2119015 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

Profile


ドジボ

Calendar

Archives

Freepage List

Category

Favorite Blog

「腰が回ってる」と… ウッディスキーさん

つきつきうっさ!! のるでぃ。さん
小春☆日和 はる☆SSSさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

snowman@ Re:腹いっぱい食べない(09/21) New! 大盛り無料や食べ放題に興味がなくなった…
雪森茂@ Re[15]:キング オブ スキーとは(09/17) snowmanさんへ 桧枝岐への道路事情教えて…
snowman@ Re[14]:キング オブ スキーとは(09/17) 雪森茂さんへ 檜枝岐へのアクセスですが…
雪森茂@ Re[13]:キング オブ スキーとは(09/17) snowmanさんへ いろいろ、情報をいただき…
snowman@ Re[12]:キング オブ スキーとは(09/17) 雪森茂さんへ 新潟県内ですと,上越市の…
2018.11.17
XML
カテゴリ:ゴルフ
グリーンに乗った落ち葉。芝目の細かい良いグリーンだな。




ゴルフのOKパットの話。
最近、長い距離でもOKを出す人が増えてるような気がする。
ちょ~っと違うと思うんだけどなぁ。

50cmのショートパットが残ったとする。
これ、OKを出すかどうか
ビミョーな距離だ。

1mなら、よく外しちゃう距離だから
OKは出さない。

30cmなら、まぁ外れようのない距離だから
OKを出す。

さて、50cm。
まず外れないだろう、という距離だ。

だがしかし、上からの速いラインだったり
横からの曲がるラインだったりすると
意外と外れちゃう。
「あっ、うそ…」とか言って。

本来なら絶対に外しちゃいけない距離。

○○しちゃいけないという意識が働くと
人はプレッシャーを感じる。

体が固くなる。

で、外す。

それがショートパットの怖さだ。

その50cmのパットが残ったとき
プレイヤーのあなたは
OKを貰いたいか。

それとも、打ちたいか。

スコアだけを追ってる人なら
OKを貰いたいだろう。

ゴルフそのものを楽しみたい人なら
このプレッシャーこそがゴルフの醍醐味と
ドキドキしながらも打つだろう。

あなたは、どっちのタイプ?

私は後者。

短いパットを構えたときの
「外れたらどうしよう」という弱気と
「ビビらずにガツンと打とう」という強気とがせめぎ合う
心の葛藤が面白い。

こんなしびれる場面、日常ではなかなか無い。
せっかくだからたっぷり味わいたいのだ。

だから、50cmの距離なら
私にOKは要らない。

実際に外すことあるし…(笑)

なので他の人の50cmにも
OKを出すことはない。
ここからがゴルフだよ、って。

ドジボ厳しい、って思う人もいるかもしれない。
でも、ショートパットを打たないってのは
ゴルフの楽しみの重要な部分を
放棄してるようなもんなのだ。
もったいない。

ドジボと一緒に回ると
なかなかOK出ないから
そのつもりで(笑)

スコアさえ良けりゃ何でもいい
ってワケじゃない。

ゴルフやるときは
ショートパットの緊張感を
楽しむことをお勧めする。

あ、ゴルフだけじゃなく
どんなスポーツでも
緊張感を楽しめるようになるといいよね~。


ショートパット楽しもうと思った人も
それよりもティショットがプレッシャーだ…って人も
スキーひと筋でゴルフやんないし、って人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2018.11.17 15:19:15
コメント(2) | コメントを書く
[ゴルフ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.