2841495 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

Profile


ドジボ

Calendar

Archives

2022.07
2022.06
2022.05
2022.04
2022.03

Freepage List

Category

Favorite Blog

エッジチューン講座 ウッディスキーさん

つきつきうっさ!! のるでぃ。さん
小春☆日和 はる☆SSSさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

以前夏油でお会いしたものです@ Re[12]:行ったことないローカルを偵察する(03/11) 安心しました。また来シーズンどこかでお…
ドジボ@ Re[11]:行ったことないローカルを偵察する(03/11) 以前夏油でお会いしたものですさんへ コ…
以前夏油でお会いしたものです@ Re:行ったことないローカルを偵察する(03/11) 更新なくお身体心配しております。
ドジボ@ Re[1]:行ったことないローカルを偵察する(03/11) ぺんきちさんへ 最近はローカルスキー場…
ぺんきち@ Re:行ったことないローカルを偵察する(03/11) 長くスキーやってると、いろいろあります…
2022.03.11
XML
カテゴリ:スキー
私、夏のスキー場へ行くのが好きだ。

別に何をするわけでもなく
草原の斜面を見上げて
ニヤニヤするだけなんだけど。笑

スキーヤーにはそんな変態も多いだろう。

山あいをドライブしてて
スキー場跡を見かけると
ついつい吸い寄せられてしまう。

また、滑ったことのない
小さなローカルスキー場とかも
ドライブがてら
偵察に行ったりする。

去年の秋に行ったのが
山形県の猿倉スキー場。

リフト2本だけの
ちっぽけなファミリースキー場だ。

ただ、噂によるとここには
知る人ぞ知る
伝説の急斜面があるという。

伝説は本当なのか否か。
それを確かめに行ったのだ。

もし本当なら
一度は挑戦しなければならない。
血が騒ぐぜぃ。

行ってみると
シーズンオフなのに
お客さんがたくさんいる。

ゲレンデに釣り堀があったり
そりコースがあったりと
親子連れでチョー賑わっている。

レストランもちゃんと営業している。

地元民の憩いの場所なんだろうか。

で、そのほのぼのとしたゲレンデの奥に
伝説の急斜面はあった。

で~ん!



う~む、確かに急だ。
深雪になったら面白そうだし。

なにより
このファミリースキー場でこの急斜面だと
競争率は低そうだ。

スペックを調べてみたら
最大斜度37°平均25°となってる。
深雪滑るには丁度いい。

ただ、ちょっと短い。
それだけが気がかりだけど
滑ってみる価値は十分ありそうだ。

ツチノコ伝説やネッシー伝説とは違い
伝説の急斜面は確かにあったと見とどけ
来たるシーズンへ思いを馳せたのだった。

それから2ヶ月後の12月…
いよいよシーズン初日を迎えようとした朝に
心不全で入院し
猿倉どころか蔵王へも夏油へも
どこへも行けなくなってしまった。

だがしかし、駄菓子菓子!
スキーをこよなく愛する私は
退院して間もなく
猿倉へ行ってみたのだ。

もちろん、滑れないけど。

え? 何しにって?

そりゃ、スキー場の空気に触れに。笑

このスキー場、夏も賑わってたけど
冬も混んでいた。
駐車場は一杯。

ファミリーゲレンデも親子連れで溢れている。

へぇ~、うまいことニーズを捉えてる。
親子で遊ぶレジャーとして
スキーはまだまだ生き残る余地があるな。

そんなことを思いつつ
ツボ足でゲレンデ奥へと向かった。




おお! 雪の急斜面を見ると感慨もひとしおだ。

てか、誰もいない。
斜面下のソリゲレンデは賑わってるけど。

あ、やっと一人滑ってきた。その程度。

もう午後2時近くだと言うのに
シュプールが少ない。
どんだけ競争率低いのだ。

この斜面に2時間ぐらい貼り付いて
一人で荒らしまくりたい。笑

私、4月に心臓のカテーテル手術を予定してる。
それまで一応スキーは自粛だ。
深雪の季節には間に合わないから
このバーンは、来シーズンの楽しみとして取っておこう。

伝説の穴場を見つけただけでも
今シーズンの成果とするか。

と、親子連れで賑わう猿倉を後にしたのだった。


そしたら、今シーズン
私より一足先に
猿倉で深雪を楽しんだ人がいた。
その話は、またそのうち。


家族で猿倉に行きたい人も
伝説の斜面に挑戦したい人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.03.11 22:09:49
コメント(13) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.