1866291 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

味くんの家族再生支援日記

PR

X

全81件 (81件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

エコクッキング

2008/03/04
XML
カテゴリ:エコクッキング
今日の料理教室では、油揚げのハヤシライス、大根フライ、チーズサラダ、アップルパイ、と作りました。どれもとってもおいしくて、しあわせーって感じてしまいます。

肉気はなくても素材がよければ、とてもおいしく頂けます。肉のないハヤシだの、大根のフライだの、肉好きには想像もつかないだろうけれど、これが不思議とうまいんです。

もちろん、いい素材でも扱いが悪いとおいしくはならないかな。いずれにせよそれぞれの素材の持ち味を上手に引き出していろいろと組み合わせて活かす・・・これが料理の基本、いい・加減。じつは人も同じ。それぞれの個性を生かして支え合う、これが最高。






Last updated  2008/03/05 12:51:22 AM
コメント(2) | コメントを書く


2008/02/15
カテゴリ:エコクッキング
最近はガソリンだけでなく、食品関係の値上げが報道されています。バブル崩壊以降、デフレが定着し、給料含め物価は上がらないという認識が長い間定着していたように思います。

が、ここに来てサラリーは上がらないのに物価が上がると言う庶民には厳しい時代が始まろうとしています。これまでも庶民は苦しい思いをしてきたのに、さらに厳しくなりそうです。

ローン、大量消費の生活、教育費、などなど必要な経費は減る事はありません。なのに収入は増えないどころか下手すると、リストラ左遷で極端に減る可能性さえあります。

ほんとに庶民は踏んだり蹴ったり、ワーキングプアやネットカフェ難民とかの新語も当事者には生々しい響きがあるでしょう。

おそらく庶民にすれば、なんでこうなるの、と毒づきたくなるのではないかなあ。けれどねえ、法律とか制度とか作ってる連中を見ていると、あんなのにまかしてたらそりゃめちゃくちゃになるわいな、と思う私。で、そんな政治家を選び官僚を育てたのは、国民である一人一人。ほんと因果はめぐるぅーよねえ。

で、私はもともと今の政治家も官僚も財界も信じてないので、そんな人たちの作り上げた価値観には乗らずに、むしろ反対ばかりしてきました。その結果の今ですが、まあ、私の判断はそんなに間違ってはなかったな、と実感するこのごろ。

とりあえず、これからとても厳しい時代になるだろうけれど、そんな時こそ幸せに生きたいもの。それはきつとだれにでもできる事ではないかな、と私は考えます。ただ、自分の価値観を大きく変える必要があるかもしれないけれどね。それがむつかしいぃ。









Last updated  2008/02/16 02:33:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/02/14
カテゴリ:エコクッキング
今日はスタッフのランチにきのこご飯を作りました。とくに意味があった訳ではないけれど、たまたま料理教室できのこが余ったから。

計画的に何か作るということもない訳ではないけれど、むしろいきあたりばったり、とか材料に合わせて、とかいうことでメニューがきまることが多いです。

スタッフにも毎日希望は聞きますが、スタッフはとくにいろいろ思いつく訳ではないので、私のきまぐれやら、材料の偶然などでメニューは決まります。

そんなこんなで、いかようにも料理ができるのはとても便利です。でもねえ、すこし料理に依存しすぎてるかもねえ。材料の買い物依存もあるし。見切り品なんかでちょーお買い得なんか買った日にゃ、とても幸せになれるんです。

明日は何作ろうかなあ。時間があれば、久々に寿司なんか作りたいなあ。






Last updated  2008/02/15 03:43:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/02/04
カテゴリ:エコクッキング
いまもニュースではまいにち餃子関連が続いています。たしかに被害者の方にしてみれば、許せないしあってはならない事ですね。

とは言うものの、こんなに毎日報道されてはねえ。毎日百人が自殺し、15人ほどが事故死している日本ですからねえ。

ほんとは手作りがいいとわかっていても、現実的ではないですしねえ。困ったものです。みなさんはどうしてますか。






Last updated  2008/02/05 02:41:12 AM
コメント(4) | コメントを書く
2008/01/31
カテゴリ:エコクッキング
今日の料理教室ではきんぴらスパゲティー、ミートローフ、クリームシチュー、トーフサラダ、それにぽっぷこーんを作りました。どれもおいしかったですぅ。とくに半断食を続けている私にとって、特においしく感じられました。

今日は久々に、制限をゆるめて普通に一食分を食べました。ずっと減食していたから、普通の量でもずいぶんおなかいっぱいになりました。不思議なものです。

クリームシチューはホワイトソースを作らず、小麦粉バターを練り合わせて、スープに混ぜるだけと言う手抜き法だけれど、それなりにうまいです。この方法だと、簡単で便利。また加熱スタイルも保温調理で、鍋を発泡スチロールの箱に入れておくだけ。エコだし、火口も塞がないし、いい方法です。

保温調理器と発泡スチロール箱と機能を比較テストした事があったけれど、なんと、発泡箱のほうが調理機能が高かったから驚きでした。

あるもので工夫すれば充分ですねえ、たいていのものは。実はヘルニアンの話だけれど、今日はベルトで固く巻いて、厚い布切れで患部を押さえてたけれど、比較的調子良かったです。これなら、ベルト対応だけでずつとやってもいいかな、とそんな気分でした。






Last updated  2008/02/01 03:27:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/01/24
カテゴリ:エコクッキング

今日はいちにち雪がちらちら舞ってました。夜九時の気温は一度。バイクでグループワークの会場に移動するだけでも大変。十五分の間に体は冷えきってしまいます。

こんな夜はあったかおでんをはふはふ言いながらたべたらうまいでしょうねえ。実は断食を少し緩めて、味見だけだつたものを一食の三分の一から半分くらいまでにして、じゃっかんの栄養補給はしています。ですから、おでんも、一応、ほとんどの品を一切れずつ食べています。

でも一切れでは寂しいし、体もあったまらないですう。もったくさんたべたーい。でもねえ、まだまだ、減量の目標にはほど遠いので、まだまだ頑張りまっする。

それにしても今日のおでんもうまかった。大根、練り製品、卵、おあげの巾着、こんにゃく、鶏肉などなど。それと、冷凍のむき身のあさりを使ってあさりご飯も作りました。これがまたうまくて。

ほんとこんなに簡単にあれこれおいしいものができると便利だなーっと実感。みなさんも私の手抜き料理、習いにきませんか?






Last updated  2008/01/25 02:36:49 AM
コメント(2) | コメントを書く
2008/01/21
カテゴリ:エコクッキング
先日封切りの「スゥィニー・トッド~悪魔の理髪師~」を見てきました。ジョニー・ディップの前作チャーリーとチョコレート工場の荒唐無稽な展開から予想したとおり、その荒唐無稽さから、ストーリーの残虐性がかなり薄められていて、観客をらくにさせてくれてます。

同じ人肉食がテーマの「ハンニバル」のレクター教授のおどろおどろしさに比べたら、殺した数ははるかに多いスゥイニーの方が愛嬌があるのです。

スゥィニーは、愛する人を奪われた悲しみが動機であり、結末が愛する人とともに死ぬ、という愛が残虐の裏側にあるのに対し、レクター教授は殺したい食べたい、が動機だから、よけいに理解しづらく、観客を恐怖と嫌悪に落とし込むのでしょう。

私の作るパイにはもちろん人肉は入ってませんが、飢え死にしそうな人がいて、かたわらにすでに死体になった人がいて、もし、死体の肉を食べたら人が生き延びていける、というぎりぎりの状況なら、「もったいない」と言って人肉パイを作ったおかみのように、私も人肉ハンバーグを作るかなあ、それはやめて、みんなが死んでいくのを看過するかなあ。

ははは、そんな事にならないように、みんなで世界を平和にしましょうね。






Last updated  2008/01/22 02:47:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/01/10
カテゴリ:エコクッキング
シェルター定食


ある日のシェルターの定食



腹へったー。体重を落すため今日から断食で、朝から何も食べてません。夜にアイスキャンデーを一本と、弁当のパスタサラダの余りをひとくち食べた以外、何も食べていません。さすがに腹がへりました。

しかしどんなに空腹でもシェルターの利用者や家族の食事は作らない訳にはいきません。空腹を我慢しつつ料理するのはけっこう辛いものがありました。

写真は今夜の定食、中華そばの野菜あんかけ、肉団子甘酢あん、ほうれん草のナムル、野菜サラダ、味噌汁、です。ああ、ほんと我ながらうまそうに見えて仕方ありませんでした。






Last updated  2008/01/11 01:46:14 AM
コメント(2) | コメントを書く
2007/12/27
カテゴリ:エコクッキング
おせちメニュー

親子料理教室で作ったおせちメニュー




今日は久々の出張料理教室。年の瀬でもあったのと、たまたま参加者の希望でもあったのとで、おせちに使えるメニューでまとめる事になりました。

ブリの鍋照焼き、赤飯、雑煮、錦卵、りんごきんとん  です。

参加者は大人とこども全員で十数名。こどもたちには強制はしませんが、けっこう自主的に参加し、楽しみながらやってくれるので意味はあると思います。

私が親にもこどもにも伝えたいのは、料理は楽しい、おいしい、みんなとやるとなお楽しい、失敗しても大丈夫、親は子どもに口を挟まない、くらいでしょうか。

私は調理理論を簡単に伝えますし、料理をできるだけ簡単な作業として伝えます。難しくすることに権威があるとも思いませんしね。みなさん、ひとつチャレンジしてみません?



りんごきんとん

さつま芋    400g     砂糖      50g
りんご       1個     ターメリック   少々

1 皮を剥いた芋を水に放してアク抜きし、水を切ってスライスのりんごと合わせて厚手の鍋に入れ、フタをして弱火で蒸し煮します。(水は入れません)

2 蒸気が出始めて二十分ほどで柔らかくなりますので、蓋を開けてターメリック砂糖を加え、マッシュして焦がさないよう練りあげます。








Last updated  2007/12/28 02:06:57 AM
コメント(2) | コメントを書く
2007/11/27
カテゴリ:エコクッキング
今日の料理教室ではかにコロッケとボルシチを作りました。と言えば少しは納得してもらえるかもしれませんが、かにや牛肉をふんだんに使うなんて、私には出来ません。なんせビンボーだという事と、出来るだけエコにしたいという事とがあって。

で、どーするかというと、かにの代わりにかにかまを使い、ビーフの代わりに厚揚げを使いました。その結果は、うんまー、大成功でした。あっすんません、私の自画自賛ですが。

さすがに肉の入らないボルシチはボルシチとはいえないので、「ぼろしち」とネーミングしています。コロッケはそのまま「かにかまコロッケ」です。

肉やかには入らないけれど、油や小麦粉はとってもいいものを使っています。ですから、とってもおいしいのです。もちろん材料だけでなく、作る人もいいんだよねえ。







Last updated  2007/11/28 03:36:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全81件 (81件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


© Rakuten Group, Inc.