1906656 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2013/01/09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、息子に宿題をさせなかった、とかきましたが、その事について少し・・。息子が小学二年生のときに、うちで夜、イヤイヤ宿題をしていたので、そんなんやめたらいい、と言いました。私は宿題よりも、うちでは、家族との団らんとか、自分の楽しみのために、時間を使うべきと考えていましたから。

宿題したければ学校でしてくれ、うちではするな、と言いました。息子は、先生がおこるからしなくちゃならんのだ、と言いましたから、私は教師に、宿題させるな、と言いました。教師は、宿題を出さない訳にはいかない、と言うので、では、うちの息子がやってなくても、いっさい文句言うな、と言いました。

それから、息子は実際に宿題をしなくなりました。もちろん成績は良くなるはずがありません。まあ、成績に興味はないので、どんな成績だったか記憶にもありませんが。

さすがに中学になったら、自己責任ということもあるので、したければ宿題を勝手にするのはかまわない、と禁止令を解きました。でも彼は相変わらず、うちでは勉強はしてないようでした。

さすがに、中二の懇談会の時に、先生に、このままだったら、高校に行けないけれど、いいのかな、と言われた息子、親父の言う事を信用してたら、ほんとに高校に行けなくなるって考えたのか、やにわに勉強をはじめました。その結果、公立専願でうけて無事受かりましたけれど・・。

べつに落ちたら落ちたで、働くなり、勉強するなり、好きにすればいいわけで、人生なんとでもなります。実際私自身も高校をひとつ中退して、別の高校に受験し直した経験があるので、一年二年早くても遅くても、どうってことないって考えてますから。

世間でふつーに考えられているコースばかりが人生じゃないし、むしろこれからは、多様な思考や体験の方が意味がある時代になってきています。与えられたコースをうまく走るしか能がない人は、いったんコースが荒れたり破綻してたらたちまち生きる術も勇気もなくなって、問題を起こしてしまいます。

私も昔は時々批判めいた事も言われました。子どもの人生の可能性を広げてやるのが親の責任で、勉強させるのは可能性を広げてやる事だ。だから宿題させないなんてとんでもない事だ・・・と。

学歴とか資格で人生の可能性が広がるって、マジで考えてるんですよねえ、その人たちって。学歴や資格のために遅くまで塾がよいさせられる子どもたちの人生の可能性が広がるなんて、私には考えられませんけれど。与えられたコースにしがみつくしか能のない、可能性の狭い人生になるのが落ち・・じゃないかな。

それよりも、学歴や資格以前に、どんな状況でも自分を信頼し、冷静に判断し、他者と良好な関係を維持できる、自己信頼や自己肯定感のほうが、より重要であり、その力がある人は、何歳になっても、自分に学びが必要だと思えば自分で学ぶでしょう。どんな世界でも逞しく生きていけるでしょう。それこそ、人生の可能性が大きく広がる事になります。

そうそう、私の息子、結局大学進学はしませんでした。高卒です。まあ、それでよかったと思っています。私には学費なんて出してやるゆとりはありませんから。

で、彼はバイトしててそこから正社員になりました。転職もしています。今の所もバイト二年の後、正社員に採用されています。特に能力がある訳でもないし、資格もないし。ただ、馬鹿真面目で、何年も無遅刻無欠席で、その自己管理能力は優れたものがあります。が、真面目すぎて、融通はきかないし、効率的でもないし・・私とは正反対です。

少なくとも、自分でバイト探したり、真面目に働いてそれなりに認めてもらえたり、と言う意味では、教育が失敗したということは言えないでしょう。シャイな息子に圧力かけてれば、ひょっとして、潰れてしまったかもしれません。まあ、そう言う意味では、宿題させなかったのはまちがってはなかった、と確信しています。

そうそう、親が子どもにしてあげられるのは、たっぷり愛して、受容して、人生の楽しさや深さを暮らしの中で伝えていく事ではないかな。尻を叩いて不安の神経回路を不必要に増大させる事は、その人の人生にとってとても大きなマイナスになるって、このごろつくづく思います。それは、いろんな困難を抱えてこられる方のお話を聴けばよくわかります。

人生の基礎は学歴ではありません。実存と言う岩盤にしっかり根付いた杭こそが人生の基礎になり得ます。この基礎があれば、流される事もなければ、現実の重さで人生という家が潰れるということもありません。どんな大きな家でも建築可能です。

まあ、そんなこんなで、端から見ればとんでもない人生を送っている私ですが、今、楽しくて幸せ、やりたい放題して生きています。家族を養う事もしなかったし、会社員も十年でやめて専業主夫になったり、活動兼業主夫になったり、と、まあ、ずっとまともに働いた事もない私です。なのに今、楽に幸せに生きていると言う事・・・

実は、私には確信があっての事、私にすれば当たり前、当然の結果なんです。人生で一番大切なのは・・・ね。でもその事を理解し、実行できるひとは多くはありません。イヤほとんどいないでしょう。

こんな私・・やはり心と体を大切にしたいし、いつまでも元気に美しくありたい、との事で、今夜はひさびさにランニング。先週のナイトランは六キロ、本日は十キロ。少しずつのばしていきたいね。







Last updated  2013/01/10 02:38:25 AM
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 わたしのばあい   ゆったりのんびり さん
ご存知の通り私が子どもらにしてあげられるのは養育費と学費を払うことだけです。
子どもらとの生活上の繋がりはお金だけです。

一緒に住んでいるときに、私は子どもらに満足を知った人になってほしいと思い、子どもらがほしいと言ったものは「いいよ。いいよ。」とすべて肯定して与えました。
そして、これは年齢的に長女だけにですが「誰かに何かをあげるときには、自分の一番大切なものをあげるんだよ。」と話しました。
あるとき家の前でベビーカーに乗った2歳ぐらいの子どもが泣いていました。長女は駈けていって、「これあげるから泣かないで。」と人形をその子に渡しました。その子は泣き止みました。
長女は私に「一番大切なものをあげたよ。」と言いました。
いい子に育っているなと感心しました。

別れてから生活上の繋がりはお金だけになったのですが、子どもらはお金にまったく欲がなく、お年玉ほしさに会いに来ることもなく、入学・進学祝いをほしがることもありません。
上手に育ってくれたと思っています。

でもそのぶん、生活上の繋がりが希薄で私としては若干さびしくもあります。

一昨年生まれた子にはあうこともできなければ、養育費も拒絶されています。
子どもは親を選んで生まれてきますが、この子はどのような人生を歩んでいくのか、親として気になります。
(2013/01/10 09:48:07 AM)

 Re:わたしのばあい(01/09)   じゃふぁれく さん
ゆったりのんびりさん
>ご存知の通り私が子どもらにしてあげられるのは養育費と学費を払うことだけです。
>子どもらとの生活上の繋がりはお金だけです。

それも寂しいものですよねえ。

>一緒に住んでいるときに、私は子どもらに満足を知った人になってほしいと思い、子どもらがほしいと言ったものは「いいよ。いいよ。」とすべて肯定して与えました。

その思いはちゃんと伝わったでしょうねえ。

>そして、これは年齢的に長女だけにですが「誰かに何かをあげるときには、自分の一番大切なものをあげるんだよ。」と話しました。

それも大切な事ですねえ。

>あるとき家の前でベビーカーに乗った2歳ぐらいの子どもが泣いていました。長女は駈けていって、「これあげるから泣かないで。」と人形をその子に渡しました。その子は泣き止みました。

実際に行動に移せたんですよねえ。本物だ。

>長女は私に「一番大切なものをあげたよ。」と言いました。
>いい子に育っているなと感心しました。

ほんとほんと

>別れてから・・・・ほしがることもありません。
>上手に育ってくれたと思っています。

一番大切な、「愛」を具体的に伝える術がないのが辛い事ですよねえ。

>一昨年生まれた子にはあうこともできなければ、養育費も拒絶されています。

それもまた厳しい・・・

>子どもは親を選んで生まれてきますが、この子はどのような人生を歩んでいくのか、親として気になります。

幸せをねがっての祈りは、忘れる事はないと思いますが、念ずれば花開く・・・祈りは通じるものと私は信じています。

-----
(2013/01/10 06:48:28 PM)

 Re:久々のランニング・・身体の意味(01/09)   19年前の味さんをみてお茶を吹くとこだったHANA さん
宿題はしないとダメなものらしいのでね。。。
姫もしたくなくてグダグダイライラにもなるけれどそこで私が「しなくていいよ」と言っても本人がしないとダメ。←と認識しているので止まりません。
ぼちぼち様子を見て、こりゃだめだな~と判断したら学校の連絡ノートに「今日はつかれてできませんでした」と私が書く。
これは彼女にとって最強のお守り。
安心して翌日学校へ行きます。
でもね、本人がお友達と比べたり、宿題の答え合わせの時に自分がその輪に入れないということが不快で次の日からはがんばるのです。
その時は「よし。やろう」って感じなのでOKとしています。
無理なくが一番です。

私は学校へは、勉強をしに行くという意識はありません。
友達との時間。他者との関わり。そういう物を経験・学習する場所だと思っています。また、幸いな事に担任の先生がそんな私も受け止めてくれているので、心強いです。
ただ、そういうママばかりではなく、学歴が一番・勝ち負けが全てなように育っているお子様もいらっしゃるのでね・・・
そういうママさんとはお互いに「子どもが大変だな」と思っているのだけどそれなりの距離をとりつつ、気持ちいい範囲でお付き合いをさせて頂いております。

私は親として、普通ではないかもしれないけれど味さんの言うところの「自分の気持ちと言動の不一致感」はなく、不安もありません。
子供には私がいなくても堂々と生きてほしい。
そうねぇ…桃太郎が鬼退治に行くのに愛情てんこ盛りの黍団子と“日本一”の旗を持たせてやるのが私の役目かなぁ。
そこから先は子供の物語ですからね。
(2013/01/10 10:36:58 PM)

 Re[1]:久々のランニング・・身体の意味(01/09)   じゃふぁれく さん
19年前の味さんをみてお茶を吹くとこだったHANAさん
>宿題は・・・本人がしないとダメ。←と認識しているので止まりません。

姫はきまじめというか、不安が強いんだよね、きつと

>ぼちぼち様子を見て、こりゃだめだな~と判断したら学校の連絡ノートに「今日はつかれてできませんでした」と私が書く。
>これは彼女にとって最強のお守り。

そうそう、それで追いつめられなくてすむ

>でもね、本人がお友達と比べたり、宿題の答え合わせの時に自分がその輪に入れないということが不快で次の日からはがんばるのです。

まあ、それも、自信につながる事だからいいことですよねえ

>その時は「よし。やろう」って感じなのでOKとしています。
>無理なくが一番です。

そう、無理なく・・ですね

>私は学校へは、勉強をしに行くという意識はありません。

そうだそうだ・・・・勉強はおまけ

>友達との時間。他者との関わり。そういう物を経験・学習する場所だと思っています。また、幸いな事に担任の先生がそんな私も受け止めてくれているので、心強いです。

臨界期に必要なのは、対人関係だったり、自由な時間だったりしますよねえ。勉強は何歳になってもできるけれど・・

>ただ、そういうママばかりではなく、学歴が一番・勝ち負けが全てなように育っているお子様もいらっしゃるのでね・・・

まあ、そう言う人も当然いる訳で、それなりに付き合う必要もでてくるしねぇ

>そういうママさんとはお互いに「子どもが大変だな」と思っているのだけどそれなりの距離をとりつつ、気持ちいい範囲でお付き合いをさせて頂いております。

うん、大人ですねぇ。私はガキっぽいとこがあるので(笑)

>私は親として、普通ではないかもしれないけれど味さんの言うところの「自分の気持ちと言動の不一致感」はなく、不安もありません。

それが大切ですよねえ、その安心感が子どもをゆとりある人に育てるしねえ

>子供には私がいなくても堂々と生きてほしい。

そうですね。親はいずれいなくなる訳ですから

>そうねぇ…桃太郎が・・・てやるのが私の役目かなぁ。
>そこから先は子供の物語ですからね。

そう、子どもは自分の物語りを自分で紡ぐしかないですからね


-----
(2013/01/11 01:18:31 AM)

 Re[1]:わたしのばあい(01/09)   目くじら さん
ブログなんかにまともに口答えしますが・・・
>幸せをねがっての祈りは、忘れる事はないと思いますが、

これは私には意味不明でした

>念ずれば花開く・・・祈りは通じるものと私は信じています。

同じことを私もいろんな人に言われましたが、最近ではそんなことはあり得ないと確信しつつあります。だって、同じ事に逆のことを祈っている人があったらどうなるのでしょうか? 祈ることへのこういう無責任な迷信が自分は正しいと考える同志のいさかいの原因にもなるのではないか。

それと、心配とか心を砕くとかはどれも当人の問題であってされている側にはとんとあずかり知らぬこと、ってどこかで聞きましたけど。

妻のこともも娘のことも息子のことも気にしない、思いのままって楽だなあ、とかふと感じますねえ。
ずっと続く幸せってどこにもないのなら手の打ちようを変えてみてという感じですか。 (2013/01/11 07:51:27 AM)

 Re[2]:わたしのばあい(01/09)   じゃふぁれく さん
目くじらさん
>ブログなんかにまともに口答えしますが・・・

いやー、おひさしぶりっ・・コメありがとうございます。

>>幸せをねがっての祈りは、忘れる事はないと思いますが、

>これは私には意味不明でした

子どもの事を思わぬ日はないでしょう、という意味でしたが・・

>念ずれば・・・・同じことを私もいろんな人に言われましたが、最近ではそんなことはあり得ないと確信しつつあります。

なるほどねえ、ならぬ現実もあるではないか、ということですよねえ。おっしゃることはわかります。

>だって、同じ事に逆のことを祈っている人があったらどうなるのでしょうか? 祈ることへのこういう無責任な迷信が自分は正しいと考える同志のいさかいの原因にもなるのではないか。

なるほどなるほど、相対する事を念ずる者同士ではどちらも成就することはあり得ないではないか・・それも理屈ですよねえ・・

>それと、心配とか心を砕くとかはどれも当人の問題であってされている側にはとんとあずかり知らぬこと、ってどこかで聞きましたけど。

それもまたよくわかります・・・

>妻のこともも娘のことも息子のことも気にしない、思いのままって楽だなあ、とかふと感じますねえ。

そこですよねえ・・・幸せって言うのは、本人の問題であって、環境・・状況のことではない・・

>ずっと続く幸せってどこにもないのなら手の打ちようを変えてみてという感じですか。

そこに行き着きますよねえ・・・念ずれば・・ということも、そこに行き着くこと、目くじらさんの主張と同じことと思っています。考え方としては量子人生論ですかねえ。現実はひとつではないし、異なった状況が同時に両方あり得るみたいな・・・また、いつか語り合いましょう・・楽しみです。近いうちにきてくださいな
-----
(2013/01/11 09:18:42 AM)

 宿題と学歴   ボギー@宿題はキライ さん
味さん

宿題 しませんでしたね
みんな友達の丸写しでした その日は学校早く行ったりして

学歴ですが
私も長男をお受験させました
夜10時に仕事帰りに塾に迎えに行く日々でした たいそうな苦労なようでした
でもそれは彼が選んだ事でした

お受験には成功してくれて 難関 名門と言われるところに行きました
あと 彼がどんな人生を歩むかは彼次第ですね

最近 周りでお受験のお話しを聴かせて頂く事があります

お子様が選択された道ならいいのですが

少子化にもかかわらず 私学の中学・高校増えてます
進学塾も物凄く増えてます 主な電車の駅前には何校もあります

そこから夜10時頃 小学6年生が帰ってくる
模試の話などしながら

君たちはそれを選択したのか?

聴いてみたいです

私の同級生の代表取締役は皆さん 高校中退で楽しく好きな仕事に就いておられます
仕事はされてませんが(笑)

人生 なにが楽しめる 幸せを感じられるかでしょうか

進学コースでもそれ以外でも


(2013/01/11 09:51:12 AM)

 Re:宿題と学歴(01/09)   じゃふぁれく さん
ボギー@宿題はキライさん

>宿題 しませんでしたね
>みんな友達の丸写しでした その日は学校早く行ったりして

それはいい・・・いい友達もいたし・・・

>学歴ですが
>私も長男をお受験させました
>夜10時に仕事帰りに塾に迎えに行く日々でした たいそうな苦労なようでした
>でもそれは彼が選んだ事でした

いえ、選ぶ価値観しか与えられていないのではないですか、家庭や学校、地域で・・・選ばなければ、落ちこぼれと言う、誰も望まぬ道しかないのだもの。

>お受験には成功してくれて 難関 名門と言われるところに行きました
>あと 彼がどんな人生を歩むかは彼次第ですね

いい人生になるといいですね。

>最近 周りでお受験のお話しを聴かせて頂く事があります
>お子様が選択された道ならいいのですが

多様な選択肢を大人たちが提示してないのに子どもが多様な選択肢から選ぶなんて無理でしょう。

>少子化にもかかわらず 私学の中学・高校増えてます
>進学塾も物凄く増えてます 主な電車の駅前には何校もあります

こまったものですねぇ。

>そこから夜10時頃 小学6年生が帰ってくる
>模試の話などしながら

ほんと痛ましいです。子どもたちの自我の形成がどれだけ阻害されているか。

>君たちはそれを選択したのか?
>聴いてみたいです

選択肢を与えられてないのに、その質問は無意味と思いますよ。

>私の同級生の代表取締役は皆さん 高校中退で楽しく好きな仕事に就いておられます
>仕事はされてませんが(笑)

仕事に就く・・仕事はされてません・・・どっち?

>人生 なにが楽しめる 幸せを感じられるかでしょうか

そういうことですよね。本人が幸せでなければ、無意味と思いますが・・家とか親族には意味があるんですよね・・

(2013/01/13 06:56:35 AM)

 Re:久々のランニング・・身体の意味(01/09)   目くじら さん
>そういうことですよね。本人が幸せでなければ、無意味と思いますが・・

>家とか親族には意味があるんですよね・・
(ここんとこ、よくわかりません)

それと、
 人間って賢くなるためには、真実を知るためにはひどい目にあうしかない。死ぬ思いするしかない。とすれば随分と酷な手厳しい存在なのだなあ、などと思っておりましたが。

ひどい目にあったり死ぬ思いするのは、そうなるしかない知識しかなかった。その知識はまわりからあたえられたものだった。

とすれば、間違ったこと、根拠のないこと、聞いただけのこと、迷信や単なる多数意見や思い込みを我子に吹き込まない。

私の親がそうしていてくれたら、私がそういう親だったら。
死ぬ思いも破滅も地獄も経験せずとも彼らも私自身も、真理も真実も初めから知っているのであった、のにとか思っています。

そういうことを教えてくれる学校があったらよかったのになあ。
ああ、そうだ京都へ行こう!か。

(2013/01/13 07:57:40 AM)

 Re[1]:久々のランニング・・身体の意味(01/09)   じゃふぁれく さん
目くじらさん
>>家とか親族には意味があるんですよね・・
>(ここんとこ、よくわかりません)

息子がエリートになったら一族の誇り・・みたいな。息子はちっとも幸せでなくてもね・・

>それと、

>とすれば、間違ったこと、根拠のないこと、聞いただけのこと、迷信や単なる多数意見や思い込みを我子に吹き込まない。

いい学校に行ったら、幸せになれるとか、学校に行かないと、不幸になるとか・・・

>私の親がそうしていてくれたら、私がそういう親だったら。
>死ぬ思いも破滅も地獄も経験せずとも彼らも私自身も、真理も真実も初めから知っているのであった、のにとか思っています。

そういうことですよねえ。

>そういうことを教えてくれる学校があったらよかったのになあ。
>ああ、そうだ京都へ行こう!か。

そうですねぇ、目くじらさんもその京都でみんなのために、頑張っておられる・・感謝です。


-----
(2013/01/13 08:04:03 AM)

Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/10
・2021/09
・2021/08
・2021/07
・2021/06

Category


© Rakuten Group, Inc.