1582660 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

Profile


ドジボ

Calendar

Archives

Freepage List

Category

Favorite Blog

厚真町 omoidori pro… のるでぃ。さん

小春☆日和 はる☆SSSさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) 平さんさんへ あはは♪ ウケました~(笑) …
平さん@ Re:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) いつも楽しく拝見してます。 スキーと同…
ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) ライザさんへ こんにちは! 私、最近はシ…
ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) snowmanさんへ そうなんですよ~。 シー…
ライザ@ Re:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) ドジボさん だんだん寒くなってきました…
2019.10.06
XML
カテゴリ:ランニング
このオフシーズン
唯一のオフトレが終了した。

山形まるごとマラソン。
ハーフ。

丸1年以上ジョギングもしてないのに
練習は1ヶ月前からの付け焼刃。
3km、5km、8km、15kmと4回走っただけ。

長距離の場合
練習はウソをつかない。

練習で一度踏んだ距離は
次の時には楽々走れる。
体がしっかりと覚えてるのだ。

逆に言うと
踏んでない距離になったとたん
体が対応しきれなくなり
足が動かなくなる。
つらくなる。

そんな意味で
今回のハーフは
15km以降に不安を抱えての出場だった。

朝、起きたら雨が降っていた。
テンションだだ下がり…。

気温も低い。
こんな中、びしょ濡れになりながら走るなんて
絶対イヤだ。

天気予報を見ると
スタート時間ぐらいには晴れてくるようだ。

…見なきゃよかった。
このまま、雨だからと自分に言い訳して
行くの止めようかとも思った。

でも……、参加賞はもらいに行こう。(おいっ!)

山形に向かいつつ
このまま晴れなけりゃいいのにと願った。
走らずに参加賞だけもらうのが最良のパターンだと思ったから。

しかし、晴れ男の私。
スタート時間が近づくにつれ
青空が見えてきた。

走るか…。
腹をくくった。(←なぜそんな思いしてまで走る…)

スタートの号砲が鳴る。

ゆっくりゆっくり、と言い聞かせながら走る。

どんなにゆっくり走っても
制限時間はクリアできる。

それよりも、調子こいてペースを上げて走って
後半つぶれるのが心配だった。

ゆっくりゆっくり。

この大会のコースは
山形市の街なかを走る。

商店街を走る。



ここは突き当りまで行って帰って来る折り返し。

速い選手が帰って来るのを
「もうここまで来ていいなぁ~」と
横目で見ながら
トコトコ走る。

いろんな商店が店先に
私設エイドステーションを出して
食べ物を提供している。

旨そうなのは道路の反対側に多い。
折り返してこないと食べられない。

蕎麦屋の前では
カップに入った蕎麦を提供している。
エイドのおばちゃんが「待ってるからね~」と声を掛けてくれる。笑

果物王国山形らしく
シャインマスカットのエイドもある。
食べたい!

JAの前では
新米おにぎりをラップに包んで渡している。
これをポケットに入れといて
ゴール後の芋煮と一緒に食べるのが楽しみなのだ。

それらを楽しみに走って
やっと折り返す。

JAでおにぎりを…
おにぎりを…

あのぉ…、おにぎりを…。

もうない。
ペースが遅すぎたのだ。

でも、そんなこと言ったって
これ以上速く走れないし…。

シャインマスカットならあるだろう。

…ない。
テーブルを片付け始めてる…。

も、もしや
一番の楽しみの蕎麦も…

やっぱり、ない!

ガビ~ン。
山形まるごと味わえないじゃん!

失意のままトコトコ走り続ける。

すると次にやって来るのは
最難関の芋煮坂。

12km地点から14km地点まで2km続く長い坂だ。

川沿いの道で
今の時季、河原では市民が思い思いに
芋煮会をしている。

だから芋煮坂。

旨そうな名前だけど
実際はいつまでも上り坂が続く
つらい道だ。

足が地面に貼り付いて、上がらない。
ニュートンさん! 万有引力を感じるんだよ~
余計なものみつけやがって!
などと言いつつ
一歩一歩なんとか足を出す。

歩いてる人も多いけど
頑張って走りぬいた。

上り切るとここも折り返しになってる。
今度は下りだ。

なんて楽なんだろう。
今度は引力が味方してくれる。
ニュートンさんありがとう♪

楽チン楽チンと思いながら
走っていたら
急に太ももの筋肉が固くなってきた。
やばい、このままでは脚が動かなくなる。

ふと見ると
16kmの表示看板。

あ、練習で踏んだ距離を過ぎたのか。

やっぱり、とたんにダメージが襲って来た。

残り5km。
こうなったらもう何も考えずに
ただ淡々と足を前に踏み出すしかない。
一歩一歩機械的に。

足が動かなくなってくると
どうしても歩幅が小さくなる。
足を上げてその場で足踏みしてるような状態だ。

これでは全く前に進まない。

同じ力を使うなら
足を上に上げるのではなく
低く前に出すことに使った方がいい。

速度が全く違ってくる。

「足を前に、足を前に」と口に出しながら
5kmをテクテクトコトコ走って行ったのだった。

無事ゴール!

いや、無事ではない。
体中ボロボロ。
ゴールしたとたん
カックン、カックンと
ロボットのような歩きになってしまった…。

そんなオフトレの一日だったのだ。

てか…
これトレーニングになってるのか?

単に体を痛めつけただけのような気がするけど…。

でも、まいっか。

選手にサービスされる山形芋煮。



牛肉しょうゆ味で、んまい!

でも、おにぎりなし…。


オフトレでランニングに励んでる人も
オフトレで体壊しそうな人も…
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.10.06 22:42:27
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.