000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味+仕事=ENGLISH

全5件 (5件中 1-5件目)

1

仕事

2008.12.26
XML
カテゴリ:仕事
今年のレッスンが今日で終わりました。明日から1月4日まで仕事はありません。

でも・・・。

主婦のほうが大変かも!?

夏休みやら冬休みやら、長い休みはかえって家事が増えるんですよね(笑)

今年はまだ窓ふきも半分しかやっていないので、明日から子供や主人にも手伝ってもらってやらなくては。

大みそかはお節料理が大変なんですよね。自分で全部作るわけではなく義母と分担するのですが、気が重いです(お料理苦手なので涙ぽろり

お義母さんに、そろそろ私にお節料理の主導権を取ってほしいようなことを言われて、曖昧に笑ってしまいました雫

そんなわけでいつも年末年始はペースが乱れて、立て直すのが大変です泣き笑い

今年こそはなんとか少しでも勉強したいなーと思います。

せっかく

日常英会話モノローグ&ダイアローグ

を買ったのでうまく活用したいです。

この本、どうやってお料理しようかな。







Last updated  2008.12.26 19:14:24
コメント(6) | コメントを書く


2008.10.29
カテゴリ:仕事
基本的に仕事ネタを書くのはあまり好きではありません。

でも今日は久しぶりに仕事ネタ。

一年の今くらいの時期は、英語教室のような仕事をしている人間に避けて通れないのがハロウィンです。

アメリカに住んでいるころはとても楽しみでした。

何故って、当時園児だった娘にかわいい衣装を着せて、trick or treat ってご近所を回るのはとても楽しかったから。ティンカーベルやシンデレラの衣装を着せたっけ。

パーティー専門店やDisneyストアで20ドルから60ドルくらいでより取り見取りでした。


今はこのハロウィンに毎年悩まされています涙ぽろり

衣装コンテストをすれば盛り上がると思うのだけど、既製のものを手に入れることはこの田舎ではまず無理で、そうなると手作りということになるのですが、そこまで親御さんに負担をかけたくないので、いつも衣装コンテストはしません。

でも、ハロウィンの雰囲気はちょっと味わわせたい・・・。で、ちょっとした発表会にハロウィンのゲームを混ぜてやっています。

毎年、これがとっても大変で・・・。本当に手作りの発表会なので、派手さはありません。

色々ゲームも考えるのだけど、盛り上がったり、そうでなかったり。

今年のゲームはどうだっただろう(実は昨日が発表会でした)。

来週のレッスンで子供たちの審判を仰ぐ・・・というところです。


人前で喋ったり、司会をしたり、ということが本当に苦痛です・・・。毎回緊張でいっぱいいっぱいになってしまいます涙ぽろり

純粋に英語だけ教えたい・・・といつも思います(ちょっと愚痴!?)。


とりあえず終わってよかった。つかれた~。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ






Last updated  2008.10.29 20:56:02
コメント(4) | コメントを書く
2008.09.04
カテゴリ:仕事
今日は午前中実家の母が来て庭掃除を手伝ってくれました。

春は腐葉土と実家の庭に生えている花の苗を持って、秋は草むしりの道具や手袋を持って来てくれます。

本当に母親には感謝です。私より26歳も年上なのにテキパキと草むしりをやってくれます。私も一緒にやるんですが、処理能力が全然違います。何せ、私は一日中家の中にいるもやしですが、母はバリバリの農家の嫁。

お陰で、春は花畑で、夏以降はジャングルと化していたうちの庭がきれいになりました。

お母さん、ありがとうハート

お礼にといっては何ですが、家の庭で幅をきかしていたクローバーの中にいっぱい四つ葉四つ葉を発見したので、”好きなだけもってって”と売れるほど差し上げました。

とここまでは主婦の日常。

母が帰った後、午後はTOEICの問題集をやろうとしたら、午前の疲れが出て動けなくなってしまいました。
夕方になると頭痛もひどい。でも夜は中学生がレッスンにやって来ます。
何とか夕飯を作って子供たちと食べて・・・中学生がやって来ました。

何でしょう、頭痛はどこへやら。

がっ!生徒が帰るとまた頭痛。

そういえば、児童英会話の教師は歌って踊れる女優、って誰か言っていた。
舞台(本当はホワイトボードの前)に立っているときは具合の悪いところは見せちゃいけない。
テンションが上がらないときも楽しく歌って踊らなくちゃいけないんだ(英語の童謡を)。

という女優魂(?)で乗り切ったのかな?








Last updated  2008.09.05 09:42:57
コメント(2) | コメントを書く
2008.09.03
カテゴリ:仕事
私の生徒第一号はうちの娘でした。
中学生の今も、友達と一緒に私のところで英語をやっています。

先日、間接疑問文の説明をしました。自分の中では分かっていることでも、他人に説明するのは難しい。いつもは割と物解りのいい娘が、いやーな顔をしています。では、ともう一度説明をしても、ますます表情が曇る娘。
仕舞いにはけんか腰でした。

思えば、自分の中学生や高校生のときなんて、文法なんて全然わかっていませんでした。テストは雰囲気(!)で答えを選ぶ。解らなくても、先生に質問なんてしませんでした。当然英語の成績もいまいち。

大人になってやり直し英語を始めて、やっと曇りが晴れていったというか、あら、そうだったの?なんて。

文法なんて退屈以外の何物でもなかったけど、わかると納得。有益だと身をもってわかりました。だから、ちゃんと文法を解ってほしい。

文法なんて知らなくてもいいんだー、なんてCMがあったけど、私は違うと思う(賛否両論あると思いますが雫と弱気)。

解りやすくて頭に残る説明が出来るようにしなくちゃ、と改めて思いました。






Last updated  2008.09.03 09:47:34
コメント(6) | コメントを書く
2008.08.20
カテゴリ:仕事
実は私は子供に英語を教えています。

先日、地方新聞にちょっと私のことが載りました。
すると、早くも記事を見た子供から反応が・・・。

生徒: 先生、新聞に載ってたよ。

私 : あらら、そう?(照れ)

生徒: 先生の歳、わかっちゃった。

私 : (そっちかいっ!!)

別の生徒 : えーっ! 先生って何歳?

私 : (だから、そっちかいって!)

というわけで、小学生の子供たちには記事の内容よりも私の歳がわかったことの方がニュースだったようです・・・。







Last updated  2008.08.20 22:33:54
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.