2006/01/09

エロスと家族 2

(6)
テーマ:家族(111)
カテゴリ:日記
一夫一婦終生婚が現在の家族のスタンダードのようです。表向きには。そして、それは、暗黙に夫婦の間で貞節を守るのが美徳だとも。

けれど、こういった価値観が当たり前になつたのはいつからなんでしょう。
少なくとも、夜ばいがふつう?に行われていた、江戸、明治初期、の時代では、こういう事が庶民の常識になるはずはないでしょうねえ。

今の制度では、結婚は排他的な性関係が前提になっています。それでみんなが幸せになれたらいいけれど、現実はねえ。

私自身はポリガミーとカムアウトする存在だけれど、私は誰かに貞節を誓う事はしないし、誰かを貞節でしばろうとも思わない。でも、相手を傷つけたくも無いし、快感や幸福をともに感じたいとも思います。

人格も性も所有や支配の対象にすべきでは無い、というのが私の考え。貞節を守る事が愛だとの認識もありません。

そんな事いってたら、家族は崩壊する、愛がなくなってしまう。なんておっしゃるあなた、それは、あなたがその他の家族のモデルをしらないというだけのこと・・。事実、私の家族は壊れて無いし、必ずしも我が家に愛が無い訳でもありません。

様々な家族や性関係を作りながら人類は繁殖を拡大してきました。いろんな形を作れるのは人類だけ。

あなたの性関係はどんなものですか、私のようなものであれば、ぜひ教えて下さいね。パートナーは一人だけっていう人もぜひ教えて下さいね。あなたのエロスと家族の関係を。







TWITTER

Last updated  2006/01/10 04:08:08 AM
コメント(6) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事