000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/06/15
XML
テーマ:心の病(7233)
今日は忙しい一日でした。朝は大阪のカウンセラー養成講座での実習講座の講義、昼は事務所に移動して、買い物やらレターカウンセリングがらみの用事と、家人の晩ご飯作り。その晩ご飯を自宅に配達して、自分でも余り物を頂いて・・すぐにまた大阪に出かけて、電話相談。

講座では、カウンセリング実践がどのようなものか、私がカウンセリングする現場をロールプレイとして見てもらいました。ロールプレイとは言うものの、リアルな反応を引き出す事で、実際のカウンセリング場面が再現されます。

筋書きが見え見えの台本を読むような枠の中のロールプレイではなく、本人の生の言葉、心を引き出し、その世界で一緒に考え、物語を紡いでいく作業はナラティブセラピーに準ずるものかもしれません。私なりの手法ですが。私の行った、そんなロールプレイは受講生には「マジックみたい」とか「衝撃的」とか言った印象を与えたようでした。

カウンセリングにおいて構造的な枠を設けることは常識的に行われる事で、その意味もわかりますが、その枠がカウンセリングの可能性を狭めている事も事実と思います。が少なくとも枠の中であつても、可能な限り来談者の語る世界に入ってともにある事が大切なのではないか、と私は考えます。

これはクライアント中心療法と矛盾する事ではありません。しばしば、クライアント中心では、非指示的で傾聴を旨とするべきで、カウンセラーはあまり語らない方が誘導的にならなくてよい、と理解されているのか、ふんふんと静かに聴くばかりで、時に語ればリピート、明確化する言葉ばかり、カウンセラーの気持ちや考えはさっぱり出てこない、というカウンセリングイメージが定着しているように思えて仕方ない私です。それが一概に悪いとは思いませんが。

夜の電話相談でも、私はふんふんと聴くだけでなく、かなりコンサルに近い発言もしますし、ケースワーク的な対応も含めました。リアルに流動的な夫婦関係の悩みを語る相談者は判断材料の情報提供も求めておられますし、対応次第で状況が変化する現実があります。カウンセラーが何を語るかはケースの流れにはとても大切ですし、かといって語らないのでは、相談者の期待に応える事はもちろん、ラポールの形成も難しくしてしまいかねません。難しい事ですが。

このあたりのことを、別の相談員と話してみると、その人はアカデミズムに身を置く専門家だけれど、やはりこういう業界の枠を尊重する価値観には疑問を感じるとのお話でした。ナラティブセラピーでクライアントと向き合う事は、おそらく、資格や権威、専門知識、そして抑圧的な業界の構造などが、タイトな枠を作り、不可能なのではないか、と判断する私です。

幸い、私は資格も権威も自分を縛る専門知識もないし、私をコントロールする利権の構造にも無関係なので、私のカウンセリング実践ではナラティブは難しくないし、とても有益な方法と実感しています。

ただ、それは私には難しくは感じられないけれど、多くの専門家やカウンセラー志望の方には結構難しい事かもしれません。それは、裸の自分で来談者と向き合い、恐怖や不安を共有しなければならないからです。この難しさを感じておられるから受講生が「マジック」のように感じたのかもしれません。

ああどうやって、このカウンセリング法を人に伝えたらいいんでしょう。







Last updated  2009/06/16 01:04:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
[メンズカウンセリング] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/08
・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04

Category


© Rakuten Group, Inc.