1877694 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/01/17
XML
昨日も少し書いたけれど、私の脳の配線はどうも人と違うらしい、と気付いたのは高校生の頃。子どもの頃から普通の人ができる事ができなくて、苦労しました。にも関わらず、人の思いつかない事は変に理解できたり熱中できたり。今で言うLD(学習障害)とラベリングされるだろう状況でした。

私の心に湧いてくる言葉は「今の世の中おかしいからなんとかしなくては」ということ。何をどうすればいいのか無力な私にはなんにもわかりません。で、ノーノーというばかりで、絶望するしかありません。考えればしんどくて、不安障害にも悩まされ、パニックが怖くていつもアルコールがそばにないと不安でした。そんな高校生時代。

アルコールが断てたのはそれから15年後。不安障害からもほぼ完全に自由になれました。ほんとに長くて暗い時代です。けれどとても貴重な学びの時間でした。

不安から解放された私は、自分のあるがままを受け入れ、あるがままで生きる事を選びました。定職に就かず、したい事をするという日々。この辺りの事は死という絶望を受け入れた人にしか通じない事かもしれません。多くの人は不安に駆られて働き、生きていますから。

そんな私の特殊な能力は人の感情(思考については若干)がかなりの確度で読み取れるというか、感情が伝わってくるのです。別な言い方をすれば、共感力が強いという事。知識や技法でカウンセリングするまでもなく、そばにいる事で感情を共有できるから、それがそのままカウンセリングになって行きます。

世間の価値観やシステムに同化せず、独自の価値観やライフスタイルを提示し続けるアウトサイダーを生きる事自体は、さほど困難なことでもつらい事でもありません。そんな人は少なくないですから。

けれど、自分しかわからない感覚をもち続け、それを人に伝えようとするときの難しさは、なかなか孤独な作業です。世間と同じ価値観やライフスタイルで満足できる人にはどうにもわかってもらえない世界ですから。

そんな私は今日は四人のつらい方の話を聞かせて頂きました。いずれも女性です。彼女たちの話を聴く私は男性ではなく白紙のような私で聴いているような気がします。語られる言葉の色をどんどん写し込んで行きながら聴いて行きます。やがて相手の心が白く軽くなるころ相談が終わります。

もちろん私の心はどんな色に染まっても自由に再生できるみたいで、その色にとらわれてしまうという事はありません。だからいろんな人が、そんなに人の話を聴いてしんどくなりませんか、と心配してくれるようなことにはなりません。

この一連の心の作業には努力も苦労も不要で、ごく自然にできるから我ながら不思議です。やっぱし脳の配線がおかしいんですよねえ。














Last updated  2009/01/18 01:18:03 AM
コメント(12) | コメントを書く
[メンズカウンセリング] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04
・2021/03

Category


© Rakuten Group, Inc.