1893124 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2013/01/09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、息子に宿題をさせなかった、とかきましたが、その事について少し・・。息子が小学二年生のときに、うちで夜、イヤイヤ宿題をしていたので、そんなんやめたらいい、と言いました。私は宿題よりも、うちでは、家族との団らんとか、自分の楽しみのために、時間を使うべきと考えていましたから。

宿題したければ学校でしてくれ、うちではするな、と言いました。息子は、先生がおこるからしなくちゃならんのだ、と言いましたから、私は教師に、宿題させるな、と言いました。教師は、宿題を出さない訳にはいかない、と言うので、では、うちの息子がやってなくても、いっさい文句言うな、と言いました。

それから、息子は実際に宿題をしなくなりました。もちろん成績は良くなるはずがありません。まあ、成績に興味はないので、どんな成績だったか記憶にもありませんが。

さすがに中学になったら、自己責任ということもあるので、したければ宿題を勝手にするのはかまわない、と禁止令を解きました。でも彼は相変わらず、うちでは勉強はしてないようでした。

さすがに、中二の懇談会の時に、先生に、このままだったら、高校に行けないけれど、いいのかな、と言われた息子、親父の言う事を信用してたら、ほんとに高校に行けなくなるって考えたのか、やにわに勉強をはじめました。その結果、公立専願でうけて無事受かりましたけれど・・。

べつに落ちたら落ちたで、働くなり、勉強するなり、好きにすればいいわけで、人生なんとでもなります。実際私自身も高校をひとつ中退して、別の高校に受験し直した経験があるので、一年二年早くても遅くても、どうってことないって考えてますから。

世間でふつーに考えられているコースばかりが人生じゃないし、むしろこれからは、多様な思考や体験の方が意味がある時代になってきています。与えられたコースをうまく走るしか能がない人は、いったんコースが荒れたり破綻してたらたちまち生きる術も勇気もなくなって、問題を起こしてしまいます。

私も昔は時々批判めいた事も言われました。子どもの人生の可能性を広げてやるのが親の責任で、勉強させるのは可能性を広げてやる事だ。だから宿題させないなんてとんでもない事だ・・・と。

学歴とか資格で人生の可能性が広がるって、マジで考えてるんですよねえ、その人たちって。学歴や資格のために遅くまで塾がよいさせられる子どもたちの人生の可能性が広がるなんて、私には考えられませんけれど。与えられたコースにしがみつくしか能のない、可能性の狭い人生になるのが落ち・・じゃないかな。

それよりも、学歴や資格以前に、どんな状況でも自分を信頼し、冷静に判断し、他者と良好な関係を維持できる、自己信頼や自己肯定感のほうが、より重要であり、その力がある人は、何歳になっても、自分に学びが必要だと思えば自分で学ぶでしょう。どんな世界でも逞しく生きていけるでしょう。それこそ、人生の可能性が大きく広がる事になります。

そうそう、私の息子、結局大学進学はしませんでした。高卒です。まあ、それでよかったと思っています。私には学費なんて出してやるゆとりはありませんから。

で、彼はバイトしててそこから正社員になりました。転職もしています。今の所もバイト二年の後、正社員に採用されています。特に能力がある訳でもないし、資格もないし。ただ、馬鹿真面目で、何年も無遅刻無欠席で、その自己管理能力は優れたものがあります。が、真面目すぎて、融通はきかないし、効率的でもないし・・私とは正反対です。

少なくとも、自分でバイト探したり、真面目に働いてそれなりに認めてもらえたり、と言う意味では、教育が失敗したということは言えないでしょう。シャイな息子に圧力かけてれば、ひょっとして、潰れてしまったかもしれません。まあ、そう言う意味では、宿題させなかったのはまちがってはなかった、と確信しています。

そうそう、親が子どもにしてあげられるのは、たっぷり愛して、受容して、人生の楽しさや深さを暮らしの中で伝えていく事ではないかな。尻を叩いて不安の神経回路を不必要に増大させる事は、その人の人生にとってとても大きなマイナスになるって、このごろつくづく思います。それは、いろんな困難を抱えてこられる方のお話を聴けばよくわかります。

人生の基礎は学歴ではありません。実存と言う岩盤にしっかり根付いた杭こそが人生の基礎になり得ます。この基礎があれば、流される事もなければ、現実の重さで人生という家が潰れるということもありません。どんな大きな家でも建築可能です。

まあ、そんなこんなで、端から見ればとんでもない人生を送っている私ですが、今、楽しくて幸せ、やりたい放題して生きています。家族を養う事もしなかったし、会社員も十年でやめて専業主夫になったり、活動兼業主夫になったり、と、まあ、ずっとまともに働いた事もない私です。なのに今、楽に幸せに生きていると言う事・・・

実は、私には確信があっての事、私にすれば当たり前、当然の結果なんです。人生で一番大切なのは・・・ね。でもその事を理解し、実行できるひとは多くはありません。イヤほとんどいないでしょう。

こんな私・・やはり心と体を大切にしたいし、いつまでも元気に美しくありたい、との事で、今夜はひさびさにランニング。先週のナイトランは六キロ、本日は十キロ。少しずつのばしていきたいね。







Last updated  2013/01/10 02:38:25 AM
コメント(10) | コメントを書く


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/09
・2021/08
・2021/07
・2021/06
・2021/05

Category


© Rakuten Group, Inc.