000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味+仕事=ENGLISH

二次試験 当日 その4 & 結果

試験が終わり、主人が会場まで迎えに来てくれました。

どうだった?と聞かれましたが、自分では出来は全く予想できませんでした。
でも、何だかまだ興奮が冷めなくて、”日本に帰ります!”で家族で大いに盛り上がりました。

ファミレスで食事をして、面接官に予告したとおり妹のアパートへ。
(妹にももちろん”日本に帰ります!”事件(!)を話して盛り上がりました。)

帰途について段々興奮が収まってくると、色々な反省が頭の中を駆け巡りました。

中でも、一つ一つの質問にもっと時間をかければ良かったということが一番悔やまれました。英語に限らず、私は会話が途切れるのが怖いので、とにかく思いついたままに喋ってしまうところがあり、結果、筋が通らなくなったり、ということがよくあるのです。

Taxは間違いだったかな・・・。

こうなるともうとまらず、あー、失敗だったかも?と悪いほうへ悪いほうへと傾く・・・。

そもそも、自分の用意したトピックが面接で出るなんてとってもラッキーなことで、午後の試験だったら全く喋れなかったかもしれないのです。

このようなラッキーな試験で落ちたら、もう合格はない、とまで思いました。

この後、いや、落ちたほうがもっとスピーキングの勉強をするから、結果的には自分のためになる、とか、とにかく色々な感情が湧いてきて・・・。

合否発表までは何も手につかず。


結果は・・・合格でした!

すばらしくいい点ではなかったけど、合格。もう点なんてどうでもいいですけど。

数日後、葉書も来ました。

  Short speech 7割
  Interaction 8割
  Grammar and vocabulary 6割
  Pronunciation 6割

でした。

スピーチは思ったより良かった。

あんな質疑応答でも8割。ずっと喋ってたから?

文法と語彙はこんなもんでしょう。簡単な単語しか使わなかったし、とっさに三単現のSやら飛んじゃうし。

発音は反省。普段は発音に気をつけているつもりなのに、喋っているとどんどんおろそかになってしまう。子供たちに教えるときは、発音にうるさいくせに。

分かったこと。もっと勉強しなさい、ってこと。

何かの本で一級はゴールではなくてスタートだと書いてありました。

英語で仕事をするなら、やっと出発点?

襟を正さなければ・・・。
(2008/8/31の日記より)


© Rakuten Group, Inc.