000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2008/01/28
XML
カテゴリ:日記
今夜はホットライングループの新年会でした。もちろん私は飲まない人なのでソフトドリンク。おまけに断食中(といっても最近は若干制限緩めて半断食程度)だから、食べるのをすごく少量にしました。

そうそう、その新年会の前にはカップルのカウンセリング。どちらも悪い人ではないのに、コミュニケーションとか価値観のズレが大きくてトラブっているのがわかります。

なんとか対立する前に私が介入する事で、じょうずに修復していってほしいなぁって感じさせられた、素敵なご夫婦でした。そういえば、先日の男性講座の時も、講座の始まる前に私の顔を見に来てくださった方がいて、ひさびさだつたから、とてもうれしかった私です。

いろんなトラブル困難があったけれど、一歩一歩、家族みんなが歩いてきて、最終的には修復にはたどりついて、ささやかだけれど大切な日々をともに過ごせるようになれたって、報告に来てくださいました。

誰かを悪者にして闘って排除するという暴力的な思想ではなく、お互いの価値観や思いを尊重し、適度な距離を保ちつつ、じっくり時間をかけて問題の本質的な解決を目指す、そんな私の援助論は
なかなか理解されづらいものです。だって今までだれもそんな援助をしてきてないのだもの。

話は新年会に戻るけれど、その中でもやはりそういう事が語られました。ホツトラインの立場は当事者に寄り添うことが大切なんだから、当事者の事を忘れて、ラベルを貼る事闘う事に励んでも無意味ですよねえって、そんな話になった様に記憶しています。

いろんなところでいろんな人といろいろ話をしていく中で、私のおこなつている援助の質の高さには、自負を感じることは多いです。この質の高さは国が保証してくれるものでもなければ、誰かがお墨付きを与えてくれるものではありません。

当事者との語らいや支援の活動の中で獲得されてきたもので、当事者の認めてくれる質の高さでしよう。カウンセラーはクライアントこそがカウンセラーを評価できると私は確信しています。

そんな意味でもたくさんのクライアントに育てられ支えられている私である事を実感した夜でした






Last updated  2008/01/29 04:16:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04
・2021/03

Category


© Rakuten Group, Inc.