1878003 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/01/12
XML
テーマ:心の病(7231)
今日は突然のカウンセリング依頼が三件。二件は電話カウンセリング、一件は面談。たまたま今日は会議が一つ流会になり、時間が空いたので緊急対応が可能でした。

昨日のブログに「多くのカウンセラーは枠の中でカウンセリングを行う」と言うような事を書きましたが、予約の時間内でしかカウンセリングしないという事もその枠のひとつ。

確かにいつでもカウンセリング受けますよと言えば、カウンセラー自身のプライベートな時間が浸食されてしまいます。また時間の枠を設けないで、だらだら聞く事でクライアントが依存的になったり、クライアントカウンセラー双方の心理的な負担が増えてしまう事もあり得ます。

そういうことは確かにあるのですが、クライアントの置かれた緊急性を無視して、原則論を持ち出す事は、その枠がクライアントのためではなく、カウンセラーを守るために使われている、と判断されても仕方ないのかもしれません。

今ここで問題を解決しなければさらにこじれて事件になる、とか、今のチャンスを逃すと修復の機会がなくなってしまう、とか、言う場合クライアントにとってみれば、今しかない訳で、後日の相談では無意味な事もあり得ます。

クライアントの悩みに寄り添う、と、よく言われますが、それを本気で言う場合、緊急時の不安や絶望、怒りにも寄り添わなければ、悩みに寄り添うとは言えません。本気でないなら、少しだけ寄り添う、と言うべきでしょうけれど、それを言っちゃうと仕事にはならないでしょうしねえ。

この辺り、確かに難しい事ですが、枠の中でしか聞けないとしたら、それはカウンセラーの自分に力がないからだ、とはっきり言ってくれれば、すっきりするんですけれど、クライアントのためとか言われると、嘘つくなよー、と言いたくなる私がいます。

やっぱ私って変でしょうねえ、当事者の視点で見るカウンセラーは多くはないでしょうしねえ。ところで、今日の相談の方たち、きっと少しは落ち着いてくださって、こじれて行く事はないだろうと、楽観はしているけれど・・・







Last updated  2009/01/13 12:54:29 AM
コメント(2) | コメントを書く
[メンズカウンセリング] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/08
・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04

Category


© Rakuten Group, Inc.