1875761 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2013/01/06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
しばしば、電話で緊急対応する事も少なくありません。私はクライアントにこじれる前に、しんどくなる前にとにかく電話してください、と伝えてますから、当然の事です。

数日前の対応では、本人と、その家族と、それぞれに電話に出てもらって、対応させて頂きました。こじれていってる場合、それは言葉が噛み合ってないということがあります。

それぞれは、自分の感情にフォーカスできておらず、相手はどうしたこうした、と相手の言動の理不尽さを訴えます。たしかにその語りからは、そう言う心情になるのもよくわかります。それは相手方の話しを聴いても同じ事です。

で、それぞれがわかってないのが自身の感情や言動です。自身の言動に刺激されて相手が反応しているのだけれど、相手の言動を誘発しているのは自身の言動である事についてはまったく理解できていません。

ですから、相手の理不尽さしか見えず、相手の理不尽さに対応する本人の言動でさらに相手がエスカレートしていくと言う悪循環になり、やがて修復が難しくなるほどにこじれ、不信憎悪が渦巻きます。

私は電話で対応する場合、話しをよく聴き、感情と状況を理解し、ヒートした感情を収めつつ、問題点を整理し、相手に変わってもらって、通訳していく、と言う作業をします。

ケースワーク的に、ああしよう、こうしようと言う助言も必要に応じてやりますが、緊急電話でできる事はしれています。ただ、ヒートアップしてこじれて事件化することは防げます。その場では応急手当てして、いずれ、来談頂いて、根本的な対応につなげていきます。

先日の電話だけではないけれど、多くの方が、自身の認知の問題には気づいていません。認知・・思い込みと言ってもいいでしょう。それはある意味、その人には当たり前過ぎて、意識もしていません。金とか仕事、家族や、性、様々な思考の枠組みにとらわれている事には気づいていませんから、その囚われとは異なる相手の言動が、理解不能で悪意に感じられてしまうのでしょう。

私はそれらの価値観から自由なので、どんな視点からでも、その状況を理解する事がむつかしくありません。それぞれの視点に立った感じ方や考え方が理解できます。そしてそのズレ具合もわかります。そのズレ具合を補正して通訳することで、相互理解を測ると言う訳です。簡単ではありませんけれどね。

最終的には、みんなが幸せに生きていけるには・・・という所を目指す訳ですが、そのプロセスは様々。・・・それにしても、みなさん常識にとらわれてちいさな世界で生きてるよなあ・・しんどかろうに・・・不安だろうに・・、というのが私の実感。

私は何にもとらわれてないから、自由で気楽に生きていけると言う訳。金がないとか、仕事がないとか・・家族がどうだから・・とかいう状況でしんどくなる事はまずありません・・これまでは・・たぶんこれからも。まあ、そのぶん、理解できない人は、嫉妬したり、妄想したり、悪意を感じたり・・があるようですが(笑)・・・みなさんもぜひぜひ自由に生きて幸せになってくださいね・・

今日はハイキンググループの新年会・・・さてこれから準備に行かなくちゃ・・私の日常・・・昨日作ったサラダ寿司おでん定食と、事務室放し飼いのインコちゃん

CIMG2238.JPG


CIMG2230.JPG






Last updated  2013/01/06 09:51:29 AM
コメント(6) | コメントを書く


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04
・2021/03

Category


© Rakuten Group, Inc.