000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2015/01/05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
性的抑圧を利用した国民の意識管理を行う近代からの権力構造に対して、私は抵抗はしても従属したくはありません。寄らば大樹ではなく、むしろ孤高であっても自由でいたいものです。こんな私、性的抑圧を拒否するために「スケベで変態な私」と自嘲気味に自称していますし、政策的に抑圧された性的な価値観や規範について、かなり醒めた目でみています。

クライアントのかなりの方が、意識化するか否かは別として、性的な問題も抱えていて、性(ジェンダー領域あるいはセックス領域での)の問題がからんでいます。いわゆるジェンダー意識とか、性差別意識と言われるヤツです。当然ジェンダー領域だけではなく、セックス領域に於ける問題も抱えている場合も少なくありません。

けれど、ジェンダー領域の問題は語れてもセックス領域での問題は意識化するのも言語化するのも難しいものです。その難しい作業がなされないとセラピーも進みにくくなるのもこれまた当然の事。けれど、その難しい作業を行う時に、カウンセラー自身が、性規範、性的抑圧に縛られていては、当事者の性的加害や被害、その傷付きや回復のプロセスに無条件に寄り添う事が難しくなります。

先日のカウンセリングでもクライアントは「こんな事は一般のカウンセラーには話せないし話しても通じない」と話されてました。ずっと以前にも長い間別のカウンセラーに聴いてもらってたけれど、性の問題はどうしても語れなかったと話された方もいます。

中には性被害について今まで誰にも話さなかったし、自分でも話すつもりも無かったのに私とのカウンセリングの中で本人も知らん間に性被害の体験を語ってくださった女性もおられます。

私が性意識を利用してクライアントを支配しようとか利用しようとか考えるカウンセラーならこういう事はあり得ないでしょう。ましてやセクハラするようなカウンセラーであれば尚更、クライアントは恐怖で語れるはずもありません。

逆に、私自身の防衛をといて私自身が性的マイノリティーである事を開示し、性的に傷付き、性的にマイノリティーとされた人と同じ地平に身を置く事で、クライアントは私に安心感やら信頼感を感じてくださるのだろうし、性的に傷付く事そのものも社会の評価の問題であって、なんら自身の尊厳は傷付いてないのだと、自己に対する深い受容と尊厳を回復していかれます。

こんな私の変わった援助論だけれど・・・・当事者には理解されても・・・世間には通じないよねえ・・・どうしましょ・・・

そうそう、昨日はちょっとお正月気分で穏やかな瀬戸内の浜辺を散策してみました。数ヶ月前の徳島での浜辺体験に続いての浜辺体験でした。私が子どもの頃は浜辺や磯で自由に遊んでたのを思い出しました。あの頃の身体感覚が今も私の中に息づいていて、私の日々を支えてくれているのだと、当時の私や私を巡る家族や環境に感謝を感じた私でした。

CIMG7964.JPG


CIMG7965.JPG


CIMG7969.JPG


CIMG7972.JPG





多くの方にメッセージを届けるために、ブログに納得してくださったら、
ワンクリックお願いします♫


 
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









Last updated  2015/01/05 10:03:17 PM
コメント(0) | コメントを書く


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/07
・2021/06
・2021/05
・2021/04
・2021/03

Category


© Rakuten Group, Inc.