Dec 6, 2013

ドクターイワタの認知症ブログ2013年12月13日

サプリメントも治療に有用

20131213#20131017#56
フェルガードは健康補助食品(サプリメント)であるが、ドネペジル/レミニール/リバスタッチに負けず劣らない認知症改善効果がある。認知症治療には欠くことが出来ない治療手段である。

20131213#20131017#58
フェルガード(ANM176)は認知症改善効果があることを示す科学的根拠がある。2008年日本老年精神学会の学会誌の論文である。

20131213#20131017#60
フェルラ酸とガーデンアンゼリカ(西洋当帰)の合剤である。フェルラ酸だけでは改善効果は望めない。

20131213#20131017#61
ガーデンアンゼリカの量によって、興奮系(New)と抑制系(100M)の使い分けで可能になる。穏やかな方にはNewフェルガードLAが、イライラしたタイプの方にはフェルガード100Mが適当である。

20131213#20131017#63
フェルガード類はアセチルコリン系認知症治療薬(ドネペジル/リバスタッチパッチ)に比べて、長期間に渡り認知症改善効果が見込める。

20131213#20131017#65
ドネペジルは超興奮性であり、レビースコア3未満、ピックスコア4未満で除外診断した場合のみ投与可能である。Newフェルガードとの併用が望ましい。リバスタッチパッチは弱興奮性であり、レビースコア3点以上、ピックスコア4以上でも投与可能である。フェルガード100Mとの併用が望ましい。興奮性の強い場合は、抑制系薬剤(アルツにはグラマリール、ピックにはウインタミン、レビーには抑肝散)を投与する。落ち着いたらフェルガード100Mとの併用が望ましい。


レビー・ピック複合(LPC)+筋力左右差=大脳皮質基底核変性症(CBD)を診断
20131213#4994#30
グループホームで診ている方で一人大脳皮質基底核変性症(CBD)の方がおられるが、初診後かなり後になってCBDと診断できた方である。今回、認知症外来初診患者として初めてCBDと診断できた。他院ですでにリバスタッチパッチ9mgが出されており、次に13.5mgにされるところだった。良いタイミングでかかってくれたのでリバスタッチパッチ9mgで止めてフェルガード100M2包を勧めることが出来た。落ち着けばフェルガードBで語義失語の治療も行っていきたい。


びまん性神経原線維変化病(DNTC)はピック感を醸し出す
20131213#4993#31
最近、2人続けてびまん性神経原線維変化病(DNTC)と診断した1人目の方である。勉強しているとやっぱり患者さんを引き寄せるようである。ドクターコウノがおっしゃられているようにピック感を感じた。リバスタッチパッチ4.5mgで開始して、フェルガード100M2包を勧めた。境界領域梗塞も認めたためプロルベインDR4Capも勧めた。

語義失語のあるびまん性神経原線維変化病(DNTC)

20131213#4996#32
びまん性神経原線維変化病(DNTC)と診断した2人目の方である。この方は軽度語義失語があり、鬱状態が見られた。リバスタッチパッチ4.5mgで開始して、フェルガード100M2包を勧めた。境界領域梗塞も認めたためプロルベインDR4Capも勧めた。


改訂長谷川式30/30満点、時計描写テスト9/9点満点でもピック感が一杯
20131213#5010#33
改訂長谷川式30/30満点、時計描写テスト9/9点満点でもピック感たっぷりの患者さんだった。問診を担当した看護師もピック感を感じていた。不機嫌そうであり、膝組みをした瞬間に前頭側頭葉変性症であることは自明であった。まずはフェルガード100M2包を勧めて、3包で維持するつもりである。落ち着けばリバスタッチパッチ4.5mgの併用と続ける予定である。本人と夫に十分説明したつもりだが、治療に拒否的だったのが心配である。


Steelcase Leap (seat slider model) gas cylinder replacement
20131213Steelcase Leap#1

7年前にアスクルから購入した診察室の椅子(Steelcase Leap(seat slider model))がレバーを押しても上がらなくなった。アスクルに修理を依頼すべく電話すると修理に1ヶ月近くかかったことがあるというのである。なんとか自分でなおそうとYouTubeで検索するとやっぱりあった。
http://www.youtube.com/watch?v=d8P6Ek2kHRY
で見ると簡単そうに見えた。交換部品を送ってもらい自分で交換することにした。修理工場まで電話をして交換部品ガスシリンダーを送ってもらうように直談判し、漸く、交換部品を送って貰えることになった。数日後に部品はアスクルを介して無事に送られてきた部品代は送料込みで6307円。

交換するには工具が必要でパイプレンチ45cm 6980円と1/8インチ アレンレンチ(六角レンチ)490円をカーマで購入した。工具は思ったより高い。ところが、YouTubeでは簡単に取り外していた交換するガスシリンダー部分がびくともしないのである。はっきり言って焦った。最後は意地だった。親父の知恵と力を借り、パイプレンチに鉄パイプを通してテコの原理で漸く外すことが出来た。今から考えるとKURE55をガスシリンダーの接続部分に先に吹きかけておけばもっと簡単に外れただろう。

ともかく、久々の達成感だったレバーを押して座席がグーと上がってきたときは感動した。たかが椅子の修理。されど椅子の修理。翌日、筋肉痛と腰痛に見舞われたのは言うまでもない。





TWITTER

Last updated  Jan 19, 2014 04:37:11 PM
[長久手南クリニック認知症ブログ] カテゴリの最新記事