000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

引っ越しのお知らせ


ブログを引っ越しいたしました。
2016年12月以降の記事は https://jafarec.com/ より御覧ください。

家族再生センターHP
廃棄物再生センター
2015/03/15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
伝統的な日本の家族意識・・・なんて言葉が保守層から聞こえてきそうだけれど・・・日本の伝統っていつの?と問いたくなる私。日本各地に残る夜這の名残の習俗はつい半世紀前まであったようです。

庶民が姓を名乗れたのは明治以降。江戸時代までは熊さんはっつあんでしかありません。江戸は世界一の大都会だけれど、性比はアンバランスで、庶民がだれでも所帯を持てるものでもなく、少ない女を共有する仕組みが郭でもあり、男同士で性関係を共有する男色もごくふつーの事。

まあこのあたり、歴史家に任せますが、今の家族意識ができたのは明治以降で、性別役割分業が誰にも当たり前の事になったのは高度成長の結果といえなくもないでしょう。常識と思われてる家族意識、性規範も、歴史的にはほんのわずかな時間の事でしかありません。

今日のミニゼミは、世界の家族意識・性意識について検証してみました。世界的には同性愛が死刑の対象である国々から、同性の婚姻が法的に保証されている国まで様々。欧米先進諸国は性の多様性・家族の多様性を個人の権利として認める動きが八十年代から起こっています。現在では数十カ国が同性婚を認めるようになっています。

日本ではつい最近渋谷区が議会で同性愛を認めようと言う議会の議決がなされました。家族法等に影響するものではありませんが、同性愛差別をなくそうと言う意思表示の第一歩としては貴重な議決と思います。

もちろん同性婚が必ずしも差別を無くすものではなく婚姻制度に同性愛者が絡めとられるだけだとの批判的な見方もできるでしょう。婚姻しようがすまいが、パートナーとしての地位が保証されるべきだという議論もありでしょう。

となると、誰と誰がどういう家族を作ろうと育児や介護については政策的な支援があり、多様な家族形態が可能、となれば、少子化もなくなるし、家や性をめぐる差別も無くなるのだろうと思うけれど・・・こんなことって、常識に縛られてる人には考えられないよねえ。

とはいえ、レズビアンカップルとゲイカップルが協力して子どもをつくり子どもをシェアして育てるなんて、訳わからない事かもしれないけれど、すでにスウェーデンではそういう現実もあるってレポートを見た事はあります。

人類の家族のありよう、性の有り様はほんと、ものすごく多様です。今の日本人が悩む家族の問題・性の問題は・・・ほんとは問題なんかじゃないのにねえ、人類史からみれば・・・でもその小さな価値観でしかものを考えないと、ほんと些細な事でも生きるか死ぬかの悩みになってしまうんよねえ。

そんなこんなことを今朝のミニゼミではお喋りしたような気がします。どこまでつたわったかなー(笑)







Last updated  2015/03/15 10:17:45 PM
コメント(0) | コメントを書く


Comments

 こういち。@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 僕もご利用させていただきたいと思うので…
 Hiroyuki@ Re:男も使えるDVシェルター(07/31) 男性用シェルターを利用したいのですが、…
 味くん@ Re[1]:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) めるしーさん >わたしも同感します。 あ…
 めるしー@ Re:シェルターを逃げ出す女たち・・・・シェルターでは回復しない?(12/15) わたしも同感します。 まさに求めていた答…
 じゃふぁれく@ Re[1]:説教されてもねぇ・・・DVも覚せい剤も・・(11/30) ぐりーんさん >私の友人が体育教師から小…

Profile


じゃふぁれく

Archives

・2021/05
・2021/04
・2021/03
・2021/02
・2021/01

Category


© Rakuten Group, Inc.