1903371 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/07/20
XML
テーマ:心の病(7363)
カテゴリ:日記
ワークや講座であるいは職場での人間関係で人の好き嫌いの感情が起こる事はごく自然な事で、カウンセリングの場でも転移とか逆転移とかいう心理状況になることはしばしば議論される事です。

人の感情に善悪はありませんが、それは快・不快や憎悪に到ったりもする厄介なものです。私自身嫉妬に苦しんだ事もありますが、相手の行為に問題があるのではなく、自分の嫉妬心が問題であることは理解しているので、相手に自分の欲求をぶつける事はせずに済みました。

もちろんそれは自分にとって苦渋の選択ではあるけれど、その選択は自分の尊厳を保つにはとてもいい選択だったように思います。あのとき自分の嫉妬を相手にぶつけていたら自身の尊厳どころか、修羅場は大惨事にもなりかねませんでしたから。

私は自身の嫉妬は相手にぶつけない、相手の自由にまかせるという選択をしてきました。それでなんとか問題の拡大を防いで来たように思います。けれど、私が嫉妬の対象になった時、相手は私の自由は認めてくれないどころか、しばしば感情的に攻撃されたり、理不尽な要求をぶつけられたりということもあります。

相手が嫉妬妄想にかられていると自覚している場合もあれば、無意識的に嫉妬心が働いている場合もあるようです。いずれにしてもそんな相手にいくら理屈で説明してもそれは妄想を膨らませるだけになりかねません。

嫉妬妄想に苛まれる苦しさは私も体験していますからよくわかります。が、妄想はその人の心の中のできごとでしかありません。嫉妬のおこる理由(相手のことではなく自分の)を自分で考え、自分の嫉妬に到る認知を変えるしかありません。人は人の心を縛る事はできないのだから。

もし人が人を愛することがあるなら、愛する人を縛るのはそれは愛ではないでしょう。結局愛されない自分を自分でどこまでも愛してあげるしかないのかもしれません。私はそうやって嫉妬妄想から自由になりました。それゆえの自己愛性格かもしれませんねえ。(笑)








Last updated  2009/07/21 02:12:12 AM
コメント(16) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/10
・2021/09
・2021/08
・2021/07
・2021/06

Category


© Rakuten Group, Inc.