2683574 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

全2204件 (2204件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.01.21
XML
カテゴリ:スキー
ドジボ師匠はドクターストップで滑れないが
弟子は元気にスキーに行ってるようだ。

今日も、楽しそうなスキー場の写真を
送りつけて来やがった…

…じゃなくて、送って来てくれた♪

いやいや真面目な話
写メを送って来てくれるのは
と~~~~っても嬉しい。

だからみんなも
こんなに雪まみれになりました~♪って送ってちょうだいね。

さて、その弟子(女子)。

朝イチから
蔵王の横倉の壁を滑ったらしい。




ちょっと見づらい写真だけど
面ツル新雪にファーストトラック。

気持ち良さそう♪

何より目を見張ったのは
38度の一枚バーンに刻まれた
そのシュプールの美しさ。

いや~、見惚れたわ。

いつの間にこんなに上手になったんだ?

まぁ彼女のスキー人生の中で
一番滑ったゲレンデが
ダントツで横倉の壁だろうから
その成果とも言えるけど。

師匠がいないときでも
一人で壁を繰り返す。
その根性が技術を押し上げたんだな。

さらに彼女の場合
教えられたことをただなぞるんじゃなく
自分の頭で考えて
自分なりの理論を構築しちゃうからエライ。

師匠の教えなんか
話半分で聞いてるってことだけど…。笑

ある程度まで上達したら
自分のことは
自分で試してみて
答えは自分の体に聞くのがいいのだ。

さて、そんな弟子。

いつもは壁が荒らされたら
ぼちぼちと他のゲレンデに行くんだけど
今日は平日ってこともあり
競争率が異常に低く
「離れるタイミングがつかめない~」って
嬉しい悲鳴を上げていた。笑

ま、いつまでも壁で遊んでなさい。笑

え? 壁だけでも2時間滑ったって?
おぬし、やるなぁ…。

ドジボも早く復活して滑りた~い!


あ、そうそう、話は変わって
ちょっと連絡事項です。

夏油高原スキー場の早割り1日券があるんだけど
誰か要りませんか?

転売ではなく
私がドクターストップで使えなくなったので
原価でお譲りしようってものです。

1日券3500円(通常5200円)
シニア・学生 1日券3000円(通常4000円)
+切手代84円。

それぞれ5枚ぐらい持ってます。
ほしい枚数何枚でもいいですよ。

ちなみにシニアは60歳以上、学生ってのは大学・専門学校です。

コメント欄に書き込んでくださ~い。
連絡先返信します。


ではでは皆さん、引き続き Good seasonを~♪


師匠の教えを大事に守ってる人も
師匠の教えよりも自分の感覚を大事にしてる人も
な~んも考えないで滑ってる人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.22 09:19:40
コメント(4) | コメントを書く


2022.01.19
カテゴリ:スキー
4シーズン前に書いた
『蔵王ではどこの駐車場に停める?』って記事が
いまだにたくさん読まれているようだ。

蔵王旅行の参考にしてるってことなんだろうか。

それは…マズイ。

あ、いや、いい加減なことを書いたわけではない。
100%主観ながら情報は正しかったはず。

当時とは駐車場事情が
だいぶ変わってるからマズイのだ。

なので急遽、書き直してみる。

駐車場うんぬんの前に
蔵王には一つの鉄則がある。

『晴れたら山頂へ向かえ!』だ。

まぁ、私が勝手に思う鉄則だけど。笑

蔵王の魅力は何と言っても樹氷。
次に白濁した酸性の温泉。
ゲレンデは、ま、ついでだ。








そんな樹氷だけど
見れる機会はそう多くはない。
蔵王はほとんど吹雪いてるかガスってるから。

2泊3日の行程で晴れに当たったら
超ラッキー♪

1泊2日なら、まず晴れないと思っていい。

なので、万が一
あなたがいる日が晴れたら
スキーなんてどうでもいいから
山頂に行って樹氷を見るべきなのだ。

しかも、なるべく早く向かったほうがいい。

朝は雲ひとつない快晴だったのに
午後からガスでホワイトアウト…
なんてことは当たり前にあるから。

と言うことで
晴れた日に山頂へ向かうという前提で
駐車場を選んでみる。

このマップを見て。



蔵王は大きく2つのエリアに分けられる。
蔵王ロープウェイのある右エリアと
中央ロープウェイのある左エリアに。

そして、山頂へ行くには
蔵王ロープウェイの山頂線フニテルに乗るしかない。

そのための駐車場選択は
右エリア一択だ。

フニテルまでスムーズに
スピーディに乗り継いで行ける。

左エリアに停めると
連絡が悪くとても時間が掛かる。

時間以上に体力を費やしてしまうし。
平らな歩きが結構あるので…。

なので、晴れた日は
右エリア一択なのだ。

ではその右エリアから説明しよう。
黄色い丸が駐車場だ。

素人さんは
蔵王ロープウェイ駅の
横倉Pに停めるのが分かりやすいだろう。
ここからロープウェイ2本で山頂まで行けるから。

でも私はここには停めない。
ロープウェイ1本目がとても混むのだ。
なので、他からリフトで上って
山頂線フニテルまで行っちゃう。
そのほうがずっと早い。

それに横倉Pは
朝早くに満車になりやすい。

私がいつも停めているのは
黒姫Pだ。

横倉Pを通り過ぎ
どんどこ上り
国設Pを過ぎてまだ上り
大森ゲレンデのクワッドの下を潜り
まだまだ進んで
黒姫Pへと辿り着く。

雪道運転は大変だけど
ここは右エリアでは唯一の
無料駐車場でもあるし
クワッド1本で山頂線フニテルまで行けるので
一番効率がいい。

また、大森Pもありだ。
温泉街に入る手前、右手にある駐車場。
ここから大森クワッド、黒姫クワッドと乗り継いで
フニテルに行ける。

そして総じて、右エリアの駐車場は
ゲレンデまでが近く
板を担いで歩く距離が短いからいい。

ってなことで
晴れた日は右エリアに停めることをお勧めする。

さて次は、左エリアの駐車場について。

そもそも停めることが少ないので
私の遠い記憶から説明する。

中央ロープウェイの駐車場は
早くに満車になるので注意。

多くの人は、上の台に近い体育館Pに停めるんだろうけど
雪の急坂を板を担いで上り下りしなきゃならないので
私は嫌いだ。

体育館Pまでのアクセスも
狭くて急な雪道を運転しなきゃならない。
帰りの下り坂がとくに怖い。

そのさらに奥の竜山Pは
無料だけど
やはり運転が心配だし
蔵王の盲腸みたいな端っこのゲレンデなので
移動に時間が掛かる。

山頂に行こうとした場合
最悪な駐車場だ。

同じく無料の唐松Pってのもあるけど
ここはシャトルバスでしかゲレンデに行けないので
無視していい…。

ということで、まとめ。
・晴れたら頂上
・そのためには右エリアに停める
・駐車料金はどこも一律1000円
・3ヶ所ある無料駐車場で使えるのは黒姫Pぐらい
・今シーズンからシャトルバスが何十年振りかで復活したけど
使い勝手のほどは分からない

こんなとこかな。
参考になるか分からないけど
蔵王に来たら楽しんで行ってね~。

え? 晴れたときは分かったけど
吹雪いてるときはどうするのかって?

そんときは大森Pに停めて
大森ゲレンデで遊ぶのがいいかな。
コースは長くてそこそこ面白いし
上は吹雪でも、ここは不思議なくらい穏やかだから。

ではでは楽しいシーズンを~♪

樹氷に感動したことある人も
何度来ても樹氷を見れない人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.19 18:23:38
コメント(4) | コメントを書く
2022.01.16
カテゴリ:スキー
ドクターストップで
まだスキーが出来ないドジボ。

スキー場になんか近寄りたくない!

な~んてことは全く思わない。

むしろスキー場の雪に触れたい
スキー場の空気を吸いたい
みんなの滑ってる姿を見ていたい
って思っちゃう。

と言うことで
滑れもしないのに蔵王に行ってみた。笑

温泉街から見る横倉の壁。



良さそうな雪だ。

何人か滑ってるのが見える。
羨ましいなぁ。



転んじゃえ…。

(おいっ!)


黒姫ゲレンデまで行って
雪を踏み締める。
それだけで嬉しい♪



下は晴れてるけど、山の上はガスってる。
吹雪いてるのかなぁ。

みんな……



凍えてしまえ…。

(こらっ!)

そんなふうに
みんなを優しい目で眺めながら
過ごしたのだった。

みんな楽しそうで
こっちまで笑顔になる。

なんか、孫の滑ってる姿を見て喜んでる
爺さんの気持ちだわ~。笑


楽しく滑りまくってる人も
優しく見守ってる人も
人に向かって、転べとか言ってる不届き者も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.16 21:24:25
コメント(6) | コメントを書く
2022.01.13
カテゴリ:スキー
食事は塩分制限。
外食時に悩む。
簡単なのが海鮮丼。
醤油の量を減らせば事足りる。
しかも仙台の場合、安い♪
これ1000円ポッキリ。



話は海鮮丼とは関係なく。

小人閑居して不善をなす。(しょうにん、かんきょして、ふぜんをなす)

バカタレが時間を持て余すとロクなことしない
って意味だ。

スキーバカのドジボが
滑りに行けず時間を持て余すと
普段やらないようなことをしちゃう
って意味でもある。

スマホのYoutubeに突然
スキーの動画が割り込んで来た。

SNOW JAPAN TVってチャンネル。
『2022年度 指導者研修会 理論講習eラーニング スキー編』ってヤツ。
タイトルが、まるで役所の文書のように長い。笑

最近、スキーの動画をよく観るから
入って来たのかな。

SAJの指導者のための動画のようだ。
普段なら観ないけど
なにせ、ドジボ閑居してるもんで
ついつい観てしまった。

…途中で飽きてやめたけど。笑

動画では解説のおっちゃんが
ポジションが大事って言ってた。

上下動のときもエッジングのときも
常にセンターポジションをキープするようにって。

あ、私もセンターポジションを意識してる!

なんだぁ、私と一緒じゃんか♪
SAJもなかなかやるなぁ。笑

(むこうのセリフでしょ…)

でも、実は大きく違うとこがある。

動画のおっちゃんは
常にポジションをキープしろって言ってたけど
思うに、それは無理。

ゆっくりなスピードで
平らに均された斜面を滑るのなら
出来るかもしれないけど。

不安定な板の上に乗って
速いスピード出して
でこぼこの斜面を滑るんだから
バランスが崩れて当たり前。

むしろガンガン攻めて
どんどんバランス崩すぐらいの方が楽しい。

ポジションキープを求めるより
崩れたポジションを戻すことに努めようってのが
ドジボの考え方だ。

SAJの言うセンターポジションって
どこか分からないけど
私のセンターポジションは
土踏まず。

常に土踏まずに乗ろうって意味ではない。

板がすっぽ抜けて体が遅れたり
逆に上体がつんのめったりしたら
次のターンで、土踏まずで着地して
ポジションを戻すって感じ。

大きくバランスを崩したら
1回のターンではなく
2~3回のターンで戻すようにする。

ポジションを戻す拠り所が土踏まずなのだ。

ドジボが指導者だったら
「ターン毎に微妙にポジション崩れるんだから
ターン毎に微妙に直せばいい」
ってザックリと教えるかな。笑

ということで
小人閑居して、ツラツラ書いた記事。
決してSAJのおっちゃんに対抗してるワケではないので
笑ってスルーしてね。笑


研修会動画は関係ない人も
動画でしっかり勉強してる人も
動画観ながら寝ちゃった人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.13 16:11:22
コメント(6) | コメントを書く
2022.01.10
カテゴリ:スキー
退院したてでスキーに行けないドジボは
リハビリで小1時間ウォーキング。
海沿いを歩きながらも
やっぱり気になるのは蔵王の峰々。笑




このブログを読んでくれてる人は
ドジボはツリーランが好きなんだなぁ、と思ってるだろう。

確かに、ツリーラン楽し~っていつも書いてるし
あちこちのスキー場でツリーランをしている。

正式に開放されてるツリーエリアはもちろん
非公認の林にも入ることもある。

どんだけツリーランが好きなんだ!と思われても仕方ない。

でも私、別にツリーランをしたいわけではない。

林の木々を縫って滑るスリルが好きだとか
自然の地形を楽しみたいとかって思いは全くない。

単に深雪を滑りたいだけなのだ。

特に、以前ホームだった蔵王は
非圧雪のコースが横倉の壁しかなく
深雪を滑るには
林に入るしかなかった。

他のスキー場でも同じ。
林へ入るのは、ただ深雪を求めてのこと。

だから、非圧雪ゲレンデがたくさんあれば
わざわざ林に入る必要なないのだ。

邪魔な木々に気を使いながら滑るより
広い深雪バーンを
自由に思うままに滑るほうが
100倍気持ちいい。

夏油は非圧雪ゲレンデがたくさんあるから
ツリーエリアは後回しにして
そっちをガンガン滑りまくっちゃう。

で、さんざん荒らし終わったら
すぐ林に入るけどね。笑

(結局、入るんやん!)

まぁ、とは言え
ツリーはツリーで
ツリーだからこその良い点もある。

降った雪が風に飛ばされないないので
フワフワの粉雪が残ってる。

吹雪の日でも
林の中はびっくりするほど穏やか。

立ち止まって
ふと周りを見回した時の
非日常感が半端ない。笑

あれ?
なんだかんだ言ってもやっぱり私
ツリースキーが好きなんじゃん!笑


ゲレパウ滑ってる人も
パウダー求めて林に入って行く人も
山の上までハイクアップする人も(ドジボはそんな根性ないけど…笑)
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.10 22:10:07
コメント(4) | コメントを書く
2022.01.06
カテゴリ:スキー
スキー友、ブログ友のウッディスキーさんが
ターンの左右差についての記事を載せてた。
記事はこちら

そーいえば私も左右差があるなぁ。
以前からずっと気になっていた。

あ、右脚と左脚では
筋力も器用さも違うので
ターンに左右差が出るのは当然だ。

多少の左右差があっても
滑りには不具合はないので
それはどうでもいい。

私にとって問題なのは
直滑降のときの左右差なのだ。

(え? 直滑降…の左右差?)

そう。

(ちょっかっこー…のどこに、左右差が出るの?)

出るのだ。

直滑降なので
たいてい緩斜面で行う。

たとえば蔵王の樹氷原コースの緩斜面。

長~い緩斜面をクローチングを組んで滑る。
視線を前方に向けてるのに飽きて
足元に落とす。

2本の板が目に入る。

どちらも真っ直ぐに進んでるはずだと思っていたのに
なんと違っていた。

右スキーは真っ直ぐ進んでる。正しい。

しかし、左スキーは何故か
フラフラと小刻みに左右に揺れているのだ。




右スキー真っ直ぐシュー!
左スキーフラフラくねくね…。

そうやってずっと進んで行く。

器用と言えば器用だ。笑

もう10年?20年?も前からそんな感じ。

そんなんでも真っ直ぐ進むから
ま、問題ないんだろうけど。

(いや、あるでしょ)

なんでだろうね~?

原因と対策が分かる人
教えてチョーダイませ~。



直滑降で板が揺れる人も
ゲレンデ美人を見て心が揺れる人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.06 08:14:13
コメント(4) | コメントを書く
2022.01.04
カテゴリ:スキー
退院してから食事制限がある。
塩分制限だ。

1日6グラム。

梅干3個分。

相当な少なさだ。

一番気をつけなきゃならないのが調味料。

塩、醤油、ソース、味噌…どれも塩分が多い。
だから調味料の量を減らすことが肝心だ。

例えば、こないだ食べたトンカツ。



幸いにしてカロリー制限はないので
揚げ物は食べられる。

問題はソース。

まぁ、そもそも私
以前からとんかつにはソースを付けない。
味がソースだけになっちゃうから。

塩をパラパラ掛けたほうが
肉の味をきちんと楽しめる。

だからソースが無くても平気なんだけど
塩までダメとなると困っちゃう。

そこで登場するのがレモン。
キューッと絞る。
そして辛子を多めに付ける。

それで食べてみると…
全く問題がない!

むしろ余計なものがない分
肉の旨みを味わえる。

千切りキャベツもレモンだけで十分味わえる。

これ、塩分制限ない人にもお勧めかも。

とんかつはクリアだ。

次の日に食べたのが味噌ラーメン。
一気に危険地帯に踏み込んだな。笑




味噌ラーメンの一般的な塩分量は約6グラム。

なんとこれ1杯で
1日分の塩分が終了だ。

でも大丈夫。
塩分のほとんどがスープに含まれているから
スープを飲まなければいいのだ。

で、野菜もたっぷり取れる。

ということで
味見のためレンゲ1杯のスープを飲んだだけで
後は残した。

以前はほとんど飲み干していたスープだけど
体のため、スキー復活のためなら
もったいないとは思わない。

むしろ、塩分を取らなかったことに
満足感を覚えるのだ。

気持ちが大事だな♪

そう言えば私
ダイエットしたときもそうだった。

スーパーに行くと
欠かさず唐揚げを買ってたのに
ダイエットの本気モードに入ったとたん
まったく食べたいと思わなくなるのだ。

脂の固まりに見えて
手に取る気も起きなくなる。

太ったおっちゃんが唐揚げをカゴに入れるのを見ると
「よくそんなの食うよ、だから太るんだよ…」と
心で呟くほどに。

(おい…)

だから、塩分制限に本気モードで取り組んでる今
塩を減らされても
まったくもって、へっちゃらぷー!なのだ。笑

てか、塩を取り過ぎない食事
むしろ美味しいかも。


とんかつにソースかけない人も
どっぷり浸す人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.04 16:57:38
コメント(4) | コメントを書く
2022.01.01
カテゴリ:スキー
昨年の12月。
いよいよ初滑りだ~♪ という土曜日の朝
なぜか心不全で入院してしまったドジボ…。

先週、やっと退院して来た~。

病院のリハビリ担当の理学療法士に
「退院したらスキーしたい!スキーしたい~!」って駄々こねて
しまいにゃ「5月の仙台ハーフマラソンにも出たい~」とまで言って
療法士を困らせてたけど
運動測定の結果
まだ無理ですとダメ出しされた…。

私の場合、不整脈がある。
そして、心拍が速すぎる頻脈という症状もある。
それが心臓に負担を掛けている。

だから今は、薬で心拍数を抑えている。

おかげで安定して
退院後は何も気にすることなく
通常の生活をしていいと言われた。

ただ、運動したときに
心拍数が結構上がってしまうらしい。

自分では楽チンな運動強度でも
数値はだいぶ高くなってるようだ。

その感覚差が問題だと言われた。

ドジボさんが全然へーきだと思って運動しても
実際は心臓に大きな負担が掛かってるのです、と。

病室での自主リハビリのとき
スクワットを20回するメニューなのに
平気だからと30回やって怒られたこともあった…。

ま、へーきへーきと調子こいて
過度な運動されるのを心配してるのだろう。

少なくとも1ヵ月後の再検査までは
余計なことせず
大人しくしてください、とのことだった。笑

まぁ仕方あるまい。

もう焦らずに
しっかりと治すことに専念しよう。

で、手術を強く勧められた。

カテーテルアブレーション手術といって
動脈から管を入れて
心臓まで通して
不整脈を起こす悪さをしてる部分を
焼ききってしまうものだ。

それだと、概ね一発で治るという。

ので、受けることにした。

2月末か3月始めぐらいになる予定。

そしたら春スキーには間に合うかも。

手術後にすぐスキー出来るように
スクワットと踵上げの『適度な』筋トレと
散歩とかの『適度な』有酸素運動は
きっちりしといてくださいと
理学療法士からアドバイスしてもらった。

5月のマラソン大会にも間に合うかも、と言われたけど
さすがにそれは大変そうだから
参加しないことにした。笑

スキーが出来れば満足だす♪

てなことで
復活のその日に向けて虎視眈々と
爪を研いでおくのだった。

それまでみんなは
勝手に楽しんでやがれー!笑


にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2022.01.01 20:05:47
コメント(14) | コメントを書く
2021.12.11
カテゴリ:心不全

[続き3回目]

金曜日

病院から帰って実家に泊まった。

夜、弟がカフェオレとラフランスを

部屋に持って来てくれて

少し話した。

ゴルフスウィングで

左腰が流れないためには

どうすべきか、とか。笑

ケホケホ咳しながら。

もちろん、不整脈で病院に行ったことも。

そんなこんなで12時前には床に着いた。

深夜、ゲホゲホと咳が出て目を覚ました。

いつもより激しい。

いつまでも止まらない。

体の向きを変えても収まらない。

呼吸が浅く荒い。

息苦しい。

胸を押さえ付けられるような圧迫感がある。

こりゃ今までとは違うぞ。

苦しさの種類が違う。

単なる咳の苦しさではなく、心臓だ

と認識できた。

そして、こうやって人は死ぬのかと思わされた。

すでに朝方になってる。

救急車を呼ぼうか。

いや、まず自分の状態を知ってるK病院へ

連絡してみよう。

K病院の救急に電話した。

昨日からの事情を話したら

すぐ来てくださいとのこと。

自分で運転しようかなと思ったけど

途中で意識を失ったら大変なので

弟を起こし、連れて行ってもらった。

弟は、ゆうべの不整脈の話を聞いて

万が一をも考えてたのかもしれない。

すぐ準備して快く乗せてってくれた。

病院にて。

救急処置室で心電図とレントゲンを撮る。

電話しといたので

昨日のデータとすぐ比べられた。

昨日のレントゲンでは何ともなかった肺が

今朝の写真では

水が溜まって真っ白になっていた。

「こりゃ苦しいわ」と

救急担当の先生が言った。

「心臓も弱ってるし

ほっといたら死んでたよ」とも。

そのまま即入院。

点滴の針を2本刺されて

いろんな薬を24時間点滴。

胸には簡易心電図が付けられ

24時間リモート観察。

数値はまだまだ悪いが

点滴のおかげか

心臓の痛みや苦しさは和らいだ。

時々出る咳が苦しいぐらい。

とりあえず命の危険は無いということなので

ひと安心してベッドに横たわってるのだった。

後から先生に言われた。

「我慢して取り返しがつかなくなる前に、よく来てくれました。

素晴らしい判断でした」と。

ふぅ、よかった

入院して1週間。

今日、リバビリ担当の人と話した。

「私、退院したら、またスキー出来るようになりますかね?」

即答してくれた。

「はい、もちろん大丈夫ですよ♪」

2021年、一番嬉しかった言葉大賞に決定だ。笑


ということで、入院までのいきさつってことで
このシリーズはお終いっ!^_^







Last updated  2021.12.11 13:04:45
コメント(4) | コメントを書く
2021.12.10
カテゴリ:心不全

[前回からの続き]

K病院に着いた。

建て替わって立派になったもんだ。

というのも大学時代に

自然気胸という肺が潰れる病気で

ここに1ヶ月入院したことがあったのだ。

当時はボロっちくて

病室まで行くのに

霊安室の脇を

ギシギシ廊下を軋ませながら

歩かなくてはならなかった

そんな雰囲気は微塵もなく

明るくなったロビーで受付をする。

意外と混んでない

これはスムーズに終わるかも。

その後、2Fの循環器科の受付に行く。

エスカレーターを上っていくと

どっひゃー!

待合室に人が溢れ返ってる。

立ってる人もたくさんいる。

そーゆーことね。

混雑の場はここなのね。

受付すると

今日は混雑してるので時間がかかりますと言われた。

はい。見た瞬間に覚悟を決めておりました。

しばらく待って名前を呼ばれる。

まず検査を受けて来いという。

ファイルを渡されて

3ヶ所で受けて来るようにと。

心電図と血液検査と、あと何だったっけ?

こないだのことなのに忘れちゃった。笑

痴呆の検査だったかな?

んなわけない。笑

まあ、その3つの検査も

それぞれ長〜い待ち時間があった。

ちょっと疲れ気味で循環器科受付へ戻り

ファイルを提出。

もちろんそれからもしばらく待たされて

やっと診察となる。

1228番のドジボさーん

6番の診察室にお入りくださーい」

と放送される。

ちなみにこの番号は

患者の誕生日だ。

個人の特定をハッキリさせるためなのだろう。

なので私の誕生日は

暮れも押し迫った1228日なのだ。

仕事納めで、みんな正月休みに目が向いて

誰も気づいてくれない

と、そんなことはどーでもよく。

診察室に入ると若い医者が唸っていた。

「ドジボさん、数値が悪いです

血液検査のBNPという数値が高いらしい。

BNPとは心臓を守るホルモンで

心臓が弱ると分泌される。

逆に言うと、BNPがたくさん分泌されてると

それだけ心臓が弱ってることになる。

数値として18以下が正常な目安らしい。

私の場合、なんと、460あったのだ!

ネットで見ると

200以上になると心不全の可能性が高いとある。

「ドジボさん、動悸とか息苦しさとかの自覚症状はありますか?」

「いえ、まったくありません。

咳が止まらないだけです」

昨日の医者もみんな心臓のことばっかり言うけど

とにかく咳を止めてほしいのだ。
明日スキーに行けるように。笑

咳さえ止まれば行けると思ってるバカちんだ…。

ただ実際の話、心臓も気になる。

「ではドジボさん、レントゲン撮って来てください」

また検査か。

もちろんレントゲンも待たされた。

そして2回目の診察。

「ドジボさん、心臓がちょっと肥大気味ですね」

はぁ。

なぜか頭に浮かんだのは

肝臓肥大してるフォアグラだった。

フォアグラ、あんまり好きじゃない

「どうしようかなあ」

先生は治療方針を迷ってるらしい。

私にすれば

咳を止めてスキーに行けるような

治療方針でお願いしたいところだ。

(この後に及んでもまだ行く気なのか…)

心電図検査の結果、心拍数が多いことも分かった。

正常だと90以下なのが、150あった。
しかもリズムがめちゃくちゃな不整脈。

「ちょっと、心拍数を抑える薬を点滴してみましょう」

てことで、今度は点滴が始まった。

こりゃまた時間がかかるな

会社にLINEして

午後の外回りのキャンセル連絡を頼んだ。

明日のスキーもヤバイかな

と半分思った。

(まだ半分諦めてない…)

点滴終了。

心電図を測る。

看護師さんに聞いてみた。

「数値、下がりましたか?」

120。ほんの少しだけですね」

そっか。ここでスキーは諦めた。

3回目の診察。

状態は良くないけど

自覚症状がないということで

薬を飲んで1週間様子を見ることになった。

会計を終えると

すでに17時半を回っていた。
疲れた。

ずっと病院にいて

なんか、かえって具合悪くなったかも。

明日はゆっくり体を休めるか。

会社に戻り、残った仕事を片付け

20時すぎに退社した。

そしてその夜、容態は急変した。

次回「がびーん即入院」へと続く。


このシリーズは特にオチは無く

備忘録代わりとして

ただ時系列に書き綴った記事なので
期待しないでね。







Last updated  2021.12.10 15:04:27
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2204件 (2204件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.