2322979 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

X

Profile


ドジボ

Calendar

Archives

Freepage List

Category

Favorite Blog

ブーツリヤスポイラ… New! ウッディスキーさん

スノーボード2日目 … のるでぃ。さん

小春☆日和 はる☆SSSさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ドジボ@ Re[1]:猪苗代スキー場へ(03/07) snowmanさんへ はーい! 半額になるから…
snowman@ Re:猪苗代スキー場へ(03/07) 登録するだけでリフト券が…ですが、お使い…
ドジボ@ Re[7]:自分を鍛えてくれた斜面(03/04) snowmanさんへ 仙台に住んでることを感謝…
snowman@ Re[6]:自分を鍛えてくれた斜面(03/04) ドジボさんへ やはり雪国(またはそこに…
ドジボ@ Re[5]:自分を鍛えてくれた斜面(03/04) snowmanさんへ 夏油2h、安比2.5hで遠い…
2017.07.29
XML
カテゴリ:ドジボのポチはん
記事とは関係ない納涼写真。蔵王。



素人クラフト作家のみんな
お・ま・た・せ♪

アタシよアタシ。

待ってなかったなんて言わせないわよ。

前回は出店するまでの話をしてあげたけど
今日はもっと大事なことよ。

あんたさ、今までは
のほほ~んと作品作ってれば良かったろうけど
出店するとなったら一番悩むのがこれよ。

値段付け。

高くしたいけど安いほうが売れそうだし
10円50円どうするかで悩んじゃう人も多いの。

ふ、バカみたいよね。
10円安かろうが高かろうが
売れ行きに大差ないっつうの。

ほら、笑ってる場合じゃないわよ。
あんただって、そうなるんだから。ふ。

アタシはそんなところで悩まないけどね。
てか、10円50円で悩むような安い値段を付けるなっちゅうの。

いい?ここからが本題よ。

初めて出店するあんた
その作品、いくらで売るつもり?

「あ、はい。私の作品を気に入ってくれるだけで嬉しいので
材料費ぐらい貰えれば十分です♪」

バカッ!

顔洗って出直して来な!

つーか、出直して来なくていいから
ずっと引っ込んでろ。
素人みたいなこと言ってんじゃないわよ。

「だって、ほんとに素人ですもの…」

バカッ!

「バカバカ言わないでください…」

バカだからバカって言ってんの。
あんたね、よく覚えておきな。

昨日までは素人だったかもしれないけど
人からお金を貰う時点で
もうプロだからね。

プロとして
自分の技術にプライドを持ちな。

手作りの作品を
100円だの300円だので売ってる人もいるけど
あなたの技術は100円なの?って聞きたくなるわ。

それでいいの?と
胸ぐら掴んで問い正したくなるわ。

そーゆー人たちの思考はこう。
似たような既製品は
500円や600円で売ってるから
手作りの作品なんて
もっと安くなくちゃ売れないでしょう…って。

あのね、逆なの。
既製品は大量生産だから安いの。
ラインに乗せていっぺんに何万個とか作るから安いの。
あんたのは1個1個を手で作った1品ものでしょ。
そっちのほうがコストが高く掛かるに決まってるじゃないの。

「いえ、原価は安いん…」

バカッ!
デザインや技術のコストのことよ!
作家はね、物を売ってるんじゃなくて
自分のセンスや技術を売ってるのよ!

いい? こう考えてごらん。
ニトリで売ってる大量生産の家具と
職人が手作りした一品ものの家具では
どっちが高い?

「しょ、職人さんが作った、いっぴ…」

でしょ!
それと同じことでしょ~~~~~!ギュッ!

「痛い、痛い、ほっぺつねらないでください…」

オネェが口だけだと思ったら大間違いよ
手だって出るのよ!

既製品より高い値段を付けるぐらいの気概を持つのよ。

で、そのためには
デザインのオリジナリティとか
作りの丁寧さとか
お客さんに認められるぐらいレベルの高いものを出品しなくちゃね。

あんたのレベルは大丈夫なんでしょ。
え? 既製品よりレベルが低いかもって?
……。
あんた、出店するのやめる?

「ですよね…」

まぁいいわ。
経験だと思って出してみるのよ。

レベルが低いならショーガナイから
それなりの値段を付けるしかないわね。
ただしレベル低いなりに
ちゃんと手間の分を乗せるのよ。
材料費だけじゃだめよ。

そして、あんたにとってはここからが大事。

高い値段を堂々と付けられるように
勉強して努力してレベルアップしなさいよ。

そうすれば
自分ブランドが出来上がるわ。

いい? これだけは肝に銘じておきな。

素人作品の安いものを探しに来てる客は相手にしなくていいの。

オリジナリティ溢れる個人の作家が作った
センスのいいデザイナーが作った
腕のいい職人が作った
他にはない一品ものを探しに来てる客を相手にするのよ。

どこにもないステキな一品。
気に入ってくれたら値段は二の次で買ってくれるわ。
あ、だからといって、ぼったくっちゃダメよ(笑)

ちなみにドジボなんて
周りで消しゴムはんこを500円だの1000円だので売ってるなか
あんな小さなゴムのはんこを
2950円で売ってるのよ。

俺ははんこを売ってるんじゃない
デザインを売ってるんだ、って言って
値下げなんてしないのよ。
むしろこれでも安い!なんて言ってるわ。
そーとー自信あるのねぇ。
独りよがりの勘違いでなきゃいいけど(笑)

ただ、ドジボ
強気のように見えて
50円分弱気になってるのが笑えるわね。
お~っほっほ。

ドジボはどうでもいいとして
あんた、がんばりなよ。
アタシ応援してるからね。

ドジボのこと書いたから
一応、作品のサイト貼っとくわね。
ドジボのポチはん←ここ。
無理して見なくていいわよ。


最後にピカソのエピソードを贈るわ。
ピカソよピカソ、あのピカソの話。

***

ある日、ピカソが街を歩いてたら
一人の女性が話しかけてきたんだって。

「ピカソさん、私、あなたの大ファンなんです!
この紙に何か絵を描いてもらえませんか」

ピカソは微笑みながら、さささっと花の絵を描いてあげたのよ。
そして彼女に言ったわ。

「100万ドルです」

「ええっ! だって、たった30秒で描いた絵じゃないですか!」

ピカソは笑顔のまま答えたの。

「いいえ、30年と30秒です」

***

どお?
あんたの作品は
制作時間や材料原価だけで出来てるんじゃないのよ。
プライド持って値付けしな。



オネェ、口悪いなぁ、って思った人も
いやオネェ、愛を感じる、って思った人も
ドジボの彼女か?と思った人も
いやこの場合は彼氏だろ…と思った人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2017.07.29 21:40:36
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.