2008/01/29

超能力

(2)
カテゴリ:日記
今、ジュセリーノの未来予知ノートを読んでます。数々の予言をし、的中させている現実がありますが、なぜ彼が予知夢を見るのか、彼自身ははっきりわからないと言います。が、謎の光る球体との接触と関係があるとか。

現実には今の科学では理解し得ないことがおこるし、それは私も実感する所。その実感をつきつめると宗教的な信仰心にもつながっていきます。またそれは私の援助の基本となるものでもあります。

誰に対しても愛と信頼をもって向き合う事でしようか。親鸞やキリストの教えに近い感覚なのかも知れません。(私はそれらの教えについてあまり知らないけれど)

誰かに悪人と言うラベルを貼って糾弾し排除するようなことは私の援助にはあり得ません。すべての人が自身と向き合い、自分の問題を解決することのお手伝いが私の仕事。

甘い考えと言われそうだけれど、力で力を制することができると考える事こそ、甘い考えのように私は思います。加害者を厳重処罰しても暴力はなくなりません。逆に巧妙化したり、潜在化陰湿化するのが落ち。もちろんすでに満杯の刑務所がさらに過剰収容となって、その弊害は数年後につけとなって社会に還元されます。

それは、新たな被害者を生み、被害者が不安と恐怖と痛みから解放されないということを意味します。現在の防止法の改正?方向も逆行しています。そのことに気づき、法律や制度が真の被害者支援になるにはあと何人の命がなくならねばならないのか、胸が痛み込ます。

私はジュセリーノのような超能力はないけれど、人の感情を瞬時に理解し共感しその人の心をエンパワーする能力に関しては、まあ、超能力に近いものがあると自分でも感じてます。なんちゃって、こんな事言っても信じないよねえ。あなたも信じないでしょう(笑)





TWITTER

Last updated  2008/01/30 03:34:56 AM
コメント(2) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事