2195649 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

全1248件 (1248件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

スキー

2020.11.21
XML
カテゴリ:スキー
スキー場近くの旨いもんシリーズ。
雫石からの帰りは、ぴょんぴょん舎の盛岡冷麵。



今年は
早割りチケットを販売してるスキー場が
多いように思える。

昨シーズンの売上げ落ち込み分を取り戻そうと
客の囲い込みに躍起になってるのだろうか。

なんにしろ早割りチケットは面白い。

(はい? お得なんじゃなくて面白い?)

各スキー場
いろんなチケットを売り出してて面白いのだ。

特に地域共通のチケットを多く見る。

以前からもあったのかもしれないけど
私、そーゆーのに無頓着だったので
改めて調べてみるととても楽しい。

岩手県共通チケットってのがあった。
1日券が2000円になる。
※安比、夏油はチケット2枚必要。

抽選になるほど人気が高い。

また同じ岩手県内でも
雫石、網張、岩手高原の3ヶ所だけで使える
雫石町3スキー場リフト券ってのもあった。

岩手山の南側エリアのスキー場だ。

これだと1日券がなんと1500円になる。

全部違う会社なんだけど
手を取り合って
エリアで集客しようってことかな。

雫石町という名前が付いてるから
町から補助金が出てるのかな。

知らんけど。

仙台の地元新聞に公告を載せるほどの
力の入れようだ。

ちなみに、どちらのチケットも
もう販売終了してる。

(相変わらず、使えない情報だ…)

ま、私は
岩手県共通チケットが抽選に当たって
ゲット出来たけど♪

(それを言いたかったのか…)

あちこちのスキー場サイトを見ていたら
田沢湖スキー場の早割りもあった。

5枚綴りだ。

う~む、大好きなスキー場だけど
さすがに秋田まで5回も行かないな~。

と思ってたら
田沢湖スタッフも同じ考えらしく
有効期間がなんと
2シーズンになってた。

やるなぁ。面白い。

でも、秋田への遠出だと
弟子とか友だちとか2人で行くことが多いので
偶数の枚数にしてほしかった。

5枚綴りだと1枚余っちゃうから
買わなかった。

田沢湖スタッフ、おしい!笑

早割りチケットをチェックしてると
それぞれの思惑が垣間見えて
とても面白い。

私が買ったのは
夏油のスーパー早割り7枚
岩手県共通4枚
山形市観光券で蔵王2回分。

私にしては結構買った。

このくらいにしておこう。

あんまり買いすぎると
早割りチケットに縛られて
自由度がなくなってしまう。

週末の天気予報や積雪状況を見て
行くとこを選びたいから。

毎月第3土曜日はAsahi自然観が
男性1000円引きなので
行かなきゃないし。笑

ちなみに女性は毎週土曜日が1000円。
1000円引きじゃなくて、たったの1000円なのだ。
ずるい…。

先シーズンまでは女性500円だったけど
それはさすがに安すぎでしょ。
1000円でいいよ。十分だよ。

どっちにしろ私には関係ないから。笑

そんなこんなで
シーズン前のこの時期
あちこちのスキー場サイトを眺めて
楽しんでるのだった。


毎年シーズン券買ってる人も
早割りチケット山ほど買ってる人も
余らせてメルカリで売ってる人も…
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.21 10:35:07
コメント(2) | コメントを書く


2020.11.18
カテゴリ:スキー
前回の記事で
ゴンドラに乗るのはメンドクサイと書いた。

一番メンドクサイのは
ファット板をゴンドラ内に持ち込むことだ。

同乗者に狭い思いをさせてしまい
こちらはこちらで肩身の狭い思いをしてる。

また、6人乗りのゴンドラでも
先に2~3人乗ってると
板を入れることができない。
なので、乗らずに見送ることになる。

乗車効率が悪くなっちゃう。

きっと後ろで並んでる人たちは
心の中で「ちっ」と舌打ちしてるだろう。

そう思うと、やっぱり肩身が狭い。

そんな風に、ファット板ユーザーは
実は気まずい思いをしつつ
小さくなってゴンドラに乗ってるのだ。

私のホームゲレンデになりつつある夏油もそうだ。
ってか、今まで話は夏油のことなんだけど。笑

その夏油のFacebookからお知らせが届いた。

ゴンドラにファット用のラックが付いたそうだ!




ゴンドラひとつにつき2台のファット板を載せられるように改修したそうだ。




『ベテランスタッフが技術力を駆使して取り付けました!』って書いてある。
すごい! よく頑張った!

これで気兼ねなく乗ることができる。
ラックが空いてれば、最後になっても乗れるし。

ま、どうせならもう少し頑張って
せめて4台収納できるようにしてほしかったけど。
夏油はファット率高いんだから。

いやいや、贅沢は言うまい。
少しずつでも改善しようという姿勢はとても評価できる。

ありがとう夏油!

あとは、ファット板を使えるほどの雪を待つだけだな♪


気を使いながらゴンドラに乗ってるファット板の人も
まったく気を使わなくていいカービング板の人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.18 23:41:10
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.12
カテゴリ:スキー
東北の旨いもんシリーズ。山形。
天元台スキー場の近く米沢市。
…といったら米沢牛。…の牛丼。1500円。



ゴンドラって
乗り降りするのがメンドクサイ。

いちいち板やリーシュコードを着けたり外したり
いちいち階段を登ったり。

でもまぁ、乗ってしまえば快適。

風は当たらないし暖かいし。

ヘルメットとか
フェイスマスクを外して
ふぅ~…っと一息つける。

この瞬間がまた堪らない。笑

ただ、コロナ禍の今シーズンは
それが出来ない…。

ゴンドラ内では
お喋りも控えなきゃならないようだ。

乗り合わせた人との
なんてことない5分間のお喋りが
結構楽しかったのに。

他の人たちが喋ってる話を
そっと耳をそばだてて聞くのも
楽しかった。

今シーズンは、そんな楽しみが無くなるんだなぁ。

と言ってるけど私
誰にでも彼にでも話しかけるワケではない。
実はとっても人見知りなのだ。

リフトで隣り合わせになった人に
なかなか話しかけられない。

無理して話さなくてもいいのかもしれないけど
一緒に座ってるのにただ黙ってるのも
なんかバツが悪いっていうか
間が持たないっていうか
大人の社会人として落第なんじゃないかと思っちゃう。

話し始めてしまえば
なんともないんだけど
最初の一言を発するのに
すんごく勇気が必要なのだ。

話が続かなかったらどうしよう…と心配しちゃう。

「いい天気ですね~♪」

「そうですね~」

「……」

「……」

「……」

「……」

そのまま無言でリフトに揺られる2人…。

ひぇ~、気まずい~。

こんなことになったら嫌なので
なかなか話しかけられないのだ。

でも、袖振り合うも多生の縁。

せっかくだからと
頑張ってちょいちょい話しかけてきた。

話し易そうな人を選んでね。笑

リフトでのお喋りで
思い出したことがある。

何年も前、蔵王のリフトで
知らない人と一緒になった。

その人が話しかけて来た。
「○※△……ニダ」

あぁ、韓国の人か。
蔵王も、韓国や中国からのスキーヤーが多くなったもんだ。
でもごめんなさい、私、韓国語分からないの。

その人、なお話しかけてくる。
「▲◇※……ニダ」

だから分からないってば。

無視しても話を止めない。
「◎◆*……んだ」

ん? なんか聞き取れたような気がした。

「…したすぺ。…だべ。…んだ」

これは、もしかしたら…
山形弁?

韓国人だと思ってたら
実は山形県人だった。笑

どっちにしろ、言ってる内容は分からなかったけど…。

恐るべし山形弁。

こんな笑い話のようなことも
起きなくなるんだなぁ。

まぁショーガナイ。
今シーズンは、お口チャックして我慢しよう。

早くコロナが治まって
気軽に話しかけられるようになるといいね。

「いい天気ですね」「そうですね」だけの会話でもいいから。笑


リフトで話しかける人も
リフトでナンパする人も
そのためにいつでも飴ちゃん持ってる人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.12 23:10:01
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.10
カテゴリ:スキー
紅葉の庭園と東屋。
…じゃなく、紅葉のゴルフ場。



今年結構やったゴルフも
残すは1回。

山から雪の便りがボチボチ届き始めると
ゴルフシーズンも終わりが近づく。

本来なら年中スポーツなんだけど
私の場合はシーズンスポーツだ。

毎年、シーズン最後のゴルフでは
もう技術の向上は求めない。

いまさら足掻いてもショーガナイ。
来シーズンになったらまた頑張ればいい。

結果も求めない。
シーズンの集大成だなど意気込まない。

ましてや、ベストスコアを狙おうなどとは
微塵も思わない。

高望みせず
今持ってる技術の中で
楽しむことに集中する。

ミスショットが出ても
それが今の実力なのだからと
微笑んで受け入れる。

そう思うと肩の力が抜けて
楽しくプレー出来るのだ。

そーゆーことで
次回のラストゴルフ
のんびり楽しんで来ま~す。

あ、そうそう
昨夜たまたま観たレッスン動画のあれ
ちょっと試してみようかな。

今シーズンのベストスコアが出るかもー!

(おい…)


最後のゴルフと言っても
別にシミジミとするわけではない。

最後のスキーで感じる
あの寂しさ、せつなさ、やるせなさは無い。

そりゃそうか。
これから始まるスキーシーズンへの
期待の方が大きいんだから。

どんなにゴルフをやっていても
やっぱり私、スキーヤー♪

ひとつのシーズンの終わりは
ひとつのシーズンの始まり。


夏は別なスポーツやってる人も
夏もスキーやってる人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.10 07:34:21
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.06
カテゴリ:スキー



こないだ山沿いに出かけたとき
カメムシの大量発生に遭遇した。

あの恐ろしく臭いニオイを発するカメムシがたくさん…。
ブンブンぶつかって来る。

服にもくっ付く。

周りのおばちゃん達も
やだ~!とかって騒いでる。

私はと言うと
カメムシを払いながらも
「カメムシが多い年は大雪になるんだぞ♪」
と、一人ニヤついていた。笑

ただ…
本当に大雪になるのだろうか?

言い伝わってきたこの民間予報に
根拠があるのだろうか?

ググッてみた。

う~ん、結局はよく分かっていないみたい。

てか、相関関係は無いって論調の方が多かった…。

でも、こういう昔からの言い伝えって
長い間の経験に裏打ちされてるから
正しいと思うんだよなぁ。

私は信じたい。

断固としてカメムシを信じる。
今年は大雪に違いない!

とは言っても
カメムシに全責任を負わせる訳にもいかないので
科学的にも見てみよう。

科学的と言っても
まぁ、長期予報を見るだけだけど。笑

見てみると
『ラニーニャが発達しそう』という文字が、そこかしこに。

ラニーニャ…、おぉラニーニャ、愛しのラニーニャ。

暖冬を呼ぶあの憎きエルニーニョとは逆の
愛すべきラニーニャ。

すでにラニーニャは発生していて
これから発達して
10年ぶりの強さになる可能性があると言う。

10年前の冬を覚えているだろうか。
鹿児島で約20cmの積雪があったり
鳥取の国道で約1000台の車が動けなくなったり
列車が立ち往生した年だ。

そういう被害が出るのは困るけど
山に雪がたくさん降るのは歓迎だ。

ラニーニャとカメムシ
ふたつのパワーで
大雪降らしてくれ~!

と、いやが上にも期待が膨らむのだった♪


さて、カメムシ発生地からの帰り道。
車を運転してると
助手席の窓にカメムシが…。

助手が叫ぶ。
「ギャー! カメムシだー!」

それを見た私が叫ぶ。
「ギャー! そいつは窓の外か中か?!」

「内側だー!」

「ギャー! 外に出せ~!」

「窓を開けよう!」

「ぜってー潰すなよー!」

「えいっ! ギャー! 中に落ちてしまったー!」

「うわー! なにやってんだー!」

「ぎゃー!」

「どひゃー!」

……。

車を道端に停めて
ドアを開けて
ティッシュでそっと包み取り
潰さないようにそっと外へ出したのだった。

あ~でも、なんか
車の中がちょっと臭い…。

もう1匹いるかも…。

でもこれが大雪のためなら
我慢できる…。

がんばれ、カメムシ。

と私。


カメムシを見た人も
カマキリの卵が高い枝にあるのを見た人も
普通に長期予報を見た人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.06 07:58:55
コメント(4) | コメントを書く
2020.11.04
カテゴリ:スキー
紅葉もだんだん里に下りて来た。
シーズン前のこの時期、昔のことをいろいろ思い返したりする。



昔々、私がブログを始めるずっと前のこと。

学生時代からのスキー仲間が
どんどん引退して
一人ぼっちで滑りに行くようになっていた。

一人は自由でいいんだけど
時々、リフトの上で寂しくなることもあった。

仲間がほしいのなら
スキークラブに入ればいいんじゃなかろうか。
ネットで探してみた。

すると、仙台にも結構あったのだ。
競技クラブは置いといて
全部基礎スキーのクラブだった。

スキークラブって何やるんだろ?

ホームページを見てみると
どこのクラブも級取りが主な目標のようだ。

むむう、検定を受けない人でも入れるのかなぁ。

行事を見ると練習会ばっかりだ。

スキースクールのように
並んで一人ずつ滑る……あれか。

私が一番やりたくない、あれだ。笑

なんてったって、かったるい。
人が滑るのを待ってる時間がもったいない。

いや、私だって向上心が無いわけではない。

でも練習なら
ガンガン滑ってる中で
意識してやればいい。

本番=練習だ。

基礎スキーヤーは
検定や大会が本番なんだろうけど
私の場合
毎回が本番だ。笑

深雪の練習は深雪でしかできないから
楽しく深雪を滑ることが
そのまま練習になる。

みけんにシワ寄せずに
大笑いしながら上達するって寸法だ。

そんなことを思いつつスキー場で
クラブらしい人たちを気にして見てみた。
私が滑ってる深雪斜面を尻目に
整地へと向かって行った。

この斜面を素通りするなんて
私には無理…。

志向も目的も違うことが分かったので
入るのをやめた。

で、そのとき思った。
じゃあ同じ志向の仲間を募って
自分でクラブを作ればいいんじゃないか。

それはいい。
どんなクラブにしよう。

まず、規則なし。笑
会費なし。

講習会なし。
ただ、滑ってる中でアドバイスし合うのはアリ。

基本的に、みんなでワイワイ滑るだけ。

行くスキー場は会長が決めるのではなく
その都度、行きたい人が声を上げて
滑りたい人だけ参加する。
途中参加、途中ドロンOK。

…とかとか考えていて気付いた。
これって別にクラブにする意味ないじゃん。

普通に友だち誘うのと同じじゃん。笑

ってなことで
自分で作ることもやめたのだった。

今だったらLINEグループとかで
今週末行く人この指と~まれ、ってやればいいだけだもんね。

ブログを始めてからは
ブログで知り合ったたくさんの人たちと
一緒に滑りに行った。

クラブに入らなくても
それで十分楽しく
自分の滑りたい斜面を
自分の思うままに滑っているのだった。


スキークラブで仲間達と技術の研鑽に励んでる人も
ぼっちで快楽を追い求めつつ経験値を積み上げてる人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.04 08:34:03
コメント(6) | コメントを書く
2020.11.01
カテゴリ:スキー
今シーズンはスキー場で使うための
カメラを買いたい。

風景を撮ったり
目に付いたちょっとした物を撮ったりする。
ま、ブログ用だ。

あと、滑ってる動画を撮ったりもしたい。

今まではアイフォンを使ってたんだけど
極寒の劣悪な環境の中に
なるべく出したくないと思って。

やはりGoProがいいのかなぁ。
いろんなタイプがあるみたいだけど、hero7あたり。




でも、頭にカメラ付けて滑ってる動画って
よくYoutubeに上がってるけど
いいと思うのがあんまり無い。

撮って自分で観る分には
楽しいのかなぁ。

それとも
ドジボが撮れば面白いものが出来るのかなぁ。

(んなことない、ない)

それはいいとして。

GoProの評判は中々いいので
候補の一つだ。

画質もいいらしいけど
広角に撮影できるところに
とても惹かれる。

ただ、ちょっと高額なのが悩みどころ。

手軽に買えて手軽に使えるって意味では
こんなものも候補の一つだ。




『キャノン iNSPiC REC』
撮影したらアプリを使ってスマホに転送するらしい。

カメラ自体がカラビナになってるので
ウェアとかに括り付けといて
気軽に撮影できるかも。

価格も手頃だし。

ただ、画質がちょっと落ちるのがマイナスポイント。

ってか、そもそも私が必要とする画質って
どの程度なのだ?
そこから把握せねば。笑

シーズン開始まで
あーだこーだ悩みそうだ。

決まるときは初見で決まるんだけど
悩みだすと際限ないんだよなぁ。笑

まぁこれも楽しい悩みってことで♪

さ~て、どんなカメラがいいかなぁ。

↑ひとり言のようでいて、実は皆さんに聞いている…。笑


スマホで撮ってる人も
頭にGoProくっ付けてる人も
滑りに熱中して写真なんか撮らない人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.11.01 20:25:47
コメント(3) | コメントを書く
2020.10.30
カテゴリ:スキー
ゴルフ場から眺める雪山。
これは初冠雪じゃなく春の残雪。ま、見た目は似たようなもんだ(笑)
写真のゴルフ場は本文とは違うところ。



先週の日曜日、ゴルフをした。

コースから蔵王の山々を望める
気持ちの良いゴルフ場だ。

みんなは、雄大な景色できれいだね~と言うけど
私は、山裾に貼り付いている
白石スキー場の緑のコースに見とれてしまう。

あそこが熊落しコースだな、とか
あの林の中で休憩してアンパン食べたな、とか
思い出してはニヤニヤしてしまう。

すると周りから声がかかる。
「さっさと打てよ…」

あ、ゴルフ中だった。
私やっぱりスキーヤー。笑

毎回そんな感じ。

日曜日、ラウンドしてて
いつものように蔵王を眺めると
山のてっぺん近くに
何やら白いものが見える。

あれは、もしや、雪では?

遠くうっすらとだけど
確かに白くなってる。

ネットニュースを見てみると
果たして初冠雪だった。

これはテンション上がる!

ギュイーン!と上がる。

今月初めまで半袖でゴルフしてたのに
あっという間に初冠雪の季節になった。

私、毎年
シーズン到来を感じ
テンションの上がる瞬間が2回ある。

一つは蔵王の山の初冠雪を見たとき。

初冠雪のニュースを聞いたときでなく
自分のこの目で見たときだ。

今回はゴルフ場で見たけど
いつもは朝の通勤途中で見ることが多い。

車で会社へ向かう途中
蔵王が真正面に見える場所がある。

頭に雪を抱いた蔵王が
ビルの陰からいきなり現れるのだ。
朝陽に光る雪が
白くくっきりと青空に浮かび上がってる。

この光景には毎年興奮させられる。
一気にスキーモードになる。

二つ目は初雪が降ったとき。

まぁ厳密に言うと雪が降ったときと言うより
雪が山から飛んできたときのほうが多い。

冷たい北風に
コートの襟をすぼめ
うつむいて歩いていると
顔にピトッと何かが当たる。

見上げると
山から飛ばされて来た雪が舞っている。

おお、ついに来たか。
さぁ俺の季節だぜぃ!

さっきまで嫌だった寒さが
とたんに嬉しいものになる。

いくらテレビで
初冠雪や初雪のニュースが流れてもピンと来ない。

実際に目で見たり肌で感じたりしてこそ
気分が盛り上がるってものなんだな♪

あと番外編。
タイヤ交換すると、さらに気分が盛り上がる。

あ、思い出した!
今年はスタッドレスタイヤ買わなきゃならないんだ。
しゅ、出費が…。

タイヤ代だの、早割りチケット代だの
カードの請求額が増えると
これまたシーズンの到来を身に沁みて感じる…。笑


シーズン到来を感じてる人も
今日、初滑りを済ませて来た人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.10.30 14:43:54
コメント(5) | コメントを書く
2020.10.28
カテゴリ:スキー
今シーズンはコロナ禍のまま突入しそうだ。

ま、お互いに気をつけながら遊ぶしかない。

一人一人がちゃんと対策取って。

ゴルフ場のレストランでは
ひとつひとつのテーブルに
アクリル板が置いてある。




クラブハウス内はマスク着用が基本。
入り口でピッと検温するゴルフ場もある。

さてさて、スキー場では
どんな対策がなされるのか。

夏油では
ゴンドラの乗り合わせは4人までとするらしい。

先シーズンやってた
他県からの来場お断りってのは
解除されたみたいで良かった。

安比は
同グループ以外の乗り合わせはダメらしい。
当然1人乗車になることもある。
それによって待ち時間が出るけどご協力ください
ってHPに書いてあった。

は~い、待ち時間が長くなっても文句言いませんよ~。

ゴンドラ内で
普段は弟子と馬鹿話して笑ってるけど
今シーズンは大声出さないように
紳士的に振舞わなければ。笑

これからはコロナと共生していかなきゃならない。

どんなに気をつけても
感染する時はする。
ショーガナイ。

でもみんなで気をつけて
感染を広げないようにすることは出来る。

…はず。

とりあえず
各スキー場の対策にきちんと従おう。

スキーの楽しさも
コロナでの不便さも
みんなで分かち合おうね。


ところで。
ゲレンデの密を避けるため
林を開放するスキー場ないかなぁ。
喜んで協力するのに~。笑


接待を伴う飲食店に行かず我慢してる人も
もともとそーゆー店には行かない人も
生意気なキャバ嬢とケンカしてから行かなくなったドジボみたいな人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.10.28 00:30:59
コメント(4) | コメントを書く
2020.10.25
カテゴリ:スキー
早く深雪やらモコモコ荒れ地を滑りたい。先シーズンの夏油にて。



私、スキー場でちょいちょい声を掛けられる。

ブログやってるドジボさんですか~♪って。

ちょー嬉しい。

その他にも
ブログと関係なく声掛けられることもある。

上手いですね~♪って。

(それは、うそでしょ…)

いや、ほんと。

私がバーッと滑って来て止まると
わざわざ寄って来てくれて
上手いですね~と声掛けてくれる。

年に何度かある。

(ここまであからさまに自慢する人も珍しい…)

ただし…

深雪や荒れ地の時だけ。

整地では、ぜ~ったいに声掛けられない。笑

整地の滑りは見るところがないのだ。

かと言って
荒れ地の滑りが上手いかと言うと
そんなことはない。

じゃ何で声掛けてくれるのだろう。

私、深雪とか荒れ地とかを滑るとき
たぶん勢いがあると思う。

てか、勢いだけで滑ってる。笑

で、顔は完全に笑ってる。

ホイッ♪ ホイッ♪とかって、声出してるときもある。

結果、楽しそうに見えて
思わず声を掛けてくれるんだと思う。

決して技術があるからではない。

ということで
上手そうに見せる2か条。

その1、技術よりも勢いが大事。
勢いが技術不足を隠し
なんか知らんけど凄そう、と思ってくれる。

その2、楽しそうに滑る。
楽しそうな雰囲気が溢れ出てれば
これがこの人のスタイルなんだなと
細かい技術には目をつぶってくれる。

具体的に言うと
深雪や荒れ地では
破綻してもいいからスピード出して滑る。
そして実際に破綻して転んだら
雪まみれの顔で大笑いするのだ。

ほら、なんか分からないけど
こだわりを持ってそうに見えるでしょ。

転んじゃってるけど
ほんとは上手なんだろうなぁ
って思えちゃうでしょ。

上手っぽい人の出来上がり~。笑


あ、でも基礎スキーの検定では通用しないからね。笑


見かけだけ上手な人も
ほんとに上手な人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2020.10.25 20:50:08
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1248件 (1248件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.