1186792 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ドクターイワタの認知症・発達障害ブログ~認知症専門外来と認知症専門往診を融合~

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

Comments

コメントに書き込みはありません。
May 5, 2013
XML
カテゴリ:在宅医療に思う
ある日、家族から私の携帯電話に助けてほしいと連絡が入った。誤嚥性肺炎のため某医科大学呼吸器内科に入院したところ主治医が「胃ろうをすべきである」と言っているというのである。元々、嚥下機能低下が見られたため、*NewフェルガードLA2包を飲んでいる患者だった。NewフェルガードLAについて知識のない主治医は*NewフェルガードLAを中止しており、嚥下機能は自宅にいたときよりも悪化していることが予想された。そこで、知り合いの嚥下専門外来担当の耳鼻科医に診療情報提供書を書いて直ちに内視鏡嚥下機能検査(VE)施行し、鼻から胃へのカテーテルを留置して*NewフェルガードLA3包1日3回食前を開始するようにお願いした。1週間後に内視鏡嚥下機能検査(VE)を再施行したところ、嚥下機能は著明に回復して3食共に経口摂取出来るようになって胃ろう造設されることなく無事退院された。

誤嚥性肺炎で入院され、*NewフェルガードLAを中止され更に嚥下機能が悪化してしまうということが今までにも何度も起きている。挙げ句の果てに胃瘻造設されて絶飲食の状態で退院させられる。こちらはめげずに*NewフェルガードLAを胃ろうから再注入して(今まで2包1日2回朝夕食前であれば3包1日3回食前に増やして)、すぐに経口摂取再開させるのであが、、、。

当クリニックの場合、誤嚥性肺炎になったらリフトカーを利用してでも外来受診していただき、胸部X-Pで確定診断してから抗生剤点滴をして、訪問看護を依頼して在宅で6日間点滴を継続して貰っている。こうすることで*NewフェルガードLAを止められて不要な胃瘻造設されることを防いでいるのである。

*NewフェルガードLA(グロービア)はフェルラ酸(神経細胞死抑制)とガーデンアンゼリカ(神経再生)の合剤であり認知機能回復および嚥下機能回復に著明な効果がある。







Last updated  May 5, 2013 07:08:55 PM



© Rakuten Group, Inc.