1583213 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

Profile


ドジボ

Calendar

Archives

Freepage List

Category

Favorite Blog

厚真町 omoidori pro… のるでぃ。さん

小春☆日和 はる☆SSSさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) 平さんさんへ あはは♪ ウケました~(笑) …
平さん@ Re:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) いつも楽しく拝見してます。 スキーと同…
ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) ライザさんへ こんにちは! 私、最近はシ…
ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) snowmanさんへ そうなんですよ~。 シー…
ライザ@ Re:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) ドジボさん だんだん寒くなってきました…

全1888件 (1888件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.10.06
XML
カテゴリ:ランニング
このオフシーズン
唯一のオフトレが終了した。

山形まるごとマラソン。
ハーフ。

丸1年以上ジョギングもしてないのに
練習は1ヶ月前からの付け焼刃。
3km、5km、8km、15kmと4回走っただけ。

長距離の場合
練習はウソをつかない。

練習で一度踏んだ距離は
次の時には楽々走れる。
体がしっかりと覚えてるのだ。

逆に言うと
踏んでない距離になったとたん
体が対応しきれなくなり
足が動かなくなる。
つらくなる。

そんな意味で
今回のハーフは
15km以降に不安を抱えての出場だった。

朝、起きたら雨が降っていた。
テンションだだ下がり…。

気温も低い。
こんな中、びしょ濡れになりながら走るなんて
絶対イヤだ。

天気予報を見ると
スタート時間ぐらいには晴れてくるようだ。

…見なきゃよかった。
このまま、雨だからと自分に言い訳して
行くの止めようかとも思った。

でも……、参加賞はもらいに行こう。(おいっ!)

山形に向かいつつ
このまま晴れなけりゃいいのにと願った。
走らずに参加賞だけもらうのが最良のパターンだと思ったから。

しかし、晴れ男の私。
スタート時間が近づくにつれ
青空が見えてきた。

走るか…。
腹をくくった。(←なぜそんな思いしてまで走る…)

スタートの号砲が鳴る。

ゆっくりゆっくり、と言い聞かせながら走る。

どんなにゆっくり走っても
制限時間はクリアできる。

それよりも、調子こいてペースを上げて走って
後半つぶれるのが心配だった。

ゆっくりゆっくり。

この大会のコースは
山形市の街なかを走る。

商店街を走る。



ここは突き当りまで行って帰って来る折り返し。

速い選手が帰って来るのを
「もうここまで来ていいなぁ~」と
横目で見ながら
トコトコ走る。

いろんな商店が店先に
私設エイドステーションを出して
食べ物を提供している。

旨そうなのは道路の反対側に多い。
折り返してこないと食べられない。

蕎麦屋の前では
カップに入った蕎麦を提供している。
エイドのおばちゃんが「待ってるからね~」と声を掛けてくれる。笑

果物王国山形らしく
シャインマスカットのエイドもある。
食べたい!

JAの前では
新米おにぎりをラップに包んで渡している。
これをポケットに入れといて
ゴール後の芋煮と一緒に食べるのが楽しみなのだ。

それらを楽しみに走って
やっと折り返す。

JAでおにぎりを…
おにぎりを…

あのぉ…、おにぎりを…。

もうない。
ペースが遅すぎたのだ。

でも、そんなこと言ったって
これ以上速く走れないし…。

シャインマスカットならあるだろう。

…ない。
テーブルを片付け始めてる…。

も、もしや
一番の楽しみの蕎麦も…

やっぱり、ない!

ガビ~ン。
山形まるごと味わえないじゃん!

失意のままトコトコ走り続ける。

すると次にやって来るのは
最難関の芋煮坂。

12km地点から14km地点まで2km続く長い坂だ。

川沿いの道で
今の時季、河原では市民が思い思いに
芋煮会をしている。

だから芋煮坂。

旨そうな名前だけど
実際はいつまでも上り坂が続く
つらい道だ。

足が地面に貼り付いて、上がらない。
ニュートンさん! 万有引力を感じるんだよ~
余計なものみつけやがって!
などと言いつつ
一歩一歩なんとか足を出す。

歩いてる人も多いけど
頑張って走りぬいた。

上り切るとここも折り返しになってる。
今度は下りだ。

なんて楽なんだろう。
今度は引力が味方してくれる。
ニュートンさんありがとう♪

楽チン楽チンと思いながら
走っていたら
急に太ももの筋肉が固くなってきた。
やばい、このままでは脚が動かなくなる。

ふと見ると
16kmの表示看板。

あ、練習で踏んだ距離を過ぎたのか。

やっぱり、とたんにダメージが襲って来た。

残り5km。
こうなったらもう何も考えずに
ただ淡々と足を前に踏み出すしかない。
一歩一歩機械的に。

足が動かなくなってくると
どうしても歩幅が小さくなる。
足を上げてその場で足踏みしてるような状態だ。

これでは全く前に進まない。

同じ力を使うなら
足を上に上げるのではなく
低く前に出すことに使った方がいい。

速度が全く違ってくる。

「足を前に、足を前に」と口に出しながら
5kmをテクテクトコトコ走って行ったのだった。

無事ゴール!

いや、無事ではない。
体中ボロボロ。
ゴールしたとたん
カックン、カックンと
ロボットのような歩きになってしまった…。

そんなオフトレの一日だったのだ。

てか…
これトレーニングになってるのか?

単に体を痛めつけただけのような気がするけど…。

でも、まいっか。

選手にサービスされる山形芋煮。



牛肉しょうゆ味で、んまい!

でも、おにぎりなし…。


オフトレでランニングに励んでる人も
オフトレで体壊しそうな人も…
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.10.06 22:42:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.29
カテゴリ:スキー
誰がなんと言おうと
スキーの一番の楽しみはフカフカ深雪だ。

あ、誰も何も言わない? 異議ない?
そりゃそうでしょ。

体に直に伝わる快感。

まじ、エクスタシー♪




上の写真のような深雪は滅多にないけど
浅い新雪ならそこら中にある。

腰や胸まではなくても
この程度の新雪だ。どちらも10数年前の写真…。



そこそこ浮遊感を味わえて
これでも十分楽しい。

いつも整地を滑ってるあなたも
ちょっと端っこに目を向ければ
圧雪し残した端パウが
そこかしこにあることに気付くはず。

ほら。



ほら。こんな短くても楽しめる。



ほら~。




ドジボはせっせと
こんな端っこに残った新雪を探しては滑ってるのだ。
健気だな~。笑

整地ばっかりじゃなくて
たまにはこういう所を滑るのも楽しいよ。
滑りの幅が確実に広がるし。

あ、でも、ほんの少ししかない
端パウを滑られちゃうと
私の分がなくなっちゃう…。

結論。
ゲレンデの端っこ、みんなは狙うな!笑


端パウ行きます!と思った人も
ドジボあいかわらず自分勝手だなと思った人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.09.29 15:03:34
コメント(6) | コメントを書く
2019.09.21
カテゴリ:スキー



こんにちはー!

ゴルファーのドジボです。

夏って、ゴルフシーズン真っ盛りというイメージあるでしょ?

でも違うのだ。
実は、真夏はゴルフ場の客が減るのだ。

暑過ぎて。

ほら、じーさん達、倒れるから。

私は真夏こそガンガンやる。
でも実際、暑いことは暑い。

汗だくでハーフ終わったらシャツ着替えるし
ペットボトルの水はハーフで2本は飲む。
水を頭にかけて冷やしながらやることもある。

こりゃ確かに、じーさん達倒れるわ。

真夏を敬遠するその判断
まったくもって正しい。

客が減るのでプレー料金も安くなる。
通常15000円ぐらいのとこが
10000円以下になったりする。

予約も簡単に取れるし。

だから私は、なおさら夏にやるのだ。

気候が良い秋になってくると
じーさん達が戻ってきて
軒並み値段が上がり(ってか通常に戻り)
予約も取りにくくなる。

まぁそれでも私もやるんだけどね。
損した気持ちを抱きつつも。

ほら、いつもスーパーの閉店間際の値引き惣菜を買ってると
普通の時間に正価で買うとき
損した気持ちになるでしょ。
それと同じ。

ゴルフ場にとっては閑散期の
でも私にとってはハイシーズンの夏も
そろそろ終わりを迎える。

風が涼しくなってきた。

ゴルフやるのもあと2ヶ月ぐらいか。

ところで私
秋の気配って感じない。
夏が終わり風が涼しくなると
それはもう冬の気配なのだ(笑)

この風が
あっという間に冷たくなり
いよいよスキーシーズンがやってくる。

ワクワクしてくる。

ゴルフシーズン本番を迎えるこの時期
プレーをしつつも
私の心はすでにスキーを想ってる。

やっぱり私、スキーヤー♪


今を盛りと遊んでるゴルファーも
ジッと息を潜めてるスキーヤーも
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.09.21 11:22:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.31
カテゴリ:スキー
残暑厳しい折、いかがお過ごしでしょうか。
せめて涼しげな写真をご覧ください。そして、シーズンに向けモンモンとしてください(笑)




夏になったら
まったくスキーを想わなくなったドジボです。

といっても、さすが私
ポイントポイントは押さえてる。←自画自賛。

本日12時から
夏油スキー場のスーパー早割りチケット
タイムセールがあったのを
見逃しはしなかった。

てか、ま、facebookでお知らせが来たので
気付いたんだけどね。

1日券4,900円が3,300円で買える。
ちなみに明日から発売の
通常前売りチケットだと3,800円になる。

テレビのゴルフ中継で
今年復活した石川遼を観ながら
PCを前に待ち構えていた。

私、こういう申し込みって、嫌い。

ライブチケット予約でも
マラソン大会申し込みでも
人気のものになると
なかなか繋がらない。

何度も何度もやり直すのが
チョー面倒くさいのだ。

最近は、接続順に繋がるシステムってのもあって
少しは良くなってきたけど。

今日も、繋がらなかったらイヤだなぁと思って
ちょっと憂鬱になってたけど
すぐ繋がった。
なんだよ。

これはこれで拍子抜けした(笑)
勝手なもんだ。

もしかしたらこのチケット、意外と人気がない?(笑)

無事、自分の分5枚ゲットできた。
なので、来シーズンは少なくとも5回は夏油に行くことになる。

新雪タップリ降りそうな日を狙って行こっと!

あ、人気がないんじゃないかと疑ったこのチケット
2020枚が約30分で売り切れたらしい。

人気あったんだね。ごめんなさい。

万全の態勢で臨んで良かった。ふぅ。

というわけで
ゴルフとカヤックの合い間を縫って
カスタムフェアでスキーウェア予約したり
ネットでチケット買ったりと
実はちゃんとスキーを想っている
偉いドジボであった。

↑これだけのことで、よく自画自賛できるもんだ…。

来シーズン
皆さんとどこかで一緒に滑れるといいね♪



ほぼ毎年ウェアを新調して
ほぼ毎年用具も新調して
ちゃんと毎年早割りチケット買って
ちゃんと毎年オフトレして
ちゃんとシーズン前には宿の予約して……
そのぐらいやって普通でしょ、って意識高めの人も
早割り買っただけで自画自賛できちゃうレベル低めの人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.08.31 22:21:25
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.03
カテゴリ:スキー
こんにちは。
夏にまったくスキーを想わないドジボです(笑)

この夏、久々に、ほんと久々に
10数年ぶりに
ゴルフ熱が戻って来た。





10数年ぶりに一人で打ちっ放しに行ったし。

10数年ぶりにキャディバッグを買い換えたし。

10数年ぶりにドライバーも買い換えたし。
中古だけど…。

ウェッジのヘッドに穴開けて
重さ調整のチューンしてもらったし。

さらに、練習器具まで買っちゃったし。

ついでに、ラウンド中にグリーンまでの距離を測る
GPS測定器も買っちゃたし。
そんなの、動物的勘が鈍るから邪道だと思ってたけど
いざ使ってみるとチョー便利だった(笑)

ルール変更で
公式競技でも使えるようになったからね。

ま、公式競技なんて出ないけど。

今までまったく欲しいと思わなかった物を
次々と買ってしまってる。
それほどゴルフ熱が再燃したのだ。

なぜだ?

考えてみた。

分かった。

ゴルフから離れてた時期があったからだ。

ほら、オリンピックの金メダリストとか
引退しても
しばらくするとまた戻って来たりするでしょ。

それと同じ感覚かな。

ま、金メダル取ってないけど。

年がら年中、しかも何年もやり続けていると
どうしても飽きちゃう。

だから、離れる時期があるほうがいい。

そう言った意味で
オフシーズンがあるスキーは
私に合ってるのかもしれない。

夏の間、シーズンを待ち焦がれ
やりたい気持ちがどんどん蓄積されていく。
シーズンになると
思いを爆発させるように
毎週毎週スキーに行く。

その、気持ちのメリハリがいい。

年中いつでも滑れるとしたら
これほど熱中してないかもしれない。

離れる期間があること。
離れる期間を作ること。
これが長続きする秘訣だな。

と言うことで
今年の夏はスキーを想うことなく
だいたいゴルフを想っとりまする。

ダーッ! 新しいドライバー調子いい!




夏でもスキーを想ってる人も
夏にスキーなんか想ってらんない、って人も
ブログタイトルに偽りあり…と思った人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村







Last updated  2019.08.04 17:36:28
コメント(2) | コメントを書く
2019.06.29
カテゴリ:スキー
あなたは、スキーに行ったとき
色んなコースをあちこち滑る派ですか
それとも気に入ったコースを
繰り返し滑る派ですか?

後者なら
ローカルスキー場に目を向けるのもいいかも。

大きいスキー場に行っても
決まったコースしか滑らないなら
小さいローカルスキー場と変わらないもの。

私は、あの広大な蔵王に
横倉の壁だけを目当てに行く。



もし横倉の壁だけのローカルスキー場があれば
それで十分だ。

私にとって蔵王は蔵王ではなく
横倉の壁スキー場なのだ(笑)

ということで
繰り返し滑っても飽きないコースのある
仙台近郊のローカルスキー場の紹介。

ドジボのお勧めは3ヶ所。

仙台から下道1時間ちょいの
みやぎ蔵王白石。




下道1時間弱の
みやぎ蔵王セントメリー。



そして2時間かけて山形まで行くけど
朝日自然観スノーパーク。



評価の理由はどこも同じ。
楽しい非圧雪の、深雪急斜面コースがあることだ。

そして、ここが重要なんだけど
競争率が低いのだ。

スキー場自体の知名度が低いし
規模が小さいので
入場者がそもそも少ない。

また、三つのスキー場とも
いい感じの整地中斜面があるので
整地好きの人たちが
深雪に入って来ない。

ちゃんと棲み分けが出来てるのだ。

基礎系クラブとかスクールとかは
なおさら入って来ない。
深雪斜面を横目で見ながら整地へと向かう。
いや、見向きもしないのかな?(笑)

こっちにとっては、ありがたいことだ。

だって、そんな団体で深雪を滑られたら
1発で荒らされて終了になってしまうもん。

基礎系の人たちにも深雪を滑ってもらって
その楽しさを味わってほしいとも思うけど
とりあえずは、そのまま、今のまま
入って来ないでね(笑)

まっさら深雪の第一形態から
粗踏みの第二形態
ゴワゴワ、ボコボコに踏み固められた第三形態まで
変化する雪質を1日中たっぷり楽しむのもいいし
深雪を荒らしたらサッサと下りて
近場で上手いラーメンを食べて帰るのもいい。

来シーズンは
仙台に泊って
夜はドジボお勧めの飲み屋に行って
昼はドジボと一緒に
ローカルスキー場巡りってのはどう?

ただ、うまい具合に新雪降るのが条件。
深雪がないと、ただのちっちゃな田舎スキー場だから…。

ま、そんときは、でかい蔵王で(笑)


メジャー好きな人も
ローカル好きな人も
来シーズンに思いを馳せてクリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.06.29 10:15:02
コメント(4) | コメントを書く
2019.06.26
カテゴリ:スキー
先シーズンの思い出写真。夏油ツリーランエリア。
やっぱ林の中はいいねぇ。新雪あるし、風ないし。




カスタムフェアで
ウェアを新調した。

先シーズン、やけにウェアとパンツが濡れるようになった。
どんなに防水スプレーや
撥水スプレーをふっても
効き目がないくらいに。

理由を考えた末
単に古くなったせいではないか
という結論に至った。

まぁ、間違いないな(笑)

ということで12年ぶりに
ウェアを新調した。

嬉しくてニコニコしながら会場を歩いていたら
スキー友のウッディさんにバッタリ会った。

「あ、ウッディさん! 私ウェア買ったんだよ!」

「えぇ! どんなのですか?」

「これこれ」
と言ってカタログを見せた。

「ICEPEAKですね。
急に最新の流行のウェアになりましたね~」

「え? 今までも最新のつもりでいたんだけど…」

「今までは昭和ぽかったですもんね~♪」

「しょ、しょうわ…」

隣で聞いていた弟子、大爆笑!

弟子、帰り道でも思い出し爆笑が止まらないし。

昭和っぽいって、上手いこと言うなぁ(笑)

てか、ウッディさん
だいたいにして今までのウェアだって
昭和じゃなくて平成なんですけどぉ~(笑)

もちろん、自分でも大爆笑だった。

ちなみに私がイメージする昭和テイストと言えば
デモパンかな。
女子はスレンダーパンツだな。


最新のファッションを身に着けてる人も
どっぷり昭和テイストな人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.06.27 17:15:36
コメント(2) | コメントを書く
2019.06.23
カテゴリ:スキー
先シーズンまで12年間着ていたウェアは
赤色。

20年近く履いていたブーツは
青色。

色味が合わず
ずっと違和感を持っていた。
でも、めんどくさくてどちらも買い換えないでいた。

で、去年、ウェアに合わせて
やっと赤いブーツを買った。

レクザムの第一候補のブーツは青色だったので
わざわざランクを落として赤色のブーツを買ったのだ。

ウェアと統一された赤のブーツ。
先シーズンは嬉々として滑ってた♪

なのに、なのに今日
展示会で買ったウェアは
青色だった…。

なんでやねん。



ま、いっか。笑


ちなみに買ったのは
ICEPEAKのこれ。



みんな、真似しないでね。

(しねーよ!)

ってことで、来シーズンはこのウェア目印に声かけてね♪

あ、写真のモデルは私じゃないからね。
みんな、間違わないでね。

(ぜってー間違わねーし!)



毎年ウェア買い換える人も
10年周期で買い換える人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.06.23 23:40:06
コメント(4) | コメントを書く
2019.06.22
カテゴリ:スキー
先シーズンの思い出写真。朝日自然観スノーパーク。山形ローカル。




スキーの夢を見た。

浅い新雪を滑ってる夢。
浅いので自分から飛び跳ねて滑ってるの。

夢の中でも、ちょっと物足りないな~と思いつつ
でも久しぶりに滑れたので
チョー楽しかった♪

で、起きてから思った。
自分の夢なんだから
もっとパフパフの深雪にすればいいのに…って(笑)

でもまぁ、スキーの夢を見られたので
機嫌は上々だ。

朝食のテーブルの上に
何週間分かのDMが重ねっぱなしになってた。

どれ、一応チェックして片付けようか。

ピラッとめくると
石井スポーツのカスタムフェアの葉書。

あ、今週末じゃん。

なんとタイミングのいい夢だ。
スキーの神様からのお告げか?

日曜日、ちょっと覗いてみようかな。

そういえば
ウェアのパンツの裾が
エッジでズタボロだから買わなくちゃならない。

だいたい1シーズンで穴が開く。
あて布してエッジガードを補修しながら
だましだまし履いても
せいぜい3~4シーズンしか持たない。
やんなっちゃう。

この際、上下とも買い換えようかな。

ジャケットも12シーズン着てるし…。

とりあえず、日曜日に行ってみよっと。

去年も行ったし、今年もまた行くなんて
なんか、真面目なスキーヤーみたい(笑)


展示会に毎年行く人も
たまにしか行かない人も
用具が壊れたときだけ行く人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.06.22 12:15:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.16
カテゴリ:スキー
夏になっても
ついついスキー場へ行ってしまう。

グラススキーや
プラスノースキーをするのではない。

緑のゲレンデを眺めながら
リクライニングチェアに座り
本を読んだり昼寝したりするのが好きなのだ。

仙台近郊の…ってか仙台市内の
泉ヶ岳スキー場に
よく昼寝しに行く。

冬は行かないのに…。

先日、その奥にある
スプリングバレー泉高原ってスキー場に行ってみた。

ジップラインっていう
アトラクションをやりに。

ワイヤーに滑車を引っ掛けて
ゲレンデの上から下へ
ピューって降りるやつ。

↑この説明じゃ分からないだろうから
動画を載せる。
こんなの。


こんなコースがいくつかあって
順番に巡っていくのだ。

実は私
こーゆーのって苦手なのだ。

私、いろんな恐怖症を抱えている。
暗所恐怖症、閉所恐怖症。

その他にも高所恐怖症
スピード恐怖症、遠心力恐怖症…などなど。

よくこれでスキーをやってるもんだ。

ジェットコースターや
ウォータースライダーは絶対無理。

以前やったとき
楽しいどころか
恐怖しか感じなかった。
もう2度とやりたくない。

スピード出るものは怖いのだ。

だからジップラインも
本来ならやりたくないんだけど
何故かその日は
出来そうな気がした。

で、やってみた結果は…

チョー楽しかった!
まったく怖くない。

みんなも一度やってみるといいよ♪

まぁ欲を言えば
もっとスピードが出れば面白かったかな。(おいっ!)



スピード狂の人も
ジェットコースター怖い人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2019.06.16 22:13:37
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1888件 (1888件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.