1879024 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/06/17
XML
このところ女性からの問い合わせや女性の来談者に対するカウンセリングが続いています。もともと私の事務所ではカウンセリングの四割が女性です。もちろんその中には被害者と言われる人も少なくありません。

そもそもDVであれ性被害であれ、女性のための相談は各自治体でも民間でもかなり行われている事は事実です。少なくとも男性相談に比べれば。またグループワークやCRなどでも女性を対象にしているものは多くあります。

にも関わらず、私のところにも女性の利用が少なからずあるという事は、一般的な女性相談が女性のニーズを充分に満たしていない事が考えられます。事実、相談員やカウンセラーに嫌な思いをさせられたと話す来談者も稀ではありません。

私は男性であれ女性であれ、来談者の思いをしっかり聴く事は大前提ですし、自己決定できるよう援助するのが仕事です。私の価値観を押しつける事ではありません。もちろん来談者の安全や安心を確保するためにシェルターを用意したり、グループワークを行ったりもしています。

当事者の多様な思いや希望をできるだけかなえるには様々な支援が並行的に必要ですが、行政の縦割り構造ではそれも難しいものです。ですから民間とのフレキシブルなネットワークが求められますが、官民意識、専門家主導が邪魔しているのか、それもなかなか難しいようです。ましてや男性対応もできる複合的な女性支援は、日本には他にはないでしょう。

そう言った意味で、私は常識的にはあり得ない援助を行っているからか、被害者支援の方たちからは危険人物と名指しされています。が、実際はそんな支援組織に納得できなかった女性の支援をしているのも事実。

私は私がどういわれようがかまわないけれど、女性の支援についてともに力をあわせ、できるだけ女性の困難がなくなるようにして行きたいと思います。そう言った意味でも、私が語る事は聴いてもらえなくても、女性当事者の生の声はメッセージして行きたいと思っています。

けれどねえ、援助者の求めるストーリーではなく自身のありのままで語れる回復女性というのも、多くはないですしねえ。難しいところです。






Last updated  2009/06/17 11:47:01 PM
コメント(2) | コメントを書く
[メンズカウンセリング] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/08
・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04

Category


© Rakuten Group, Inc.