1903362 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2009/07/23
XML
カテゴリ:日記
いやがらせ一号


十年程前に頂いた嫌がらせレター第一号


先日、人から頂いた言葉・・・自分のどろどろした体験や失敗談なんかをちゃんと自己開示した方がいいんじゃないか・・・その方がより人間らしくて素敵だ・・・人には心の蓋をあけた方がいいと言いながら、自分はあけてないんじゃないのか・・・

で私ははたと考えました。私はどろどろした体験や失敗談を隠してるつもりはないし、たいていの問題を隠蔽する事なく、開示できていますから、今は苦しくもないし不安でもない。自己不一致部分はあまりないと言えます。

私は自分がスーパーマンだとは思わないどころか、私は社会適応不全に近く、いわゆるジェンダースタンダードからは逸脱して生きて来たし、社会の様々な価値観を拒否して暮らしてきました。記憶力がわるく整理整頓が苦手。

家族を養う事は一度もした事ないし、正規雇用での労働はこの二十年した事がありません。無年金者で無健保者で、所得税もはらってないし(事業税ははらってます)社会的には無責任と非難される立場でしよう。

いろんな欠点や失敗のある不完全な存在である私。でもそんな私自身の存在に対しては強い信念と自信を持って自己肯定できている私。だからどろどろした体験や失敗談を語っても、それは克服のプロセスを語る事にしかならないのかもしれません。

私が何を語っても、不安や困難、悲しみ怒りなどのネガティブな感情に翻弄される姿にはなり得ません。だからいつぞやの誰かが、味沢の書く事は自信満々だから嫌いだとのことを書いてたけれど、それもよくわかります。人を喜ばせるだけの不幸も不安も私の口からは語られる事はありませんからねぇ。

確かに自分の不幸や不安、悲しみや怒りを書いたり語ったりすれば、冒頭の方も含め嬉しくなる方も少なくないだろうし、そう言う事を書き続けてアクセスをのばすブロガーの方も少なくないのかもしれません。

けれど、私は問題を抱えた当事者ではなくそんな当事者を援助する援助者として語ります。もし私が自分を救えていない問題の渦中にある当事者ならそもそも、カウンセリングされる事はあってもカウンセリングする立場には立てません。様々な困難にある当事者に寄り添い続ける私の力は、私自身が自己一致している存在の力なのです。世間の価値観で評価する私の値打ちではないのです。

そんな私の自己一致に嫉妬する人からすればなんと私の存在の憎々しい事か。世間の価値観も常識も無視しながらわがまま気侭、無責任な言いたい放題の私は、自己不一致に苦しむ人にとっては、ほんと目障りで仕方ないでしょうねえ。

ははは、こうやって刺激しちゃうんですよねえ。もっとしおらしくかわいらしく書きゃいいのにねえ、自分でも思います。憎らしい事書いてるよねえ。すんませーん、こうしか書けないアホな私。

そうそう、数年前ある主催講座のエンディングで私は衆人環視の中で号泣したけれど、それは悲しいからではなく、苦しかったからでもなく、私の人生、私の価値観は多くの人には理解不能だと思ってずっと生きて来た私が、ヒョツとして、私を理解してくれる人がこんなにもいるって、思わず、緊張がほぐれた事からくる、感情の高ぶりだった様な気がします。

で今から思えば、理解されているとあの時思ったのも、実は私の誤解かもしれないとも思います。もっと醒めているかな、今の私。でも、冷たくはない私。けっこうあったかいですし。いえ暑いくらいかな。世の中どうであれ、私は不完全な私を一致させているし、世の中なめながら生きてます。世の中なめたら甘かった。

世の中の価値観に押しつぶされる必要はないし、不完全でも幸せになれるしねーっていうのが私のメッセージ。

ああ、腹立つー、むかつくー、味沢ってうさんくさいーって、あなたは感じるかな。そう感じたらあなたはきっと規範に縛られてしんどい思いをされている方かもね。ずっと以前、そんな嫌がらせのおはがきを頂いたのが懐かしいです。


そうそう、八月一日 午前は女ワークを午後は男ワークを、それぞれ東京は高円寺で行います。夜は東村山で女と男のワークを行います。高円寺は以下です。

場所:高円寺北区民集会所 第3集会室
杉並区高円寺北3-25-9(JR高円寺駅北口より徒歩6分、土日は高円寺駅は快速がとまらないので注意、駐車場無し)
(電話 03ー3330-7255)
http://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0003.htm

「若葉の会」で予約しました。









Last updated  2009/07/24 04:19:46 AM
コメント(17) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/10
・2021/09
・2021/08
・2021/07
・2021/06

Category


© Rakuten Group, Inc.