2010年09月03日

おぞましき民主代表選

(12)
テーマ:ニュース(83199)
カテゴリ:カテゴリ未分類
マスコミがかっこうのネタとして騒いでいる民主党代表選。
どっちもどっちの候補で、こんなんが日本の総理かと思うと、おぞましさを通り越して寒気すら感じる。

まず気付くのは政策に関する論争がほとんどないこと…。
官僚主導かどうかというのが最近の選挙のみならず代表選でも争点となっているようだが、行政のトップは総理大臣、各省の長も政治家である。「官僚主導」という実態がどの程度あるのか、かりにあったとしてもそれは政治家の不勉強に官僚が付け込んで余計な団体や規制を新設する話なのだから、それは政治家がきちんと勉強すればよいだけのことである。選挙区の会合や料亭での付き合い時間を減らせば、いくらでも勉強の時間はあるのではないか。大きな争点とはとても思えない。
ましてや「小沢か、脱小沢か」となると…なんだこれはという感じだ。

最近はそれでも政策論争らしきものがでてきた。菅総理は、消費税を論点とし、小沢は子供手当のさらなる増額をいっている。
福祉のための消費税といったってお金にそもそも色なんてついていない。
広く薄くとる消費税を福祉のためだなんていうのは強弁でしかない。
それをいうのならどのような福祉を考えそれにどのくらいお金がかかるかという議論をするのが先ではないか。
子供手当のさらなる増額にいたっては…この人は「壊し屋」の異名をとっているらしいが、今度は本当に日本を壊すつもりなのかと不安になる。

この代表選でげんなりするのはそればかりではない。
民主党政権になってから様々な問題が起きているが、無策か愚策かのオンパレード。
次の選挙には日本は沈んでいるのではないか。

書いたついでにそんな愚策の例を一つ…。
介護現場の人出不足解消策として介護に段位制度ってなあにこれ。
これが介護労働者の処遇改善にどう結び付くのかさっぱりわからない。
介護現場で低い段位とされた人の処遇はますます悪くなるだけじゃない。





TWITTER

最終更新日  2010年09月03日 06時31分54秒
コメント(12) | コメントを書く