんないと思うし、人に薦めるかというとちょっと疑問符がつく。なぜかといえば、これを恋愛を描いた小説なのだとみると、登場人物の心理に納得できない部分が多すぎるからだ。だからこのあたりについて別の読者の感想を聞きたいとはおもうが、自分から人に薦めるつもりはない。もちろん、恋愛小説と言っても、いまさら絶世の美女の悲恋などを描いても陳腐きわまりないだろうから、一見不可解な心理をそれなりに解釈し考えるというのも、かえって新しいのかもしれないけど。
恋愛として、描かれているのは長い時間をかけた一人の女と二人の男の三角関係である。ただこの小説全体では、その三角関係に触れられている部分が非常に少なく、作者の分身の「私」のところに物語の語り手である祐介がやってくるまでが非常に長い。さらに物語はその祐介が富美子という女性から聞いた話という構造になっているので、富美子の子供時代から進駐軍での女中勤務、日本人の家での女中勤め、結婚と離婚、事務員としての勤務、再度の「女中」勤め、再婚と夫との死別といった自伝風モノローグが続く。
恋愛の主人公は語り手の富美子が仕えた家の娘よう子と家同士の付き合いのある幼馴染の雅之、そしてよう子の家の借家に住む太郎である。よう子と雅之の家は戦前からの富豪でともに軽井沢に別荘を持ち、夏になるとその別荘でともに遊ぶ。太郎は借家に住む一家の主人の妹の子で母は亡くなり父親は中国少数民族らしいのだが確かな出自はわからない。太郎は子供の頃から様々な雑用をこなしながら駄賃をもらう生活をするのだが、姉や親族の従姉妹の中でいつもみそっかすのよう子は太郎と親しくなり、二人が思春期になるとそれはいつの間にか恋に発展する。だが、高校を中退して町工場で働く太郎に対して、よう子が結婚なんかできないというと、太郎は出奔して米国に渡る。米国で太郎が成功していく話は作者である「私」の見聞として物語序盤で詳細に語られており、実際にモデルとなった日本人実業家がいるのだが、これは成功までのプロットを借りただけで小説の人物とは別物だろう。大金持ちとなった太郎は日本に戻り、よう子と会うのだが、よう子は既に雅之と結婚していて娘までもうけていた。そしてその先、よう子は雅之黙認のもとに太郎と会い続けるのだが、はたしてこうした関係がありえるのだろうか。雅之はよう子を失うのを恐れて黙認しているのかもしれないし、よう子は雅之も太郎もともに愛しているので、雅之と夫婦として暮らしながら太郎とも会う生活がよう子にとって、ひいては三人にとっても幸福なのかもしれない。そしてまた肝心のよう子は作中では美しい姉や従姉妹たちの中ではそこだけ「空気がくすんでいるような」見栄えのしない容姿であり、やや歌がうまいというだけで、テニスもできず、家事もできず、身体虚弱で頭も良くないという女性である。ただ、貧しい家でさらに虐められている太郎に優しく接し、伯母のいやみにも怒ることもなく、嫌な顔もしないで父母の介護を行い、大金持ちになった「太郎ちゃん」のお金にひかれることもない純真な女性でもある。それにしても、恋愛としては、どうもよくわからない。太郎はもちろん優しくするよう子に惹かれ、雅之は姉や従姉妹のなかでみそっかす扱いで親にも顧みられないよう子に同情したのかもしれないが、それにしても妻がかつての恋人と会うのを黙認し手助けまでする雅之の心理は謎すぎる。
いっそ、この小説は恋愛小説ではなく、富美子を軸とした戦後を描いた小説として読んだ方がよいのかもしれない。貧しい家庭に生まれた賢い女性が歩んできた戦後。それは昔ながらの階級制度が崩れていくとともに、太郎のように才覚のある精悍な人物が浮上していき、あらたな階層が生まれていった時代でもあった。想像だけど、この作者はたぶん「太郎」のような人物を描きたかったのではないか…と推測する。






最終更新日  2022年05月03日 09時35分28秒
コメント(2) | コメントを書く
[読んだ本] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.