000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

赤羽教会(日本キリスト教団)へようこそ!

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

伝道師の頭ン中

2008年10月23日
XML
カテゴリ:伝道師の頭ン中
そろそろブログを更新しなければ・・・と思いつつ今に至りました。本当はいろいろな出来事があったのですが・・・すみませんm(_ _)m

というわけで、久々の更新です。

今日は、会堂子ども祈り会でルカ22:24-30を読みました。

v.28 あなたがたは、わたしが種々の試練に遭った時、絶えずわたしと一緒に踏みとどまってくれた。

最後の晩餐でのお言葉です。

ヘブル4:15にも、「この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。」とある。

イエス様はあらゆる点において、種々の試練に遭われたのか・・・。よく知られているイエスさまの受けられた試練は、荒野の誘惑の箇所だと思うけれど、そのときはまだイエス様は弟子たちを召し出してはいなかった。この時点ではまだユダも裏切っていないし、弟子たちも逃げ去っていない(イエス様は既にそのことが起こることを知っていただろうけれど)。

てことは、わたしたちが知っている以上に、イエス様はいろいろな試練に遭われていたのか・・・。想像できる限りでイエスさまの試練を考えてみた。

律法学者や祭司長たちのねたみ
ファリサイ派の人たちの挑戦
大勢の民衆が押し寄せてくる(多忙と期待、プレッシャー)
弟子たちでさえもイエスさまの言いたいことを理解してくれない(孤独)

うーむ。わたしが通る試練も、イエス様が先に経験されていたことなのか。

「世があなたがたを憎むなら、あなたがたを憎む前にわたしを憎んでいたことを覚えなさい」(ヨハネ15:18)

今、直面している試練も、わたしが直面する前にイエス様が受けておられる。わたしが試練に遭うとき、イエス様も共に試練を受けてくださっている。わたしは自分で試練を受けているつもりになっているけれど、わたしはただイエスさまの陰にいるだけで、本当はその試練を受けているのはイエス様ご自身なんじゃなかろうか。

「あなたは、わたしが試練に遭った時、絶えずわたしと一緒に踏みとどまってくれた」

そう言っていただける者となりたい。

「神は羽をもってあなたを覆い
翼の下にかばってくださる。
神のまことは大盾、小盾。」
詩編91編4節






Last updated  2008年10月23日 23時58分50秒
コメント(2) | コメントを書く


2008年06月03日
カテゴリ:伝道師の頭ン中
昨日は、入院している教会員の方のお見舞いに行ってきました。

初めて行ったところなので、きょろきょろしながら駅から病院まで歩いていたのですが、道路の反対側の学習塾の看板をふと見ると

「つめたい、教育」の文字が!



えええっ!?学習塾で「つめたい教育」じゃダメでしょ!「冷たい」?「詰めたい」?どっちにしても…。



と思ったら、

「みつめたい、教育」でした。柱の影に「み」が隠れていました(^^;)



あーびっくりした。



さらに歩いていくと、自動販売機のコカコーラの見本の缶にテプラで「アメリカ製」と貼ってありました。

なんでわざわざ強調?写真取りたかったなー。だれか理由分かるひとー。



教会員の方はお元気でした。手術をした跡も見せてもらいましたが、やはりそれは痛々しかったです。入院しても「これが最善でした。感謝です。」と言っておられたこの方の信仰にはいつも敬服します。ちょうど副牧師の先生が出張聖餐に来て、思いがけず聖餐の恵みに与りました。教会で多くの人と聖餐を受けるのも感激ですが、3人だけで聖餐の交わりに与るのも、感動的でした。私たちのために裂かれたイエス様の体と流されたその血を象徴するパンとぶどう液をいただいて、新しい命を与えられたお互いを感謝して恵みを分かち合う。聖餐を受けるごとに、その恵みが大きくなってくる今日この頃です。

「彼の受けた懲らしめによって、わたしたちに平和が与えられ、彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた」(イザヤ53:5b)






Last updated  2008年06月03日 11時21分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月09日
カテゴリ:伝道師の頭ン中
伝道師はヒルソングというオーストラリアの教会の賛美チームが好きなのですが

先日、ライブDVDを購入しまして、賛美に浸っています

賛美するヒルソングバンドや会衆を見て、視覚からも心を引き上げられます

Here in my lifeという賛美の中に、こんな歌詞があります

You are my freedom
Jesus, you're the reason
I'm kneeling again at your throne

Where would I be without you?
Here in my life, here in my life...

あなたこそわたしの自由
イエス様、あなたがいるから私は生きられる
あなたの御座に再びひざをかがめます

あなたをおいてどこへ行きましょう?
あなたなしでは私はありえない・・・




かなり意訳しましたが・・・読み返して熱い歌詞に恥ずかしくなってしまう(*XoX*)

ヨハネによる福音書6章で、五千人に食べ物を与えた後、イエス様はご自身が天から降って来たパンであり、このパンを食べるなら、その人は永遠に生きると言われました。信仰によってイエスさまの十字架が自分の罪を背負われたためであることを受け入れるならば、その人は罪が赦されて天国に行くことができる、ということをイエス様は言われたのだけれど、字ずらどおりに受け取ってしまった弟子たちの多くがイエス様から離れ去ってしまった。

一人、また一人と去っていく弟子たちの後姿を見届けて、残っている十二人の方を振り返り、イエス様は「あなたがたも離れて行きたいか」と言われた。

そのときペトロは答えました。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます」



意志が弱いというか根性がないというか、何をしても続かなかった私。部活も続かなかったし、卒論も中途半端だったし、バイトもほとんどできなかったし、今までのわたしの人生、結局何が残ってるの?ってカンジのことばかり。


でも信仰だけは何とか続いてきた。クリスチャンの平均信仰寿命2.8年といわれる中で、9年続いた。もちろんもっと長い人は沢山いるし、そんな人たちから見たらわたしなんてまだまだだけど、私の中ではこれだけ続いたことは生きていることと、にゃとくらいだ。

主よ、あなたの他に、わたしはだれのところへ行きましょうか。






Last updated  2008年05月10日 00時12分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月03日
カテゴリ:伝道師の頭ン中
一週間半ぶりの更新です。この一週間は非常に濃かった!

まず、3月30日。年度末ということで、赤羽ユースでは餃子パーティをしました。

Gyoza.jpg

餃子を包むところから作るのはとても久しぶりでした。小さいときによく母の手伝いをして一緒に包んでいたのを思い出しました。

しかしこの餃子、具がなかなかGood!?

Gyoza-no-good.jpg

普通の具もありますが、キムチやチーズ、チョコレートも入れました。

以外にチョコレートがおいしかったです♪お試しください☆

P1010387.jpg

焼けた感じはおいしそうでしょ!?ジューッ♪

みんなでおいしくいただきました(^0^)

そしてその日の午後はユースフェスティバル。東京聖書学校吉川教会を会場に1泊2日の集会を毎年この時期に行っています。1日目の夜の青年大会は、小田原友愛キリスト教会牧師のアリ・レジャイアン先生にメッセージをしていただきました。ご自身の壮絶な経験からイエス・キリストこそ本物であることを体験した証し、そしてメッセージをいただきました。でもカタい雰囲気はなく、会堂は初めから終わりまで笑いであふれていました。

4月1日から3日まではホーリネスの群の年会。毎年4月に行われる年会では、一年間のホーリネスの群の歩みと展望が話し合われます。今年は越谷の会場を借りて行われました。今年から新しい教会へ遣わされていく先生方の派遣式もあり、「新しいことをなす」神様に期待しました。この3日間はプチ同窓会のようで、全国から集まる先生方との再会のときでもあります。わたしも1年ぶりに同級生と会い、懐かしく楽しいひと時も過ごしました。

しかしこれがあわただしい!バタバタとしているうちに時間は過ぎていき、振り返ってみればあっというまの3日間でした。同級生たちもそれぞれの場所に帰っていき、なんだか寂しい気持ちもします。でもまた会えるときまでそれぞれの場所で神様に献身して11月のセミナーで再会を喜び合いたいですね。

今は便利な時代なのでブログでもお互いの状況が分かる場合もあるしね!写真は議案報告書。

AGM.jpg






Last updated  2008年04月03日 21時18分19秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年03月04日
カテゴリ:伝道師の頭ン中
今日は東京聖書学校の卒業式でした。

今年の卒業生は2名。新米伝道師にとっては初めての後輩で、3年間の神学校生活を共にしたためか、とても感慨深いものを感じました。思い返せば一年前、わたしも7人の同窓生と卒業式を迎えたのでした。あれから一年なんて、あっという間だったなあ・・・。

今日はそんな同窓生の一人と久しぶりに会うことができてとても嬉しかったです。一年ぶりくらいじゃなかったでしょうか。後で青少年伝道について話しましょうと言ったきり結局お話できずにすみませんでした・・・(*_*)またの機会にはぜひ!

卒業生たちは、4年間の学びと寮生活を終えて、お二人ともすっきりした表情をしていました。これから伝道最前線に立つお二人に、神様の祝福と御力をお祈りします。

式の後、わたしは予定があったため感謝会は失礼しましたが、その後で数人とお茶しました。なんとこの日はプレミアムコーヒーが無料!いえーい!

mac-small.jpg






Last updated  2008年03月04日 23時31分43秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年02月14日
カテゴリ:伝道師の頭ン中
更新が遅くなってしまいましたが、火曜日に北東京シティクリスマスの委員会がありました。

場所は十条キリスト教会。ステキな新会堂で委員会を持たせていただきました。

もう7年も前のことになりますが、新米伝道師はニュージーランドに滞在したことがありました。この新会堂はスペースのとり方とか、低い講壇とか、ニュージーランドで通っていた教会を思い出します。教派的な流れが似ているからかな?

それはともかく、この日は朝6時から夜9時までフル稼働でした。ぺしゃっ。






Last updated  2008年02月14日 15時21分28秒
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.