1906800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2006/01/27
XML
テーマ:家族(111)
ニキ・ナナ2

明日も某県の男女共同参画センターにニキの冥福を祈りにいきます。ニキ・ド・サンファールの作「女神ナナ」に会いにいきます。

ニキは暴力的、攻撃的なアートの傍ら力強い女性の象徴としての女神ナナを創ります。そんなニキの男性性に私の女性性がシンクロします。

人はだれももともとは両性的な存在で、片方だけしか生きられない現実は多くの人に不全感をもたらすのでは無いか、と思います。

おばさんみたいなおじさんとして生きる私はとても生き易いし、性役割にしばられて苦悩することもありません。

多くの女も男も、それぞれの性に与えられた役割を学びその役割のままに生きる事を善として身につけます。それ以外の人生を捨てる事を学びます。

ボーボワールが、女は女に生まれない、女に育てられる、と喝破したごとく、男もまた男にうまれるのではなく、男に育てられるのです。

女が自由に生きていけるように世界は様々な歴史を刻みました。けれど、男が自由に生きていくために歴史は刻まれてはいません。

男のための講座も、男のためのシェルターも、男のための相談所も、ほとんど皆無です。

私は男性運動の中で日本で先駆的に男のための支援の仕組みを模索してきました。コミュニケーション講座、電話相談、非暴力ワーク、メンズカウンセリング、などなど。

男が権力や経済力あるいは暴力で弱者を支配することなく、対等で自由な人間関係を作るための、そんな男の新しい生き方を模索し、モデルを提示してきました。

その私の男のための援助論(当然女性のためにもなる)をペースに電話相談のワーカー養成を行ってきました。その機会を与え続けてくれた某県の男女共同参画センターには、その先見性を高く評価したいと思います。

その先見性はニキのナナの設置に象徴されているように思います。






Last updated  2006/01/27 10:01:20 PM
コメント(4) | コメントを書く
[メンズカウンセリング] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:男性相談(01/27)   木綿 さん
こんばんわ。
10余年前ドーンセンターが出来たとき、母、夫などとの関係がどうもうまく行かなくてうつうつ悩んでいた私は、わらをもすがる思いでカウンセリング講座などに出席しました。
実際カウンセリングも何回か受け、一時は心穏やかな時を過ごす事ができましたが、しばらくしたら又心がざわざわしてきます。
そうこうしてたら子ども達にも‘問題’が出始め、私はますます苦しくなりました。
そんな折、目についた「家族で傷つく人たちのために・・」というフレーズ。
そのお便り相談員研修で、‘問題’は子どもたちではなく、性役割に縛られていた私だったんだ、ということなどを学びました。

毎月1回だけれど、味さんの‘当事者の視点に立つ援助論’がてんこもりのこの研修が、今も私を前に向かせてくれてます。今日もいろいろと気づかされました。感謝 (2006/01/28 06:45:45 PM)

 Re:男性相談(01/27)   うぼん@ さん
他県のようなので大変でしょうが、ゆっくりと楽しんできてください。 (2006/01/28 08:55:46 PM)

 Re[1]:男性相談(01/27)   じゃふぁれく さん
木綿さん


>実際カウンセリングも何回か受け、一時は心穏やかな時を過ごす事ができましたが、しばらくしたら又心がざわざわしてきます。

カウンセリングが一時しのぎにすぎなかつた?そりゃあド-ンセンターだものねぇ。

>そうこうしてたら子ども達にも‘問題’が出始め、私はますます苦しくなりました。

フェミでは解決しない場合も多いですよねえ。

>そんな折、目についた「家族で傷つく人たちのために・・」というフレーズ。そのお便り相談員研修で、‘問題’は子どもたちではなく、性役割に縛られていた私だったんだ、ということなどを学びました。

ちゃんと学んで下さったこと、とても嬉しく思います。

>毎月1回だけれど、味さんの‘当事者の視点に立つ援助論’がてんこもりのこの研修が、今も私を前に向かせてくれてます。今日もいろいろと気づかされました。感謝

ありがとうございます。これからの研修もよろしくお願いします。そして自己開示を・・・。
-----
(2006/01/30 01:30:02 AM)

 Re[1]:男性相談(01/27)   じゃふぁれく さん
うぼん@さん
>他県のようなので大変でしょうが、ゆっくりと楽しんできてください。
-----
はい、ありがとうございます、しっかり楽しめました・・と言えればいいのだけれど・・チョ-ハードな仕事なので、ほんと疲れました。

で昨日は書き込もうと思うと、眠くなって書き込みどころか・・・
(2006/01/30 01:32:26 AM)

Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/10
・2021/09
・2021/08
・2021/07
・2021/06

Category


© Rakuten Group, Inc.