1128212 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ドクターイワタの認知症・発達障害ブログ~認知症専門外来と認知症専門往診を融合~

PR

X

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

認知症外来

Jul 15, 2013
XML
カテゴリ:認知症外来
 連休を利用して、「第2版 認知症の行動と心理症状 BPSD」(国際老年精神医学会が作成した老年精神医学専門教育のための教材集「BPSD教育パック第2版」の翻訳本)を読んでみた。以下が、その内容とコウノメソッドとの対比である。

 認知症の行動と心理症状BPSDにはコウノメソッドで分類されている陽性症状(幻視、妄想、誤認、焦燥、攻撃的行動、徘徊など)と陰性症状(うつ状態、アパチー、無気力など)が混在しており、治療薬の選択に基づいてるコウノメソッドに比較して臨床医にとって役に立たない分類である。

BPSDに対する非薬物療法は一般的に薬物療法の前に実施すべきであると記載されている。一方で、非薬部療法にはいくつかの有望な非薬物治療があるが、それらの効果はわずかで依然としてさらに相当の研究が必要であるとも記載されている。日本における非薬物療法は介護サービスの利用が普及しており、非薬物療法はケアマネージャー、デイサービス、ショートステイなどの在宅介護サービス、グループホーム、介護付老人ホーム、特別養護老人ホームなどの施設介護サービスなどにより行われている。

 BPSDに対する薬物療法については、焦燥、攻撃性および精神症状の治療において非定型性向精神薬はある程度の有効性が確立されているが、脳血管性の有害事象および死亡のリスクが増加するという複雑な結果が得られてると記載されている。レビー小体型認知症に伴う行動症状にはリバスタッチパッチの有効性が認められ、アリセプトには有効性は認められなかったと記載されている。レビー小体型認知症に対する非定型向精神薬(セロクエル6.25mg、ジプレキサ2.5mg、クロザリル6.25mg)はBPSDに有効であるが、薬剤性パーキンソニズムに注意して患者を観察すべきであると記載されている。セロクエルは1/3に運動症状の悪化がみられたが、ジプレキサには運動症状を悪化させなかったと記載されている。前頭側頭型認知症にはレスリが有効であるとされており、コウノメソッドの第2選択であるセルシンに準ずるものと考えられる。ジェイゾロフトやパキシルなどの抗うつ剤SSRIは2件の試験報告で結果は一致しなかったと記載されている。

 一方、コウノメソッドの周辺症状に対する薬物治療は、レビー小体型認知症に伴う幻視には抑肝散2.5-10g、アルツハイマー型認知症に伴う不穏にはグラマリール25-150mg、ピック病などの前頭葉症状(脱抑制行為)には第1選択ウインタミン4-72.5mgおよびフェルガード100M2包、第2選択セルシン1-6mg、脳血管性認知症に伴う妄想にはセレネース0.2-2mg、レビー小体型認知症に伴うせん妄や意識消失発作にはシチコリン1000mg静注とはっきりした治療方針が見られ、臨床医にとってとても分かりやすく実用的である。コウノメソッドでは古典的で(安全性が高い)しかも安価な薬剤が選択されており、安全性、費用と効果のバランスもとてもよいと考える。

 BPSDが大きな問題であるが、非薬物療法や薬物療法は確立されていないというのがこの本の結論であろう。国際レベルで考えても、コウノメソッドは完成度の高い中核症状および周辺症状に対する薬物療法であると言える。






Last updated  Jun 11, 2014 07:27:37 PM


Jun 16, 2013
カテゴリ:認知症外来
是非、一緒に認知症治療の現場で働いてみませんか。
長久手南クリニックでは現在、認知症専門外来で1300名、認知症専門往診で110名の認知症患者さんを診させて頂いています。認知症専門外来で正診した後、通院不可能な方には認知症専門往診も行っています。午前診のみですから子育て世代でも充分に働けます。午前診内で往診の用意を行って頂き、午後からの往診は院長一人で行っています。

ケアマネージャー、訪問看護師、施設看護師、訪問介護士、施設介護士、デイサービス、ショートステイとの連携にも力を入れており、外来看護師をしながら介護と医療の連携の現場も体験して頂けます。現に、当クリニックを卒業した看護師3名すべて訪問看護ステーションで活躍されています。

働いていただく条件は、
1.朝8時または8:30までに出勤可能
2.週3回で出勤可能
3.土曜日に月2-3回程度出勤可能

上記条件1-3を満たした場合、長久手南クリニックFAX0561-64-5668に履歴書をFAXして下さい。当方から電話連絡して面接の時間を決めさせて頂きます。

長久手南クリニック 院長 岩田 明

連絡事項1:
認知症専門外来初診予約、現在21日待ちです。

連絡事項2:
大切な家族が認知症と感じたら、医療・介護従事者が認知症についてもっと知りたいと感じたら
「認知症になったら真っ先に読む本」 ( 長久手南クリニック 院長 岩田 明 著)
を是非お読み下さい。






Last updated  Jun 17, 2013 04:31:12 AM
May 17, 2013
カテゴリ:認知症外来
開院して5年半が経過した。現在、認知症専門外来で1200名、認知症専門往診で110名の認知症患者さんを診させて貰っている。昨年までは1日2名の新患としていたが、今年からは1日3名の新患を診るようにしている。年間では認知症初診患者480名から720名に増えることになる。今年からは平均2ヶ月処方から3ヶ月処方とすることで外来の混雑を解消するように心がけている。
5月14日に50歳の大台に乗った。1300名以上の認知症患者さんを診させて貰い、本当に重大な役割を担っていると思う。と同時に自分の健康をしっかり守っていかなければならないとつくづく思う。まずは最適体重を目指して食事コントロールする。40分程度の運動も心がけよう。元気に長生きするためにはNewフェルガードLAとプロルベインDRが必須アイテムであることは以前にも書いた。日々認知症患者さんから学ばせて頂き、認知症専門医として生涯を捧げる覚悟である。






Last updated  May 19, 2013 11:39:29 PM
Feb 21, 2013
カテゴリ:認知症外来

興味のある方は、月火木金土の午前中に長久手南クリニックTEL0561-56-5667まで電話を入れて下さい。
1.朝8時または8:30までに出勤可能。
2.週3回で出勤可能。
3.土曜日に月2-3回程度出勤可能。
4.1-3の上記条件を満たした場合、履歴書持参で面接となります。

電話で面接の時間を予約して頂きます。







Last updated  Feb 21, 2013 05:42:48 PM
Feb 17, 2013
カテゴリ:認知症外来
認知症専門外来初診予約が30日になっています。
最近では新患1日3-4名診ることが出来る体制が整いつつあります。2名は通常予約枠、2名は緊急予約枠です。緊急予約枠はケアマネージャーさんからのステップ2のみ受け付けています。

一生懸命診させて頂きますので、通院患者家族、居宅介護事業所、施設、訪問看護、病院、クリニックからの御紹介をお待ちしております。

電話予約 0561-64-5667(電話時間、水曜を除く平日 午前8:30-12:30)
FAX予約 0561-64-5668 (ケアマネージャーさんからのステップ2のみ))






Last updated  Feb 17, 2013 05:07:23 AM
Feb 7, 2013
カテゴリ:認知症外来
認知症患者さんの入所施設には大きく分けて、ケアハウス、グループホーム、住宅型有料老人ホーム、介護付有料老人ホーム、特別養護老人ホームがある。

老人保健施設も在宅患者のための入所施設であると勘違いされるが、老人保健施設は病院から在宅療養に向けての中間施設であり在宅患者さんの入所施設ではないのである。老人保健施設の利点は月額利用料金が7-8万円程度と安価であること、理学療法士が常駐しており毎日リハビリテーションを受けることが出来ることである。。老人保健施設の大きな欠点は丸め方式(施設への収入は介護度により一定)を採用していることである。丸め収入の中から介護費に加えて医療費も負担する仕組みになっており、ドネペジル/リバスタッチパッチ/レミニール/メマリーなどの高額な認知症治療薬は入所後中止しなければならない。

ケアハウスというのは基本的に自立しており、自分のことは自分で出来る方の入所施設である。独居生活するには心配であるが、食事は食堂で確保され、施設相談員の見守りがあればなんとか生活することが出来る方々のための施設である。介護保険を利用したサービスも受けることが出来る。収入に応じて国からの援助があるため入居の初期費用や月額料金については地域や施設でさまざまである。

グループホームは9名1ユニットの要支援2から要介護5の認知症患者が入ることが出来る。月額利用料金は介護保険料2-3万円を含めて15-18万円である。グループホームの利点は共同生活と個室生活の両方の面を確保しており、少人数のためそれぞれの方々に合わせた介護を行うことが出来ることである。グループホームの欠点は看護師がおらず医療面で心配なことである。入所中に肺炎になった場合、医療保険を利用した訪問看護で月2週間以内であれば点滴治療をすることが出来る。

住宅型有料老人ホームの利点は今までのケアマネージャーを変えずにデイサービスやヘルパーなどの介護サービスを利用出来ることである。住宅型有料老人ホームの欠点は看護師がおらず、医療面で心配なことであるが、介護保険/医療保険を利用して訪問看護を利用することは可能である。月額利用料金は介護保険料2-3万円を含めて15-18万円である。最近では月額利用料金が介護保険料2-3万円を含めて約10-11万円という全国チェーンの安価な施設があるが、施設人員が少ないため薬管理のレベルが低く、医療機関受診時の同伴も頼むことは出来ないなど月額利用料金なりのサービスであることを知るべきである。

介護付老人ホームの利点は看護師が常駐(昼間のみ)しており医療面で心配が少ないことである。最近では高額であるが24時間看護師常駐の施設もある。介護付老人ホームの欠点は今までのケアマネージャーから施設ケアマネージャーに変わらなければならないこと、月額利用料金は介護保険料2-3万円を含めて25-30万円と高額なことである。

特別養護老人ホームの利点は終の棲家であること、看護師が常駐すること(昼間のみ)、月額利用料金が6-7万円と安価であることである。特別養護老人ホームの欠点は希望者が多く、要介護4-5にならないと入所出来ないこと、入所すると嘱託医に主治医を変わらなければならないことである。

ゆったりとした気持ちで介護するためには、在宅療養を続けながらも前もって施設申込はしておくべきである。詳しくは担当ケアマネージャーとよく相談して下さい。






Last updated  Feb 12, 2013 06:18:36 PM
Jan 8, 2013
カテゴリ:認知症外来
60日待ちだった、認知症専門外来の予約が14日になっています。
今年はなるべく多くの認知症初診患者さんを診ることが出来るように努力して参ります。

現在、1日2名の認知症初診患者さんを診ていますが、出来れば今後は1日3-4名診ることが出来る体制を整えたいと考えています。

一生懸命診させて頂きますので、通院患者家族、居宅介護事業所、施設、訪問看護、病院、クリニックからの御紹介をお待ちしております。

電話予約 0561-64-5667(電話時間、水曜を除く平日 午前8:30-12:30)
FAX予約 0561-64-5668 (ケアマネージャーさんからのステップ2のみ))













Last updated  Feb 13, 2013 05:12:39 PM
Dec 2, 2012
カテゴリ:認知症外来
ケアマネージャーが緊急性があると判断し、ステップ2をFAXしていただき、緊急枠で診るようになって1年以上が経ちました。その結果、通常の認知症初診患者予約が、21日待ちに改善しています。緊急枠で患者を入れることで外来患者の待ち時間が増える日もありますが、それはお互い様であるとご理解下さい。

某国立医療センター、某大学附属病院、某医科大学、某学園大学、某医療センターで見て貰ったからといって、正しい診断と治療を受けているとは限りません。多くの方々がで間違った診断の元、間違った治療を受け、周辺症状で苦しんでいるのが実情です。中核症状だって改善するんです。認知症は治らないと諦めずに、長久手南クリニック認知症専門外来受診をお勧めします。

当クリニックで正しい診断と治療を受け、劇的改善が見られた方々がたくさん見えます。診療情報提供書は要りません。薬事情報(今飲んでいる薬の情報)のみ持参して、正しい診断と治療を受けて下さい。改善例の一部が「認知症になったら真っ先に読む本(長久手南クリニック院長 岩田 明著)に紹介されています。






Last updated  Dec 2, 2012 04:18:49 PM
Jul 31, 2012
カテゴリ:認知症外来
新しいドメインnagakute-minami-cl.jpを取得して「長久手南クリニックへようこそ」ウェブサイトを再アップしました。現在、ウェブサイトをリニューアルしており、近日中にアップします。しばらく、お待ち下さい。新しい、ウェブサイトは:http://www.nagakute-minami-cl.jp/です。






Last updated  Jul 31, 2012 08:03:59 PM
Jul 3, 2012
カテゴリ:認知症外来
Apple社のMobileMeが閉鎖となり、iCloudへ移行することになりました。それに伴い、iWebで作成した「長久手南クリニックへようこそ」ウェブサイトは見られなくなってしまいました。近日中に復活させるように努力いたしますので、しばらく、お待ち下さい。御迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。一番大切なことだけ、ここに記載しておきます。

1.認知症専門外来を月火木金土の8:30-13:00まで行っています。
2.認知症外来新患予約0561-64-5667は月火木金土の午前9-12時、約1-2ヶ月待ちです。
3.認知症専門往診は月火水金土(水は全日、土は隔週)の午後1:30-行っています。

以上、宜しくお願いいたします。






Last updated  Jul 3, 2012 11:37:09 PM

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.